Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. キャリアアップ
  4. 「聞き上手」のお手本は松岡修造さん「相手の話を聞き逃さない、“前のめり”の聞く姿勢」

WORK

2022.05.09

「聞き上手」のお手本は松岡修造さん「相手の話を聞き逃さない、“前のめり”の聞く姿勢」

働く30歳からの私たちに必要な“聞く力”ってどんな力? 聞くことのプロであるエグゼクティブコーチの國武大紀さんとフリーアナウンサーの魚住りえさんに、聞き上手な人の特徴について伺いました。今回は、テニス選手として世界的に活躍し、現在はキャスターなども務めるタレントの松岡修造さんの“聞く力”を解説。

相手の話を聞き逃さない“聞く姿勢”が明確

タレント 松岡修造さん(54歳)

まつおか・しゅうぞう/’95年ウィンブルドン選手権ベスト8進出など、テニス選手として世界的に活躍。現在は指導者やキャスターを務める。

「松岡修造さんは、インタビューでは必ず相手をじっと見据え、前のめりの体勢で聞いています。アツい人だからだけではなく(笑)、『あなたの話を真剣に聞いてますよ』という姿勢が明確なんです」(魚住さん)

相槌やリアクションは意識できていても、“姿勢”にまで気を配れる人は少数派かも。真剣に話を聞いているという姿勢が伝わることで、話す相手も真剣に向き合ってくれるのかもしれませんね。

今なぜ、「聞く力」が求められているのか

〝個〟を尊重する時代では話し上手より聞き上手がキーパーソンに

インターネットやSNSの普及によって、世界にはさまざまな価値観の人がいることが可視化されるようになりました。それぞれの主張を聞き、違いを認め合う必要性が出てきた結果、重要になったのが、相手を知るためのコミュニケーションスキルである“聞く力”。です。

聞き上手になることは、自分にも会社にもメリットが大きい

「聞く力とは、“人を理解する力”ともいえます。話の内容だけでなく、相手の気持ちや感情も含めて、相手を丸ごと感じることです。しかし、世の中の人は自分が話すばかりで、ちゃんと聞けていない人が多いのが現状。『まずは聞いてみよう』という姿勢を持つことが大切」(國武さん)

「ビジネスシーンにおいては、上下関係すらも平等に、互いを尊重する関係を目指す企業が増えています。ひとりひとりの考えを聞き、ビジョンや方向性を全員で決めていく働き方が主流になる中で、聞き上手であることは自分にとっても、会社にとってもメリットは絶大です」(魚住さん)

教えていただいたのは…

エグゼクティブコーチ 國武大紀さん

くにたけ・だいき/大学卒業後、JICA、外交官などを経て現職。現在は40か国以上での組織開発の実績をもとに、コーチングやプロコーチ育成を行う。近著に『その「ひと言」でチームが変わる最高のフィードバック』(大和書房)。

フリーアナウンサー 魚住りえさん

うおずみ・りえ/1995年、日本テレビにアナウンサーとして入社。’04年の独立後はフリーとして活躍するほか、話し方スクールを開校。著書に『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』(東洋経済新報社)など。

2022年Oggi4月号「仕事ができる! の近道は『聞く力』だった」より
イラスト/竹田匡志 構成/佐々木 恵・酒井亜希子(スタッフ・オン)
再構成/Oggi.jp編集部

「聞き上手」のお手本、聞き方のコツはこちら!


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.21

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature