Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. カップルのキスのタイミングはいつなのか【100人に聞いた】印象深い体験談も紹介

LOVE

2022.06.12

カップルのキスのタイミングはいつなのか【100人に聞いた】印象深い体験談も紹介

カップルの愛を深める行為としてキスがあげられます。他の人のキス事情が気になる反面、デリケートな話でもあるので聞く機会も少ないというのが実際のところ。今回は、皆さんが付き合い始めていつふたりにとっての初キスを済ませるのか、彼氏にキスしたいと求められる女性になるためのポイントなどをまとめてみました。

【目次】
カップルになってからキスするのはいつからOK?
印象に残っているキスの体験談をご紹介
キスしたくなるのはどんなとき?
彼氏がキスしたいと思う女性になるためにできること
最後に

カップルになってからキスするのはいつからOK?

※アンケート20〜39歳の日本全国の女性を対象にOggi編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

20〜30代の女性100人にカップルになってからキスするのはいつからOKですか? と聞いた結果がこちら。

1位:付き合って1週間以内… 40.3%

2位:付き合って1ヶ月以内… 26.9%

3位:付き合う前でもOK… 25.2%

4位:それ以上… 7.6%

交際を開始してから1週間~1ヶ月以内にキスをするというカップルが多いようです。中には、付き合う前にキスをしたことがきっかけで相手を意識するようになり、交際に進展するなんて面白い例も。

それぞれの性格や付き合うまでの関係性などでキスのタイミングも変わってくるので、どれが正しいかなどの正解はないと思います。

印象に残っているキスの体験談をご紹介

(c)Shutterstock.com

キスをするには場所選び場の雰囲気も重要。場所選びを失敗してしまうと、今後の交際にも大きく響いてくる可能性も考えられます。世の中のカップルはどんな場所でキスをしているのでしょうか。アンケート結果をもとに解説していきます。

【1】デート中

大好きな人とデートは至福のひととき。とびきり素敵な場所でのキスは思い出にも残り、ふたりを情熱的にしてくれるかも。

誰かに見られそうな場所でキスをするのは抵抗があるかと思いますが、個室やひとけのない場所でこっそりとキスするのはちょっぴりドキドキして盛り上がってしまいますよね。

「お互い初めての彼氏彼女で、2月の寒い夜にみなとみらいの海のベンチでしたキス」(30代・東京都)
「少し気になっていた人に漫画喫茶でキスされてドキドキした事がある」(30代・京都府)
「クリスマスにデートした時」(30代・神奈川県)

【2】帰り道

学校やデートの帰り道はその日の楽しかった記憶がたくさん詰まっているので、別れる瞬間が名残惜しいですよね。別れ間際にキスをすると、切ないけどロマンチックなキスができるかも。

もう少し一緒にいたいと恋しい気持ちが溢れ、次会えるタイミングが待ち遠しくなってしまいますね。

「高校時代、学校帰りで薄暗くなった頃に家の近くで」(30代・山口県)
「デートの別れ際に、自宅前でキスをしたこと」(20代・岩手県)
「自宅まで送ってもらったあとの別れ際」(30代・宮城県)

【3】学校

学生時代は恋愛に対して興味津々な時期なので、学校でこっそりキスをするシチュエーションに憧れますよね。意外と学校でファーストキスを経験した人も多く、珍しくないと思われているようです。

中には、先生と禁断の恋をした! 同性でのキスならしたことある! などの体験談も。学生時代なら若気の至りとして許されてしまうのでしょうか。良くも悪くも忘れられない、心に残るキスの思い出になるでしょう。

「高校の時、音楽室のカーテンの裏に隠れてしました」(30代・北海道)
「高校1年の時、みんなでかくれんぼをしていて、2人で隠れてキスした」(30代・広島県)

【4】車の中

車でのキスはドラマでもよく見る定番の場所なので、憧れを抱いている人も多いはず。運転席と助手席の絶妙な距離感がドキドキを高めます。

車なら、夜景の綺麗なスポット自然を堪能できるスポットなど、ロマンチックな場所へすぐに移動できて◎! 夜、暗い場所であれば車内も見えにくく、人目も気になりません。自分たちの体調に合わせた空調管理ができるのも便利ですよね。

「車の中」(30代・新潟県)
「車の中でキスされた」(30代・大阪府)

【5】自宅

自宅は誰にも邪魔されないふたりきりの空間。誰かに目撃されることもなく、自分たちのタイミングでキスができます。ただし、いくら家でもラブラブなムード作りが大切です。焦ることなく時間を掛けてでも、キスまでのプロセスを踏んでいきましょう。

実家暮らしやルームシェアをしている方は、同居人の不在日をきちんと確認しておくことも必須です。

「家の中で、突然おでこと頬にされたキス」(30代・東京都)
「初キスは家で夜中話してた時にしました」(30代・岩手県)
「家飲みで酔っ払っていい雰囲気の中、急に目隠しされてキス」(20代・千葉県)

キスしたくなるのはどんなとき?

(c)Shutterstock.com

キスしたいと感じるタイミングは人それぞれ。自身の精神状態によって左右されることも多いでしょう。では、具体的にそれがどんなタイミングなのか4つの心理を確認してみましょう。

【1】自分が守ってあげたいと感じたとき

キスをすることで安心感を与えることができます。男性は好きな女性が悲しんでいたり、悩んでいる姿を見たりすると、その悩みから救ってあげたいという気持ちが生まれます。

女性からはチョロいと思われることもあるかもしれませんが、男らしさを存分に伝えることができる愛情表現として有効でしょう。

【2】自分だけが独占したいと思ったとき

人間には独占欲という欲が存在し、自分のものだけでいて欲しいと感じるタイミングがあります。恋愛中はその思考がいつもより高まっているため、キスをして自分の所有物にしているという満足感を得ています。

独占する愛情は特別なスキンシップなようにも感じますが、そのような愛され方が嬉しいと感じる人もいるので、相性が良ければ問題もないでしょう。

【3】性的な欲求を満たしたいと思ったとき

男性が女性の好きな体のパーツをあげる際に、唇と意見する声も多くあげられます。色気を感じさせるパーツでもあり、魅力的な部分であることは確か。少しムラムラしているタイミングで、目の前にプルプルの唇を見せられたら性的なスイッチがONに。欲望のまま、恋人を求めてしまうのが男の性です。

【4】相手の無防備な姿を見たとき

いつもと違った雰囲気を感じる無防備な瞬間は、誰にでも見せる顔ではなく、自分だけが見ることの出来る特権かもしれません。普段はしっかり者の恋人が寝ているときや酔っているとき、虚ろげな雰囲気になるのはギャップ萌え。より一層愛しく感じて、キスをしたいという気持ちが高揚する、幸せの瞬間でしょう。

彼氏がキスしたいと思う女性になるためにできること

(c)Shutterstock.com

男性がどんなタイミングでキスをしたくなるのか分かったところで、次はキスしたいと思ってもらえる女性になるためにどんな言動が必要なのかをチェックしてみましょう。

【1】唇のケア

魅力的な唇をつくるには、日々のリップケアが大切。ケアアイテムには、定番のリップクリーム、古い角質を落とすリップスクラブ、唇に保湿を浸透させるためのリップパックなどがあります。くすみや表面の硬さを感じた際には、自分の唇に合ったケア方法を試してみましょう。

素敵な口元に生まれ変わることで、キスの感度や相手の気持ちよさも変わってくようです。ぜひお試しあれ!

「きれいな唇のケア」(20代・千葉県)
「お手入れしておく」(30代・奈良県)
「くちびるウルウル。荒れてるのはダメだと思う」(30代・熊本県)
「スキンケアで綺麗な唇を保つ」(30代・沖縄県)
「唇に魅力があるといいらしい」(30代・新潟県)
「唇をしっかり保湿する」(20代・北海道)

【2】清潔感

恋愛以外でも人とコミュニケーションをとる際に、清潔感を気にすることは大切なこと。特に、カップルでキスをする際の口内の清潔感が気になるのは、男女ともに一緒。臭いに敏感な人は、タバコやコーヒーでさえも毛嫌いするものです。

日頃からストレスを溜めない、食事の後は歯磨きをする、少し臭いが気になったらガムやタブレットを噛むなどの対策をしてみるとよいでしょう。

「清潔にしていること」(20代・石川県)
「清潔感のある見た目」(20代・岩手県)
「口臭をおさえておく」(30代・大阪府)
「口臭対策」(30代・埼玉県)
「口臭ケア」(30代・大阪府)

【3】雰囲気作り

自然とキスをしたくなるシチュエーションのほとんどが、雰囲気作りに成功しているから。自分からガツガツ攻めすぎて独りよがりにならないように、相手もその気にさせることが重要です。

まずは、ふたりになれる空間に、自分から軽めのボディタッチをしてきっかけを作ってみましょう。また、何気ない会話の途中で少し長めに目を見つめたり、ほんの少し愛嬌を振りまいたりすることで彼の心に火をつけることができるかもしれません。

「あざとい仕草」(30代・宮城県)
「ふとした時に、可愛さを見せる」(30代・北海道)
「色気をだす」(20代・東京都)
「相手の目を見て笑う」(30代・愛知県)
「甘え上手」(30代・愛知県)
「多少の隙をみせる」(30代・埼玉県)

【4】自分磨き

大好きな彼がいるなら、トキメキを感じて欲しいと思うのは当然のこと。人間は視覚から入る情報も多いので、容姿に関しての自分磨きも手を抜けません。そのためには、女性らしさを感じさせるメイクや髪型、服装などを心掛けてみるとよいでしょう。

また、自分磨きをすることで自分に自信がついて、恋愛に対してのポジティブになれるのも嬉しいメリットです。

「いつも可愛くいる」(30代・神奈川県)
「きれいに顔を作る」(20代・長崎県)
「男性にかわいいと思われること」(20代・栃木県)
「外見に気をつかう」(30代・東京都)

最後に

愛情を与え合う行為として大切な存在のカップルでのキスについて紹介しました。満足度の高いキスができると、より一層相手のことを恋しく思えて、ラブラブな時間も増えるでしょう。

付き合ったばかりの頃は、1回1回のキスに胸キュンして特別感を抱くことが多かったと思います。ですが、一緒にいる時間が長くなるほど、慣れの気持ちから回数も少なくなってしまいます。そんな時に、マンネリを解消できるような知識を頭に入れておくと、何か役に立つかもしれません。

キスのタイミングが悪い、唇を重ねている時間が短いなどキスに対する不満がある場合は、しっかり話し合わないとすれ違いや破局する原因に繋がるかもしれません。思いやりの心を持ってお互いが、心も体も気持ちよくなれるようなキスができますように。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.06.30

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature