Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. パンツ
  4. デニムコーデ
  5. デニムラバー、新木優子さんが着こなす♡ この夏着たいモードなデニムスタイル

FASHION

2022.06.22

デニムラバー、新木優子さんが着こなす♡ この夏着たいモードなデニムスタイル

ワードローブに40本デニムをそろえる、デニムラバーな新木優子さん。この夏トライしたい最旬デニムコーデを、様々な表情で着こなします!

新木優子さんが魅せる、大人の「サマーデニムスタイル」

プライベートでも愛してやまないという生粋のデニムラバーな、新木優子さん。ファッションアイコンとしても知られる彼女が、今いちばんはきたいデニムのコーディネートを着こなします。

1|ストイックなリジッドデニムで定番服をクリーン&モードに

ハイウエストのテーパードシルエットのデニムを、スラックス感覚で凛と着こなして。深い濃紺とセンタープレスがシャープな印象。上半身のオーセンティックなレイヤードに旬なグリーンの小物を効かせた、「最旬のベーシックスタイル」に。

デニムパンツ¥33,000・シャツ¥34,100(ユナイテッドアローズ 原宿本店〈ロエフ〉) Tシャツ¥9,900(リノウン〈ニコラ ジェンソン〉) 手に持ったカーディガン[共布ベルト付き]¥44,000(メルローズ〈カレンテージ〉) 〝シタ パランティカ〟のバッグ¥35,200・〝マノロ ブラニク〟の靴¥108,900・〝ハルポ〟のボールチェーンネックレス¥31,900・〝ジジ〟のコインネックレス¥52,800・〝ガブリエラ アルティガス〟のバングル¥46,200・〝ティリー スヴェアーズ〟の手首に巻いたネックレス¥101,200(アパルトモン 青山店)

2|タフな質感のデニム×透けるトップスでセンシュアルに

トレンドのシアートップスの繊細さを際立たせつつ、上品さをキープしながらヘルシーに。そんな絶妙なバランスに仕上がるのは、本格志向のデニムだからこそ!

デニムパンツ¥47,300(アパルトモン 青山店〈マディソンブルー〉) ベスト¥85,800(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈マディソンブルー〉) プルオーバー¥31,900(ユナイテッドアローズ 丸の内店〈マラミュート〉) バッグ¥140,050(エドストローム オフィス〈パコ ラバンヌ〉) ブレスレット¥17,050(room3138〈ローラ ロンバルディ〉)

3|デニムで着こなす、クロップドトップスの新鮮レイヤード

この夏のトレンドで要注目アイテムのひとつ、クロップドトップス。新しいアイテムや着こなしにチャレンジするとき、なんといっても心強いのはデニム。足首を軽やかに見せるフレアシルエットと浅いブルー、真夏に清涼感をもたらす一本を選択。やや長め丈のシャツをインに重ねて、コンパクトで新しい丈感を強調しつつ、大人に似合うバランスに。

デニムパンツ¥40,700(エドストローム オフィス〈トゥ エ モン トレゾア〉) ニットタンクトップ¥20,900(エストネーション〈エストネーション〉) シャツ[共布ボウタイ付き/EC限定]¥17,600(ウィム ガゼット 丸の内店〈ウィム ガゼット〉) バッグ¥59,400(3.1 フィリップ リム ジャパン〈3.1フィリップ リム〉) 靴¥154,000(アパルトモン 青山店〈ジュゼッペ ザノッティ〉) スカーフ¥4,990(バナナ・リパブリック) バングル¥72,600・リング¥30,800(リューク〈リューク〉)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、税込価格です。

2022年Oggi7月号「新木優子『デニムに恋して♡』」より
撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) スタイリスト/縄田恵里 ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) モデル/新木優子 構成/須藤由美
再構成/Oggi.jp編集部

この記事もよく読まれています!

新木優子

1993年、東京都出身。2004年にスカウトされデビュー。映画、ドラマ、モデルと幅広く活動し、数々の話題作に出演。2020年から『DIOR』のジャパン アンバサダーに就任。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.06.29

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature