Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. ボディケア
  4. 膣マッサージが大事な理由とは|女性力の源“膣ケア”のやり方とおすすめの専用アイテム

BEAUTY

2020.03.18

膣マッサージが大事な理由とは|女性力の源“膣ケア”のやり方とおすすめの専用アイテム

顔よりも見るべきはデリケートゾーン? うるおい度など“膣の状態”と“女性の美しさ”は、比例してると言っても過言でないほど大切な部位。膣マッサージの前にやるべき2ステップもご紹介します。また、ソープ・ミルク・オイルなどアイテムは必ずデリケートゾーン専用のものを。お顔と同じく乾燥や刺激は大敵なのです!

【目次】
直視すべきは“デリケートゾーン”
膣マッサージまでのケアのやり方
膣専用アイテムをご紹介

直視すべきは“デリケートゾーン”

膣ケアのセミナーで受けた衝撃

膣ケアのセミナーで受けた衝撃

セミナーを受けたのは… 美容エディター&ライター:河村美枝さん

デリケートゾーンの美活ケアについてのセミナーを受けたのですが、鏡でこまめに顔をチェックするよりも、デリケートゾーンの状態を知ることの方が、女性にとっては大切なのかもと思ってしまいました…。

講師のたつのゆりこさんは、Be Born助産院・産後養生院代表の助産師・鍼灸師。

「ケアをしていない人が初めてみたら大ショックを受けるでしょうね。乾いて干からびていたり、たるんだり萎縮していたり、垢がたまっていたり…。こうしたデリケートゾーンの衰えは、子宮を基として、隣接する膀胱や直腸を支える筋肉や靭帯などの機能も衰えているサイン。ここをケアすることで、頭痛・肩こり・目の疲れ・生理痛・冷え性などの不調が和らぐこともあるんですよ」と、たつのさん。

デリケートゾーンにも保湿が必要です!

「デリケートゾーンはヨガでは“下丹田”と呼ばれていて、東洋医学でいう任脈と督脈という(経絡を全体的に整える)役割を持っています。これは気や血の巡りを左右する大切なポイント。ここを清潔に保ってきちんと保湿することでめぐりが良くなり、美肌や体調が良くなることにもつながります。デリケートゾーンは粘膜でできているので、“潤いを与える”ということがとにかく大切!」(たつのさん)

※のちほど、おすすめのケアアイテムをご紹介しますので参考にしてくださいね。

自分のアソコ見たことある? デリケートゾーンのケアを詳しく!

顔よりも複雑な形状の膣まわり

顔よりも複雑な形状の膣まわり

教えてくれたのは… 植物療法士:森田敦子さん
(著書『潤うからだ』(ワニブックス刊)好評発売中)

現代女性はストレスが多く、プレ更年期に悩まされることも。それを予防する意味でも膣のケアはおすすめです。

■形状が複雑だからケアが必要
「膣まわりは汗や皮脂・尿・便・おりもの・経血などが混じり合う場所。ひだや溝があり形状が複雑なので、その隙間の奥に“恥垢(ちこう)”がたまりやすいんです。雑菌などが繁殖するとニオイやかゆみの原因になることも。正しく洗って清潔に保つのはもちろん、しっかり潤すことも大切です」(森田さん)

うるおいがなくなるとどうなる?

■知ってほしい保湿の大切さ
「膣・尿道・肛門などは粘膜に覆われていて粘液を出しています。そこが乾いて“粘液力”が低下するのは免疫力が落ちているサイン。膣の粘液力は、異物をブロックするだけでなく、女性ホルモンのバランスもサポートしてくれます。上げて上げすぎることはありません。いつまでも粘液を分泌できるような“うるおって弾力がある膣を保つこと”というのは、どんな高級美容液よりもアンチエイジング効果絶大なんです!」(森田先生)

【デリゾの正しいお手入れ】女性の体の中でいちばん大切な場所はアソコ=膣まわり!

膣マッサージまでのケアのやり方

まずは正しく洗うことから

引き続き、森田敦子先生にケアの仕方を教えていただきました。

■デリゾの洗い方

まずは正しく洗うことから

1. ソープをしっかり泡立てます。(※必ずデリケートゾーン用のソープを使いましょう!)
2. A大陰唇→B小陰唇→C膣→AとBのヒダを指でやさしくつまむようにして洗います。
3. ヒダの裏側にたまりやすい恥垢をしっかり取り除いて、Dまわりのシワの間も洗いましょう。

お風呂からあがったら保湿を

■保湿のやり方
1. タオルで拭かずに、残っている水分含めながら専用保湿液を塗ります。
2. お尻の穴から前方向へ。2回くらいでOKです。

慣れてきたら、オイルを使用した膣マッサージを行いましょう。

慣れてきたら膣マッサージを行いましょう

慣れてきたら膣マッサージを行いましょう

■膣マッサージのやり方
1. オイルを大陰唇・小陰唇・膣にやさしく塗りこみます。(※詳しい位置は「洗い方」の図を参照)
2. 慣れてきたら人差し指と中指にオイルを塗り、膣の中に第二関節くらいまで入れてなじませます。

【デリゾの正しいお手入れ】女性の体の中でいちばん大切な場所はアソコ=膣まわり!

膣専用アイテムをご紹介

ピュビケアオーガニック|フェミニン シフォンソープ

ピュビケアオーガニック|フェミニン シフォンソープ

(左から)ジャスミン&ネロリ/ローズ&イランイラン/ビターオレンジ&レモン 各220ml

【洗う】デリケートゾーンのpH値に合わせた弱酸性のフォーミングソープ。低刺激の洗浄成分で優しく洗いながら、細かいところまでしっかり汚れを落とし、清潔に保ちます。

ピュビケアオーガニック|マッサージ ミルク

ピュビケアオーガニック|マッサージ ミルク

■125ml

【保湿&マッサージ】ビタミン・ミネラルの豊富なハチミツエキス配合。しっとり保湿しながら、ハリのあるふんわり肌に。

「トレスマリア」シリーズ

「トレスマリア」シリーズ

(左)トレスマリア ソープ 180g
【洗う】泡立たないジェルタイプの弱酸性ソープ。におい、ムレやかゆみのもととなる汚れや古い角質を穏やかに取り除き、滑らかな肌に整えます。

(右)トレスマリア ミルク 100ml
【保湿】弱酸性・ 低刺激・無添加の保湿ミルク。黒ずみの元となる摩擦を防ぎながら、乾きや乾燥によるかゆみのないふっくら柔らかい肌に導きます。

(中)トレスマリア ミラー
お手入れの第一歩は、自分の“目”でデリケートゾーンを見て知ること。ケアをしながら、日々の変化を確かめましょう。

自分のアソコ見たことある? デリケートゾーンのケアを詳しく!

インティメール|バーシングオイル

インティメール|バーシングオイル

■30ml

【マッサージ】植物療法士:森田敦子さんが開発。セルフマッサージしながらお肌を整え、うるおいを与えるオイルです。

【デリゾの正しいお手入れ】女性の体の中でいちばん大切な場所はアソコ=膣まわり!

おすすめソープ3選

おすすめソープ3選

(左)石澤研究所|アルジタル デリケートハイジーンソープ 250ml
保湿成分をたっぷり含んだグリーンクレイ配合。肌本来がもつ自浄作用を守りながら、においやトラブルの原因を優しく洗い上げます。柔らかな泡がかゆみ・かぶれの原因となるかさつきを防いで、肌のうるおいをキープ。

(左から2番目)BCL|ウーマンエッセンシャルズ ジェルウォッシュ 200ml
全身にも使えるデリケートゾーンソープ。植物由来の洗浄成分で、肌の潤いを奪わずにやさしく汚れを落とします。

(右)おもちゃ箱|ビオトゥルム フェミニンウォッシュジェル 250ml
天然の乳酸がデリケートゾーンをすこやかな状態に整えながらやさしく洗いあげ、刺激を受けやすい肌をすこやかに保ちます。

アンティームオーガニック|アンティーム ローズ ローション

インティメール|アンティーム ローズ ローション

(左から2番目)100ml

潤いを与えるデリケートゾーン用保湿・潤滑ジェルローション。ローズの香りのとろみのあるテクスチャーが、肌をぷるぷるに保ちます。

気になる!【デリゾケア】あそこを洗う&潤す優秀アイテム


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.24

編集部のおすすめ Recommended

Feature