Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. カラーコーディネート
  4. ベージュコーデ
  5. ベージュのレースや柄ものを「ほっこり」に見せないスタイリストの秘策とは?

FASHION

2022.06.13

ベージュのレースや柄ものを「ほっこり」に見せないスタイリストの秘策とは?

人気スタイリスト・川上さやかさんが提案する、「ベージュ&白コーデ」。映える柄や素材のアイテムを主役に、お届けします!

華やぐ柄・素材で魅せる「ベージュ&白コーデ」

人気スタイリスト・川上さやかさんのアイディア満載! 華やかなアイテムをベージュ&白でまとめれば大人っぽく仕上がるんです。

1|フェミニンなベージュブラウスは、パンツ合わせでかっこよく!

「レーストップスのときこそパンツを合わせるのがかっこいいと思う。ふだん辛口の着こなしが多い人が着ているとハッとするコーデです」(川上さん)

春夏だからこそ楽しめる、素肌の透け感を活かしたベージュのレースの着こなし。ほどよい色っぽさと好印象な女っぷりを演出して。

ブラウス¥50,600(オットデザイン〈ルーム エイト ブラック〉) 〝SAYAKA DAVIS〟のキャミソール¥17,050・〝Dough.〟のブレスレット¥66,000(ショールーム セッション) パンツ[インナーパンツ付き]¥39,600(ウィム ガゼット 丸の内店〈ウィム ガゼット〉) ショルダーバッグ¥13,200(ヤーキ オンラインストア〈ヤーキ〉) トートバッグ¥5,500(エスケーパーズオンライン〈OPEN EDITIONS〉) ネックレス[チェーン]¥4,180・[チャーム]¥8,250(MIKIRI〈クードル〉)

2|カットワークレースのワンピースは、小物で辛口なハズしを!

「ワンピは真っ白ではなくて生成りとベージュの中間くらいの色味なのもポイントです。ロング丈ワンピで総カットワークレースって、割と甘い要素が強いのだけれど、ニュアンスカラーが都会的な印象に仕上げてくれている。さすが〝ソブ〟のアイテムはさりげなくキレがあっていいな、と思いました」(川上さん)

レースのワンピ×キャップやビーサンといったスポーティな小物を組み合わせた、大人のミックスコーデ。

ワンピース[インナーワンピース付き]¥64,900(フィルム〈ソブ〉) 肩に掛けたカーディガン¥71,500(エイトン青山〈エイトン〉) バッグ¥16,500(ベイクルーズカスタマーサポートセンター〈カルメール〉) 靴¥9,900(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 湘南店〈ティキーズ〉) 帽子¥7,700(アッシュプラスエリオトロープ〈ティッカ〉) ピアス¥38,500(マリハ) リング¥18,700(ロードス〈ドーラ〉)

3|アニマル柄もベージュベースならしっくりと

「実は好きなんです、アニマル柄。挑戦アイテムなように見えて、ベージュをベースにするとこんなにうまく調和する」(川上さん)

シアーなカットソーを選ぶことがモダンにまとまる密かなポイントに。

ワンピース¥42,900(アパルトモン 青山店〈リジエール〉) Tシャツ¥8,250(オーラリー) 〝アンスクリア〟の手に持ったジャケット¥75,900・〝ペリーコ〟の靴¥57,200(アマン) バッグ¥162,800(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉) サングラス¥57,200(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) ピアス¥23,100(room3138〈ローラ ロンバルディ〉) ネックレス¥19,800(マリハ) ブレスレット¥22,550(エリオポール代官山〈ローラ ロンバルディ〉)

4|柄パンツで、シンプルコーデに映えをプラス!

「本当に暑くなるとシンプル派はなんてことない格好になりがちだけど…。そんなときは柄パンです。ベージュベースだと、自然と〝柄がいちばんの主役〟にならないからいい」(川上さん)

ベージュベースの柄アイテムは肌なじみがよく、シンプル服とマッチする。

ニット¥16,500(デミルクスビームス 新宿〈デミルクス ビームス〉) パンツ¥26,400(TOMORROWLAND〈Ballsey〉 バッグ¥38,500(ヴァジックジャパン〈VASIC〉) 靴¥46,200(エリオポール代官山〈ブレンタ〉) 手に持ったサングラス¥48,400(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉) 2連にしたネックレス¥26,400(アパルトモン 青山店〈アパルトモン〉) リング¥172,700(マリハ) キャミソール/スタイリスト私物

●この特集で使用した商品の価格はすべて、税込価格です。

2022年Oggi7月号「きれいめシンプルな『白&ベージュ』の着こなし」より
撮影/金谷章平 スタイリスト/川上さやか ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) モデル/朝比奈 彩・飯豊まりえ(Oggi専属) 構成/村上花名
再構成/Oggi.jp編集部

スタイリスト 川上さやか

大手銀行員からスタイリストへ転身。リアルなおしゃれ感覚を加味した、きれいめシンプル派を地でいくコーディネートは読者からも信頼が厚い。Oggiきっての理論派スタイリストとしても定評がある。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.06.27

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature