Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. キャリアアップ
  4. 元養護教諭が実践する、相手に安心して話をしてもらうコツ〈プロフェッショナルたちの“聞く力”の極意〉

WORK

2022.04.14

元養護教諭が実践する、相手に安心して話をしてもらうコツ〈プロフェッショナルたちの“聞く力”の極意〉

働く30歳からの私たちに必要な“聞く力”って、どんな力? 日ごろから人の話を“聞く”ことを仕事にしているプロフェッショナルたちに、具体的なテクニックや心構えなど、「聞く力の極意」を教えてもらいます。今回は元養護教諭でNLP教育コンサルタントの桑原朱美さんにお話をお聞きました。

元養護教諭/NLP教育コンサルタント 桑原朱美さんの“聞く力の極意”

じっくりと待つことで、安心して気持ちを伝えてもらう

〈桑原朱美さんの極意〉
1. 相手が話し始めるまで待つ
2. 相手の状況を決めつけずニュートラルな気持ちで聞く

「自分で解決する力をもっている」と信じて接する

保健室では、けがの状態を正確に知ったり、心の問題の発見や整理をしたりすることが必要です。でも、子供は言葉にして説明することが苦手。急かしてしまったり、先回りして動いたりすると、自分の言葉で表現することをあきらめてしまいます。じっくり待つことで、安心して自分の気持ちを伝えてくれます。

また、相談に来た相手を「かわいそう」などと決めつけることは、本来もっている可能性を狭めることにも。「この子は自分で解決する力をもっている」と信じて接することで、自分の意思で行動する力を身につけてくれるようになります。

2022年Oggi4月号「仕事ができる! の近道は『聞く力』だった」より
イラスト/竹田匡志 構成/佐々木 恵・酒井亜希子(スタッフ・オン)
再構成/Oggi.jp編集部

「聞き上手」のお手本、聞き方のコツはこちら!

桑原朱美

くわはら・あけみ/NLP教育コンサルタント。養護教諭として25年勤務。独立後、現場体験をもとに子供たちの本音を引き出す「保健室コーチング」を確立。著書に『保健室から見える親が知らない子どもたち』(青春出版社)など。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.28

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature