【100人聞いた】女子力が高い女性とは? 特徴や素敵なレディになるために意識すべきコツ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 【100人聞いた】女子力が高い女性とは? 特徴や素敵なレディになるために意識すべきコツ

LOVE

2022.06.25

【100人聞いた】女子力が高い女性とは? 特徴や素敵なレディになるために意識すべきコツ

女子力が高い女性は、何をしてもスマートにこなせる憧れの存在。ですが、実際に自分の女子力を高めようと思っても、まずは何からすべきなのかわからず検索してみたという方も多いでしょう。今回は、女子力の定義や特徴の紹介、女性としての意識を高めるためにすべきことをまとめてみました。

【目次】
女子力とは? 定義をご紹介
女子力の高い友達がいる?
【外見編】女子力の高い人の特徴
【内面編】女子力の高い人の特徴
女子力を高めるために毎日意識すべきこと
最後に

女子力とは? 定義をご紹介

まずは、女子力の意味・定義についてチェックしてみましょう。

女性が自らの生き方を向上させる力。また、女性が自分の存在を示す力。(小学館刊・デジタル大辞泉)

主に女性らしい態度や容姿、仕草などを指し、女性ならではの魅力的な感覚・能力を活かすパワーを女子力と呼びます。自信に満ち溢れ、キラキラ輝いている生き方を見ると、女子力の高さを痛感します。

女子力の高い友達がいる?

※アンケート20〜39歳の日本全国の女性を対象にOggi編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

20~30代の女性100人に女子力の高い友達がいる? と聞いたところ、はい… 41.7% いいえ… 58.3%という結果。

女子力が高いことは、女性にとってのステータス。本来なら友人を見習って女子力を高めたいけど、自分のこととなるとなかなか上手くいかないものですよね。まず、女子力にはどんな特徴が隠されているのか、調査するところから始めてみましょう。

【外見編】女子力の高い人の特徴

(c)Shutterstock.com

女子力の高い見た目とは、爪先や足の先まで配慮が行き届いている美意識に溢れた女性を表します。高級ブランド品ばかりを身に付けることだけが女子力の高さと、少し勘違いをしている方は要注意!

具体的にどのような外見が、女子力の高さを表しているのかを確認してみましょう。

【1】身なりに気を使っている

身だしなみとは、髪型、メイク、服装など外見すべてにおいてを指します。どんなに綺麗な顔立ちをしていても、服がシワシワ、髪が傷んで艶もない、ネイルも所々剥げている… そんな女性はだらしないと感じてしまいますよね。

女子力の高い女性は、清潔感を漂わせ小綺麗な印象です。作りこみすぎず手を抜きすぎず、自然な可愛さを演出するのが上手。誰に見られてもいいように細かい部分まで気を使っているのです。

「いつも見た目に気を使っていて、気配りができる(20代・福岡県)
「ハンカチや裁縫道具を常に持っている(20代・熊本県)
「身だしなみにとても気をつけている(20代・兵庫県)
「身なりを整えている(30代・大阪府)
「自分に合ったファッションをしている」(20代・愛知県)
「髪の毛やメイクを常に気にしている」(20代・愛知県)

【2】トレンドに敏感

常に美容に関するアンテナを張り続け、SNSや美容雑誌で最新トレンドに注目している女性は女子力が高いですよね。評価や口コミが高いものは自身でもどんどん試してみて、実際の効果を確かめることも大好き。

お金を掛けずに、話題のストレッチや筋トレなどもこなし、毎日のルーティンとしてコツコツ頑張る努力家な部分も魅力的です。

「ファッションやメイクが最先端」(30代・兵庫県)
「ファッションなどに敏感」(20代・東京都)
「流行っている美容やコスメに詳しい」(30代・広島県)
「最新のコスメやスキンケア、ファッションを取り入れている」(20代・岩手県)
「お化粧が上手で最新のトレンドをよく知っている」(20代・鳥取県)
「化粧品に詳しい」(20代・大阪府)

【3】上品さがある

清潔感のあるシンプルな服装、姿勢の良さ、お手洗いに行く際はハンカチやポーチを持ち歩くなど、普段から上品さが輝く女性はてとても素敵です。

品の良さは育ちも関係していますが、それだけではなく自身の意識が重要なのです。そのうちに習慣となってしまえば、意識せずに上品さを身に付けることができるので、毎日の積み重ねを大切にしましょう。

「きれいな日本語を使う、いつも笑顔を絶やさない」(20代・富山県)
「良家のお嬢様のような雰囲気」(30代・神奈川県)
「品がある」(20代・広島県)

【4】スキンケアに手を抜かない

朝晩のスキンケアは必須事項! 素肌美人は毎日もっちり泡の洗顔としっかりスキンケアを怠りません。

メイクをしたまま寝てしまう行為は絶対にNG! どんなに疲れている日でも、美肌を保つために欠かさずにお手入れしましょう。

「いつでもお肌が綺麗で、抜け目がない」(30代・東京都)
「スキンケアやメイクに力を入れている、女性ホルモンの変動を気にかけているといった特徴がある」(20代・東京都)

【5】良い香りがする

女子力の高さは香りでも決まります。定番の香水はもちろん、すれ違いざまに残り香を漂わせたいならヘアフレグランス、接近戦ならボディクリームなどと使い分けをできるのも素敵ですよね。

あまり強い香りは好まないという女性は、自然な清潔感だとシャンプー、風で揺れるたびに香る柔軟剤などのさり気ない香りがおすすめです。

「清潔感あふれる匂い」(20代・千葉県)
「良い香りがする。バッグの中など整理整頓されてる」(20代・群馬県)

【内面編】女子力の高い人の特徴

(c)Shutterstock.com

女子力の高い人になるためには、内面を磨く努力も必要です。外見と違って内面はすぐに一新できるものではないので、まずは自分の性格を見直してみるところから始めてみるとよいかもしれません。アンケート結果も参考にして、認識のすり合わせをしてみましょう。

【1】好かれる性格

女子力の高い人は裏表がなく、ネガティブな発言は少なめ。聞き手側としてもうまく立ち回り、みんなの共感をしながらも誰も傷付けないようにきちんと自分の意見を発言をするので場をまとめる力もあります。

いつも明るく、和やかな雰囲気を持っているので周りには人が多く、頼れる存在であり憧れの存在でもあるのです。

「むしろちょっと男性的だが、性格はよい。友人に限定」(30代・神奈川県)
「自分を大切にできる」(30代・愛知県)
「人を平等に見れる。理解力がある」(30代・東京都)

【2】気が利く

さり気なく気が利く女性は、特にご飯に行ったときにその一面が発揮されます。例えば、ドリンクがない人に対して次は何を注文するか聞いたり、サラダが来たら食べれないものはないか確認して人数分取り分けたり。常に周りを観察して、テキパキ動ける要領の良さも◎!

もしも… の状況に備えて、どんな時でもある程度の対応ができるように、カバンの中のアイテムも充実させているのもポイントが高いところ。

「用意がいい。細かいことにすぐ気づける」(20代・新潟県)
「気が利く。料理上手」(20代・福井県)
「些細な事にも対応できるように、ありとあらゆるものを持ち歩いてる」(30代・新潟県)
「持ち物も何でも持っている」(30代・茨城県)

【3】美容に対して知識がある

美容に対してモチベーションも高いので、SNSや本、ニュースなど新しい情報をいち早く入手します。経験実績も多くアドバイスも的確。

一緒にいるだけで美に対して前向きな気持ちになれ、一緒に綺麗になれるのも嬉しいですよね。

「自分をずっと磨いており、世間の流行等にもとても詳しい」(30代・東京都)
「小さい子供がいても、加圧トレーニングに行ったり、美容に時間をかけたりしている」(30代・福岡県)
「美容に詳しい」(20代・京都府)

【4】日常生活が充実している

女子力の高さはいろいろなことを楽しめているかという部分にもヒントが。趣味や習い事など自分が心から楽しめる趣味があるとストレスも溜めにくく、充実した日常を過ごせます。ヨガ、読書、アロマ、ダンス、DIYなど楽しみ方はさまざま。

休みの日はゆっくりと過ごしたい気持ちも分かりますが、ずっと布団でゴロゴロしているよりも、休日を充実させるためアクティブに活動してみるのもおすすめです。

「家でアロマなどを楽しんでいる」(20代・東京都)
「仕事以外にも趣味や習い事などの打ち込むものがある」(30代・千葉県)
「インテリアやお料理などのライフスタイル全般に、自分流のこだわりがあって自立している」(30代・千葉県)

【5】料理上手

料理上手は家庭的なイメージもあり男性からの評判も良好! 女子力が高い人は、料理を趣味として紹介している方も多く、女性の中でも憧れの存在として確立されています。

美味しい料理を作れるのはもちろんですが、作業の間に効率よく後片付けをできたり、お皿のデザインや盛り付けにこだわっているのも素敵ですよね。

「料理がうまい」(20代・兵庫県)
「料理が上手でもてなすことが好き、お皿にもこだわっている」(20代・埼玉県)
「料理上手で自分でなんでもできる」(20代・東京都)
「バレンタインデーにバレンタインチョコを大量に作って職場の人や友達に渡す」(30代・埼玉県)

女子力を高めるために毎日意識すべきこと

(c)Shutterstock.com

ローマは一日にして成らず、という言葉があるように、女子力を高めるためには毎日の努力が欠かせません。毎日少しでも意識することで、いつの間にか習慣になり、気付けば当たり前にこなせるようになる可能性も。男性からはもちろん、女性や自分自身でも納得できるような素敵な女性を目指しましょう。

【1】見た目を意識する

人それぞれ見た目に対する意識には差があります。その中に正解はないので、自分が美しいと思える見た目への意識が必要です。

清潔な服装を心掛けたり、肌や髪、爪などの細かい部分に気を使ったり、背筋を伸ばしてピンと歩いてみたり、自分ができることから始めてみるのが一番です。自分自身の美意識が上がると、周りから自己管理ができている素敵な人と思われ信頼度も高まります。

「いつでもだらしない格好でなく、よそ行きの服装を常に心がけ身だしなみを整える」(30代・千葉県)
「普段から容姿に気を使う。他の人をよく見る」(20代・新潟県)
「爪の先まで意識する」(30代・福島県)
「清潔感や仕草に気をつける」(20代・群馬県)
「お化粧やお洒落以前の、肌や髪などの綺麗さ」(30代・東京都)
「スキンケア、ヘアケア、脱毛」(30代・愛知県)
「髪や爪の手入れなど細かいところにも抜かりなく気を配る、内面から磨く」(20代・富山県)

【2】トレンドのチェック

女子力を磨くためには世の中の動きを把握しておくと◎! ファッションやメイクのトレンドはもちろん、流行りの飲食店やワードチョイスも気になるところ。

さまざまな情報を組み合わせることで、トレンドの流れを知ることもできます。それがきっかけで友人との話題も広がるので、知ってて損はありません。

「SNSを常にチェック」(30代・三重県)
「世間にどう見られるかを意識すること。世間の流行をキャッチする」(30代・東京都)
「情報収集」(30代・兵庫県)
「春夏秋冬のそれぞれにあった服を着る」(20代・石川県)
「しっかりメイクして時代や年齢に合った服装をしている」(20代・岐阜県)
「化粧やファッションのトレンドを把握しておく」(20代・鳥取県)

【3】自分自身を大切にする

日本人の場合は特に人との協調性を意識しすぎるせいで、自分自身の気持ちを大切にするよりも、周りに合わせて生きるというスタンスが多いように感じます。それも間違ったことではないのですが、過剰な我慢や本心をさらけ出せないタイミングも多くなります。

自分がどうしたいのか心の声を聞いて、正しいと感じたならばチャレンジしてみることも大事です。そして、成功したときは自分を思いっきり褒めて、目標を達成する楽しさを身に付けていきましょう。自分を大切にできると、周りに優しくできて幸せの輪が広がります。

「知識を蓄積する。内面から磨く」(30代・神奈川県)
「自分の考えを大事にしたり、自分流の楽しみ方を見出したりと、何事も自分の気持ちのまま伸びやかに向き合う」(30代・千葉県)
「何にでもチャレンジすること」(20代・神奈川県)
「周りと無駄に比べない」(30代・神奈川県)
「自分が思う女性像を持つ」(30代・東京都)
「自分のなりたい女性像をはっきりさせる」(20代・広島県)

【4】持ち物を見直してみる

女子力が高い人は、あると便利な気の利くアイテムを用意しています。ハンカチ、ティッシュはもちろん、雨の日に備えた折り畳み傘やいつでも買い物ができるようにマイバッグなど用意周到です。仕事用バッグにも、携帯歯ブラシや替えのストッキング、ボールペンなど準備しているので、いつでも困ることがありません。

ですが、これも必要あれも必要と見境なくカバンに入れるのはNG! 本当に必要なものを見極めることも大切なのです。

「困ったことが起きた時、対処できるような物を持ち歩く」(20代・熊本県)
「衛生用品の小物を必要最低限以上に持ち歩く」(30代・新潟県)
「ティッシュやハンカチなどは勿論、ソーイングセットや絆創膏などを小物ポーチなどに纏めておく」(30代・新潟県)
「ティッシュやハンカチを持ち歩く。日焼け止めを欠かさない」(20代・長野県)
「持ち物や身だしなみ」(20代・東京都)

【5】周りへの気配り

周りへの気配りができる女性は、気持ちに余裕があり周囲に目を向けることができるのです。相手のちょっとした表情の変化や、何を求めているかすぐに察知できてしまうのです。仕事でもプライベートでも、日頃から周りをよく観察して、人に興味を持つことが成功の秘訣です。

ただし、やり過ぎは逆に迷惑になるパターンも。見返りを求めるなども気配りとは言えませんので、気を付けて行動しましょう。

「周りへの気配りを欠かさない」(30代・北海道)
「細かいことに気を配れる」(20代・愛知県)
「周囲への気配りを忘れない」(30代・千葉県)
「笑顔、褒め上手」(30代・栃木県)
「人当たりをよくしたり笑顔でいたりする」(20代・愛知県)

【6】美しい所作を心掛ける

年齢相応のしっかりとした立ち振る舞いをすることは、見た目に気を使うことと同じくらい大切なこと。忙しい日常生活でも、バタバタせずに一呼吸おいて丁寧な動作を心掛けるだけで、美しさが際立ちます。歩き方、座り方、物の扱い方など、習慣化させてしまえば、女子力の高い大人の女性に一歩近付けます。

こうなりたい! と思う憧れの芸能人や友人などをイメージすると具体性もアップして、目標も明確になるでしょう。

「上品さ」(20代・東京都)
「振る舞い。服装(」30代・東京都)
「しぐさ。立ち振る舞い」(30代・熊本県)
「礼儀正しさ」(20代・東京都)
「品のある行動を心掛ける」(30代・熊本県)
「言葉使い」(20代・埼玉県)

【7】料理の腕を磨く

料理の腕を磨くためには、基本となる和食を作れるようになるところから始めましょう。作り方を見ながらでOKなので、分量や火加減、煮込み時間などを正確に進めていくことが重要です。少しずつ上達してきたら、これだけは誰にも負けない! という鉄板の得意料理を見つけてみるのも良いでしょう。

料理が苦手な人は、料理教室に通うのもひとつの手段。基礎はもちろん、普段家では作らないような料理まで教えてもらえて、知識も増えるのでおすすめです。

「料理を練習」(20代・東京都)
「料理などを工夫して作る」(30代・兵庫県)
「料理の研究」(30代・東京都)

最後に

普段何気なく使っている、女子力という言葉。簡単な言葉のようで、実は奥が深い魅力的な言葉ということがわかりました。女子力と聞くと見た目の美しさばかりに気を取られてしまいがちですが、それは大間違い!

ファッションやメイクなどに対する美意識の高さ・人と触れ合う上でのマナー力の高さ・家事や料理をこなせる生活力の高さ、特に重要なこの3つをバランスよくこなせると、女子力が高い女性として認めてもらえるのでしょう。

好きな男性のためにも、一刻も早く女子力を磨きたい気持ちはわかりますが、一気に頑張りすぎてしまうと上手くいかず、ストレスも溜まってしまいます。まずは、笑顔を心掛けてみたり、カバンの中身を整理してみたり、できることから始めてみましょう。

無理せず、自分のペースで小さな目標をひとつずつクリアしていくような気持ちで取り組むと、結果に期待できそうです。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2024.03.02

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。