【2023最新】8月ファッションコーデ50選|快適とお洒落を両立した服装とは? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 夏ファッション
  5. 【2023最新】8月ファッションコーデ50選|快適とお洒落を両立した服装とは?

FASHION

2023.07.14

【2023最新】8月ファッションコーデ50選|快適とお洒落を両立した服装とは?

暑い8月に適したコーデをまとめました。真夏日こそ、快適かつお洒落な服装で一日をできるだけ涼しく過ごしたい! そこで今回は、アイテム別に暑い日におすすめのコーデを紹介します。8月は小物や長袖も取り入れて紫外線対策もマスト。夏のコーデの参考にしてみてください。

8月の真夏コーデを快適かつ大人に着こなすポイント5つ

シンプルになりがちな夏コーデは「こなれ感のバランス」が大事。何を足して何を引くのか… バランスのさじ加減がわからないからと、挑戦するのをあきらめるのは損。夏だからこそ、主役のアイテムを軸に足し引きを学ぶいいチャンスなんです! ここでは、夏コーデのポイントをアイテム別に見ていきましょう。

POINT1:Tシャツはシルエットがきれいなものを

Tシャツはシルエットがきれいなものを

こっくりしたベージュのTシャツは、楽ちんだけどリッチ感もある。ドロップした五分袖と前後差のあるラウンドカットの裾のおかげで、ブラウスのように着こなせる。きれい色パンツがコーデの爽やかさを引き立たせる。

“ブラウス見え”するTシャツが、今夏きれいめ派におすすめ!

POINT2:シャツ・ブラウスは涼しげな色や素材をチョイス

シャツ・ブラウスは涼しげな色や素材をチョイス

夏のブラウス通勤スタイル。初夏らしいイエロー、存在感のあるボウタイ、女性らしいシアー感… そのすべてが、気分を上げる“起爆剤”。きちんと感のある黒のハイウエストパンツと合わせて、お洒落なご機嫌コーデの完成。

イエローのボウタイブラウスで着こなしも気分も華やかに♡

POINT3:ワンピースに足すアイテムはミニマムに

ワンピースに足すアイテムはミニマムに

表情のあるジャカード生地、そしてバックシャンなど一枚で盛れるデザインのワンピース。ビタミンカラーのバッグを差し色にして、テンションアップ。

映える&盛れる旬顔キャミワンピースで、夏をもっと楽しく!

POINT4:スカートはロング丈で大人っぽく

スカートはロング丈で大人っぽく

きれい色スカートが主役のコーデ。シンプルなロゴTシャツできれいめカジュアルに着地。厚底トングはホワイトレザーでリッチ感を加算。太陽の下で映えるビースネックレスを重ねづけして、フレッシュに。

ロゴT×スカートをトングやビーズネックレスで夏空仕様に!

POINT5:パンツはほどよいゆとりが大事

パンツはほどよいゆとりが大事

ゆったりとしたワイドパンツが大人の余裕を感じさせる。パリっとドライな表情のリネンジレは、やわらかいニットやブラウス、ラフなカットソーと合わせてもモダンな雰囲気が簡単に作れるのも魅力。

涼しげなリネン素材のミドル丈ジレがあれば通勤コーデも今っぽく♡

▼あわせて読みたい

2023年夏のコーディネート50選|さりげなくトレンドを入れる 大人女子のお…

【Tシャツ】自由自在にスタイルを楽しむ

夏に欠かせないTシャツは、攻めたお洒落を楽しめるアイテム。シルエットや首回りの形がきれいなものを選べば、ラフに見えてしまうことを防ぎます。シンプルな無地のTシャツやインパクトのあるロゴTも、着こなし次第で大人上品なスタイルに。

フォトTシャツ×タイトスカート

フォトTシャツ×タイトスカートコーデ

フェスの写真がプリントされたTシャツは、スカートスタイルをお洒落に仕上げるカンフル剤に。ベージュの地色にヴィンテージのような風合いのプリントが程よくなじんでこなれて見える。

この夏、定番タイトスカートはキャッチーなフォトTでインパクトを加味!

Tシャツ×ロングカーディガン×きれい色ワイドパンツ

Tシャツ×ロングカーディガン×きれい色ワイドパンツコーデ

“ちょっぴり冒険”な旬のきれい色ボトムとTシャツで、こなれた通勤スタイルを満喫! ロングカーディガンが、紫外線・冷房対策に活躍。

今日きれい色パンツ×ロングカーデのお仕事スタイル!

白Tシャツ×淡色ニット×デニム×チェーンつきビーサン

白Tシャツ×淡色ニット×デニム×チェーンつきビーサンコーデ

白Tシャツが淡色ニットをお洒落に映えさせる。大人の夏デニムに欠かせないのが、エレガントさ。ゴールドチェーンがストラップに沿ってあしらわれたビーサンで、小粋に品よく。

チェーン付きビーサンで 抜け感◎な休日デニムコーデ

短丈の黒Tシャツ×ロゴ入りロングスカート

短丈の黒Tシャツ×ロゴ入りロングスカートコーデ

短丈Tは、女性らしい細いウエストを強調しスタイルアップが叶う。キャッチーなロゴでウエストに視線を集めて。タイトスカートと合わせてボディの曲線美をさりげなく主張。

スタイルUPが叶う丈短な黒Tをバランスよく大人っぽく♡

グリーンTシャツ×白ポロニット

グリーンTシャツ×白ポロニットコーデ

カレッジTシャツの首元から白いポロニットをのぞかせたひとさじのトラッド感で、小粋なカジュアルスタイルに。ハウンドトゥース柄のハイウエストボトムを合わせて大人っぽく。

ポロニットでトラッドなニュアンスを加味すれば新鮮な着こなしが完成する

ベージュTシャツ×ベージュロングスカート

ベージュTシャツ×ベージュロングスカートコーデ

控えめのベージュのロゴTは、裾フレアのスカートと合わせて落ち着いた大人の洒落感を。トップスイン&腰巻きすることでワンカラーコーデにメリハリが生まれる。

【ベージュ】を軸に考える、清潔感のあるリラクシースタイル3選!

白Tシャツ×チェック柄スカート×スニーカー

白Tシャツ×チェック柄スカート×スニーカーコーデ

夏仕様の涼しげな柄スカートは、白を効かせてさっぱりとした着こなしに。Tシャツや差し色のオレンジニットでシックなチェック柄を切れ味よく。

30代からの夏スカートコーデ。大人っぽい柄スカートでエレガントに♡

白Tシャツ×ストライプ柄ジレ×白フレアスカート

白Tシャツ×ストライプ柄ジレ×白フレアスカートコーデ

シンプルな白Tシャツはどんなスタイルにもフィット。白TシャツとAラインスカートを、シャープなストライプ柄のジレがつないで大人の着こなしに昇華。

この夏はAラインフレアスカートで、ドラマティックに楽ちんに!

【シャツ・ブラウス】女性らしい品格を足す

蒸し暑さが厳しい8月だからこそ、きちんと感のあるブラウスはマストハブ。鮮度の高いシャツやブラウスがあると、シンプルなワンツーコーデも都会的にきまります。選ぶときは、涼しげなデザインや素材を使ったものにこだわって。

ブルーのシャツ×デニムパンツ×スキンカラーのパンプス

ブルーのシャツ×デニムパンツ×スキンカラーのパンプスコーデ

デニムにオーバーシャツをタックイン。肌に溶け込むようになじむ繊細なスキンカラーのパンプスと合わせて大人きれいに。

“プラダ”のパンプスでデニムスタイルに華やぎを加味♡

フリルブラウス×紺ジャケット×エクリュパンツ

フリルブラウス×紺ジャケット×エクリュパンツコーデ

“ネイビー×ダブルブレスト”のジャケットで凛とキリッと。知的さと程よい抜け感をそなえた一枚こそ、相手との距離を縮めるのにちょうどいい。フリルブラウスとエクリュパンツで、リッチな華やぎを盛ることも忘れずに。

ダブルブレストの紺ジャケットで知的さと程よい抜け感を演出

シャツ×チェック柄タイトスカート×黒サンダル

シャツ×チェック柄タイトスカート×黒サンダルコーデ

さらっと着れるシャツとチェック柄スカートの夏らしいコーデ。サンダルはふっくらとしたアッパーと分厚いラバーソールがモダンなアクセントに。締まりのいいブラックで、チェック柄スカートを大人顔にシフト。

存在感たっぷりの一足で、カジュアルな今っぽさを楽しみたい!

白シャツ×デニム×キャップ

白シャツ×デニム×キャップコーデ

ベーシックなアイテム同士を合わせ、ゆったりと立体的なシルエットでデニムスタイルを更新。そのままではややカジュアルなので、エレガントなバッグや華奢なヒール靴をプラスしてフェミニンな印象に。

【水色デニム】をきれいめに着こなすには、ゆるっとシルエットで女っぽく♡

白のブラウス×ベージュのパンツ

白のブラウス×ベージュのパンツコーデ

女っぷりが上がる白のボリューム袖ブラウスとベージュパンツの甘辛ミックスコーデ。夏仕様の小物を合わせることで、白×ベージュの品のよさが際立ち都会的な印象に。

白×ベージュの着こなしに都会的な余裕を漂わせるテクニック

ベージュのボリューム袖ブラウス×白ショートパンツ

ベージュのボリューム袖ブラウス×白ショートパンツコーデ

トレンドアイテムの映えブラウスは、ショートパンツと合わせて涼しげに。可憐な花形ビーズと同系色のストーンビーズを重ねて大人な雰囲気でバランスよく。

今季トレンドのビーズネックレスを着こなしのハズし役に♡

ピンクのシャツ×ピンクのビーズネックレス

ピンクのシャツ×ピンクのビーズネックレスコーデ

コンサバ感を感じるシャツも、ピンクにすればマイルドな印象に。トップスと同色のビーズネックレスを合わせることで、きれいめ感と遊び心のバランスがちょうどよく着地する。

ピンクトーンのきれいめカジュアルに夏らしさをトッピング♡

白シアーブラウス×ネイビースカート

白シアーブラウス×ネイビースカートコーデ

白シャツ×ネイビースカートのベーシックなコーデは、トップスを透け感素材に変えることで、ぐっとモードに更新。端正なボトムと硬質な輝きの小物で、上品さや繊細な雰囲気をいっそう引き立てて。

滝沢カレンが着こなす♡ 春らしさと大人っぽさを纏うシャツコーデ8選

甘めブルーブラウス×黒パンツ

甘めブルーブラウス×黒パンツコーデ

深いブルーがキャッチーなレースブラウス。クリーンな黒のウールデニムパンツを合わせて、意志あるキリッとした雰囲気に。

甘めブラウスを大人っぽく取り入れるコツ♡

▼あわせて読みたい

夏のシャツコーデおすすめ51選|脱マンネリ! 1枚でサマ見えなスタイル集

【ワンピース】小物選びで大人見え

一枚で主役になれるワンピースは、小物選びでさらにお洒落度がUP。スポーティなアイテムと合わせてアクティブに、差し色でキリっと引き締めて。挑戦的な着こなしも意外にハマるのが夏ならではです。ワンピースの個性を生かしつつも、自由にミックスして大人っぽく。

グリーンワンピ×スポサン

グリーンワンピ×スポサンコーデ

寒色グリーン×スキッパーのデザインで、ワンピースでも辛口な印象。スクエアバッグやパイソン柄のスポサンなどスパイシーな小物使いで、ゆるっとしたシルエットを引き締めて。

淡いくすみブルーワンピ×黒キャップ

淡いくすみブルーワンピ×黒キャップコーデ

夏の日差しに映える淡いくすみブルーのワンピース。袖口のギャザー使いやラウンド形の裾で、シンプルながら着映えのするデザイン。黒キャップとサングラスでキレを足しつつ、紫外線対策を。

爽やか&涼しげ! ブルー&グリーンの「くすみカラーワンピース」おすすめ10選

ニュアンシーピンクのワンピ×黒小物

ニュアンシーピンクのワンピ×黒小物コーデ

甘く転びがちな淡いピンクもグレイッシュなトーンなら大人っぽいムードに! ドライタッチのヘンプ素材とドレープのきいたゆるシルエットで、余裕を感じる佇まいに。辛口の黒小物で引き締め、タウン仕様に傾けて。

ピンク・イエローの「ダスティカラー」ワンピースは甘すぎず上品な華やぎ♡ おすすめ10着

イエローワンピ×タンクトップ

イエローワンピ×タンクトップコーデ

発色のよいイエロー地×ブルーのパイピングのトロピカル風の配色が、ハッピーな着こなしをアシスト。タンクトップをレイヤードして、華奢ストラップの女らしさをヘルシーに引き寄せるアレンジも必見。

華奢ストラップワンピは、レイヤードテクでヘルシーに!

総カットワークレースワンピ×キャップ×ビーサン

総カットワークレースワンピ×キャップ×ビーサンコーデ

キャップやビーサンといったスポーティな小物を組み合わせた、大人のミックスコーデ。ロング丈ワンピ×総カットワークレースは、甘さを抑えたニュアンスカラーを選べば都会的な印象に仕上げてくれる。

ベージュのレースや柄ものを「ほっこり」に見せないスタイリストの秘策とは?

ブラウンのワンピ×きれい色ニットカーデ

ブラウンのワンピ×きれい色ニットカーデコーデ

夏の定番ノースリワンピも、ニットカーデ一枚で洒落感が格段に上がる。きれい色を選んで、華やかな印象もプラス。

ワンピースには、きれい色の〝はおり〟が欠かせない!

アニマル柄キャミワンピ×黒フラットサンダル

アニマル柄キャミワンピ×黒フラットサンダルコーデ

存在感のあるアニマル柄もベージュをベースにするだけで、しっくりと調和。シアーなカットソーを選ぶことがモダンにまとまる密かなポイントに。足元はキレのあるストラップサンダルで引き締めて。

ベージュのレースや柄ものを「ほっこり」に見せないスタイリストの秘策とは?

ラッフルワンピ×サンダル

ラッフルワンピ×サンダルコーデ

注目のラッフルワンピも、シワが気になりにくい複合繊維なら気兼ねなくヘビロテできる。すとんとしたシルエットで旅にも便利! 柄物バッグとサンダルで夏感をプラス。

UVケアや撥水機能ありの「多機能ワンピース」をチェック!

オールインワン×ネイビー小物

オールインワン×ネイビー小物コーデ

黒のオールインワンにジレを重ねる新鮮な組み合わせでワントーンに奥行きをつけたら、おしゃれと好印象を一挙両得。

きれいめシンプル派の【休日アウトドア】ビアガーデンや公園ピクニックの正解コーデは?

【スカート】華のある洒落感をまとって

夏の暑さでワンツーコーデが多くなる8月。だからこそ、きれいめに映えるスカートの効果は絶大。ここでは、目に留まるフレアスカートや、大人の一面を引き出すロングタイトなど、夏らしい着こなしを紹介します。スカートに華があるのでトップスはシンプルが◎。

サックスブルーのスカート×グレーのTシャツ

サックスブルーのスカート×グレーのTシャツコーデ

エレガントなシルクのAラインスカートでハンサムなグレーTにしなやかな表情を。媚びない女っぽいムードに仕上げて。足元に効かせたビビッドピンクのピリッとした緊張感がコーデのアクセントに。

ハンサムなグレーTをAラインスカートでしなやかなに着こなす!

白のIラインスカート×ニュアンスカラーTシャツ

白のIラインスカート×ニュアンスカラーTシャツコーデ

パワショルTシャツは意識せずともメリハリがつくから、あとは縦に繫げるだけ。落ち感スカートでより肩を強調させれば、今っぽさと細見えが一挙両得!

食わず嫌いは勿体ない! パワショルTって華奢見えするんです♡

ドレススカート×ニュアンスカラーTシャツ

ドレススカート×ニュアンスカラーTシャツコーデ

量感のあるドレススカートには、とろみTでこなれた洒落感を。上半身は肌に付かず離れずのゆるさがあるほうが、ドラマティックなボリュームスカートが等身大の華やかさに着地する。

今っぽさ&女性らしさ全開♡ こなれ見えドレススカートコーデ

白タイトスカート×パープルTシャツ

白タイトスカート×パープルTシャツコーデ

気持ちが上向きになる夏こそ「きれい色」の出番! 合わせる色で強くも優しくも振れるパープルは、あいまいトーンのマイルドな色合わせがおすすめ。前にスリットの入ったタイトロングスカートで品よく振って。

涼しげな【寒色系きれい色】は、ワントーンで着るのが正解!

白ティアードスカート×濃いめベージュニット

白ティアードスカート×濃いめベージュニットコーデ

たっぷりの白を効かせた可憐なティアードスカートは、濃いめのベージュニットとマッチ。まろやか配色のおかげで、優しい印象をキープしたままメリハリ感もアップ。

初夏のスカートコーデは、「白×ベージュ」で作ると涼しげ美人に♡

白ニットスカート×白ジレ

ニットスカート×ジレコーデ

透け感のあるニットスカートに、カットソー、ジレを、それぞれ異素材ミックスすることで、こなれ感のあるオール白コーデに。

初夏のスカートコーデは、「白×ベージュ」で作ると涼しげ美人に♡

黒ティアードスカート×グリーンニット

黒ティアードスカート×グリーンニットコーデ

ティアードスカートなど甘いアイテムは寒色で甘辛ミックスに着こなして。色で辛さを加えるなら、こんな鮮やかなグリーンがおすすめ!

夏の「グリーン」は鮮やかなトーンで! きれいめ派のお手本コーデ3選

リーフ柄スカート×ロゴTシャツ

リーフ柄スカート×ロゴTシャツコーデ

モノトーンのリーフ柄スカートは、抽象的なタッチならさらにクールな雰囲気が加速。ロゴTを合わせてもうるさくならないのは黒白プリントだからこそ。カゴバッグで遊び心をひとさじ。

悪目立ちせず、お洒落見えする柄スカートの選び方

パープルスカート×ベージュカーディガン

パープルスカート×ベージュカーディガンコーデ

カジュアルな着こなしに慣れない場合は、まず素材を変えてみることからスタート。バサッとドライな雰囲気のリネン素材のスカートが、自分らしいカジュアルに一役かってくれること間違いなし。ベージュのニットを肩掛けしてきれいめ要素を足して。

アクティブ×きちんと感を叶える、いいとこ取りのコーデ!

グレーナローフレアスカート×黒ニット

グレーナローフレアスカート×黒ニットコーデ

長め丈のサテンナローフレアスカートに黒ニットを合わせたモードスタイル。女らしいコーデと親指にアクセントのある変形トングサンダルで、新鮮なバランスを作って。

長め丈スカートをモードに履きこなして

【パンツ】辛口ボトムで逆説的な女らしさを

素敵な人のパンツコーデは、ほどよいフィット感やゆるさで女らしいメリハリをつけるのが上手。炎天下でピタっとしたパンツを穿くと余計蒸し暑そうな見た目になるので、ほどよくリラクシーさを心がけて。辛口なパンツでかっこいい迫力を楽しみましょう!

ツヤ素材の裾絞りパンツ×黒ブラウス

ツヤ素材の裾絞りパンツ×黒ブラウスコーデ

今、挑戦したいトレンドボトムといえば、やっぱり裾絞りパンツ! カジュアル気味なアイテムも、落ち感のある光沢素材なら大人っぽく上品に。黒のデザインブラウスをインして、華やかにモードにまとめて。

旬の裾絞りパンツは、光沢素材で大人っぽく着こなして!

ショートパンツ×オレンジのボーダートップス

ショートパンツ×オレンジのボーダートップスコーデ

気持ちが明るくなりそうなビックシルエットのオレンジボーダー。パンツはショート丈ですっきり脚を見せ、抜け感をプラスすると好バランス。

きれいめシンプル派の『休日アウトドア』お手本ボーダースタイル

きれい色パンツ×Tシャツ

きれい色パンツ×Tシャツコーデ

光沢のある上質コットン、切り替えのない続き袖、二の腕をカバーするドルマンデザイン…と、きれいめ要素が一枚に凝縮されたTシャツを主役に。きれい色をチョイスし、ヒールサンダルも合わせて、パンツスタイルをとことん品よく。

“ebure”のきれいめTなら、パンツスタイルも品よく着地!

カーキ色カーゴパンツ×黒Tシャツ

カーキ色カーゴパンツ×黒Tシャツコーデ

ジェンダーレスなカーキのカーゴパンツも、品のよい五分袖の黒Tで大人の余裕を。ヘルシーなコットン素材が、パンツのカジュアルさを中和して統一感ある着こなしに。クラシカルなボックス形バッグや色っぽいバーサンダルで女っぽさを加算して。

黒T×カーゴのカジュアルコーデは小物で女っぽさをプラス

ハイウエストパンツ×白Tシャツ

ハイウエストパンツ×白Tシャツコーデ

筒が細い五分袖Tは、肌が隠れているけどなんだか色っぽい! ハイウエストパンツにタックインするのが好バランスのポイント。シンプルきれいなシルエットで通勤スタイルにも。

ブラウス感覚の五分袖Tシャツは、通勤パンツスタイルに活躍する!

デニムパンツ×ロングジレ

デニムパンツ×ロングジレコーデ

きちんと感のあるジレにラフな素材が軽やかな印象のデニムを合わせて、きれいめ派のカジュアルダウンを狙って。

夏のきれいめカジュアルならロングジレが最強♪

ベージュセットアップ×白バッグ

ベージュセットアップ×白バッグコーデ

簡単にこなれ感を出せるベージュのセットアップ。白のカットソー、バッグで抜け感と爽やかなキレのよさをプラス。

ジレ、セットアップ、ロゴ… 辛口アイテムも「ベージュ」ならきれいめマイルド♡

白パンツ×オレンジニット

白パンツ×オレンジニットコーデ

オレンジはポジティブさと、品のよさを併せもつ色。旬のカーゴパンツなど、カジュアルなボトムスを合わせても上品でヘルシーに着こなせる。小物使いで大人っぽさをプラス!

夏のピンク、オレンジ、イエローは、大人可愛いアプローチで!

千鳥格子ワイドパンツ×セーラーブラウス

千鳥格子ワイドパンツ×セーラーブラウスコーデ

ホテルのような上品な装いが必要なときには黒に頼るのもアリ! 黒のセーラーカラーでコーデを引き締めるから、千鳥格子のワイドパンツが“女っぷりよく”引き立つ!

ホテルステイの服選びに困ったら、潔くモノトーンスタイルが安心♡

最後に

8月におすすめのコーデを紹介しました。暑い日も、快適さとお洒落を両立するためには、素材と色選びに気を付けるのがポイント! 今季らしい夏トレンドに着替えて、大人の洒落感を効かせた着こなしを楽しんで。

▼あわせて読みたい


Today’s Access Ranking

ランキング

2024.03.05

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。