Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 夏ファッション
  5. 脱マンネリ【夏のおすすめシャツコーデ43選】1枚でさまになるスタイル♡

FASHION

2022.07.06

脱マンネリ【夏のおすすめシャツコーデ43選】1枚でさまになるスタイル♡

今回は、夏でも大活躍のレディース向けシャツコーデを紹介。定番のきれいめスタイルから休日に着たいカジュアルコーデ、また人気のカラーパンツ×シャツの着こなしまで幅広くピックアップ! お気に入りのシャツコーデを見つけてみて。

【目次】
夏のシャツコーデをお洒落に着こなす秘訣は?
定番! シャツでつくる【きれいめ】スタイル
【カジュアル】お洒落な大人の着こなし
フレッシュに着こなす【カラーパンツ×シャツ】
【Tシャツ】で涼しくラフな抜け感をプラス
最後に

夏のシャツコーデをお洒落に着こなす秘訣は?

シンプルで着回し力抜群なシャツは、オンにもオフにも合わせやすい万能アイテムですよね。でも夏になるとシャツ1枚で着ることが多く、いつも同じような格好になってしまう… なんて悩みがある方も多いよう。そこで今回はマンネリ化を防ぐ、こなれたシャツの着こなし方を紹介します。定番のきれいめ&カジュアルなシャツコーデや、夏っぽいカラーパンツ×シャツコーデ、さらにボタンシャツだけでなく“Tシャツ”のおすすめコーデなど。周りと差をつけたシャツの着こなしで、夏ファッションを楽しみましょう。

〈POINT〉
・定番のきれいめスタイルはボトムスで変化をつける
・「抜け感」「透け感」が大人カジュアルの決め手
・マンネリ化を防ぐにはカラーボトムスに頼ってみて

定番! シャツでつくる【きれいめ】スタイル

シャツコーデの定番ともいえるきれいめスタイルの着こなしは、オンの時に活躍すること間違いなし! 夏はジャケットなどを羽織らずにシャツ1枚で過ごすことも多いので、合わせるボトムスで自分色を出していくのがコーデのポイントです。

グリーンのストライプシャツ×白パンツ

グリーンのストライプシャツ×白パンツ

白パンツでビッグシャツをクリーンに仕上げたフレッシュコーデ。頑張りすぎない着こなしの秘訣は、大胆にあいたデコルテ。隙のある余裕を演出して。

ちょい帰省の日も抜かりなく! そんな日はゆるめシャツがいい

ブルーシャツ×黒のロングフレアスカート

ブルーシャツ×黒のロングフレアスカート

クールなブルーのシャツには、あえてパンツではなくスカートを合わせてかっちりしすぎないコーデに。スカートはシワ感ある風合いで、こなれ感をプラスしてくれる。

フレアスカートはボリュームと丈感にこだわるべし!

白シャツ×ベージュパンツ×ストラップサンダル

白シャツ×ベージュパンツ×ストラップサンダル

シンプルにシャツ×パンツを合わせたワンツーコーデ。同系色でトーンを揃えても、トップスとボトムスの異素材感がサマになるポイント。まろやかベージュをふんだんに活かして。

ジレ、セットアップ、ロゴ… 辛口アイテムも「ベージュ」ならきれいめマイルド♡

ライトブルーのシャツ×ラベンダーのスカート

ライトブルーのシャツ×ラベンダーのスカート

きれいめなライトブルーのシャツは、ラベンダーカラーのスカートと合わせると大人っぽい寒色系コーデに。胸元のボタンを外して、Aラインスカートのクラシカル感を引き立てて。

デ・プレの「シャツセットアップ」着回し。きれいめからカジュアルまで5パターン

ネイビーパンツ×ブルーシャツ

ネイビーパンツ×ブルーシャツ

デニムライクな風合いのネイビーパンツは、クリーンな白スニーカーと合わせて爽やか配色に。トップスはきちんと感のあるブルーシャツ合わせにすれば、軽快なきれいめカジュアルが成立。

アップデートすべきボトムは「パンツ」! 最旬スタイル4選

ピンクベージュのシアーシャツ×白デニム

ピンクベージュのシアーシャツ×白デニム

白のデニムは、きれいめな印象をキープしながら今どきのリラクシー感も併せもつ、きれいめ派にもおすすめのアイテム。シャツはほんのりピンクベージュでとろみがあるシアーな生地で、第一ボタンまで留めることで、強すぎずかっこいい印象のコーデに。

きれいめ派なら絶対! スタイリストが推す白デニム

水色のノースリーブシャツ×センタープレスパンツ

水色のノースリーブシャツ×センタープレスパンツ

水色のタンクトップシャツにベージュのセンタープレスパンツを合わせて、爽やかな夏の大人コーデに。キトゥンヒールがポイントのパンプスは、オレンジ寄りのベージュで着こなしの鮮度を上げてくれる。

いつものきれいめ服をほんのり愛らしく!

白シャツ×ネイビースカート

白シャツ×ネイビースカート

透け素材のシャツなら、かしこまりすぎず旬の装いに。アシンメトリーなスカートで無難さを払拭!

滝沢カレンが着こなす♡ 大人っぽさを纏うシャツコーデ8選

白シャツ×くすみグリーンのスカート

白シャツ×くすみグリーンのスカート

シンプルな白シャツに、ほんのりツヤのあるスモーキーグリーンのスカートを合わせたコーデ。簡単なのにセンスのよい雰囲気が出る着こなし。

【サテン調ナローフレア】でリラックス感と女らしさを! 今旬コーデ5選

リネンシャツ×パンツのセットアップ

リネンシャツ×パンツのセットアップ

ラフでナチュラルな風合いと、端正なムード。上質なリネン素材ならではの魅力を凝縮した、シャツとパンツのセットアップ。深いグリーンのタンクトップでさりげない陰影を加え、デコルテに添えた清楚なパールで女らしさを忍ばせて。

滝沢カレンが着こなす♡ 大人っぽさを纏うシャツコーデ8選

白のノースリーブシャツ×ネイビーのフリンジスカート

白のノースリーブシャツ×ネイビーのフリンジスカート

存在感のあるフリンジスカートも、クリーンな白シャツならすんなりと受け止めてくれる。表情豊かに揺れるエコスウェードのフリンジと、ノースリーブのシャツでテイストミックスするといいバランスに。

梅雨時期は、ニュアンスカラーがおしゃれに見える! 注目ブランド&コーデ7選

【カジュアル】お洒落な大人の着こなし

シャツをカジュアルダウンして着こなす際には、オンの時のかっちり感を崩した「抜け感」と流行りの「透け感」があか抜けコーデのポイントです。どうしてもきちんと感が抜けない、マンネリ化するという場合にはバッグや小物で外していくと一気にお洒落度が引きあがります。

白シャツ×白のワンショルトップス×ベージュのワークパンツ

白シャツ×白のワンショルトップス×ベージュのワークパンツ

シンプル派さんにおすすめの『白シャツ×ベージュワークパンツ』のまろやかコーデ。インナーをワンショルトップスにするだけで新鮮!

【ベージュ】を軸に考える、清潔感のあるリラクシースタイル3選!

ピンクのストライプシャツ×ピンクのパンツ

ピンクのストライプシャツ×ピンクのパンツ

チアフルなムードを纏うなら、やっぱりきれい色という選択肢も。きれいめ派定番のシャツスタイルもテンション高めにいきたい。

トレンドの「ストライプシャツ」はオーバーサイズのものが気分!

グレーシャツ×白Tシャツ×グレーパンツ

グレーシャツ×白Tシャツ×グレーパンツ

グレーシャツをあえて前を開けて着れば、リラックスムード溢れるコーデに。ルーズに見えないようTシャツは無地ではなくロゴ入りを選んだり、バッグを2個持ちにしたりと、全身にアクセントをつけて。

デ・プレの「シャツセットアップ」着回し。きれいめからカジュアルまで5パターン

タンガリーシャツ×白タンクトップ×白ワイドパンツ

タンガリーシャツ×白タンクトップ×白ワイドパンツ

ダンガリーシャツと白のタンクトップの組み合わせは王道! モードに着るなら、アメリカンスリーブの美しいカッティングと、落ち感のあるパンツを合わせてスマートに。レオパード柄のビッグトートやバンダナで、着こなしにコクをプラス。

滝沢カレンが着る「ダンガリーシャツ」。春は、もっと自由なマインドで着よう!

黒シアーシャツ×グレーデニム

黒シアーシャツ×グレーデニム

涼感のある黒のシアーシャツと知的な印象のグレーデニムでつくるカジュアルコーデ。大きめのシアーシャツは、ゆるっとタックアウトしてオーバーに着るのがお洒落ポイント!

黒トップス×デニムのコーデ3! 簡単にお洒落に涼しげに見えるコツは…

ピンクのバンドカラーシャツ×グレーのハーフパンツ

ピンクのバンドカラーシャツ×グレーハーフパンツ

ゆったりシルエットのグレイッシュな淡いピンクシャツと、チャコールグレーのハーフパンツをグレーのニュアンスでつないだコーデ。抜け感のあるベージュのスリッポンで、チャーミングなマニッシュスタイルに。

梅雨時期は、ニュアンスカラーがおしゃれに見える! 注目ブランド&コーデ7選

袖レースシャツ×黒パンツ

袖レースシャツ×黒パンツ

さりげなくレースを楽しむなら、こんな袖口に効いたタイプの一枚が正解。ぱっと見の印象が甘くないから、黒パンツやサングラスなどキレのいいアイテムとも自然に合わせられる。

辛口派でも! 旬のレースをコーデに取り入れるなら…

白シャツ×黒のタンクトップ×ピスタチオカラースカート

白シャツ×黒のタンクトップ×ピスタチオカラースカート

女らしさもカジュアルさも楽しめる、ピスタチオグリーンの映えスカート。ラフなシャツやサンダルで、ハンサムに着こなすのが今どき。

女らしさもカジュアルさも楽しめるピスタチオカラーの映えスカート

ピンクのロングシャツ×グレーデニム

ピンクロングシャツ×グレーデニム

辛口&リラクシーなシャツは、バンドカラーでたっぷり長めの丈感が旬。いちごミルクのようなピンクなら、甘さ控えめで大人っぽく。グレーデニムや黒使いのバッグで引き締めてかっこよく着地させて。

春はやっぱり“きれい色”を着たい♡ 2021春の4大トレンドカラーは…

水色シャツ×ブルーデニム

水色シャツ×ブルーデニム

オーバーサイズの水色シャツは、あえて上下の色味をつなげ着こなしをワンランクアップ。バッグと靴で黒を効かせて淡トーンの着こなしをキレよく。

ブルーonブルーの淡トーンがコーデに大人の余裕を加味する

ブラウンシャツ×白ロングスカート

ブラウンシャツ×白ロングスカート

リネン素材のバサッと感がかっこいいシャツ。マーメイドシルエットのロングスカートで、縦長ラインを強調しながら緩急のあるシルエットをつくって。足元はスニーカーで抜け感を。

【ビッグシルエットシャツ】の選び方&最旬着こなしは?

白シャツ×白タンクトップ×漆黒レザーのハーフパンツ

白シャツ×白タンクトップ×漆黒レザーのハーフパンツ

バッグに至るまで1:1の分量でまとめたモノトーンコーデ。ふわっとエアリーなシャツの空気感や立体感の美しさが、着こなしの主役。合わせたのは上質なコットンリブのタンクトップと、なめらかな漆黒レザーのハーフパンツ。ごくカジュアルな着こなしこそ、贅沢な素材にこだわるのが大人の矜持。

滝沢カレンが着こなす♡ 大人っぽさを纏うシャツコーデ8選

ネイビーシャツ×ネイビーフレアスカート

ネイビーシャツ×ネイビーフレアスカート

ハリのあるシャツにツヤをまとったスカートを合わせ、素材でメリハリを出したワントーンコーディネート。ネイビーだからこそ、シャツをアウトして着たり、キャップやサンダルを合わせたりしてリラックス感や遊び心を加えたい。

真面目な色だからこそ遊び心が際立つオールネイビースタイル

白ビッグシャツ×黒パンツ

白ビッグシャツ×黒パンツ

コットンのバサッとした白ビッグシャツ。バンドカラーと胸ポケットがあるタイプなら、きちんと感と今っぽさを牽引できる。裾はラフにアウトして、黒の細身パンツでミニマルにまとめるのがかっこいい!

【ビッグシルエットシャツ】の選び方&最旬着こなしは?

マオカラーの白シャツ×黒ショートパンツ

マオカラーの白シャツ×黒ショートパンツ

まじめな雰囲気が漂うマオカラーの白シャツは、あえてボーイッシュなショーパンをMIXして絶妙なこなれ感を発揮。素肌が出る足とは逆に、シャツの袖丈を長くすることで品のよさをキープ。

夏おしゃれを盛り上げる【白】大人気スタイリスト金子 綾さんがコーディネート指南!

白シャツ×ライトグレーデニム

白シャツ×ライトグレーデニム

軽やかなシュガーグレーのデニムを軸に、白い開襟ブラウスを合わせたワントーン配色コーデ。キレのよいブラウンの靴とバッグで、ほんのりハンサムなアクセントを。

いつも以上に“大人め”! ニュアンスカラーのワントーン配色

フレッシュに着こなす【カラーパンツ×シャツ】

シャツとパンツのワンツーコーデでは、いつも同じコーデになってしまうという場合には、カラーパンツで攻めてみては? きれい色アイテムの人気が続く今だからこそ、お気に入りのカラーで着こなしにフレッシュさを取り入れてみて! 白シャツだけじゃない合わせ方も確認していきましょう。

水色シャツ×ビビッドオレンジのパンツ

水色シャツ×ビビッドオレンジパンツ

ビビッドな旬カラーとの合わせアイテムとして、淡いブルーのダンガリーシャツは最適な選択! ヌーディなサンダルやドット柄バッグで、トレンド配色に抜け感をプラスして。

ブルーが映える「ダンガリーシャツ」はキレイめ派の春コーデにぴったり!

ビッグカラーシャツ×サックスブルーパンツ

ビッグカラーシャツ×サックスブルーパンツ

甘めシルエットのビッグカラーシャツは寒色系ですっきりと着こなしたい。生地の光沢感で品よくグッドガールな雰囲気。ダークカラーの小物でピリッと仕上げて。

上品ニュアンスカラーパンツで

バンドカラーシャツ×ピンクパンツ

バンドカラーシャツ×ピンクパンツ

顔周りがすっきりする白のバンドカラーシャツにカラーパンツを合わせるだけで、きれい派の鮮度がアップ! トライしやすいのに“更新感”のある、大人のきれいめスタイルが実現する。

きれいめコーデの鮮度を高めるバンドカラーシャツの威力

白シアーシャツ×ベビーピンクパンツ

白シアーシャツ×ベビーピンクパンツ

クリーンな白シャツを今っぽく着るなら、辛口リラクシーなビックシルエットのシアーシャツを。ベビーピンクの甘さでトーンダウンしつつ、テーパードパンツが大人っぽく着地。

ほんのり透けるシアートップスの着こなし方… きれい色ボトムに合わせるコーデ5選

白シャツ×オレンジのパンツ

白シャツ×オレンジのパンツ

クリーンな白シャツ×季節を彩るきれい色パンツ。黒バッグが、軽快さはキープしつつコーデを引き締めてくれる。

クリーンな白シャツ×きれい色パンツ

【Tシャツ】で涼しくラフな抜け感をプラス

休日っぽいこなれ感たっぷりのオフスタイルには、カジュアルなTシャツをトップスに選ぶのが◎。暑さをしのぎつつ、清潔感のある見た目に仕上がるのが嬉しいポイントです。ボトムス次第で外し方は無限大! お気に入りのお洒落コーデをぜひ真似してみて!

白ロゴTシャツ×ネイビーのスカート×Gジャン

白ロゴTシャツ×ネイビーのスカート×Gジャン

Gジャンは、ティアードスカートをカジュアルダウンするのにうってつけ。ロゴ Tでさらに個性を加えてもすっきりした印象なのは、全体をネイビー~白の清涼配色でまとめているから。Gジャンもロゴ Tもゆったりしたサイズ感を選び、こなれたニュアンスをまとわせて。

「ティアードスカートを大人かわいく」なら、素足+サンダルで抜け感を出すのが鉄則!

白ロゴTシャツ×黒レーススカート×ブルーブルゾン

白ロゴTシャツ×黒レーススカート×ブルーブルゾン

甘めな印象が強いレーススカートを黒できりりと引き締めて、トレンドのグルカサンダルを合わせたコーデ。幅広のストラップと重めのソールがスカートに辛さをプラス。ロゴTやブルゾンを重ねることで、カジュアルさを全面にだして。

カジュアルコーデにはグルカサンダルでトレンドをひとさじ♡

グリーンのロゴTシャツ×白ポロニット×チェック柄パンツ

グリーンのロゴTシャツ×白ポロニット×チェック柄パンツ

今までの夏はトップスの首元から白Tをのぞかせていたところを、白いポロニットにシフト。ポロニットならではの清潔感とスポーティさで、カジュアルスタイルが小粋に仕上がる。ボトムはリネンスラックスで、大人っぽくまとめて!

大人のための「サマートラッド」入門! キャッチーなロゴアイテムを取り入れて

白Tシャツ×ドット柄スカート×グリーンのカーディガン

白Tシャツ×ドット柄スカート×グリーンカーディガン

黒地に白、ではなくニュアンスベージュのドット柄を合わせたタイトスカート。甘くならず、こなれた印象に仕上げてくれるので、1枚でサマになる。清潔感のある白Tシャツにきれい色ニットを合わせれば、きれいめカジュアルにまとまる。

おしゃれ感度高♡ カジュアルモード・飯豊まりえのステディブランド名品〈2022春夏〉

黒ロゴTシャツ×ドット柄スカート×黒ローファー

黒ロゴTシャツ×ドット柄スカート×黒ローファー

黒のロゴTに、黒地のドット柄スカートを合わせたコーデ。春夏はスカートにサンダルを合わせたくなるけれど、黒ローファーという選択もかなりお洒落! 広がりが少ないナローフレアのときに好バランスなワザ。

ドット柄スカートは、「広がりすぎないシルエット」が大人かわいいの決め手!

グレーのロゴTシャツ×黒フレアスカート

グレーロゴTシャツ×黒フレアスカート

フレアスカートにグレーのTシャツを合わせた大人カジュアルな着こなし。黒のスカートは重くなりがちだけど、さらりとした素材で歩いているときの「なびき感」が軽やかなので、夏コーデにもぴったり。

カジュアルに着こなす黒フレアスカートが新鮮!

白Tシャツ×柄スカート

白Tシャツ×柄スカート

マキシ丈のナローフレアスカートなら、トップスをオーバーにして、力まずに着るバランスがGood。華やかなプリントスカートこそ、かしこまらずに着くずしたい!

30代に! 今の気候にはビッグTシャツ×きれい色ボトムスがいい! コーデ5選

白Tシャツ×マキシ丈の黒キャミワンピース

白Tシャツ×マキシ丈の黒キャミワンピース

オーガニックコットンを網目状に織った生地で、表情豊かで程よい厚みを持つマキシ丈のキャミワンピース。シンプルな白Tを合わせて、生地感を際立たせて。

今買い足して大活躍の【プチプラワンピ】

ベージュTシャツ×グレーのワークパンツ

ベージュTシャツ×グレーのワークパンツ

シアーなTシャツとハリのあるワークパンツ。ラフなアイテムも表情豊かな素材同士の組み合わせで今どきのフレッシュさが加わる。パンツと小物をアイシーカラーでそろえて、クールな印象を引き立てて。

ラフなコーデには色味と足元で女らしさを

白Tシャツ×白ロングプリーツスカート

白Tシャツ×白ロングプリーツスカート

光沢感のある白のプリーツスカートを、まるでハンサムな一着のワンピースのように纏うオールホワイトコーデ。あえて色は使わずに、潔いトーンオントーンが女っぷりよく着こなせる。トップスのクリーンな魅力がよりいっそう引き立つドラマティックな仕上がりを。

ドラマティックに仕上がるオールホワイト

ベージュのフォトTシャツ×ラベンダーのタイトスカート

ベージュのフォトTシャツ×ラベンダーのタイトスカート

くすんだラベンダーのタイトは、肌なじみも華やかさもよくばれる一枚。カラーとシルエットが女らしいからこそ、ベージュのフォトTシャツやダークブラウンのバックル付きサンダルで、メンズライクにまとめると新鮮。

30代に似合う狙いめ「きれい色タイトスカート」

最後に

着回し力抜群シャツコーデのマンネリ化を防ぐ、お手本コーデを取り揃えて紹介しました。ボトムスの形やシャツの透け感などで着こなし全体にニュアンスをつければ、洒落感たっぷりのこなれた着こなしが実現できることが分かりましたね。夏は薄着が多く、重ね着が減る分、アイテムそのものの魅力を活かしたスタイルでお洒落を楽しんでいきましょう。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.08.11

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.32~33に掲載の3商品の価格に誤りがありましたので、訂正いたします。【1】P.32人物着用リング(人差し指手首側/k10×SV)誤:¥26,200 → 正:¥26,400、【2】P.33上リング3点写真(右/SV×ターコイズ)誤:¥30,800 → 正:¥33,000、【3】P.33上リング3点写真(左/K10×クォーツ×ターコイズ)誤:¥35,200 → 正:¥38,500
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature