Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. カジュアルコーデ
  5. 「辛口シンプル派」スポーティ&ビビッドカラーでこなれたスタイルをGET!

FASHION

2022.04.06

「辛口シンプル派」スポーティ&ビビッドカラーでこなれたスタイルをGET!

週末の休日コーデを更新しよう! 「辛口シンプル派」はスポーティ要素やビビッドカラーを入れてアップデートするのがおすすめ♪

01|カラーアウターもグリーンならピリッと今どき

「きれい色のアウター」は難易度が高そうだけれど、濃いグリーンなら派手すぎない大人のスパイスに。シャツライクなデザインで気軽にはおれるのもいい。

〝ヘリテノーム〟のジャケット¥74,800・〝ガリャルダガランテ〟のトップス¥15,400(ガリャルダガランテ 表参道店) スカート¥35,200(カオス丸の内〈カオス〉) カードホルダー¥33,000(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉) ロゴバッグ¥6,600(エスケーパーズオンライン〈OPEN EDITIONS〉) 靴¥30,800(ユナイテッドアローズ 有楽町店〈ユナイテッドアローズ〉) ピアス¥41,800・ブレスレット¥29,700(room3138〈ローラ ロンバルディ〉)

02|ジャンプスーツは腰巻きアレンジでメンズ風に

休日にチャレンジしてみたいアイテムといえばジャンプスーツ。辛口シンプル派におすすめなのは、ダボッとしたサイズ感の長袖タイプ。袖を腰巻きにするボーイッシュな着こなしで、カジュアル慣れした印象を加速させて。黒のビットローファーで、足元はかっちり真面目に「はずす」バランスがおしゃれ。

カットソー¥20,900(アマン〈アンスクリア〉) ジャンプスーツ¥18,700(AKTE) バッグ¥39,600(インターリブ〈サクラ〉) 靴¥16,500(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉) ネックレス¥16,500(デミルクス ビームス 新宿〈ドー〉)

03|定番タイプのGジャンは〝変な形〟のアイテム合わせで目新しく

イレギュラーヘムのカットソーと、サイドにドロストのシャーリングが入ったスカート。ウィットに富んだ〝変な形〟のアイテムで、オーソドックスな色落ちGジャンを刷新。

Gジャン¥39,600(ウィム ガゼット 丸の内店〈ウィム ガゼット〉) カットソー¥24,200・スカート¥38,500(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター〈ウジョー ダンスキン〉) 中に着たTシャツ¥7,150(LE PHIL NEWoMan 新宿店〈LE PHIL〉) バッグ¥101,200(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉) 靴¥46,200(インターリブ〈サクラ〉) バングル¥33,000・リング¥9,900(アダワットトゥアレグ) ソックス¥2,750(フリークス ストア 渋谷〈ベースレンジ〉)

04|ラガーシャツが即洒落る! 黒タイトの調整力に拍手

この春トレンドのラガーシャツ。パンツを合わせると〝本気のスポーティ〟に見えてしまいそう…? ならばやっぱり頼りになるのは黒タイト。ストレッチの利いた長め丈が、すっきり大人な印象にまとめあげてくれる。

シャツ¥27,500(エイチ ビューティ&ユース〈ロエフ〉) スカート¥19,800(ガリャルダガランテ 表参道店〈ガリャルダガランテ〉) 肩に掛けたカーディガン¥16,500(ジャスグリッティー) バッグ¥22,000(アイネックス〈スキュー〉) 靴¥20,900(ステュディオス カスタマーサポート〈シティ〉) メガネ¥37,400(プロポデザイン〈プロポ〉) イヤーカフ[片耳]¥17,600・ブレスレット¥41,800(レム)

05|ロゴ×カラーパンツで旬のカレッジムードを満喫

ロゴスウェットはオーバーサイズを選んだほうが今どき感が明快。白カットソーを重ねるひと手間も忘れずに。首と裾から少量でも白がのぞくことで、きれいめ感がアップする。

トップス¥30,800(ユナイテッドアローズ 有楽町店〈アンスクリア〉) 中に着たカットソー¥15,400(エイトン 青山〈エイトン〉) パンツ¥14,300(AKTE) 床に置いたブルゾン¥49,500(エリオポール 代官山〈エリオポール〉) ブルゾンの上のバッグ¥74,800(ボウルズ〈チャコリ×ハイク〉) 靴¥68,200(ピエール アルディ 東京〈ピエール アルディ〉) 帽子¥9,350(デミルクス ビームス 新宿〈エーケー ワン〉) ネックレス¥50,600・リング¥26,400(レム)

06|モノトーンが躍動するダイナミックなシルエット

白のロングシャツは、大きなスタンドカラーやアウトポケット、カーブした裾のラインなど、どこをとっても鮮度が高く、「着てみたい」欲望をストレートに刺激してくれる一枚。パリッとしたタイプライター素材で、シャツ本来のクリーンな印象は揺るがない。スキニーパンツでメリハリよく仕上げて、遠目でも映える着こなしに。

シャツ¥38,500(någonstans) パンツ¥35,200(S&T〈BY MALENE BIRGER〉) バッグ¥19,800(ダイアナ 原宿店〈プラス ダイアナ〉) 靴¥53,900(T-square Press Room〈テラ〉) サングラス¥29,700(プロポデザイン〈プロポ〉) ピアス[右耳]¥16,500・[左耳]¥22,000・ダブルリング¥27,500(リューク〈リューク〉)

●この特集で使用した商品の価格はすべて税込価格です。

2022年Oggi4月号「辛口シンプル派 vs 上品フェミニン派『休日カジュアル』の更新ポイント」より
撮影/谷田政史(CaNN) スタイリスト/縄田恵里 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/滝沢カレン(Oggi専属) 構成/三尋木奈保
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.27

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature