30代からのベージュトップスおすすめコーデ|レイヤードスタイルに似合う色は? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. カラーコーディネート
  4. ベージュコーデ
  5. 30代からのベージュトップスおすすめコーデ|レイヤードスタイルに似合う色は?

FASHION

2023.11.18

30代からのベージュトップスおすすめコーデ|レイヤードスタイルに似合う色は?

上品さと着回し力の高さで、大人のおしゃれに欠かせないベージュトップス。今回はそんなベージュトップスを取り入れた、Oggi世代におすすめの着こなしを紹介します。きれいめコーデからカジュアルスタイルまで幅広くピックアップ。お気に入りのスタイルを見つけてみて。

30代から始めるベージュトップスのポイントは?

きちんと感や上品さのあるベージュトップスは、Oggi世代なら一着は持っておきたいアイテム。やさしい配色が得意なだけに、ともすると地味見えしそうなだけど、コーデのポイントを押さえれば“わかってる感”のある着こなしに。今回は、肩ひじ張らないきれいめコーデをつくる秘訣を紹介します。

〈POINT〉

1|白を効かせてまろやかにメリハリを

白を効かせてまろやかなメリハリ配色に

ラフな淡いベージュが、ワイドパンツのゆるいシルエットとマッチ。オールホワイトの差し色にベージュを使うと、新鮮だけど上品なコーデに。

【きれいめフェミニン】は「白&ベージュ」でつくる! スタイリスト川上さやかさんが提案

2|色を重ねて簡単にグラデコーデ

繊細に色を重ねてワントーン風に

ベージュと言っても色味は様々。濃さの違うベージュや、白、ブラウンのアイテムを重ねてつくるグラデーションコーデがお洒落。

きれいめシンプル派が選ぶべき【派手めハイテクスニーカー】大人コーデ8選

3|フェミニンさを足すならピンクベージュで

フェミニンさを足すならピンクベージュで

ピンクベージュはフェミニン派のきれいめコーデに持ってこい。同系色を合わせても、ブラックなど暗い色を合わせても女っぽくきまる。

1万円以下で! 冬映えする! ほんのり甘い“袖コンシャス”ニット♡

大人の上品なベージュトップスの着こなし

柔らかくまろやかなイメージのベージュトップスは、大人の女性が着やすい万能アイテム。でも、ナチュラルなカラーが地味見えの引き金になってしまうことも。そんな失敗を回避するためのポイントは、「意外性のあるアイテムを合わせること」や「デザイン性の高いアイテムをチョイスすること」です。

◆ベージュオーバーシャツ×パープルパンツ

ベージュオーバーシャツ×パープルパンツ

カラーパンツを引き立てつつ女っぷりを発揮するベージュのオーバーシャツ。前片方だけシャツを入れるアシンメトリーなトップスインは、無造作なニュアンス感がお洒落に見える。

秋の「カラーパンツ」はベーシックカラーと合わせて大人っぽく! 最旬コーデ3選

◆ベージュのバックシャンニット×ブラウンワイドパンツ

ベージュのバックシャンニット×ブラウンワイドパンツコーデ

フロントは極シンプルなクルーネック、振り返ったら背中が大きく開いていて…たった一枚のニットから、洗練されたセンスのよさがにじみ出る。袖が細く長く、手首でくしゅくしゅとたまる様子もおしゃれ。すっきりニットは量感ボトムと好相性。

秋の始まりは「薄手&コンパクトサイズのニット」がおすすめ♡ 最旬3コーデ

◆ベージュのチルデンニット×黒チュールスカート

ベージュのチルデンニット×黒チュールスカート

チュールスカートは、ベージュのような甘くないニットではずすのが大人かわいいの肝! ここではトラッドな印象に振り切り今っぽさのあるコーデに。

「チュールスカート」を普段使いするなら? ニットでカジュアルダウンさせるのが正解!

◆ベージュシャツ×グレーのカジュアルパンツ

ベージュシャツ×グレーのカジュアルパンツ

ベージュシャツのグレーの裾絞りパンツで、なじみのいいニュアンシー配色を実現。モードな趣だった裾絞りパンツも、今はきれいめに着こなすのが気分。

着るだけでトレンド感がアップする“裾絞りパンツ”に挑戦!

◆ベージュのシアートップス×ベージュのパンツ×グレーのテーラードジャケット

ベージュのシアートップス×ハイウエストパンツ×グレーのテーラードジャケット

ベージュの淡色コーデには、テーラードジャケットを合わせてかっこよく。フレッシュなグリーンのストールを差し色にすれば、より明るい印象に。

まろやかカラーコーデを引き締めるならジャケットが最強

◆ベージュのジレセットアップ×淡色ニットカーディガン

ベージュのジレセットアップ×淡色ニットカーディガン

ベージュのセットアップには白のインナーを合わせがちだけど、あえてニュアンスカラーを合わせてハズすのもお洒落。程よい落ち感にまとまるオフィスコーデが完成。

髪もコーデの一部です! 今っぽ通勤服がおしゃれにキマる最旬ヘアは?

◆ベージュのバルーン袖ブラウス×黒パンツ

ベージュバルーン袖ブラウス×黒パンツ

ふくらみのいい半袖のバルーン袖がキャッチーなアクセントになり、トップス1枚で大胆なボリューム感を楽しめ、地味見えを回避。かっこよさが際立つ黒パンツと合わせて、甘めの一着こそハンサムに!

甘めの一着こそハンサムに! バルーン袖ブラウス×黒パンツコーデ

◆ベージュのレースブラウス×白パンツ

ベージュのレースブラウス×白パンツ

素肌の透け感を活かしたベージュのレースの着こなし。フェミニンなレーストップスの時こそパンツ合わせでかっこよく。ほどよい色っぽさと好印象な女っぷりを演出して。

ベージュのレースや柄ものを「ほっこり」に見せないスタイリストの秘策とは?

◆ベージュシャツ×黒パンツ

ベージュシャツ×黒パンツ

袖口のボリューミィなギャザーは甘さたっぷりだけど、バンドカラーで顔周りは凛とした印象。大人が照れずに着られる、モードな可愛げってこういうこと。上品なツヤ感とまろやかなハニーベージュで顔映りよく。

予定がある日に頼りになる♡ ボリューム袖ブラウスコーデ

◆ふわふわベージュニット×ドット柄スカート

ふわふわベージュニット×ドット柄サテンスカート

ヒップまですっぽりと覆う立体フォルムのベージュニット。小さめのドット柄がかわいいナローフレアスカートを合わせれば、今っぽさだけでなく女性らしい華奢さも引き立てる装いに。

冬こそ甘く優しい「ふんわりニット」! おすすめコーデ5選

◆ベージュVネックニット×ベージュワイドパンツ

ベージュVネックニット×ベージュワイドパンツ

リラックス感も旬のおしゃれも両方手に入るドロストパンツに、ゆったりニットを合わせたベージュワントーンコーデ。足元はパンプスで締めて、カジュアルすぎないシャープな印象にまとめて。

座り仕事の日はリラックス感とおしゃれを叶えるパンツスタイルで!

◆ベージュニット×ストライプシャツ×デニムパンツ

ベージュニット×ストライプシャツ

起毛のベージュボートネックニットにストライプシャツをレイヤードして、やわかなムードにクールなキレのよさをプラス。シルバーが効いたネックレスやアニマル柄のバッグが、ゆったりシルエットの着こなしにピリッと映えて。

【カジュアルで女っぽい】コーデを叶える10TIPS

万能ベージュと好相性のカラーはコレ!

ここでは、ベージュトップスに合うカラーを紹介します。ベーシックカラーはもちろん、きれい色、ニュアンスのあるグラデーションなど…。旬の色味こそ、懐の深いベージュがつくる、まろやかなコントラストで受け止めて。

◆赤

赤

インパクトある赤は、しなやかなニット素材で取り入れるとすんなりまとまる。コントラスト強めにキリッと見せるより、ベージュを合わせてマイルドに仕上げるのが正解。

インパクトのあるきれい色は、ニットなら取り入れやすい!

◆ライトグレー

ライトグレー

Vネックニットのように着たカーディガンとグレーのバレルパンツで、色とシルエットのメリハリをつけた新バランスに。

旬のバランスが叶う【クロップド丈ニット×バレルパンツ】のお手本コーデ!

◆ネイビー

ネイビー

ベージュ×ネイビーのナチュラル配色。一見カジュアルだけど上品さも感じるカラーリングで、大人女子にぴったり。

「ロゴ入りニット」を着回すだけ!

◆オレンジ

オレンジ

鮮やかなオレンジ・ベージュ・白のグラデーションが、着こなしの完成度を高めてくれる。コーデをパッと華やかにしたい時に◎。

「オレンジ」のファッションコーデは、白やベージュと合わせ“まろやか”に!

◆コーラルピンク

コーラルピンク

ピンクを合わせてやさしい配色に。カラーパンツの大胆さをベージュのロング丈カーディガンが抑えてくれるので、デイリーに着こなせる。

やさしい配色で、心地よく日常を彩りたい…

◆ブルー

ブルー

きれいめカジュアルコーデにぴったりな、ベージュ×ブルーの組み合わせ。冬〜夏まで取り入れたい爽やかなカラーリング。

カジュアル気分の日!

▼あわせて読みたい

【黒×ベージュの王道配色コーデ26選】無難イメージを鮮度アップ! 旬な大…

ベージュ×グレーミックスの着こなし9選|ベージュやグレー〜中間色のおす…

ベージュトップスが映える【白】の効かせ方

まろやかなベージュは何色と合わせても、つなぎ役として使えるくらいなじみがいい色。逆を言えばその分、ベージュを引き立たせる色が少ないということだけど、洗練された白ならその悩みもクリア。ここでは、ベージュトップスに白を効かせた着こなしを紹介します。

◆ベージュジャケット×白パンツ

ベージュジャケット×白パンツ

コットンリネンのギャザーキャミソールは、透け感のある別布が裾にレイヤードされた主役級のデザイン。全体をベージュ~白の淡色グラデーションにすると、品よくフェミニンな印象がいっそう引き立って◎

夏の甘めトップスには「スティックパンツ」が好相性です♡ おすすめコーデ4選

◆ベージュシャツ×白スカート

ベージュシャツ×白スカート

メンズライクなベージュのオーバーシャツに、白プリーツスカートで女っぷりを発揮。ゆるシルエットを重ねるこなれ感には、ローファー合わせできちんと感をプラスしたい。

エターナルに愛せるローファーを主役に、軽やかな足取りで。

◆ベージュニット×白バレルパンツ

ベージュニット×白バレルパンツ

ベージュニット×白バレルパンツの洗練された今ドキオフィスコーデ。まろやかトーンが優し気な女性らしさを演出してくれるので、Oggi世代にまさにピッタリ。ロングジレで美シルエットとトレンド感を足して。

ハイウエストでスタイルUP効果も! トレンドの「バレルパンツ」をシーン別に着回し

◆ベージュニット×白ティアードスカート

ベージュニット×白ティアードスカート

濃いめのベージュと爽やかな白でつくるコントラストは、優しげな印象をキープしながらメリハリももたらしてれる上級者な組み合わせ。

スカートコーデは、「白×ベージュ」でつくると涼しげ美人に♡

◆ベージュニット×白ワイドパンツ

ベージュニット×白ワイドパンツ

ベージュトップスに大判のイエローストールをはおった明るいカジュアルな装いは、白ワイドパンツで上品に引き締めて。

存在感抜群のカラーレザー小物を淡色コーデのアクセントに!

◆ベージュシャツ×白ニット

ベージュシャツ×白ニット

インナーの白タートルにベージュブラウス、ストールなど、ニュアンスカラーを重ねた洒落感のある着こなし。仕上げにグレイッシュなデニムパンツでしなやかな雰囲気にキレのよさを加えて。

くすんだカラーでかっこよさを引き出して

◆ベージュセーター×白カットソー×ネイビーワイドパンツ

ベージュセーター×白カットソー×ネイビーワイドパンツ

ラインを強調してシュッと見せてくれるロング丈のアウターは、ほんのりエレガントさも漂う。シンプルなパンツスタイルの盛り上げ役に。アウターと同トーンのベージュトップスには、白を仕込んで立体感を演出して。

きれいめ派のスポーティアウター8選!

▼あわせて読みたい

2023年最新【白ベージュコーデ】きれいめからカジュアルまで41選

女っぽい可愛さを残すなら【ピンクベージュ】

いくつになっても女性らしいかわいさは兼ね備えておきたい乙女心。そんな女性の願いを叶えるのが「ピンクベージュ」。色味自体がやさしさをまとっているので、顔周りが明るくなるだけでなく、相手に好印象を与えてくれます。大人可愛い装いにぜひ挑戦してみて。

◆ピンクベージュのシアーシャツ×黒短丈ニットベスト×黒タイトスカート

ピンクベージュのシアーシャツ×黒短丈ニットベスト×黒タイトスカート

ベージュピンクなら肌なじみもよく、落ち着いた雰囲気に仕上がります。コントラストでハードな印象になりかねない黒×ピンクのコーデも難なくクリア! 重くなりがちな黒コーデに洗練感を与えてくれます。

ボウタイ付き? バンドカラー?「シアーブラウス」を着回し力で選ぶならどっち?

◆ピンクベージュカットソー×ベージュジャケット×白ジョグパンツ

ピンクベージュカットソー×ベージュジャケット×白ジョグパンツ

ピンクベージュのカットソーに、明るめのベージュジャケットで程よくきれいめ感をキープ。人気のジョグパンツを白で投入すれば、程よくカジュアルダウンしたワークスタイルが完成する。

【きれいめフェミニン】は「白&ベージュ」でつくる! スタイリスト川上さやかさんが提案

◆ピンクベージュのニット×グレーのスカート×オフ白のコート

ピンクベージュのニット×グレーのスカート×オフ白のコート

スニーカーのカラーリングから発想したスタイリング。服でピンクベージュやダークグレーを繰り返して、統一感をつくって。

タイトスカートにスニーカーを合わせるなら!?

◆ピンクベージュのパフ袖ブラウス×グレーデニム

ピンクベージュのパフ袖ブラウス×グレーデニム

ピンクベージュ×グレーの淡い色合わせで、品よくリッチにまとめたカジュアルコーデ。きれいめ派にはおなじみのパフ袖ブラウスは、デニムとも好相性。

今までより、2割増し甘めの「パフ袖ブラウス」がダンゼン気分!

◆ピンクベージュトップス×デニムシャツジャケット×ベージュワイドパンツ

ピンクベージュシャツ×デニムシャツジャケット×ベージュワイドパンツ

ピンク&ライトベージュのグラデに水色デニムが映えるリラクシーコーデ。ハンサムでゆったりとしたワイドパンツに、淡いカラーのアイテムを合わせて、涼しげな印象に。

軽やかな「淡い色パンツ」があれば、きれいめコーデがもっと簡単♡

◆ピンクベージュニット×ピンクワイドパンツ

ピンクベージュニット×ピンクワイドパンツ

ハンサムなスラックス×クルーネックニットは、あえてピンクベージュで甘めに寄せるギャップで洒落感アップ。やさしげなピンクワントーンで、さっぱりとしつつも多幸感のある着こなしに。

働く私たちのきれいめコーデなら、この秋ニュアンスカラーのパンツがいい!

最後に

やわらかなワントーン、白をピリッと効かせた着こなし、黒やネイビーの端正な配色、旬のきれい色も上手にまとめてくれる守備範囲の幅広さ。どの色と合わせても安心感のあるベージュトップス。コーデに取り入れるときは、やさしげなニュアンスが必要か、個性的な色をまとめたいのかがポイントになりそうですね。

今回紹介したコーデを参考に、ベージュトップスで洗練された着こなしを楽しんでください。


Today’s Access Ranking

ランキング

2024.03.05

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。