Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 大人コーデ
  5. 【35歳で着たいファッション49選】大人の余裕と色気が見える着こなしを実現しよう

FASHION

2021.11.03

【35歳で着たいファッション49選】大人の余裕と色気が見える着こなしを実現しよう

今回は35歳向けの大人なファッションを紹介します。30代前半までとはちがうアダルトな雰囲気漂うきれいめコーデからカジュアルスタイルまでが盛りだくさん! お気に入りの着こなしを見つけてみて。

【目次】
35歳! これからのファッションは?
働く大人の余裕が見える着こなしが◎
スカートは膝を隠してシルエットを意識
ワンピースで上品に色っぽく肌を見せる
きれいさを残したカジュアルがおすすめ
最後に

35歳! これからのファッションは?

歳を重ねるごとに魅力が増す、そんな大人の女性は美しいですよね。35歳はアラサーとアラフォーのちょうど境目。30代前半よりも大人っぽくきめたいけど、一歩間違えると老けファッションになってしまう可能性も…。ちょうどいい絶妙なラインって難しいですよね。

そこで今回は、35歳の女性に贈る大人の着こなし特集をお届けします。オフィスで活躍するコーデからきれいめ大人カジュアルまで幅広くラインナップ。これからのファッションをどんどん楽しんでいきましょう!

<POINT>
・オフィスシーンでは大人の余裕を見せる
・スカートは膝を隠してスタイルアップを
・肌を見せるときは上品にほどよくチラ見せ

働く大人の余裕が見える着こなしが◎

アラサーを乗り越え、より一層大人な女性の扉をあけたばかりの35歳。アラサーの時には先輩っぽくかっこよく決めるスタイルが人気ですが、35歳以降はあまりかっこよさを強調しすぎると、周りに圧を与えてしまう可能性も…。そこで35歳が心がけたいのは「大人の余裕」。キメすぎないコーデを意識してみましょう。

ベージュTシャツ×きれい色パンツ×白ジャケット

ベージュTシャツ×きれい色パンツ×白ジャケット

きれい色ボトムを軸に、ベージュT×白ジャケットの淡いトーンで清潔感と美人度UP! 大人の余裕を感じるトラッドスタイルに。

ベージュ×きれい色で印象美人を叶えて

淡ベージュブラウス×キャメルパンツ

淡ベージュブラウス×キャメルパンツ

2割派手ブラウスが今の気分。袖のフリルは気になる二の腕もカバーし、トレンドアイテムにもなるので、トライして損なし。甘く転んでしまいがちなフリルトップスは、淡ベージュ×キャメルの曖昧なグラデーションで、ドライに楽しむのが正解。

【ベージュ×キャメル】お仕事コーデ5選|職業別2秒でもっていく「先輩配色」のルール

白ジャケット×グリーンワイドパンツ

白ジャケット×グリーンワイドパンツ

淡いグリーンのワイドパンツ×白ジャケットを合わせた、まろやか配色コーデ。ヒップが隠れるぐらいのロング丈ジャケットで、長×長シルエットをグッドバランスに。

【ロング丈ジャケット×ワイドパンツ】着こなし4選

チェック柄カラーパンツ×ネイビージャケット

チェック柄カラーパンツ×ネイビージャケット

上司のお供で得意先の接待というシーンでは、ジャケパンで背筋を伸ばして。キャリア女性の制服、ジャケパンコーデはカラーパンツで女らしさを注入◎。

上司のお供で得意先の接待! ジャケパンで背筋を伸ばして

グレータイトスカート×白ジャケット

グレータイトスカート×白ジャケット

コンサバに転びがちな白ジャケットも、ダブルボタンでハリのある生地なら今どきムード。スリット入りのグレーのタイトスカートと合わせて、女っぷりよく。

【ジャケット×タイトスカート】でこなれ感たっぷりの春コーデに! 着こなしまとめ

白フレアスカート×ブラウンジャケット

白フレアスカート×ブラウンジャケット

エクリュ色のスカートは辛口なジャケットに合わせて上品さをアップ。メンズライクなブラウンジャケットでクラシカルトラッドに仕上げて。

【イエナ×渡辺智佳】フレンチシックなロングスカートで理想の女っぽシルエットを叶えて

グレーパンツ×ラベンダーシャツ

グレーパンツ×ラベンダーシャツ

ハイウエストで太めのタック入りパンツ×きれい色シャツのワンツーコーデ。リラックス感のあるワイドパンツとシャツ&ローファーでメンズライクに着こなして。

泉 里香が魅せる【グレーカセット服】着回し7選♪|ハンサムレディな仕上がりに!

ネイビーセットアップスーツ×テラコッタシャツ

ネイビーセットアップスーツ×テラコッタシャツ

体にきちんとフィットするセットアップスーツはネイビーでキマリ。真面目に見えすぎないようにインナーにはテラコッタ色のシャツをさりげなく活用。

1年かけて準備してきたテナントのリニューアルに合わせて、朝から各所へあいさつまわり迷わずお気に入りのセットアップで!

白ベルテッドコート×黒ワイドパンツ

白ベルテッドコート×黒ワイドパンツ

アウターで気になることといえば、着ぶくれ問題。ウエストマークでメリハリがつくベルテッドコートはその点、非常に優秀。バランスに悩みがちなボリュームボトムも、すっきりキレイに着こなせる。

【4万円以下で発見!】ベルテッドコートはスタイルUP効果がすごい!

グレーチェックコート×黒ニット×黒スカート

グレーチェックコート×黒ニット×黒スカート

グレーチェックのコートに黒のニットとスカート! 大きめの襟や、しっかりとウエストマークすることで、より女らしいスタイルに。深めのサイドスリット入りなので、歩くたびに動きが生まれます。

メンズライクなコートを主役にドラマティックな着こなしを

白Tシャツ×オレンジタイトスカート

白Tシャツ×オレンジタイトスカート

コンパクトなサイズ感が絶妙に女らしいTシャツに、ハイウエストスカートにベルトでメリハリをつけ、さらなるスタイルアップ効果を狙って。

大人の女性がTシャツを着るべき、5つの理由

ベージュパンツ×白ブラウス

ベージュパンツ×白ブラウス

ベージュのワイドパンツに、白のブラウスとベージュのジャケットを合わせて上品な装いに。全体的に淡い配色のコーデはやさしげな印象に仕上げてくれる。

【気温18℃】の日は、ジャケットの出番! コーディネート見本6

ネイビーノーカラージャケット×ネイビーパンツ×白ニット

ネイビーノーカラージャケット×ネイビーパンツ×白ニット

光沢のある細目シルエットのネイビーのノーカラージャケット&パンツスタイルに、白の丸首ニットを合わせてかっちりし過ぎない印象に。

【THE SUIT COMPANYの微光沢スーツ】ほんのり秋気分、洗える着回しスタメン服

スカートは膝を隠してシルエットを意識

スカートの着こなしで意識したいのは「膝を隠す」こと。ひざが見えるスカートでは幼い印象になり、痛いと思われる可能性アリ。その反面、ひざ下丈のアイテムはスタイルアップ効果も狙えます。コーディネートするときはシルエットを意識して、知的な印象を作っていきましょう。

ブラウンカットソー×ブラウンチェックスカート

ブラウンカットソー×ブラウンチェックスカート

ブラウンのワントーンコーデ。シンプルながら、トレンドの“フォルム袖”で女っぷりも洒落感も実現。

トレンド【セットアップ】3DAYS着回し術!

グリーンタイトスカート×黒プルオーバー

グリーンタイトスカート×黒プルオーバー

鮮やかなグリーンカラーのタイトスカートは、上品で育ちのよいムードが漂います。黒のプルオーバーと合わせて上品さを加速させて。

バッグ20選【レディース】タイプ別にご紹介|通勤にも使える新作バッグ

黒ブラウス×白タイトスカート

黒ブラウス×白タイトスカート

バルーン袖、背面も切り替え&リボンと凝ったディテールのきれいめブラウスで作るオシャレ女子の通勤コーデ。ブラウスは黒をチョイスすれば、大切なお呼ばれの席でも大活躍しそう。

バルーン袖ブラウスは、黒を選べば凛々しく映える!

ネイビーノースリーブニット×カーキタイトスカート×黒ロングカーディガン

ネイビーノースリーブニット×カーキタイトスカート×黒ロングカーディガン

ノースリーブタートルネック×タイトスカートでつくるIラインシルエットは、知的なネイビーと旬のカーキを取り入れてシャープに。黒カーデをはおって奥行きを持たせ、ライン入りのベルトでさりげなくスポーツMIXを。

打ち合わせの日はIラインシルエットでシャープにまとめて

オレンジリブニット×イエロータイトスカート

オレンジリブニット×イエロータイトスカート

華奢なウエストベルトがきちんと感を後押しするタイトスカート。気分の上がるオレンジのリブニットを合わせて、すっきりとした縦ラインに。肌見せ部分が多くてもクルーネックなら大人っぽくまとめてくれる。

タイトなシルエットが生む清涼感とほんのり女っぽさが漂うスタイル

白ノースリーブニット×ベージュギャザースカート

白ノースリーブニット×ベージュギャザースカート

ワンツーコーデを大人っぽく仕上げてくれる雰囲気たっぷりのギャザースカート。ドライながら華やぎのあるボリュームフレアスカートは、クリーンな白ニットや白小物でフレッシュに着こなして。

華やかさならやっぱりボリュームフレアスカート〈30代の2021コーデ〉

赤タイトスカート×グレープルオーバーブラウス

赤タイトスカート×グレープルオーバーブラウス

目の覚めるような赤タイト。プルオーバーブラウスをラフにインして、メリハリのあるシルエットに。

今夏は、華やかヴィヴィッドカラータイトが断然おすすめ!

白スタンドカラーシャツ×ネイビーレーススカート

白スタンドカラーシャツ×ネイビーレーススカート

この春はスマートなスタンドカラーシャツをラフに着るのが新鮮! 広めに開いた襟元とネイビーのレースタイトで女っぷりよく仕上げて。タンクトップの重ね着で、ヘルシーさと清潔感をプラス。

スタンドカラー【白シャツ】着回し4スタイル|春の究極アイテム

白タイトスカート×ライラックブラウス

白タイトスカート×ライラックブラウス

きれいめカラーのライラックは、それだけで十分な甘さがあるので、デザインはシンプルがベスト。切りっぱなしのスウェットでちょこっとやんちゃ風のタイトスカートスタイルに。

Vネック【ブラウス】着こなしのルールは「メンズライクなボトムを合わせて」

ブラウスシャツ×イエロータイトスカート×ベージュカーディガン

ブラウスシャツ×イエロータイトスカート×ベージュカーディガン

ブラウンシャツ×鮮やかなイエロースカートの大人っぽいコーデ。スリットが深いタイトスカートに、ベージュやパイソンを散りばめてトレンドのサファリテイストに仕上げると、爽やかなイエローもシックな印象にシフト。

イエローを大人っぽく着るなら、ブラウンで引き締めて【乃木坂46 新内眞衣の1か月コーデ】

ワンピースで上品に色っぽく肌を見せる

懐かしい友達との集まりやちょっとしたお呼ばれのシーンにはやはりワンピースが活躍。35歳のワンピースの着こなしのポイントは「上品な肌見せ」です。大胆に肌を見せすぎると上品さに欠けた仕上がりになるので、あくまでもちらっと見せを意識して。

ブラウンノースリーブワンピース

ブラウンノースリーブワンピース

リネンライクなツイル素材なら、シワになりにくく着心地もバツグン! ゆとりのある立体的フォルムで、気になる二の腕もさりげなくカバー。身体を華奢に見せるフォルムと、前後のVネックでデコルテも美しく演出します。すとんとすっきり着られる1枚はONにもOFFにも◎。

1枚で完成! すっきり見えるワンピースで初夏らしく

ベージュフレアワンピース×ブラウンニット

ベージュフレアワンピース×ブラウンニット

たっぷりとしたフレアシルエットが印象的なニュアンスカラーのマキシワンピースは、ざっくりとしたカーディガンで着くずすと、今っぽい印象に。強すぎないブラウンで引き締めて。

あなたは大丈夫? きれいめ派の残念カジュアル、こうしたら垢抜けます!

黒レースワンピース

黒レースワンピース

1枚で着ても存在感のある黒ワンピースは、長め丈&レースアップ&ゆとりのある裾のフレアがポイント。定番の黒ワンピースも、こだわりの1枚を選んで大人っぽく着こなして。

程よいフレアシルエット&長め丈なら1枚で今っぽくキマる♪

ブラウンフォルムワンピース

ブラウンフォルムワンピース

フォルムワンピースは、ウエストを絞らないすとんとしたシルエットでセクシーさは封印を。もっちりと地厚なスポンディッシュ素材は、シワにならずに扱いがラク。

今どき【フォルムワンピース】でシンプル&切れ味あるモード感を♡

黒ドットワンピース×ベージュジャケット

黒ドットワンピース×ベージュジャケット

ドット柄ワンピースは、ベージュを合わせると小粋なパリジェンヌ風に。ワンピの甘さをジャケットで引き締めて。

「何かある日」の【ワンピース】コーデ12選

花柄ワンピース×かごバッグのリゾート風コーデ

花柄ワンピース×かごバッグのリゾート風コーデ

レトロなフラワープリントのワンピースを、バンブーのワンハンドルが大人っぽいかごバッグで品の良さを引き寄せて。足元はあえてのビーサンで外すと、今っぽさが出てGood!

春満喫♪ のフラワーワンピースは大人顔のかごで上品に

ネイビーのスキッパーシャツワンピース

ネイビーのスキッパーシャツワンピース

大人なネイビーシャツワンピースは、ギャザーを足し引きできるシャーリングベルトが秀逸。スキッパーと合わさり、洗練された女らしい着こなしに。

1枚でサマになる♡【ウエストコンシャスワンピース】が女っぷりとスタイルアップを同時に叶える!

くすみパープルのティアードワンピース

くすみパープルのティアードワンピース

くすんだパープルのようなニュアンスカラーのティアードワンピースには、ロマンティックな魅力を引き立てつつ旬のムードをプラスしてくれる小物選びを。フェミニンとこなれ感を両立させて。

夏の休日ワンピスタイルは小物がカギ!

チェック柄ワンピース×黒ジャケット

チェック柄ワンピース×黒ジャケット

チェックのワンピースと黒のジャケットで上品なきれいめコーデ! どんな場所にも映える着こなしで大切な人とのお出かけには最適!

クライアントとパワーランチ。きちんとしたワンピーススタイルで挑む

深い艶グリーン×きれいカラーカーディガン

深い艶グリーン×きれいカラーカーディガン

ツヤのあるワンピとフェミニンなざっくりカーディガンのミックス感がかわいさの決め手に。モード感をプラスしてくれるのは、レギンス。大人のおしゃれ上級者を目指そう。

今すぐ着られる秋コーデ17

きれいさを残したカジュアルがおすすめ

35歳の休日のカジュアルコーデは「きれいさを残す」ことを意識してみましょう。大人かわいいカジュアルでは幼く若作りしているような印象を抱かれることも…。そんな時には、「きれいめカジュアル」がおすすめ! どこかワンポイントに上品さを取り入れれば、大人っぽさを保ったファッションが楽しめます。

ブルーニット×白コート×シルバースニーカー

ブルーニット×白コート×シルバースニーカー

ざっくりニット×コートと着込む日はシルバー小物で抜け感を。白のロングコートに映える締め色ストールを肩にかけてすっきり見せて。

ニットやコート…しっかり着込む日は、シルバー小物で抜け感を!

グレーセンタープレスパンツ×カーキノースリーブシャツ

グレーセンタープレスパンツ×カーキノースリーブシャツ

グレーのセンタープレスパンツできちんと感を出しつつ、ハリのある生地と立体的なシルエット、ダークなカーキ色がモードな雰囲気を放つノースリーブシャツはカーキを選択し、真面目になりすぎないように調整。楽なカジュアルスタイルなのに大人っぽさは忘れない。

カーキ × グレーで清潔感とこなれ感を両立

ベージュジャケット×ベージュワイドパンツ

ベージュジャケット×ベージュワイドパンツ

ベージュワイドパンツとロング丈のジャケットを合わせたシンプルセットアップには、スポサンを合わせるだけこなれ見えします。リッチなテイストのものを選べば、コーデ全体に大人っぽい抜け感を与えてくれる。

【NEWS】スポサンは早いもの勝ち♪

ストレートデニム×レースブラウス

ストレートデニム×レースブラウス

カジュアルな印象になりがちなデニムをアラフォー女性が華やかに着こなすには、きちんと顔の『ストレートデニム』に、シックな色味の『レースブラウス』を組み合わせるのがおすすめ。

お悩み解決!「デニムの日はカジュアルになりすぎる… キレイに履くには?」〈Oggi専属読者モデル 力丸莉帆〉

デニムタイトスカート×ライトカーキTシャツ

デニムタイトスカート×ライトカーキTシャツ

カジュアルなTシャツコーデにも、40代の大人っぽさはプラスしたい。インディゴデニムのロング丈のスカートを重く見せないコツは、明るい色味とコンパクトなサイズ感のTシャツをチョイスすること。アースカラーで落ち着きもプラス。

あなたは大丈夫!? 垢抜けない【NGタイトスカートコーデ】の救世主はニュアンスカラーT!|着こなしポイント&コーデ

ストライプロングシャツ×センタープレスブラウンパンツ

ストライプロングシャツ×センタープレスブラウンパンツ

メンズライクに仕立てた大人の女性のための、ハンサムなストライプシャツは、いい意味で力が抜けて大人の余裕が表現できるアイテム。クリーンな表情の小物や存在感のあるアクセサリーを効かせて、リラックス感がありながら都会的な新しい女らしさを見つけたい。

滝沢カレンが着こなす♡ 春らしさと大人っぽさを纏うシャツコーデ8選

オフホワイトサロペット×ミルキーピンクカーディガン

オフホワイトサロペット×ミルキーピンクカーディガン

ベルトでウエストマークしメリハリを。オフホワイトのサロペットに優しいミルキーピンクのカーディガンを肩から掛けて、颯爽とした雰囲気に。大人っぽい「つなぎ」だと、1枚で簡単におしゃれ感がアップ。

簡単に着こなせる! 通なサロペットコーデ

白シャツ×ベージュワイドパンツ

白シャツ×ベージュワイドパンツ

空気を含んだ白シャツに、シルエットがきれいなベージュパンツを合わせたコーデ。ウエストマークで緩急をつけて、品のよさと感度の高さが共存するスタイルに。

Oggi専属モデル【朝比奈 彩】インタビュー&凛とした「クールフェミニン」コーデ5選

ベージュブラウス×白パンツ

ベージュブラウス×白パンツ

ツヤ感のあるベージュのブラウスに、クリーンな白パンツを合わせた着こなし。微光沢感のエアリーなシルクブラウスが上半身を華やかに見せて、大人顔に導いてくれる。

会食の日は、シルクブラウスで品良く華やかに♪

黒ロングマキシスカート×白ニット

黒ロングマキシスカート×白ニット

女らしいマキシスカートに体のラインを拾わないゆるニットを合わせたコーデ。黒スカートスタイルにスポサンで、上品なカジュアル感を与えて。

【大人ブランドのスポサン】おすすめPick Up

ベージュシャツ×白ロングフレアスカート

ベージュシャツ×白ロングフレアスカート

透け感がありながら、かすかな光沢もある旬のシアートップス。まろやかなハニーベージュなら品もキープできる。存在感のある白ロングスカートでフレッシュに。

定番シャツも透け感素材にすれば一気に旬ムードに

淡いブルーデニムパンツ×ブルーデニムシャツ

淡いブルーデニムパンツ×ブルーデニムシャツ

休日にぴったりなデニムシャツ×デニムパンツコーデで大人っぽく着こなす! ブルーのワントーンにニュアンスカラーの小物を効かせて。

休日のデニム×シャツコーデを新鮮に

白シャツ×オレンジパンツ

白シャツ×オレンジパンツ

夏の日差しが似合う、クリーンな白シャツと旬のオレンジパンツを組み合わせたフレッシュな装い。軽快な装いの引き締め役として、キャンバス地の黒のサブバッグが活躍してくれる。

クリーンな白シャツ×きれい色パンツで春を感じて

白シャツ×グリーンロングスカート

白シャツ×グリーンロングスカート

ボリュームのあるミモレ丈のカラーフレアスカートは、それだけで存在感があるから、ベーシックな白T合わせでさらりと着こなしたい。

【スタイリスト入江未悠】ハーフスイートカジュアルな私的スタイルを公開!

黒コーデ×レオパードトップス

黒×レオパードは永遠の定番配色。黒を効かせたパンツスタイルにスパイシィな女っぽさが際立つ。差し色や黒アイテムを更新して、半歩先行くシンプルさを!

ついつい着たくなる偏愛プリント【エキップモン】のレオパード柄

ロングチュールプリーツスカート×黒ジャケット

ロングチュールプリーツスカート×黒ジャケット

フォーマルな印象のショールカラーには、程よく女っぽさが手に入るチュールスカートで優しいニュアンスに。トップスや小物はグレイッシュなトーンでまとめて、ジャケットの存在感を更に引き立たせて。

マニッシュなフォーマルカラーのジャケットにチュールスカートで女らしさを

最後に

今回は35歳の女性に贈る大人の余裕と色気たっぷりの着こなし特集をお届けしました。年をとったというマイナスなイメージではなく、年を重ねるごとに美しい大人の女性になれるという考えが身も心もきれいに保ってくれます。ぜひ参考にしてみてくださいね。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.28

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature