ファッションセンスは「8つのポイント」で磨かれる|おしゃれを引き出す着こなし例 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. ファッションセンスは「8つのポイント」で磨かれる|おしゃれを引き出す着こなし例

FASHION

2023.11.21

ファッションセンスは「8つのポイント」で磨かれる|おしゃれを引き出す着こなし例

おしゃれなファッションアイテムは世の中に数多く存在しますが、それを活かせるかは私たちのコーディネート次第。センスがいい人はおしゃれなアイテムをさらにおしゃれに使いこなすのがとっても上手。では、彼女たちはどうコーディネートし、センスが光る着こなしを叶えているのでしょうか? おしゃれが苦手な人でも今日からできる、ファッションセンスが磨かれる8つのポイントと着こなし例を紹介します。

ファッションセンスが高い人のコーデのコツは?

「ファッションセンスなんて生まれつきのものでしょ?」と思うかもしれませんが、実はいくつかのポイントを知っているだけで、今までのコーデが見違えるほどおしゃれになる可能性があります。

「可愛いアイテムを使っているのに、なぜかダサく見える…」
「おしゃれなあの子と私の違いってなんだろう?」

そう感じている人は、以下の8つのポイントを意識してみることから始めましょう。

〈ファッションセンスが高い人のコーデPOINT〉

1. コーデを3色以内でシンプルに統一する
2. きれい色やニュアンスカラーを活かす
3. トレンドのアイテムを取り入れる
4. グラデーションやワントーンでこなれ感を演出する
5. まとまりのいいシルエットに仕上げる
6. 小物やアクセサリーにハイセンス感を取り入れる
7. 差し色を上手に使う
8. 着回しできるアイテムを持っておく

ひとつのファッションにすべてを盛り込む必要はありませんが、ファッションセンスが光る人は、上記8つのテクニックを実践した着こなしを心がけています。色使い・アイテム使い・シルエットを意識するだけでぐんと洒落感がアップしますよ。

〈お手本コーデ〉

お手本コーデ

グレーから白のまとまりよい配色に、1点投入でコーデを華やかに昇華させるピンクのセンタープレスパンツ。ホットピンクなら甘さに引っ張られすぎず、あくまでハンサム感をキープ。パンツの程よい光沢感が装いになじむよう、足元にはシルバーのツヤ感を投入したい。

秋の「カラーパンツ」はベーシックカラーと合わせて大人っぽく! 最旬コーデ3選

【1】コーデを3色以内でシンプルに統一する

まずは、今あるアイテムでも簡単にできるテクニックから紹介します。どんな色味をコーデに取り入れるにしても、3色以内におさめるというポイントを意識するだけで、全体にまとまりと落ち着きが生まれます。きれいめでもカジュアルでも基本として多色使いを気をつけてみて。

白×ベージュ×オレンジ

白×ベージュ×オレンジコーデ

立体感ときちんと感のあるセンタープレスパンツにトレンチコートをオン。足元にはメッシュパンプスを持ってきて、女っぽい抜け感を作ると◎。

トラッドに今っぽい空気感を加味するバレルパンツ

ブルー×白×黒

ブルー×白×黒コーデ

異素材のブルーを重ね、奥行きある着こなしを叶えたレイヤード。白パンツで爽やかさをキープしつつ、足元の黒で引き締めを。

異素材のブルーを重ねた奥行きのある冬の着こなし♡

白×ブラウン×黒

白×ブラウン×黒コーデコーデ

上質なこだわりの素材と美しいシルエットが際立つアイボリーのロングコート。白×ブラウン×黒でまとめたシックな装いが大人のリッチ感を印象付けてくれる。

信頼ブランドで探す「大人の上質コート」3選! 長く使えるベーシックカラーが本命♡

ブルー×黒×白

ブルー×黒×白コーデコーデ

冬のデニムスタイルに、品と華やぎのアクセントを加味するビット付きの黒ロングブーツ。爽やかなカジュアルなデニムスカートのスパイスに。

ロングブーツ、もう買った?「大人かわいく」な気分の日は、フレアスカート合わせが正解♡

白×ネイビー×ブルー

白×ネイビー×ブルーコーデ

プレッピーなニット×シャツの装いは、濃ネイビーのチノパンを合わせて大人のカジュアルに。流行のベルトをオンしてハンサムに仕上げて。

シャツ×タートルニットのレイヤードは、コントラストを付けてキレ味よく!

オフ白×エッグイエロー×茶色

白×エッグイエロー×茶色コーデコーデ

インナーに着たのエッグイエロ―のシャツとすんなり馴染むオフ白のセットアップ。深Vベストは、襟付きのシャツやボリューム袖のブラウスを重ねてもすっきりまとまる。

秋冬のドレスアップに、「ジレセットアップ」が使える♡

パープル×グレー×白

パープル×グレー×白コーデコーデ

大人のムードが漂うパープルの、ざっくりとした編み地のケーブルニット。グレーデニムと白シャツの抜け感を意識したレイヤードなど、ちょっとしたテクニックでいつものニットコーデに特別感をプラスして。

かっこいい気分で! パープルニット×デニムの洗練コーデ

ブラウン×グリーン×白

ブラウン×グリーン×白コーデコーデ

素材違いで奥行きをつくるブラウンのワントーンコーデ。ゆったりシルエットのコートは、鮮やかなグリーンで華やぎとコントラストを奏でて。

スカート×ロングブーツ。今どきのバランス感の正解は?

【2】きれい色やニュアンスカラーを活かす

センスのある着こなしにチャレンジしたいなら、ぜひベーシックカラーだけでなく人気のカラーアイテムにも挑戦してみて。人気が続くきれい色やニュアンスカラーは、自分の肌に馴染みやすい色などで選べば自然ときれいに着こなすことができますよ。普段の着こなしを色物に変えるだけでも雰囲気が変わります。

ブルー〜ネイビーのグラデーションで爽やかに

ブルー〜ネイビーのグラデーションで爽やかに

着映え力抜群なブルーニットカーデ。ネイビーとのグラデーションで奥行きを出して。

“脱がないアウター”でおしゃれが完成♡ ニットはおりを本日の主役に♪

さりげない透け感あるラベンダーシャツで上質なおしゃれを

さりげない透け感あるラベンダーシャツで上質なおしゃれを

淡いラベンダーのシアーシャツと、ダークなパープルのブラキャミ。近づいて見た人だけがわかる濃淡グラデーションが、なんとも上質でおしゃれ。

「シアートップス」はインナー選びが大切! おすすめのペアリング3選

キレのよいクロップドパンツでラベンダーにチャレンジ

キレのよいクロップドパンツでラベンダーにチャレンジ

流行りの色や素材は、ベーシックアイテムからチャレンジ。キレのよいクロップドパンツなら、華やかなきれい色も甘さ控えめに着こなせる。

オフ白のジレやラベンダー色パンツで華のあるスタイル完成!

クリーミーなミントカラーのを主役に

クリーミーなミントカラーのを主役に

ゆったりとしたドルマンスリーブのビッグカラーブルゾンとスカートで、新鮮なセットアップに! まろやかなニュアンスカラーが、ウールライクな素材にリュクスに映えて。

「きれい色セットアップ」があれば、年末の映えコーデも簡単に!

グレーに映えるグリーンを大胆に取り入れる

グレーに映えるグリーンを大胆に取り入れる

ストールはペルー産の希少なスーリーアルパカ100%で、驚くほど軽くて暖か。ちょっとくすんだ色出しがダークトーンのコートに映える。

“アソース メレ”のグリーンストールで冬のおしゃれにときめきを!

ベーシックカラーの中に爽やかさ抜群のブルーを投入

ベーシックカラーの中に爽やかさ抜群のブルーを投入

ふんわりと毛足の長いシャギー素材のアウター。地味になりがちな冬の装いに、リッチ感とかわいげを演出してくれる。ネオンカラーのニットや黒デニムでキリッとしたカジュアルに振りきると、甘さがセーブされて今っぽく着地。

旬のシャギーアウターは辛口カジュアルに着るのが気分♡

ピンクで冬の着こなしに軽やかさをプラス

ピンクで冬の着こなしに軽やかさをプラス

重たくなりがちな冬の装いを軽やかにしてくれる、きれい色のコンパクトなニット。ゆったりとしたフォルムのバレルパンツを合わせ、シルエットの強弱をつけて旬のバランスに。

パンツでスタイルアップを狙うなら、最旬トレンド【クロップド丈ニット×バレルパンツ】が間違いない!

ブルーの中にベリーカラーを大胆にオン

ブルーの中にベリーカラーを大胆にオン

青みの強いベリー色は、ブルーシャツにブルーデニムとトーンを合わせてカラフルに。大人っぽいきれい色をまとえば気分が上がる!

秋のきれい色は、大人かわいい「ベリー色」が大本命!

エネルギッシュなカラーで軽快さをプラス

エネルギッシュなカラーで軽快さをプラス

カラーコートやボーダーニットでスニーカーコーデの楽しげなテンションをさらに加速! 軽快にエネルギッシュに着こなせば、華やかさUP!

セミフレアパンツなら足元はスニーカーで! 冬の旬バランス着こなし4選

ラベンダー×グレーを重ねた柔和な配色で奥行きを

ラベンダー×グレーを重ねた柔和な配色で奥行きを

トーンの違うパープル、グレーを丁寧に重ね、小物の白でなじませると奥行きのあるコーディネートに。柔和な配色で、辛口パンツルックをアップデートして。

「パープルコーデ」は難しくない! お手本コーデ4スタイル

【3】トレンドのアイテムを取り入れる

センスがある人はやはりその時々のトレンドアイテムをさりげなく取り入れているのが共通項。旬を感じられる素材感や色味、アイテムを1つ以上取り込めば、自然と今っぽさが生まれます。トレンドスタイルでもあるレイヤードで奥行きを出すことで、洒落感も高まります。

ツイードジレで着こなしを盛り上げる

ツイードジレで着こなしを盛り上げる

旬なツイード素材のジレ。存在感があるから、同色のニットを合わせてもシックで着映え力あるスタイルに。

ジレを重ねるだけで、即クラシカルかつ華やか!

ボリューム袖カットソーでワンピースをリズミカルに

ボリューム袖カットソーでワンピースをリズミカルに

ドラマティックなボリューム袖カットソーは、ポンチ素材なら甘すぎず程よくフェミニンに着こなせる。キャミワンピをレイヤードし、すっきりとしたIラインシルエットを作ればメリハリが効いたリズミカルな装いが完成。

秋コーデにプラスしたい「ボリューム袖カットソー」|スタイリスト金子綾さん提案の着回し3コーデ

エコファーをトレンドのジレで取り入れるとセンスが光る

エコファーをトレンドのジレで取り入れるとセンスが光る

ティアードスカートが主役の白コーデ。フェイクファーのベストと黒レザーブーツが、甘めのスカートを大人のおしゃれに仕上げてくれる。

ロングブーツ、もう買った?「大人かわいく」な気分の日は、フレアスカート合わせが正解♡

ボアコート×ブルーシャツできれいめの中にトレンド感を

ボアコート×ブルーシャツできれいめの中にトレンド感を

センタープレス入りパンツを合わせたきちんと感のあるムードには、メンズライクなスニーカーの存在が引き立つ。

セミフレアパンツなら足元はスニーカーで! 冬の旬バランス着こなし4選

ロングブーツとチルデンニットでクラシカルさをアピール

ロングブーツとチルデンニットでクラシカルさをアピール

大人の女性でもトライしやすい、膝上サイズのミニスカート。レディなブラウス×ニットで全体をシックなモノトーンでまとめて、大人かわいい着こなしが完成。足元はロングブーツで素肌の量を調整して。

フリルブラウスを冬まで着回すなら? ニットとのレイヤードでつくる「大人かわいい」お手本コーデ3選

人気のフリルブラウスをひそかに仕込む

人気のフリルブラウスをひそかに仕込む

冬に頼れるゆるニットは、フリル襟のブラウスを重ねて大人フェミニンな着こなしに。足元はフレアスカート×ショートブーツで重めにすると、おしゃれ上級者っぽい着こなしに。

フリルブラウスを冬まで着回すなら? ニットとのレイヤードでつくる「大人かわいい」お手本コーデ3選

ロングジレならきちんと感もシルエットも両立

ロングジレならきちんと感もシルエットも両立

ジレで縦ラインを強調した優しげ配色コーデ。フロントのデザイン性が高いバレルパンツは、ジレとも好相性。きちんと感のある組み合わせは、足元のきれいめフラットでリラクシーさをプラス。

【バレルパンツ】ってなに? きれいめ派の最旬コーデ8選

【4】グラデーションやワントーンでこなれ感を演出する

落ち着きのある色合いでファッションセンスが光る着こなしをしたいという時には、ワントーンでまとめたり、グラデーションでつなげるのが◎。きれい色の投入をしたい時にも使えるテクニックです。自然とこなれ感が生まれるので、お洒落さんの余裕が感じられる着こなしに。同色でまとめる際には、素材感や色味の違いを利用して立体感を意識しましょう。

ブルー〜白のグラデーションで爽やかな色気がオン

ブルー〜白のグラデーションで爽やかな色気がオン

きれい色のアクアブルー発色も、やわらかなニット素材だからこそ出せる色味。暗くなりがちな時季の着こなしに、明るく爽やかな色気を吹き込んでくれる。

ダークカラーの服が増える季節、アクアブルーがフレッシュに映える!

黒のワントーンで大人っぽくまとめる

黒のワントーンで大人っぽくまとめる

全体を黒で統一したコーデも、一点投入で千鳥格子柄を用いれば着こなしが一気にクラシカルに。脚のラインが見える着こなしは、アイテムを黒で統一することで大人っぽくまとまる。

秋コーデに取り入れやすい「柄のグレー」洒落感アップの旬アイテム3選

グレーを主役に素材でメリハリをプラス

グレーを主役に素材でメリハリをプラス

素材にメリハリを利かせたグレーのワントーンコーデ。地味とは無縁の華やかさをほんのり取り入れるなら、シャギーカーデやメタリックパンプスなど、合わせるアイテムのテクスチャーにこだわるとうまくいく。

「ライトグレー」が主役の最旬・秋コーデ6選|合わせる色で印象が変わる懐の広さが魅力♡

上品なペールピンクでときめきをオン

上品なペールピンクでときめきをオン

上品なペールピンクなら、かわいくなりすぎず大人な私たちでも取り入れやすい。体にフィットするケーブルニットは、タックインですっきり着こなして。

着るだけでときめく♡ “ポロ ラルフ ローレン”の上品ピンク

淡色グラデーションで柔らかな奥行きを演出

淡色グラデーションで柔らかな奥行きを演出

グレージュのトーンに合わせた配色がお洒落。ピーコートを思わせる大きな襟も、丸みをおびたロング丈で大人の余裕を漂わせて。

信頼ブランドで探す「大人の上質コート」3選! 長く使えるベーシックカラーが本命♡

白からグレージュのニュアンスリンクが今っぽい

白からグレージュのニュアンスリンクが今っぽい

働くみんなが大好きなきれいめのグレージュのコートに、白の上下を合わせた大人のミルキー配色。アクセやバッグの金具をシルバーで統一すると、瑞々しく今っぽくまとまる

白&ニュアンスカラーでつくる「きれいめフェミニン」なパンツコーデ3選!

トレンドアイテムもワントーンで軽やかに繋げばこなれ感満載

トレンドアイテムもワントーンで軽やかに繋げばこなれ感満載

冬の軽アウターとして、知性とエレガンスが香るツイードジャケットをチョイス。ゆるっとラフなシルエットなら、レイヤードや厚手のニットの着こなしを一新。グレイッシュな色彩を軸に軽やかに繋いで。

グレイッシュなワントーンコーデで軽やかに冬を先取り!

ベージュ~白のグラデーションで立体感をUP

ベージュ~白のグラデーションで立体感をUP

この冬注目のディテールが凝ったニット。ガーター編みとケーブル編みを組み合わせた一枚は、立体感を出してくれる。ワンピース×パンツを重ねたオール白コーデも、メリハリのある印象に。

“一枚映え”する二ット8選! きれい色やオーバーシルエットがおすすめ

グレー~ブルーのトーン合わせなら上級者の繋げ方に

グレー~ブルーのトーン合わせなら上級者の繋げ方に

マニッシュに傾きがちなゆったりシルエットのボトムは、タック入り&センタープレスが入ったバレルパンツを選んで美脚効果をアップ。クロップ丈のきれい色ニットと合わせれば、旬の着こなしに。

パンツでスタイルアップを狙うなら、最旬トレンド【クロップド丈ニット×バレルパンツ】が間違いない!

深みのある色でつなげばカジュアルでも大人っぽさをキープ

深みのある色でつなげばカジュアルでも大人っぽさをキープ

ダウンベスト、ニット、ワイドパンツでつないだワントーンコーデ。重たくなりがちな冬の装いは、白スニーカーの清涼感で抜け感をつくって。

重心を下げれば今どきシルエットに!「ワイドパンツ」×スニーカーコーデ4選

目立ちやすいイエローもまろやかに繋げば中和される

目立ちやすいイエローもまろやかに繋げば中和される

チェスターコートやレザー風パンツのマニッシュさを、イエローのまろやかさが中和。締め色である黒は、靴、バッグと2ヶ所以上で投入。

「イエロー」は、くすみカラーと合わせるとバランス◎! お手本コーデ6

【5】まとまりのいいシルエットに仕上げる

色味やトレンドを上手に取り入れても、全体がうまくまとまっていなければやっぱり残念見えしてしまうのがおしゃれの難しいところ。センスがある着こなしにするには、上下ともに好バランスにまとまるシルエットを意識していきましょう。Iライン・Aラインだけでなく立体感を使ったメリハリも美シルエットを生み出してくれます。

ふんわりシルエットをジレで程よく引き締める

ふんわりシルエットをジレで程よく引き締める

ふんわりかわいいシルエットのスカートには、辛口ムードなジレで甘さを中和。着こなしが一気にシックに昇華される。

ジャケット見えするジレは、大人かわいいコーデと相性◎

シンプルなワンツーコーデを柄スカートで立体感のあるシルエットに

シンプルなワンツーコーデを柄スカートで立体感のあるシルエットに

シンプルなワンツーコーデは、柄スカートで立体感のあるシルエットに。足元はタイトすぎない黒のストレッチブーツで小粋に着こなして。

厚底ソールのロングブーツは軽やかなシアースカートと好相性!

存在感のあるリバー素材コートで美シルエットに

存在感のあるリバー素材コートで美シルエットに

カシミアと同等の繊細なウール繊維を、薄く二重に織り上げたリバー素材なら、はおるだけで存在感抜群。淡色コーデの上に重ねればシルエットもきれい見えすること間違いなし。ジャージーのような味のある素材感で、一歩抜きん出たラフなニュアンスが手に入る。

存在感のある“エイトン”のリバー素材コートを主役に!

ボリュームのメリハリをつけた美シルエットを作る

ボリュームのメリハリをつけた美シルエットを作る

ハイウエスト×ロングタイトのシルエットで、女らしいIラインをつくるグレーニットスカート。黒のベストやブラウンのサイドゴアブーツを合わせて、今どきのMIXスタイルに。

カジュアルブーツの定番、サイドゴアも今年はロング丈が新鮮!

ロングブーツとショートパンツで旬のシルエットに

ロングブーツとショートパンツは2022年冬の最強シルエット

ロングブーツで大胆に脚を見せるコーデがこの冬のトレンド。ハリ感のあるショートパンツから見える肌の露出を抑えることで、品のいい着こなしに。

脚を見せる&隠すとき、きれいめ派がロングブーツを上手に履きこなす3箇条!

【6】小物やアクセサリーにハイセンス感を取り入れる

エッジの効いた小物やアクセサリーを投入するだけで、瞬時にコーデに「ハイセンス感」を取り入れることができます。コンパクトで目立つ色味のミニバッグや柄アイテム、映えるアクセサリーなどお気に入りを持っておくだけで、いつもの着こなしをクラスアップすることができます。

小物もコーデとカラーを統一しつつグリーンを満喫

小物もコーデとカラーを統一しつつグリーンを満喫

広めに開いたトップスのUネックとパンツのフレアラインがモダンな印象。靴とバッグもグリーンに統一して、きれい色をとことん満喫して!

「きれい色セットアップ」があれば、年末の映えコーデも簡単に!

黒の中にゴールドをちりばめてリッチなムードを高めて

黒の中にゴールドをちりばめてリッチなムードを高めて

秋からの着こなしにまとうなら、リッチなゴールドがおすすめ。ガツンと効かせる、ボリューミィでどこかヴィンテージライクなものが旬。

今年のゴールドアクセサリーは「ボリューム感」がカギ!

もこもこバッグと柄ストールでオレンジのウォーム感を引き立てる

もこもこバッグと柄ストールでオレンジのウォーム感を引き立てる

ノースリーブワンピースにコンパクトトップスを重ねた、レイヤードタイプのニットアップ。ファーバッグやストールでオレンジのウォーム感を盛り上げて!

秋冬のドレスアップにおすすめしたい「きれい色」セットアップコーデ3選

黒×シルバーでハンサムなモード感を加速

黒×シルバーでハンサムなモード感を加速

ふっくらしつつエッジはきりっと仕上げたパーツが、シルバーチェーンの強さを女性らしく洗練させてくれる。やわらか素材のフリルの黒タートルネックとの組み合わせなら首元がマイルドに。

コーデがモードに様変わりする! 最旬【シルバーチェーンネックレス】

モコモコ素材をパンプスで投入

モコモコ素材をパンプスで投入

パンプスのチャーミングさを、レザー風のIラインスカートでシャープな着こなしに。スリットからのぞく肌の抜け感と、モコモコ素材のパンプスのカジュアルさが好バランス。

ロングタイトスカート×低めのヒールのお手本コーデ3選。

黒とブラウンのコーデにクラシカルな柄バッグでトラッドさを加速

黒とブラウンのコーデにクラシカルな柄バッグでトラッドさを加速

柄バッグを主役にした黒とブラウンのシックなスタイリング。自然なツヤ感、長めの着丈、深みのある黒…。モードな雰囲気漂う黒ブルゾンは、きれいめな着こなしにもマッチする。

実は、きれいめ派と相性よし♡ 秋の最旬アウター「MA-1ブルゾン」をお手本コーデ3

首元に光るゴールドチェーンがムードを高める

首元に光るゴールドチェーンがムードを高める

シンプルな茶色ニットのおしゃれ感度は、ロングジレを合わせるだけで急上昇。ちらりと見えるカラーパンツは、ジレのやわらかなベージュになじみやすい色をチョイスするのが今っぽい。首元にゴールドチェーンのアクセサリーを添えると上質感が爆上がり!

きれいめシンプルスタイルを足元で今っぽく!

【7】差し色を上手に取り入れて地味見えを回避

コーデで使う色を3色以内にするとまとまりよく、特別なテクニックなしでおしゃれに仕上げることができますが、着こなしが重く見えたり地味に見えたりしてしまうことも。そこでセンスのいい人は「差し色」を上手に使ってそれを回避します。差し色は小さな面積で取り入れるのがベスト。おしゃれなコーデ例とポイントを見ていきましょう。

グリーンの差し色で華やかに

グリーンの差し色で華やかに

ツイードワイドパンツとビジュー付きフラットシューズで、フットワークの軽いコーデに。グリーンを少量香らせて華やかさを加味。

秋のショッピングコーデは、動きやすく華やかに♡

イエローの差し色でチャーミングに

イエローの差し色でチャーミングに

白と黒のモノトーンコーデも、小ぶりなバッグでイエローを投入するだけで途端にチャーミングな印象に。ロゴTやミュールで抜け感を作るのも忘れずに。

主役級のツイードパンツで『夏の大人かわいい』に挑戦!

レッドの差し色で遊び心を

レッドの差し色で遊び心を

どうしてもハンサムになりがちなTシャツとパンツのワンツーコーデ。茶目っ気のあるカラー小物を取り入れて遊び心をプラスしたい。

小物合わせで、定番コーデをさらにチャーミングに昇華させる♡

パープルで上品に映える

パープルで上品に映える

立体感あるタイプライターワンピースに、コロンとしたフォルムのパープルバッグをオン。着映え力と上品さが両方手に入る。

タイプライターワンピースで、ONもOFFも着映え効果抜群!

ピンクで大人かわいさをトッピング

ピンクで大人かわいさをトッピング

大人かわいいきれい色を差し色で使う時は、他を辛口に仕上げると好バランス。黒よりもグレーが程よくハンサムに仕上げてくれる。

グレーのビスチェやパンツの辛口コーデに可愛いきれい色をトッピング

【8】着回しできるアイテムを持っておく

ファッションセンスを高めるには、トレンド感のあるアイテムをたくさん持っておかなければいけませんか? とよく聞かれますが、そんなことはありません。本当のお洒落さんはお気に入りのアイテムを何通りものコーデに活かすことで洒落感を作っているんです。シーズンごとに、着回し力の高い旬アイテムを持っておくことをおすすめします。

◆シンプルにクラシカルな「ドット柄ボウタイブラウス」

シンプルにクラシカルな「ドット柄ボウタイブラウス」

おしゃれ上級者に人気のシアーブラウスは、今シンプルデザインのものやクラシカルなアイテムが感度高め! ピンドットとボウタイがシネマティックな雰囲気を演出してくれる。

着回しコーデ【1】ボウタイのシアーブラウス×グレースウェット×黒パンツ

ボウタイのシアーブラウス×グレースウェット×黒パンツコーデ

レイヤードの着こなしでは、裾とタイを効かせて。シアーな生地とスウェットのMIX感がおしゃれ。

着回しコーデ【2】ボウタイシアーブラウス×白ハーフパンツ

ボウタイシアーブラウス×白ハーフパンツコーデ

ワントーンの着こなしを、シアーブラウス効果で軽やかに更新。ハーフパンツは、膝が隠れるか隠れないかの丈で今どきのニュアンスを保って。

ボウタイ付き? バンドカラー?「シアーブラウス」を着回し力で選ぶならどっち?

◆リラクシーでかっこよくきまる「バレルパンツ」

リラクシーでかっこよくきまる「バレルパンツ」

オンオフの境が曖昧になった、今どきのおしゃれ感にベストマッチするバレルパンツ。しっかり入ったタックにハイウエスト、裾に向かってほんのり細くなるテーパードと、スタイルアップする要素もばっちり。ストレッチの利いた生地が長め丈でも足さばきよく。

着回しコーデ【1】黒バレルパンツ×カレッジT

黒バレルパンツ×カレッジTコーデ

ハンサムな印象のバレルパンツは、パールネックレスや華奢ストラップサンダルで、女っぷりをプラスして。

着回しコーデ【2】黒バレルパンツ×カーキグレーのブラウス

黒バレルパンツ×カーキグレーのブラウスコーデ

きれいめブラウス×きれいめパンツは、共にゆったりしたサイズ感が今どきのムード。ブラウスは襟を抜いて着れば、女っぷりがアップする。

今季、絶対知っておきたい「バレルパンツ」でカジュアル&きれいめの着回しを紹介!

◆きれいめからカジュアルまで着回せる「ロゴスウェット」

きれいめからカジュアルまで着回せる「ロゴスウェット」

刺しゅうステッチで表現されたロゴが、なんともおしゃれ。都会的なシンプルモードを得意とするブランドのアイテムなら大人も安心して着回しできる。

着回しコーデ【1】ニットワンピース×ロゴスウェット

ニットワンピース×ロゴスウェットコーデ

やわらかな風合いの軽量スウェットは、さっと肩掛けできて扱いがラク。タイトなニットワンピースにプラスするとメリハリが生まれ、スタイルアップも叶う。

着回しコーデ【2】Gジャン×パンツ×ロゴスウェット

Gジャン×パンツ×ロゴスウェットコーデ

Gジャンは色落ちしたグレーのオーバーサイズがおしゃれ見えのポイント。パールネックレスや華奢なヒールパンプスで女っぽさを強調して。

着回しコーデ【3】ボウタイブラウス×ロゴスウェット

ボウタイブラウス×ロゴスウェットコーデ

カジュアルなロゴスウェットに、きれいめなボウタイブラウスをインするミックスバランスが今どき。両者を淡い色味でそろえるとすんなりまとまり、真冬並みの寒さになっても上手に着回せる。

きれいめ派も納得の「ロゴ入りプルオーバー」着回し方♪

◆注目度&着回し力ともに高い「ツイードジャケット」

注目度&着回し力ともに高い「ツイードジャケット」

パールのあしらいとラフな裾のギャップが絶妙。ノーカラーは意外と着回ししやすいので色をまとめたり、定番アイテムを取り入れたりして臆せずトライしてみて。

着回しコーデ【1】ダークトーンパンツスタイル×ツイードジャケット

ダークトーンパンツスタイル×ツイードジャケットコーデ

ダークトーンのパンツスタイルと着れば、すっきりとシックな印象に。ヒールブーツを合わせて、クラシックさを加速させて。

着回しコーデ【2】ギャザースカート×ツイードジャケット

ギャザースカート×ツイードジャケットコーデ

はおり自体がデコラティブなので、プレーンな淡い配色は好バランスに着地する。ギャザーの入ったスカートでクラシカルな雰囲気たっぷりに。

着回しコーデ【3】ロゴT×きれい色スカート×ツイードジャケット

ロゴT×きれい色スカート×ツイードジャケットコーデ

潔くきれい色ボトム合わせで華やぎUP。バッグやロゴTなど、どこかにカジュアルな要素を入れてみて。

着回しコーデ【4】ボウタイブラウス×デニム×ツイードジャケット

ボウタイブラウス×デニム×ツイードジャケットコーデ

デニムを合わせるなら、トップスはボウタイブラウスでエレガントにきめるのもGOOD。

着回し力の高いジャケットならノーカラーツイード! 最新秋コーデ4選

最後に

「ファッションセンスなんて感覚が100%」 そう思っていた人もいるかもしれませんが、こういった少しのテクニックを採用してコーディネートすることで、パッとしなかったおしゃれが一気にあか抜ける可能性もあるんです! ここで学んだことを活かして、早速明日から「ちょっとおしゃれな自分」に生まれ変わりましょう。

Today’s Access Ranking

ランキング

2024.06.24

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。