Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. キャリアアップ
  4. 働く私に、今「聞く力」が必要! 聞き上手になるための心得5

WORK

2022.04.29

働く私に、今「聞く力」が必要! 聞き上手になるための心得5

SNS全盛時代、発信することに一生懸命で「聞く」ことができない人が増えています。働く30歳からの私たちには、今「聞く力」が求められています。聞くことの本質やメリットとは、一体どういうものなのか。基本となる考え方や、聞き上手になるための5つの心得を紹介します。

聞き上手になるための心得5

1. “聞く”には種類がある

目的によって“聞き方”の方法は変化します。今はどの種類の“聞く”が必要か、相手が望む“聞く”ができているか意識することから始めるべし。

《聞き方の種類の例》
・相手の話や感情に積極的に耳を傾ける
・相手の真意や情報を引き出すために質問する
・相手の要求やニーズを尋ねる

2. 「相手を理解したいと思う」姿勢を示す

相手の情報は表情や声のトーンなど、言語以外にも宿るもの。体全体で聞いている姿勢、態度を示すことで「相手を理解したい」という気持ちが相手に伝わります。まず相手に向き合うことが何より大切。

3. 相手の話を決して〝否定〟しない

人の「自分を受け入れてほしい」という承認欲求を満たすには、話を遮らず最後まで聞くのはもちろん、絶対に“否定しない”ことが大切。相手に共感し、尊重することで「話を聞いてくれた、受け入れられた」と感じ、信頼を寄せてくれるように。

4. 真摯に“聞く”ことで結果的に信頼関係が生まれる

相手の話を真剣に聞くことで、相手は「受け入れられた」「理解された」と感じ、お互いのパートナーシップを強固なものにしてくれます。信頼関係を構築できれば、仕事のトラブルなども隠す必要がなくなり、結果的に仕事もスムーズに回るように。

5. 自分の意見や価値観はしっかりもっておく

相手ばかり優先し、自分をないがしろにしてしまうケースに注意。自分の価値観やスタンスを明確にしておくこと。「自己理解」があったうえで「相手理解」をすることで、初めて「相互理解」となることを忘れずに。

『LISTEN 知性豊かで創造力がある人になれる』

著/ケイト・マーフィ 監訳/篠田真貴子 翻訳/松丸さとみ 日経BP刊

これまで関心が寄せられがちだった“話すこと”ではなく、“聞くこと”の重要性を説いた一冊。“聞く力”が人間関係を円滑にするための“新しいスキル”として急速に認知されるように。6万部超のベストセラーに。

「聞く力」のメリットは信頼関係を築くこと

“聞く”という行為は、相手に向き合って、理解しようとする“姿勢”。「あなたのことを知りたい」という気持ちがベースになければ、“聞く力”を発揮できたとはいえません。

逆に「聞きたい」という気持ちを見える形で示さなければ、相手には届かないもの。その表現方法こそが“聞くテクニック”なのかもしれません。

聞く力のメリット

“聞く力”の最大のメリットは、自然と会話がはずみ、お互いの距離が近づき、信頼関係が生まれること。対話の質をグッと上げて、聞き上手な人を目指しましょう。

2022年Oggi4月号「仕事ができる! の近道は『聞く力』だった」より
イラスト/竹田匡志 構成/佐々木 恵・酒井亜希子(スタッフ・オン)
再構成/Oggi.jp編集部

「聞き上手」のお手本、聞き方のコツはこちら!


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.21

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature