Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. カジュアルコーデ
  5. 「上品フェミニン派」大胆なシルエットとキャッチーな小物で着こなしを更新!

FASHION

2022.04.06

「上品フェミニン派」大胆なシルエットとキャッチーな小物で着こなしを更新!

週末の休日コーデを更新しよう! 「上品フェミニン派」はシルエットや小物で、今っぽい甘さを表現して。

01|フリルスカートは黒のフラットサンダルで引き締めて

不規則にフリルがレイヤードされたフレアスカート。休日カジュアルに活用するなら、黒のぺたんこサンダルで甘×辛のバランスをとるのが簡単な正攻法。

カットソー¥15,400(デミルクス ビームス 新宿〈ヒュッゲ〉) スカート¥47,300(M〈ウジョー〉) 手に持ったカーディガン¥18,500(ノーク〈ノーク〉) バッグ¥31,900(エルディスト〈アラナズ〉) 靴¥19,800(フラッパーズ〈ラオコンテ〉) ピアス¥22,000(HASLA Jewelry〈ハスラ〉) ネックレス¥31,900(リューク〈リューク〉) バングル¥20,900(アマン〈アンセム フォー ザ センセズ〉) キャミソール/スタイリスト私物

02|大人のかわいげモードを語るパフスリーブのGジャン

フェミニン派がGジャンを着るならば、デザイン性の高いモダンなタイプがおすすめ。ドロップした肩&パフスリーブの絶妙バランスにときめく!

Gジャン¥36,300(ホリデイ) ワンピース¥51,700(BIRD&KNOLL) バッグ¥31,000(CPR TOKYO〈アニタ ビラルディ〉) 靴¥34,100(ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店〈FABIO RUSCONI〉) サングラス¥41,250(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス〈オリバーピープルズ〉) ネックレス¥14,300(デミルクス ビームス 新宿〈フィリップ オーディベール〉) ブレスレット¥14,000(gemma alus〈ジェンマ アルス〉)

03|ヘルシーなメッシュニットは繊細ワンピで甘やかに着る

爽やかな春の気分を満喫できるメッシュニット。合わせるのはフェミニンなスカートがいいけれど、もうひと工夫してキャミワンピを重ねる選択もあり。ウエストラインがゆるりとする感覚が、休日の解放感を後押し。

ニット¥46,200・手に持ったジャケット¥79,200(ショールーム セッション〈SAYAKA DAVIS〉) 中に着たキャミソールワンピース¥30,800(エストネーション〈エストネーション〉) バッグ¥35,200(ヴァジックジャパン〈VASIC〉) 靴¥86,900(ロンハーマン〈フランチェスコ ルッソ〉) ネックレス¥16,500(デミルクス ビームス 新宿〈フィリップ オーディベール〉)

04|ロマンティックワンピにはハードめブーツがお約束

春になったら着映えワンピを新調! 肩のフリルとギャザー袖… とことん甘いデザインも、重めの黒ブーツを合わせるだけで抑揚の利いたフェミニン・カジュアルに着地。「素足×ショートブーツ」が楽しめるのは季節のはざまだけの特権。

ワンピース¥46,200(S&T〈BAUM UND PFERDGARTEN〉) 手に持ったブルゾン¥110,000(エイチ ビューティ&ユース〈ロエフ〉) バッグ¥111,100(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉) 靴¥20,900(ステュディオス カスタマーサポート〈シティ〉) ピアス¥28,600(レム) リング¥26,400(フラッパーズ〈シンパシー オブ ソウル スタイル〉)

05|注目のジレジャケットはデニム合わせが簡単

例年になくジレ風ジャケットが豊富。まずは休日のカジュアルシーンで、デニムに合わせてみるのがスムーズ。ライトグレーのツイード風ジレは、すとんとした長め丈が今どきで着やすい。淡いブルーの水色デニムで全体のトーンをなじませるときれい。

ジレ¥23,100(アルページュストーリー) カットソー¥6,600(AKTE) デニムパンツ¥24,500(L.F.Markey〈エル エフ マーキー〉) バッグ¥39,600(オデット エ オディール 新宿店〈オルセット〉) 靴¥44,000(T-square Press Room〈テラ〉) ピアス¥28,600(レム) ブレスレット¥33,000(ボウルズ〈ハイク〉)

06|冒険トレンドも上下ネイビーでまとめれば上品♡

シアーブラウス×セミフレアデニム。トレンド同士のかけ合わせも、知的なネイビーならすっきり大人っぽく。

ブラウス¥33,000(RHCロンハーマン〈ジェーン スミス〉) デニムパンツ¥5,390(センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店〈センスオブプレイス〉) バッグ¥52,800(プルミエ アロンディスモン〈ア ヴァケーション〉) 靴¥27,500(メゾンスペシャル 青山店〈ファビオルスコーニ〉) ネックレス¥28,600・リング¥28,600(フラッパーズ〈シンパシー オブ ソウル スタイル〉) ブレスレット¥14,300(レム) キャミソール/スタイリスト私物

●この特集で使用した商品の価格はすべて税込価格です。

2022年Oggi4月号「辛口シンプル派 vs 上品フェミニン派『休日カジュアル』の更新ポイント」より
撮影/谷田政史(CaNN) スタイリスト/縄田恵里 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/宮田聡子 構成/三尋木奈保
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.29

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature