Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 人を好きになる瞬間って?【100人に聞いた】恋愛成就させるための行動も

LOVE

2022.09.13

人を好きになる瞬間って?【100人に聞いた】恋愛成就させるための行動も

あなたは、どんなときに人を好きになったことを実感しますか? 自覚したタイミングやきっかけなどは人ぞれぞれだと思いますが、パッと思いつかず「気付いたら…」なんて意見が多いのも実際のところ。今回は、人を好きになる瞬間や男女の恋するメカニズムの違いについて調査してみました。

相手を好きになった瞬間を自覚している人はどれくらい?

相手を好きになった瞬間を自覚している人はどれくらい?/円グラフ

※アンケート20〜39歳の日本全国の女性を対象にOggi編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

20〜30代の女性100人に相手を好きになる瞬間は自覚している? と質問したところ、はい… 29.8%/いいえ… 71.2%との回答結果に。

「はい」と回答した女性は全体の約3割。意外と自身が恋に落ちる瞬間に気付かず、いつの間にか好きになっていることも多いのかもしれません。

女性が男性を「好きになる瞬間」の出来事とは?

テーブルに座る男女
(c)Shutterstock.com

人を好きになる際に、女性心理と男性心理では少し違いがあるようです。もしかしたら、その性別特有の特徴があるのかもしれませんね。まずは女性が男性を「好きになる瞬間」について。実際どのような考え方の違いがあるのか、アンケート結果を確認してみましょう。

【1】第一印象に好感をもったとき

相手を好きになるかどうかの判断は、第一印象で決まることも多いですよね。女性は第一印象で「この人を恋人として見られるか」を判断する傾向があるようです。

特に男性の清潔感を厳しくチェックしている傾向が。眉毛やヒゲ、爪の手入れなどは、人に見られていい最低限の配慮が必要だと感じている女性も多い様子。

「顔」(20代・兵庫県)
「清潔感」(20代・千葉県)
「第一印象」(30代・岐阜県)
「顔が好み」(20代・山形県)

【2】態度から好意を感じたとき

一般的に女性は、追いかけるよりも追われる恋に憧れを抱いている人も多いもの。そのため自分に特別優しくしてくれる男性を意識してしまうことも多いようです。

最初はタイプでなくても、優しさの積み重ねが「私、彼のこと好きかも…」という気持ちに繋がっていくのかもしれませんね。

「私に全力の好意を、発言や態度で示してくれた時」(20代・大阪府)
「優しくしてくれたり大切な扱いをされた時」(20代・愛知県)
「特別扱いされた時」(20代・東京都)
「自分にだけ親切にしてくれるとき」(20代・東京都)

【3】気付いたら考えているとき

ひとりでいるふとした無意識の瞬間に相手のことを思い出したり、気付いたら目で追っていることが多くなってきたら、相手を気になっていると自覚できてくるのでは?

楽しいことや嬉しいことがあったときに「近くにあの人がいたらいいな」「同じ楽しみを味わいたいな」などと感じるようになれば、恋が始まっている証拠かも。

「もっと話したい、一緒にいたいと思うことが増えた時」(30代・東京都)
「気付いたら相手の為に頑張っていたとき」(30代・沖縄県)
「自然と目で追っていた時」(20代・宮城県)
「普段あまり意識していなかった時に、『ドキっ』とすることがある。気になっている」(30代・新潟県)

【4】ふとした仕草にきゅんとするとき

何気ない日常のワンシーンに、普段見ることのできないクールな表情や愛らしい表情が見つかるかもしれません。

たとえば、車を運転している横顔や、ご飯を美味しそうに食べる表情など。心にグッとくるタイミングは意外と近くに転がっているものですね。

「笑顔が素敵だった時」(30代・新潟県)
「あるとき急に尊敬できて、優しいなと感じた」(20代・大阪府)
「彼の後ろ姿がカッコいいと思った時」(30代・群馬県)
「横顔見ていると落ち着く」(30代・滋賀県)

【5】スキンシップが嬉しいとき

好意がない人からのスキンシップは嫌悪感を感じるもの。不快感を感じない場合は、相手のことを恋愛対象として受け入れているのでしょう。

王道の頭ぽんぽんや、肩や腕へのさりげないタッチに自然と喜びを感じるようならば、心が好きだと認識しているのかも。

「女性として見られていると感じるボディタッチ」(30代・東京都)
「くっついたとき」(20代・千葉県)
「体の相性が良かった時」(30代・愛知県)

▼あわせて読みたい
「好き」ってなんだっけ? 相手を好きになるきっかけや好きになったらするべき行動

男性が女性を「好きになる瞬間」の出来事とは?

野原に座って話しているん男女
(c)Shutterstock.com

女性が男性を「好きになる瞬間」が分かったところで、続いては男性が女性を「好きになる瞬間」について、男性側の意見を確認してみましょう。どんな女性に対して恋愛感情を感じやすく、胸きゅんするのか、タイミングやポイントが気になるところですね。

【1】見た目がタイプだったとき

女性が第一印象で恋愛対象を決めるように、男性も自分好みの女性がいれば、気になる存在としてインプットされるのは当たり前。

特に男性は視覚で得た情報を頼りに判断する傾向があり、容姿に対して理想が高い場合も。顔やスタイル、雰囲気など、人それぞれの判断基準があるはずです。

「外見が好み」(20代・東京都)
「見た目が好み、一目惚れ」(30代・神奈川県)
「見た目が綺麗だったから」(30代・京都府)
「顔が好みなのと、そこそこ話が合いそうだったら」(30代・北海道)

【2】女性らしさを感じたとき

男性が、本能的にか弱い女性を守りたくなったり、大人の魅力を持つ女性の色っぽさにドキッとしてしまうのは、女性らしさに惹かれているから。

雰囲気や肉体の柔らかさだったり、母性本能のような包み込まれる優しさは、女性ならではと言っても過言ではありませんよね。

「守りたいと思ったとき」(30代・北海道)
「庇護欲がくすぐられる時」(30代・東京都)
「色っぽい仕草」(30代・東京都)
「健気な様子を見た時」(20代・宮城県)

【3】楽しそうな笑顔を見たとき

笑顔の女性を不快に感じる人はいないはず。女性の笑顔は、男性をときめかせる武器にもなるのですね。

何かを一緒に楽しんでいる姿や自分の話で盛り上がっている姿など、無邪気で自然な笑顔に元気をもらえるという男性も多いでしょう。

「話を笑顔で聞いてくれるとき」(20代・東京都)
「楽しい時や笑顔の時などポジティブな時」(20代・新潟県)
「笑顔が素敵」(30代・新潟県)
「楽しそうなに仕事をしている姿を見たり、ステキな笑顔を自分だけに見せてくれたりしたとき」(30代・千葉県)

【4】居心地がいいと感じたとき

空気が読め、気配りができる女性といる時間は居心地が良く、男性目線からすると「この人とずっと一緒にいたいな」と将来を考えるきっかけにもなるよう。

波長が合う相手に出会うのは難しいかもしれませんが、周りに対して優しい言葉をかけたりというのは誰でも意識できますよね。

「一緒に過ごしたいと思うとき。男性が褒められた時や優しくされたとき。笑顔を向けられた時」(30代・東京都)
「話が合うので長くいたいと思った」(30代・新潟県)
「楽しそうに話を聞いてくれる時」(30代・静岡県)
「親身になってくれる」(30代・北海道)

【5】普段とのギャップをみたとき

男性は女性のギャップに弱いとも言われています。

たとえば、普段はマイペースでおっとりした雰囲気の女性なのに、大事な仕事はビシッと決めたり。または、いつもはクールな女性が飲み会の席で少し開放的になっていたりなど。

想像していなかった印象が強いと心に残りやすくなります。そこから意識するようになるケースもあるようです。

「ギャップを感じたとき」(30代・神奈川県)
「普段見せない一面を見てキュンとなるとき」(20代・福岡県)
「本音を言ってくれるとき。飾らない自分を見せてくれるとき」(30代・愛知県)
「甘えられる時。ギャップにキュンとしたとき」(30代・奈良県)

【6】自分だけの特別を感じたとき

相手を特別視するということは「気がある」ことを知らせるサインでもあります。

男性もそれを理解しているので、マメに連絡をしてくれたり、誕生日を覚えていてプレゼントをくれたりなど、自分だけにしか見せない優しさを感じたときに恋愛スイッチが入るのです。

大切にしてもらった人にはお返しがしたいという気持ちから、ふたりの仲が急接近することも。

「自分にしか見せない姿を見せてくれたとき」(30代・沖縄県)
「自分にだけ優しい」(30代・茨城県)
「自分に好意があると思った時」(20代・東京都)
「自分のことが好きなのではないかと感じた時」(20代・山形県)

「好きになる瞬間」を迎えたらすべき行動は?

椅子に座っている男女の背中
(c)Shutterstock.com

自分の「好き」な気持ちがわかったら、その気持ちをそのままにしておくわけにはいきませんよね。では、どんなモチベーションで恋愛に向き合うべきか、どんなアクションが必要なのかを確認してみましょう。

【1】自分からアクションを起こす

人を好きになったとき、相手にも好きになってもらうためには自分からアクションを起こす必要があります。

たとえば目が合ったら微笑む、「○○君といると楽しい」と言う、など、はっきりと「好き」と言わなくても「好き」を表現することが大切

人は「あの人は自分のことが好きかも?」と思った時に急に相手のことが気になってきて、それを愛情だと錯覚します。

心理学用語では「好意の返報性」といい、好意を返そうという本能が働くのです。それゆえ相手から好きの波動を受け取ることで、気づいたら自分も好きになっていた… ということはよくあることなのですね。

ただし「好き」の表現が強すぎたり重すぎたりすると、相手から逃げられてしまうこともあるので、あくまで「さりげなく」ということを心がけて。

【2】告白はシンプルに

告白は、シンプルでわかりやすい素直なものが◎。

「シンプルに好きです」(30代・福島県)
「ずっと好きだった」(20代・東京都)
「好き」(30代・島根県)
「好きだよ」(30代・新潟県)
「好きです」(30代・茨城県)
「好きになりました」(30代・東京都)

こういった短文かつシンプルな告白が嬉しいと感じる人は多いよう。

駆け引きや軽いノリ、上から目線、熱くなりすぎる、ポエムのような言葉… さらには電話やLINEなどでの告白はマイナスな印象になりがちなので、注意しましょう。

【3】恋愛に対する気持ちを変える

人を好きになっていざ相手への告白。「振られたらどうしよう…」そう思うと、なかなか一歩が踏み出せないですよね。

そこで、この記事ではMAROさん著『人生に悩んだから「聖書」に相談してみた』より、恋愛に対するマインドを紹介。

「『フラれるなら告白なんてしなければよかった』なんて思っちゃいけません。スポーツの試合で負けたときに『負けるなら試合なんてしなければよかった』なんて思う人はいませんよね。恋は叶わなかったかもしれませんが、あなたは試合の場に立ったんです。

スポーツの試合と恋愛の違うところは、試合は『負け数』もカウントされますが、恋愛の『負け数』はカウントされないということです。何回フラれたって、いつか1回OKをもらえればそれで『勝ち』です。

初回の告白なんて『試合開始の宣言』とか、野球で言うなら『1回表の攻撃』くらいに思っていればいいんです。1回表に点を取れなかっただけで『あぁ、もう負けだ』なんて思う選手はいませんよね」(MAROさん)

▼あわせて読みたい
「好き」ってなんだっけ? 相手を好きになるきっかけや好きになったらするべき行動

最後に

「これって恋なのかわからない」と感じる場合は、落ち着いた気持ちで自身の本心に問いかけてみましょう

たとえば、気になる男性が他の女の子と仲良くしていたらどう感じるか、1日の中でその男性を考える時間がどれくらいあるかなど、自分の中で相手がどれだけ大きな存在になっているかを確かめると判断しやすいでしょう。

決して急ぐ必要はないので、ゆっくり自分の気持ちと向き合って、本当の「好き」を実感していくのが賢明です。

男女で好きになるポイントも違ってくるので、それぞれが恋に落ちていくメカニズムを知識として蓄えておくと、今後の恋愛に活かせそうですね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

関連記事


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.09.26

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature