【ゆるく始めるプチ断食のやり方】2日でも1日だけでもOK! 頑張りすぎないダイエットでヘルシーに | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. ボディケア
  4. ダイエット
  5. 【ゆるく始めるプチ断食のやり方】2日でも1日だけでもOK! 頑張りすぎないダイエットでヘルシーに

BEAUTY

2020.08.20

【ゆるく始めるプチ断食のやり方】2日でも1日だけでもOK! 頑張りすぎないダイエットでヘルシーに

気軽にできるダイエットとして人気の「断食」。ストイックでつらいイメージがありますが、今回の断食は、胃腸の疲労を取り除くことが目的。ゆるく続けられるやり方なので、体に負担をかけすぎず、初心者でも身構えずにトライできます。

【目次】
胃腸のストレスを癒す断食のやり方をご紹介
断食はどのくらい続けるのがおすすめ?
断食に向き・不向きはある?
断食に挑戦! 実際どんな感じ?
最後に

胃腸のストレスを癒す断食のやり方をご紹介

「断食」と聞くと、何も食べられない! というイメージがありますが、胃腸を休息させる目的なら、自分に合ったやり方を取り入れることができます。胃腸のパワーが回復するだけで、心も体もスッキリ元気に! まずはどんな点に注意してくべきかしっかり確認しましょう。

・体に負担の少ないプチ断食から始めてみる
・固形物は摂らないけど栄養は摂るのがポイント
・体質によっては断食は逆効果になることも

断食はどのくらい続けるのがおすすめ?

体の中からデトックスをしたいからといって、無茶な断食はNG。たとえ体重を減らすことができても、体に負担をかけてしまいます。そもそもダイエットは数字が目的ではなく、ヘルシーな体づくりというケースなら尚更。体にとってベストな断食のペースを確認してみましょう。

まずは半日断食から始めてみよう

教えてくれたのは… インストラクター・ダイエットトレーナー:小山圭介さん
(トレーニング以外にも商品開発や書籍監修・企業のコンテンツ開発・トレーナー育成など幅広く活躍中)

まずは半日断食から始めてみよう

現代人は、普段の食事だけで蓄え過ぎの傾向にあります。人体を維持するための機能の中で最もパワーを使うのは、消化・吸収・排泄。2~3日の断食というのは、体にとってはナイスな休息になるんです!

初心者で不安な人は、食べない時間を17時間つくる「半日断食」からトライしてみては?

半日断食とは、食べない時間を17時間つくる方法。その断食法のポイントをまとめました。

■1. 夕食後から始める
・夜7時に夕食を食べ終え、翌日のランチタイムに食事をするスケジュールが始めやすい。
・空腹を感じそうな時間は睡眠に当てる。
・「仕事をしてると気が紛れるから、平日の方がやりやすい」という人も多いんですよ。

■2. 水分&塩分はきちんと摂る
・経口補水液があればベスト。
・小腹がすいたら、日本で摂れる旬の野菜や果物を摂る(南国のフルーツはカロリー高め)。
・スムージーもいいけど、カフェイン飲料はNG。

■3. 半日断食後は胃腸にやさしいメニューを
・温かく消化しやすいおかゆで戻していくのが理想。
・外食の場合は、肉や油を含むメニューを避ける。
・ご飯、納豆、お味噌汁など、あっさりした和食がベター。

なぜ半日断食から始めるのがいいかというと、時間が短い分「好転反応」が出にくいためです。ただ、眠くなることがあるので、断食中&断食直後の運転は、長距離を避けるなど注意をしましょう。

生理中はとくに問題ないと言われていますが、ご自分の体調と相談しながら行うことが大切です。

※医師の指導を受けている人は、その指示に従ってください。

【プチ断食】って本当にいいの? 自宅でできる効果的な方法とは…

短期集中! 週末など2日間で行う断食

生花さん著『あなたが「やってはいけない」ダイエット』(小学館)より
(中医体質学の視点から、ダイエットについて紹介しています)

短期集中! 週末など2日間で行う断食

■2日間の断食とは?
2日で行う断食は、消化に負担がかからないジュースや具なし味噌汁などを食事と置き換えて、胃腸を休ませる方法です。

食物の消化吸収にエネルギーを消費している間、ほかの臓器をメンテナンスする余裕がなくなります。その結果、排泄が滞るなどため込みやすい体に。胃腸を休ませることで、デトックス力や自己治療力の回復・免疫力向上・気持ちが前向きになるなどの効果も期待できます。

■断食メニュー(2日間)の一例
朝:人参りんごジュース
10時:具なし味噌汁
12時:人参りんごジュース
15時:しょうが紅茶
18時:人参りんごジュース

※断食中は代謝が良くなっているので、散歩やスポーツなどで積極的に体を動かすと、デトックス効果が高まりやすくなります。

■断食明けの回復食一例
朝食:人参りんごジュース
昼食:おもゆ・梅干し・具なし味噌汁・しらすおろしなど
夕食:おかゆ・梅干し・豆腐の味噌汁・大根の煮物など

※胃腸の負担にならないように、徐々に固形物に慣れさせていくことが大切です。しっかり噛んで時間をかけて食べるようにします。

ダイエットを成功させたい人必見!「プチ断食ダイエット」をやってはいけない人の特徴って?|vol.1

断食に向き・不向きはある?

誰にとっても万能に効くダイエットはないように、断食が向いている人とそうでない人がいます。とある食べ物がダイエットに効くといっても、体質によって逆効果を起こすケースと同じです。ここでは、中医学の生花先生に、体質別に断食が合う人合わない人を教えていただきます。

体質に合わないと逆に太りやすくなる場合も!

続いて、『あなたが「やってはいけない」ダイエット』の著書から、生花先生が分析した、断食の向き・不向きな体質を確認しましょう。

■断食は不向き:気虚体質さん

体質に合わないと逆に太りやすくなる場合も!

・髪にツヤがない。
・目元、顔、体がむくみがち。
・汗をよくかく。
・胃下垂の傾向があり、胃が弱い。

気虚体質の人は、、慢性的に気(エネルギー)が不足しているため、食事制限はおすすめできません。体内で熱を生み出すことが出来なくなると、ますます代謝が悪くなり、かえって太りやすくなることも!

■断食がおすすめ:湿熱体質さん

体質に合わないと逆に太りやすくなる場合も!

・顔や鼻が脂っぽい。
・ニキビや吹き出物ができやすい。
・肌は黄色or青白い。
・口の中に苦味を感じていて、口臭が気になる。

熱や水分をため込みやすい温熱体質は、断食をすることで余分な熱が下がりやすくなるので、体がスッキリしたことを感じられるでしょう。

ダイエットを成功させたい人必見!「プチ断食ダイエット」をやってはいけない人の特徴って?|vol.1

断食に挑戦! 実際どんな感じ?

さまざまな情報を集めても、やっぱり知りたいのは実際に断食してみた人の声。何を試したのか、どんなところがよかったのか、効果はあった?… など。Oggiの愛読者でもあり、モデルやブロガーとして活躍する彼女たちに聞いてみました。

Oggi.jpsの関谷ハルカさんが実践! ホットスムージーで半日だけ断食

レポートしてくれたのは… Oggi.jp’sとして美容ブログを発信する関谷ハルカさん

Oggi.jpsの関谷ハルカさんが実践! ホットスムージーで半日だけ断食

青山と丸の内にお店がある「フィコ&ポムムジュース」のホットスムージーに挑戦!

今回の半日断食は、朝食をスムージーに置き換える方法。冷えが気になる人はスムージーだと体を冷やしてしまいそうなので、体へのやさしさで考えるならホットスムージーという選択肢も。

気になるお味はというと、イチジク・バナナ・ドライデーツを使った、自然の甘さでほっとする味。朝食代わりに飲んでお腹が十分満たされるボリュームのようです。

トロリとしていて、消化活動を休めることができるので、体は排泄作業に十分なエネルギーを使えるようになります。また、日々スムーズに老廃物を出せている体は、肌の調子も良く、疲れにくいスッキリ体質に。

ときどき胃腸をお休みさせてあげると、よいことがたくさんありそうですね。

【半日ファスティングでスッキリ&美肌】春は体が喜ぶホットスムージーがおすすめ!

オッジェンヌの篠原菜月さんが実践! ジュースクレンズで1日断食

レポートしてくれたのは… オッジェンヌ:篠原菜月さん

オッジェンヌの篠原菜月さんが実践! ジュースクレンズで1日断食

今回、篠原さんは、代官山・青山・表参道に店舗がある「クレンジングカフェ」のジュースクレンズに挑戦!

コールドプレス製法で搾ったジュースを食事と置き換えて、半日~1日を過ごすプログラム。消化に使われるエネルギーを細胞の生成や代謝に回し、不要なものを排出して身体をクレンズするというものです。

フルーツや野菜がたっぷり入ったジュースは、どれもも飲みやすくとてもおいしいと、篠原さんも太鼓判。

篠原さんは、夜に少しお腹がすいたのでサラダは食べましたが、これぐらいのゆるさで行った1日クレンズでも身体がスッキリ!

お肌の調子もいいような気がするということで、定期的に試してみる価値はありそうですね。

食べすぎを1日でリセット!?【クレンジングカフェ】ジュースクレンズにトライ!

最後に

身構えてしまいそうなイメージの断食でしたが、今回は気軽にトライできるライトな断食をご紹介しました。毎日ダイエットを意識しなくてもいい分、ストイックになりきれない人に向いているかもしれませんね。ちょっと食べ過ぎてしまった翌日など、ゆるーく体調を調整したいときにもおすすめです。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.11.29

編集部のおすすめ Recommended

Feature