夏のファッション【2021年】トレンドをギュッと詰め込んだおしゃれコーデ20選 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 夏ファッション
  5. 夏のファッション【2021年】トレンドをギュッと詰め込んだおしゃれコーデ20選

FASHION

2021.08.21

夏のファッション【2021年】トレンドをギュッと詰め込んだおしゃれコーデ20選

この夏、どんなコーデで出かけよう? トレンドも意識したおしゃれをしたい!… そんなおしゃれさんにおすすめな、2021年夏のお手本ファッションコーデをピックアップしました! 今っぽさをしっかり加味したおしゃれコーディネートを、アイテム別にご紹介していきます♪

【目次】
夏のレディースファッションを着こなすポイントは?
【パンツ】夏のおしゃれコーデ
【スカート】夏のおすすめコーデ
【Tシャツ】夏のカジュアルコーデ
【ブラウス】夏のきれいめコーデ
【ワンピース】夏の爽やかコーデ
最後に

夏のレディースファッションを着こなすポイントは?

この夏のファッション、トレンドを取り入れながらおしゃれなコーデを楽しむなら、以下のポイントを意識してみて!

・透け素材のアイテムや肌見せアイテムでヘルシーな女っぽさを加味
・体のラインを拾いすぎないリラクシーなシルエットで今っぽく
・小物や足元で抜け感を出して気負わない洒落感をプラス

【パンツ】夏のおしゃれコーデ

まずは夏のパンツコーデを紹介! シルエットや素材、カラー選びにこだわって、大人のパンツスタイルを完成させましょう!

【1】ベージュパンツ×白トップス×白ニット

ベージュパンツ×白トップス×白ニット

旬のサスペンダーパンツをデイリーに着こなすためには、Tシャツ以上ブラウス未満なトップスがGOOD! まろやかな白とベージュの組み合わせが、パンツスタイルでもほんのりとした女らしさを香らせてくれる。

ほんのり女っぽく♡ 大人が着る旬のカジュアルボトム

【2】黒パンツ×白トップス

黒パンツ×白トップス

軽やかな白のトップスが、凛とクリーンな印象を後押し。小物は落ち着きのあるブラウンアイテムと合わせて、かっこいいけれど華やかで気負わない、理想的なバランスに!

今の時期に頼れるのは… 着回し力抜群なTシャツ以上〜ブラウス未満トップス!

【3】デニムパンツ×ピンクノースリーブニット

デニムパンツ×ピンクノースリーブニット

フューシャピンクのノースリーブリブニットとデニムパンツを合わせたシンプルな着こなし。存在感のあるカラフルなマルシェバッグをプラスして、シンプルコーデを奥行きのある印象に。

かごバッグとコーデのカラーをリフレインして楽しもう♪

【4】ブルーパンツ×シアーシャツ×タンクトップ×ハット

ブルーパンツ×シアーシャツ×タンクトップ×ハット

オーバーサイズの襟なしシアーシャツを、カーディガン代わりにオン。角度によって微光沢を放つ透け感は、今年も引き続き人気! シンプルな夏の着こなしでも簡単に奥行きが生まれる。

涼しげでモード! 滝沢カレン×今着たいシアーな2021夏スタイル

【スカート】夏のおすすめコーデ

次に夏のスカートコーデを紹介! 鮮やかなカラーを選ぶのもよし、モノトーンに仕上げるのもよし。おしゃれに仕上げるポイントを解説していきます!

【1】Iラインスカート×白カットソー×ブルゾン

Iラインスカート×白カットソー×ブルゾン

きれい色Iラインスカートの、きれいめカジュアルコーデ。デザインが効いたブラウス見えカットソーの裾をあえてアウトにし、少しラフに着崩しても品よくまとまる。

ブラウス見えカットソーを効かせた2021夏のきれいめカジュアル

【2】グリーンスカート×ビタミンカラータンクトップ

グリーンスカート×ビタミンカラータンクトップ

鮮やかなグリーンスカートとビタミンカラーのタンクトップを合わせた、冒険コーデ。きれい色でも子供っぽく見えないのは、さらりと乾いたリネン素材だから!

ときめくビタミンカラーで休日を満喫!

【3】イエロータイトスカート×プルオーバー

イエロータイトスカート×プルオーバー

目を引く鮮やかなイエロータイトスカートは、シアーな素材のサンドベージュでなじませるのが正解! 足元はトングサンダルを合わせ、力まずリラクシーにまとめるのがGOOD!

週末はリラクシー気分が盛り上がるイエローのレーススカートで

【4】黒ロングスカート×ボーダーカットソー

黒ロングスカート×ボーダーカットソー

前後にスリットの入った黒ロングスカートと、カジュアルなボーダーカットソーを合わせたコーデ。柄×柄が成立するのは、ストイックに色をまとめているから。

夏の黒は… 自由に着こなして正解!

【Tシャツ】夏のカジュアルコーデ

次に夏のTシャツコーデを紹介! デイリーで着まわせる万能なTシャツを使って、夏にぴったりなカジュアルスタイルを完成させてみましょう!

【1】ピンクロゴTシャツ×ストライプパンツ

ピンクロゴTシャツ×ストライプパンツ

ヴィヴィッドなピンクとロゴのパワフルなTシャツ。ハイウエストのヒッコリーストライプのパンツを大胆に合わせ、潔く着こなすのがかっこいい!

背中で語る【Tシャツ】でヘルシーに色っぽく!|矢野未希子のシネマティック・シンプル

【2】白ロゴTシャツ×タイダイ柄スカート

白ロゴTシャツ×タイダイ柄スカート

タイダイ柄は顔まわりの印象を左右するトップスよりもボトムスで取り入れるのが◎! ロゴTやビーサンを合わせて、抜け感と今っぽさを後押しさせて。

ニュアンスカラーのタイダイ柄で夏を満喫♪

【3】白Tシャツ×ベスト×白パンツ

白Tシャツ×ベスト×白パンツ

体のラインを拾わない地厚な生地のTシャツとベストを重ねた、夏のレイヤードコーデ。モノトーンながら白の面積が大きいので爽やかさをキープできる!

高い着回し力がポイント! 実力派スタイリストが愛用するカットソー&黒パンツ!

【4】白ロゴTシャツ×カーキパンツ×ニット

白ログTシャツ×カーキパンツ×ニット

ロゴTとカーキパンツのカジュアルコーデには、足元で女っぽいカラーをピリッと効かせて大人の色気を加算♡

定番カジュアルコーデをフレッシュ配色で!

【ブラウス】夏のきれいめコーデ

次はブラウスを使った夏コーデを紹介! 軽やかさを残しながら、きれいめに仕上げるためのコツをお勉強しちゃいましょう!

【1】ホワイトシアーブラウス×白パンツ

ホワイトシアーブラウス×白パンツ

シアーブラウスでも首の詰まったバンドカラーなら、女っぽくなりすぎずクリーンに着こなせる。構築的なフォルムのイヤーカフをアクセントにして、モダンな個性を加味して。

強い日射しに映えるホワイトシアーブラウスを味方に!

【2】白ブラウス×ドット柄パンツ

白ブラウス×ドット柄パンツ

ふわっと袖が広がる白ブラウス。ドット柄のシャーリング生地で伸びが良いパンツを合わせて、きれいめながら気張らないスタイルに。

買うならオンオフ兼用服が賢い! 私はオールインワンとブラウスをきれいめに着回します〈Oggi専属読者モデル 赤荻典子〉

【3】白リネンブラウス×黒パンツ

白リネンブラウス×黒パンツ

白のリネンブラウスにユニセックスのベイカーパンツを合わせたコーディネート。生地のギャップがモダンで、清潔感のある印象に!

爽やかさをキープしたモノトーンスタイル

【4】ノースリーブブラウス×カーキベイカーパンツ

ノースリーブブラウス×カーキベイカーパンツ

甘さのあるネイビーのノースリーブブラウス。ボトムスはベイカーパンツを合わせてドライに仕上げるのがGOOD! ヘルシーな肌見せで、潔く女っぽさも演出して。

甘辛コーデをIラインシルエットですっきり大人っぽく

【ワンピース】夏の爽やかコーデ

最後はワンピースを使った夏コーデ。一枚でコーデが完成するワンピース。ディテールやシルエット、素材にこだわりながら、おしゃれコーデを完成させましょう。

【1】黒リネンワンピース×白バッグ

黒リネンワンピース×白バッグ

フロントのボタン使いやウエストのシャーリングから、パリジェンヌライクなムードが香る黒のワンピース。抗菌防臭・UVカット・接触冷感・吸水速乾が備わった「高機能リネン」なら、真夏でも心地よく過ごせる!

優秀! リネンワンピで蒸し暑い日も気分よく♡

【2】白ワンピース×ジレ×ハット

白ワンピース×ジレ×ハット

ふんわりと広がる裾がフェミニンな白ワンピース。対してシャープなカッティングがとことん辛口なジレ。こんなドラマティックな組み合わせも、どちらもリネンベースだから夏の日差しにさりげなく溶け込んでいく。

パーフェクト・ビューティ♡ 泉 里香が着こなす! ドライな質感が魅力の大人リネンコーデ

【3】背中開きワンピース×ハット

背中開きワンピース×ハット

ギャザーを施した背中開きデザインのワンピース。ほんのりとツヤのある素材で、穏やかなAラインシルエットだから、一枚でサマになる! 都会の街に似合う赤みのあるベージュで、品よく着こなして。

連休スタート。バックシャンなワンピースで気分上々♡

【4】ストライプワンピース×ヒールサンダル

ストライプワンピース×ヒールサンダル

自然に囲まれたガーデンパーティに着ていきたい、大胆な肌見せワンピ。肩を大きく開ける分、柄はシャープなストライプが◎。マットな素材感のサンダルやスウェード地のクラッチなど、ドライな風合いの小物を合わせて大人っぽく仕上げて。

気分の上がる約束事のある日は、何を着る?〈Oggiスタイリストの私的スタイル〉

最後に

夏のファッションコーデを紹介しました。お気に入りのコーディネートは見つかりましたか? 暑さに対応しつつ、しっかりトレンドもおさえたい夏のファッション。細部までとことんこだわって今年らしいファッションを完成させてみてくださいね!


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.18

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature