Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. シャツ・ブラウス
  4. シャツコーデ
  5. シャツの着こなしおすすめ36選【2020】アラサー世代の「使えるシャツ」コーデ集♡

FASHION

2020.07.16

シャツの着こなしおすすめ36選【2020】アラサー世代の「使えるシャツ」コーデ集♡

シャツをすてきに着こなしている人って、なんだか余裕があってすてき。今回はシャツの着こなしの正解を探していたOggi世代のみなさんに、こなれ見えする「使えるシャツ」のコーデをご紹介します。定番白シャツをはじめ、カラーやデザインが効いたシャツをラインナップ。お気に入りのレディースシャツコーデを見つけてみて。

【目次】
押さえておきたい「大人の余裕を感じる」シャツの着こなし
ベーシックな白シャツで「品のよさ」をアピール
効きのいいデザインシャツが「女らしさ」を引き出す
こなれ感のあるカラーシャツで「新鮮配色」にトライ
働く女性のお手本となるシャツ×アウターの合わせ方
最後に

押さえておきたい「大人の余裕を感じる」シャツの着こなし

シャツはアラサー世代のマストアイテム。シャツがきちんと感を担ってくれるから、肩の力を抜いてもおしゃれは手を抜きたくない… でも頑張りすぎて見えない「大人の着こなし」を叶えてくれます。今押さえておくべきシャツコーデを確認してみましょう。

□ 白シャツは憧れの先輩風を目指す
□ デザインシャツでやわらかい印象に
□ 2枚目に選ぶならカラーシャツを
□ 迷ったらシャツ×アウターが鉄板

ベーシックな白シャツで「品のよさ」をアピール

白シャツは迷わずに着られる永遠のベーシック。新入社員のときは安心感を与えてくれましたが、今は大人だからこそ「洒落感」にこだわって選びたい。ここでは、清潔感と大人の色気が漂う憧れの先輩風の上質な白シャツコーデをご紹介します。

【1】白シャツ×グリーンフレアスカート

白シャツ×グリーンフレアスカート

体のラインを拾わないゆったりシルエットの白シャツには、ボリューム感&くすみ色のナローフレアスカートが気分。ほんのりツヤが加わった一枚は、絶妙なニュアンスのスモーキーグリーンも決め手。

【サテン調ナローフレア】でリラックス感と女らしさを! 今旬コーデ5選

【2】白シャツ×ネイビータイトスカート

白シャツ×ネイビータイトスカート

清潔感のある白シャツ×ネイビータイトのワンツーコーデ。シンプルコーデには、ライトブルーのバッグ、ミントグリーンのパンプスで、爽やかなカラーをトッピングして。

シンプルコーデに爽やかカラーの小物を合わせて清潔感を

【3】スタンドカラー白シャツ×黒クロップドパンツ

オーバーサイズ風のスタンドカラーシャツ×黒クロップドパンツのコーデ。立体的でエッジの効いたシャツに、リネン素材のバッグやレザーサンダルでラフなマインドをプラスして。

人気スタイリスト金子 綾が愛する…【Theoryのクロップドパンツ】着こなし3選!

【4】白シャツ×オレンジパンツ

クリーンな白シャツにオレンジのパンツを組み合わせて、白シャツの軽快さをキープしたお仕事コーデ。引き締め役にキャンバス地の黒のサブバッグを合わせて、外回りの相棒に◎。

クリーンな白シャツ×きれい色パンツで春を感じて

【5】オーバーサイズの白シャツ×美脚パンツ

今っぽいのに品格がある… 大人仕様のきれいめなオーバーシャツ。このOggi世代一押しの白シャツにはムダのないマニッシュな美脚ぶりはそのままに、タック入りで今どきの空気感がある美脚パンツを組み合わせて。

エディター三尋木奈保がセレクト、ワードローブに欠かせない定番服|100のスーパーベーシック

【6】ボリュームサイズの白シャツ×ワイドパンツ

ボリュームのあるシャツ×ワイドなパンツの、オーバーシルエット同士を合わせるバランスが、着こなしを今っぽく見せるポイント。斜めがけにしたミニサイズのバッグがほどよいアクセントに。

【気温25℃】の日は、長袖シャツが主役! コーディネート見本6

【7】ノーカラー白シャツ×ロングタイトスカート

アフター7の会食に備えて白シャツ×長めタイトの上品スタイル。だぼ×ゆるではなく、上下ともジャストフィットなサイズ感でスマートに着こなすのが今季らしい。

会食の日は、モノトーンでかっちりスタイル!

【8】白シャツ×台形フレアスカート

白シャツのクリーンな印象はそのままに、華やかさをシルエットや色で表現。ハリ感のあるコットンの白シャツの清潔感と夜のギャップが新鮮。シャツ×台形フレアスカートの大好きなジャッキースタイルに。

【気温25℃】の日は、長袖シャツが主役! コーディネート見本6

【9】白シャツ×黒パンツ

白シャツ×黒パンツの王道シンプルコーデ。淡いピンクのかわいらしいショルダーバッグで、清潔感や知的さを保ったまま、ぐっと華やかで今っぽい気分に引き上げて。パーティーシーンにも役立つきちんと感のあるバッグは大人の必需品。

【ドルチェ&ガッバーナ|Dolce&Gabbana】気持ちを鼓舞する華やかバッグ

効きのいいデザインシャツが「女らしさ」を引き出す

難しい印象のあるデザインシャツは、シルエットや柄など種類もさまざま。ここでは、ボリュームシルエット同士の合わせ方など、ワンツーコーデで着るときの裾の扱い方など、すぐに試せる着こなし方を集めました。かっちりした印象のシャツコーデを、女性らしいやわらかな雰囲気にしてくれる効果も◎。

【1】パイピングシャツ

パイピングシャツ

エナメルジャケット×黒ワイドのマニッシュコーデは、ネイビーのパイピングを施したブルーシャツをイン。ジャケットとスタンドシャツの襟元の相性も◎。メンズライクに振り切ることで女らしさを際立たせて。

簡単に上級見え! ジャケット×シャツのレイヤードスタイル♪

【2】ベルト付き白シャツ

ベルト付きの白シャツ×ベージュワイドパンツで、品のよさと感度の高さが共存するメリハリコーデに。空気を含んだシャツは、ウエストマークで緩急をつけスタイルアップも意識。

祝! Oggi新専属モデル【朝比奈 彩】インタビュー&凛とした「クールフェミニン」コーデ5選

【3】ロングシャツ

リラックス感のあるロングシャツは、アウターのようにはおって。ミルクチョコレート~ホワイトのような、ベージュワントーンコーデにまとめて。エッジの効いた小物を効かせて辛口ハンサムに。

今すぐマネできる♡ 最旬ベージュトーンコーデまとめ

【4】シャツワンピース

アウターはお気に入りのシャツワンピ。トレンチよりも気軽にはおれるのがポイント。ワンピonワンピでつくる品のいいレイヤードスタイル。足元は今期復活のニーハイブーツで仕上げれば旬感たっぷり。

【トレンド感をアピールしたい日のコーデ】ワンピONワンピでスタイリッシュに

【5】デニムシャツ

ブルーのデニムワントーンにニュアンスカラーの小物を効かせて。足元のファーで定番コーデを旬にアップデート。デニムシャツの持つカジュアルさを大人な雰囲気にさせる一押しの着こなしに。

休日のデニム×シャツコーデを新鮮

【6】両A面ハイブリッドシャツ

〝どっちも前〟な白シャツはハイネック&開襟、両A面ハイブリッド。カゴバッグやブルーチェックストールなど新顔小物の力を借りてシャツブラウスのカジュアルな一面を引き出して。

女子会がある日は、白シャツをきれいめカジュアルに着こなして

【7】ストライプシャツ

ストライプシャツ

モノトーン系のストライプシャツはハンサムな働く女性の印象に。同系色のジャケットをさらりとはおり、スマートな印象を演出。オフィスコーデにおすすめのスタイル。

講演に出ている先生、「名刺がきれたから持ってきて」って

【8】柄シャツ

知的なネイビーの柄シャツのお仕事服が女っぽく今どきに見違える。ネイビートップス×細身パンツのシンプルなコーデの日に、足元をスリッパパンプスにすれば、ほらこのとおり! たちまち、おしゃれなムードが生まれます。

【スリッパパンプス】シンプル上手への近道は「2巡目トレンド小物」!

【9】そでボリュームのストライプシャツ

胸元のピンタック、そでのボリューム… 随所に工夫が施されたシャツ。そでコンシャスなストライプシャツに、ガンクラブチェックのスカートを合わせるように、自由にコーディネートを楽しんで。

【サードマガジン|THIRD MAGAZINE】元ウィム ガゼットのディレクターが手がける新形態ブランド

こなれ感のあるカラーシャツで「新鮮配色」にトライ

永遠のベーシック・白シャツの次に2枚目のシャツを選ぶなら、どんなカラーシャツを選びますか? 女らしさが漂うきれい色やシックなトーンのカラーシャツなど、カラーシャツにはたくさんの種類があります。ここでは、こなれ感のある新鮮配色の着こなしがわかる今どきのコーデをご紹介します。

【1】スモーキーグリーンシャツ

スモーキーグリーンシャツ

肩の力を抜いてさらっと着たい、スモーキーなミントグリーンのボウタイシャツ。アウターやスカートは、少しずつ色をずらしつつスモーキーな発色で統一し、繊細な色を丁寧に重ねて。

滝沢カレンが着こなす♡ 春らしさと大人っぽさを纏うシャツコーデ8選

【2】ブラウンシャツ

シャツ×スティックパンツのベーシックなワンツーコーデ。今の気分が盛り込まれた、ダークブラウン×グリーンというキレ味のよい配色で、通勤スタイルを華麗にブラッシュアップして。

祝! Oggi新専属モデル【飯豊まりえ】インタビュー&こなれた「モードカジュアル」コーデ5選

【3】ミントシャツ

ハンサムなストライプシャツはミントカラーで女らしく。とろみワイドパンツ&辛口シルバーアクセで、ほんのりモードに仕上げて。バッグにつけたスカーフは、外では首に巻いて日焼け対策に。

ハンサムシャツと辛口アイテムでつくる、ほんのりモードコーデ

【4】パープルシャツ

ジャケットやタイトスカートなど、ストイックなアイテムでまとめた仕事服こそ、きれい色をなじませた配色の妙が光る。定番の黒を使わず、淡いパープルでなじませた配色で新鮮な印象に。

春の血色リップ【ベリーピンク】をSELECT|春服のトレンドにぴったりなんです♪

【5】グレーシャツ

ホワイトonホワイトのまろやかリッチな色合わせに明るいグレーシャツを投下。カーディガンの上からはおったジレやファーバッグで淡い配色にニュアンスを加えて。

大学のゼミ仲間ヒロコ、アリサとセルリアンタワーにてホテルランチ会♪ アリサ~結婚おめでとう!

【6】グリーンシャツ

グリーンシャツ

定番シャツも今年はグリーンに。長め丈のフレアスカートで上品&レディな雰囲気に。さらに小物はネイビーと相性のいいキャメル色でまとめてリッチなミラネーゼ風に仕上げて。

定番シャツも今年はグリーンにチェンジ! ×ネイビーのメリハリ配色で華やかに

【7】紺シャツ

紺シャツ×ブラックパンツなら現代的でクールなイメージに。オーバーシャツは、去年よりも全体のサイズ感が少しすっきりしたものを狙いたい。襟の抜け感もあらかじめ計算されたつくりかどうかを吟味したいところ。

【気温25℃】の日は、長袖シャツが主役! コーディネート見本6

【8】ベージュシャツ

抜きシャツ×ゆるワイドはヘアをアップにし、抜け感のあるヒールパンプスを選ぶとすっきり。ベージュシャツとブラックワイドパンツの着こなしがヘルシーな女感を演出。

ネイビーストライプのワイドパンツで颯爽と

【9】カーキシャツ

カーキシャツ×ベルト使いで、シンプルコーデをこなれた女らしさを添えたスタイルに。ベルトでウエストマーク。定番アイテムのみでつくる旬の着こなしに。

カーキシャツの投入で、媚びない女っぽコーデの完成

【10】ブルーシャツ

リブタートルにボリュームのあるシャツをざっくりとはおる。シャツのそでを無造作にたくし上げれば、ニュアンスのあるレイヤードが完成。足元はスニーカーで肩の力を抜いて。

恋愛初期の大人デートはグレーパンツで知的カジュアルに

【11】ベージュシャツ

ほどよくツヤのあるドライベージュのシャツ。オフィスでもOFFの日でもスッとなじむ落ちついたカラー。着慣れたデニムと合わせれば、休日カジュアルの鉄板コンビに。

ベージュシャツ×デニムの休日カジュアルでクリスマス一色の街へ♪

【12】オリーブグリーンシャツ

縦ラインを強調するタイトスカートでコーデュロイシャツをシャープに導く辛口カジュアルコーデ。シャツをアウトしたり、ブーツをミドル丈にしたり… と辛口感を高める着こなし方にもこだわって。オリーブグリーンのシャツは旬のパープルとも相性◎。

【秋冬】今年のブーツはミドル以上! おすすめミドル&ロングブーツとコーデ13選

働く女性のお手本となるシャツ×アウターの合わせ方

清潔感のあるシャツにきちんと感のあるアウターをバサッとはおったコーデは、働く女性のお手本のような着こなし。ここでは、女らしさとハンサム感をバランスよく取り入れた、オフィスで使えるシャツ×アウターの合わせた方をご紹介します。

【1】ダブルジャケット

ゆとりのあるダブルジャケットとパープルのスティックパンツのハンサムコーデ。端正な白シャツをインして凛と着こなして。

スティックパンツを主役にハンサムな着こなしを!

【2】ブラウンチェック柄ジャケット

ブラウンチェック柄ジャケット×ベージュシャツの女っぽコーデ。ネイビータイトに合わせたシャツのボタンは、大胆に開けてタイトスカートにIN。ミラネーゼのような着こなしに。

【MILANOベージュ】の着こなし5TIPS|お手本は大人の余裕あるミラネーゼ!

【3】ジャケット

ジャケットに合わせた、ドット柄のシャツのフレッシュなトラッドコーデ。引き締め役をバッグとパンプスのダークカラーに任せた着こなしで、今っぽいバランスに◎。

キツくない【春のヘルシーメイク】マストアイテムからコーデまでご紹介♪

【4】ダウンコート

ダウンコート

外出が多いときはするりと着脱しやすい軽量ダウンがひと役買う。白シャツと合わせて大人の印象に。スカーフなど小物をアクセントに。

外での打ち合わせが続く日は、脱き着しやすいアウターを。薄軽インナーダウンとスカーフ、グローブですき間を埋めて

【5】ロングコート

ロングコート

ストレッチのきいたパンツとゆるめシャツ。濃淡グレー&カーキのニュアンス配色で手抜き感のないエフォートレススタイルをロングコートが引き締める。

あっという間の出張を終えて東京駅からオフィスへ直行――記憶がフレッシュなうちにまとめるべし… という先輩からの教えを守ります!

【6】チェスターコート

知的なハンサムな印象が残せるのがシャツ×ニットの組み合わせ。都会的な魅力を引き出してくれる、ほどモードなデザインや美シルエットのチェスターコートがマスト。

あなたはどのタイプ!? Oggi的【4大OL診断】であなたに必要なアウターコートが分かる!

最後に

今回は白シャツをはじめとした、さまざまなシャツの着こなしをご紹介しました。体のラインを拾いにくいデザインのシャツは、ウエストインしたり、アウターに合わせたときにIラインシルエットをつくると、さりげなく着やせ効果を発揮してくれます。ゆるシルエット同士で合わせるときは、流行りの長×長シルエットなど重心のバランスを下にそろえる着こなしを試してみてくださいね。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.28

編集部のおすすめ Recommended

Feature