Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 【100人に聞いた】恋愛がめんどくさいと感じる女性の特徴&恋愛ズボラから脱出する方法は?

LOVE

2022.06.04

【100人に聞いた】恋愛がめんどくさいと感じる女性の特徴&恋愛ズボラから脱出する方法は?

学生の頃は恋愛に対して積極的だったのに、大人になるにつれて恋愛にめんどくさいという感情を抱いてしまう傾向があるようです。なぜめんどくさいという感情が芽生えてしまうのか、根本的な原因な原因を追究すべく、アンケートをとってみました。恋愛がめんどくさいと思う人の特徴&そんな状況から抜け出すための方法をまとめてみました。

【目次】
【質問】恋愛がめんどくさいと思った経験は?
【体験談】恋愛がめんどくさいなと思うときとは?
恋愛がめんどくさいと思ってしまう人の特徴
恋愛がめんどくさい状況から抜け出すための方法
最後に

【質問】恋愛がめんどくさいと思った経験は?

※アンケート20〜39歳の日本全国の女性を対象にOggi編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

20~30代の女性100人に恋愛がめんどくさいと思った経験はありますか? と聞いたところ、はい… 73%いいえ… 28%という結果でした。

全体の7割以上の方が恋愛について多く悩み、さまざまな問題にぶつかっているようです。人を好きになるととても幸せな気持ちになれるはずなのに、なぜめんどくさいという気持ちが生まれてしまうのでしょう。

【体験談】恋愛がめんどくさいなと思うときとは?

(c)Shutterstock.com

大人になるほど経験も増えて、恋愛のよい部分よりも悪い部分に目がいってしまうこともしばしば。恋愛がめんどくさいと感じるシチュエーションは一体どんなときなのか、チェックしてみましょう。

【1】常にいつでも思っている

恋愛は、肉体的にも精神的にもエネルギーを使うものなので、めんどくさいことが多くて当たり前! そのめんどくささを経験することによって恋愛経験値がグンと上がり、そのうちいつものことか… と慣れてしまうのかもしれません。

単に好きな人がいるだけの片思いの場合は、一方的な気持ちだけなのでめんどくさい気持ちはないのですが、男女として恋愛に発展するようになってくるとお互いの思考がぶつかり合うので、負担だと感じることが多いのでしょう。

「疲れる」(30代・神奈川県)
「恋愛が自分の負担になったとき」(20代・東京都)
「付き合うまでが面倒」(30代・佐賀県)
「気を使わず自由でいたい」(20代・東京都)
「常にめんどくさい」(20代・長野県)
「駆け引きをわざわざしてくるのがめんどくさい」(30代・栃木県)

【2】相手の気持ちに振り回されるとき

頼ってくれるのは嬉しいけど、なんでもかんでもワガママを言ってくるのにはさすがに別問題。よかれと思ってしてあげたことが、いつの間にか振り回される形になってる… なんてこともあるかと思います。

言葉選びを大切にしつつ、時には相手からの頼みを断ってもOK! 相手の気持ちを優先しすぎずに、自分の主張も大切にして、お互いが心開ける関係でいられることが大切です。

「相手が何を考えているかわからないから疲れる」(30代・北海道)
「凄く気を使わないといけない人だった」(20代・岐阜県)
「相手が何を考えてるか分からない」(30代・東京都)
「相手に振り回される時」(30代・埼玉県)
「相手の感情や思っていることがわからなくなる」(20代・東京都)

【3】情緒不安定になってしまうとき

相手のちょっとした言動が気になって悩んでしまったり、本当に愛されているのか不安になってしまったりという女性は多いですよね。相手の気持ちが目に見えない分、勝手な被害妄想なだけで実際は勘違いの可能性もあります。

そんなときは、感情のまま行動しないことが大切。相手を問い詰めたり、自分自身を責めても何の解決もしません。何が不安なのか、どうなると解決するのかを冷静に考え直し、喧嘩に発展しないような伝え方でアクションを起こしてみましょう。

「ネガティブな感情」(20代・京都府)
「相手の言葉に一喜一憂する」(20代・東京都)
「自分が情緒不安定になっているとき」(20代・東京都)
「感情が揺さぶられる」(30代・千葉県)
「好きって気持ちがでてこなくなってよくわからないと思ってしまった」(30代・愛知県)
「長く交際できるか不安な気持ちが付きまとう」(30代・宮城県)

【4】別れを考えるとき

お互い惹かれ合い交際を始めたものの、別れるときはどちらかが別れを切り出すため、ややこしくめんどうなことになってしまうことが多いと思います。気持ちが離れた途端に、話し合いをする気も起きない、好きではなくなった相手の責任を取りたくない等、相手との距離を持つ方もいますが、大袈裟に避けたり冷たくするのはNGです。

自分から一方的に別れを告げることはリスクが高いため、話し合いをして、今後のふたりのために円満な別れを選択できれば理想的◎!

「同棲解消する時とか」(20代・城県)
「別れる時」(30代・愛知県)
「別れ話で揉めた時」(20代・千葉県)
「別れ話がうまくいかない時」(20代・新潟県)

【5】相手に気を使って疲れるとき

親しき中にも礼儀ありという言葉の通り、人間関係はそれなりの思いやりや配慮も必要です。ただ、相手に気を使い過ぎてしまい自分の本音を伝えられないと、深い関係にはなれずに都合のいい人で終わってしまうかも。

相手に嫌われたくないという思いも理解できますが、気を使いすぎているあなたを愛してくれても、それは本当のあなたではないのです。ありのままの自分を愛してくれた方が嬉しいですね。普段の自分に自信を持って、大切にしてあげましょう。

「相手の都合を考えないといけない」(20代・愛媛県)
「恋愛によって作業が妨げられた時」(20代・埼玉県)
「相手の予定などを確認し、相手に合わせた行動をとること」(30代・神奈川県)
「自分より相手に合わせ過ぎているとき」(30代・東京都)
「相手の機嫌をとる」(30代・兵庫県)
「連絡したり会ったりするのがめんどくさい」(30代・静岡県)

【6】嫉妬・束縛をされるとき

露出の多い服は控えろ! 男の連絡先は全部消せ! など嫉妬や束縛が多い男性もいますよね。はじめは愛されているかもと少し嬉しい気持ちになるかもしれませんが、毎日続くとなるとストレスになり兼ねません。

もしかしたら、彼は自分に自信がないのかもしれません。自分に対するコンプレックスを持っているのか、輝くあなたに嫉妬や羨ましい気持ちがあるのでしょう。言われた通りに従うと、どんどん要求がヒートアップしていく可能性があります。そんなときは、嫉妬や束縛が苦痛だということを正直に伝えて、彼に理解してもらうしかありません。

「嫉妬や束縛が強すぎるとき」(30代・東京都)
「彼氏からの束縛が激しい」(20代・静岡県)
「束縛されたとき」(30代・大阪府)
「恋人に嫉妬されるとき」(30代・和歌山県)
「ヤキモチが酷い」(30代・東京都)

【7】デートが義務だと思ったとき

ふたりで楽しい時間を過ごすはずのデートに、マンネリや義務感を感じてきたら要注意! 最初は同じ空間で一緒にいられるならそれでいい… と思っていても、毎回同じ場所や同じ内容のデートだと飽きてしまいますよね。

また、外出にはお金がかかる! という金銭的な問題や、少ししか会えないなら家でゆっくりしたい! という、時間的な問題など不満もあるかもしれません。

今後も彼とうまくやっていきたいようならば、お互いどんなデートを希望していて、どんな時間を過ごしたいか話し合いの時間を設けてみましょう。行ったことのない場所やしたことのない体験で、新鮮な気持ちを取り戻してみるのも◎!

「デートが楽しみではなく、億劫だと思ったとき」(30代・長崎県)
「会うのが義務になってしまう」(30代・神奈川県)
「出不精なのでデートが面倒くさい」(20代・兵庫県)
「デートの繰り返し」(20代・兵庫県)
「時間が拘束される」(30代・愛知県)
「時間を合わせないといけない」(30代・大阪府)

恋愛がめんどくさいと思ってしまう人の特徴

(c)Shutterstock.com

一度恋愛に対してめんどくさいイメージを持ってしまうと、気持ち的にどんどんマイナスな思考になってしまうかも。なぜ、恋愛がめんどくさいと思ってしまうのでしょうか。特徴や心理を確認してみましょう。

【1】ひとりでいる気楽さを知っている

ひとりの時間に慣れてしまうと、恋人と長時間一緒に過ごすことに疲れてしまいます。気を使ったり、自分のペースを乱されることもあるので、思い通りにならないことも多く、恋愛をお休みしたいという気持ちになると思います。

そんな人は、熱中できる趣味を持っていたり、ひとりの時間が苦ではないと感じるタイプの恋人を見付けてみてはどうでしょうか? 重荷となる縛りもなく、自然体の自分でいられることができて、お互いWinWinですね。

【2】無駄な悩みごとはしたくない

仕事も趣味も充実しているタイミングで、恋愛でめんどうなことが起きるとストレスを感じてしまいますよね。このタイプの方は、自分の好きなことにありったけの時間を使いたいので、恋愛で悩む時間を無駄だと思っているのです。

解決するために、パートナーを虜にして自分にありったけの時間を使って貰うなどの逆転の発想もアリ! また、常日頃から大きな喧嘩を起こさないように、しっかりコミュニケーションを取るよう心掛けることも大事な考えです。

【3】過去につらい恋愛をしている

過去の恋愛でつらい経験をしていると、恋愛に対して消極的になってしまっていることが多いです。二度と同じことを繰り返したくないので、警戒心が強くなり、事前に恋愛をしないという予防線を張っているのでしょう。

そんな相手には、こちらからトラウマを払拭できるようなアクションを起こしてあげることが大切。恋愛に失敗してる経験から、自分に自信がなくなってしまっている可能性があるので、共通の話題を気軽に話せるような、フレンドリーな雰囲気を作ってあげると効果的。

【4】1から関係を築いていくのが億劫

恋愛をする上では、出会う→お互いを知る→好きになり気持ちを伝える→交際を始める→デートをする、など関係を築いていくための工程があります。時間を掛けて恋愛に発展させようとしても、駆け引きにめんどくくさを感じたり、ときには上手くいかないこともあるので時間を掛けてきたことに後悔も。

新しい恋愛を始める原動力となる前向きな気持ちや頑張る理由がないのなら、無理して恋愛をする必要はないのです。自分のタイミングで恋愛がしたいと思ったら、積極的に動き始めてみましょう。

恋愛がめんどくさい状況から抜け出すための方法

(c)Shutterstock.com

恋愛に興味はあるけど、なかなかやる気が起きない… その思考が、恋愛はめんどくさいというという気持ちにさせ、幸せな未来を遠ざけてしまっているのかもしれません。ここでは、恋愛に対してめんどくさいと思う状況から抜け出す方法を紹介します。

【1】自分に合った人と付き合う

自分の相性に合った人と付き合うことで、幸せな交際ができる可能性が広がります。性格や価値観が似ている、金銭感覚が近い、一緒にいる時間が心地よいなど、人によってさまざまな特徴があります。

また、お互いが尊敬し合える関係だと、信頼度が高いので、大きな困難が訪れてもふたりで乗り越えられるでしょう。

「めんどうくさいと思わない人に出会う」(20代・東京都)
「自分に合う相手を探す。自分磨きをする」(30代・東京都)
「本当に気が合う人を探すしかない」(20代・兵庫県)
「相手の方と人として合うかどうか。空気のように一緒にいられるようになる」(30代・京都府)

【2】恋愛に依存しすぎない

一途と依存は似ているようで、全然違うもの。相手を大切に想うよりも、独りよがりに愛情を押し付けていたり、自分の不安を解消したいだけという心持ちが強いように思えます。

また、相手に嫌われることを恐れて、自分を犠牲にしたり思ったことが言えない場合も多いので、お互いの本心が分からぬまま一緒にいるだけの関係になっているかも…。

依存先が恋人だけになっているので、夢中になれる趣味を作ったり、交友関係を広げてみるなど依存しすぎないための対策を練っておきましょう。

「あまり恋愛に肩入れしない」(30代・福岡県)
「自分の時間を大切にする」(30代・神奈川県)
「相手に依存しない。適度な距離を保つ」(30代・愛知県)
「恋愛のことで悩んだり悲しまないように、意識を別のところへ向けられるように物理的に忙しい状況を作る」(30代・長野県)

【3】異性と関わる時間を増やす

まずは異性とのコミュニケーションを増やして、恋愛に対してめんどくさいという気持ちを軽減するところから始めてみましょう。街コンや合コンだと恋愛意識が高すぎてハードルが高いという人は、友人の紹介で一緒に遊んでみたり、会社で異性との会話を楽しんあだりするくらいなら、そこまで難しくないはず。

趣味や習い事など、お互いの共通点から会話を盛り上げていくのも◎! 新しい出会いがあると恋愛観も少し変わってきます。

「異性と遊んでみる」(30代・三重県)
「異性と話す、そして話した異性のいいところを3つ見つける」(30代・北海道)
「相手を変える」(20代・千葉県)
「新しい人を見つける」(30代・神奈川県)
「出会いを求める。初対面の異性の方に会う」(20代・愛知県)

【4】交際相手と本音で話し合う

喧嘩になることや話し合いをする時間を避けて通っていると、お互いの気持ちが見えないので、すれ違いが生じて恋愛が余計にめんどうだと感じることも。お互い100%の希望は叶えられませんが、叶えられるところまで譲歩し合い、寄り添い合いながらも本音で話し合うことがポイントです。

包み隠さず気持ちを伝え合うことで、今まで気付かなかった相手の気持ちに気付くことができたり、言えずにモヤモヤしていた気持ちもすっきりしたりします。今とは違う、新たな一歩を踏み出してみましょう。

「相手と向き合う。話し合いを避けない」(20代・茨城県)
「腹を割って色々話す」(30代・東京都)
「包み隠さず自分を知ってもらう。相手を知っていくこと」(30代・栃木県)
「できるだけ相手と会話すること」(20代・千葉県)
「何を考えているか相手に直接聞いてみる」(30代・北海道)

【5】その相手と付き合い続けるか考え直す

パートナーがいるのに、恋愛に対して煩わしい気持ちになってしまっている場合の原因はふたつ。ひとつは、一緒にいる時間が長いためマンネリ化してしまっている。もうひとつはパートナーに対しての不満が解消できていないということです。

自分にとってその相手といる時間が本当に実りのあるものなのか、このまま交際を続けることは正しいことなのか、考えてみることも大切でしょう。ただ、恋愛はすべてが自分の思い通りにはいかないものなので、妥協できる部分はある程度の我慢も必要です。

「恋愛のメリットを考える」(20代・愛媛県)
「自分の許せる範囲のモヤモヤなら我慢する」(30代・東京都)
「心に余裕を持たせて考えてみる」(30代・静岡県)
「精神が安定した人を探す」(20代・東京都)

【6】恋愛についての知識を増やす

恋愛経験が少ないと、最初から苦手意識を持ってしまうことも。正解がない分、誰かに教えてもらうことも難しいので、恋愛漫画や映画、ドラマなどで恋愛の流れに馴染みを持っておくと◎!

ただし、過剰に表現されている箇所もあるので、現実的に考えて引かれない行為か線引きをすることを忘れないように!

「少女漫画を読みまくって、恋愛脳になる」(30代・埼玉県)
「恋愛漫画や恋愛ドラマを見てまず想像してみる」(30代・大阪府)
「友達カップルを見たり、恋愛映画を見る」(20代・京都府)

【7】それが恋愛だと割り切る

最初から恋愛はめんどくさいものと割り切って考えておくと、期待値も下がり気持ちも楽になります。ふたりで1つ1つの困難を乗り越えることも醍醐味のひとつなので、素直に受け入れましょう。

フラットな気持ちで恋愛することで、精神面も安定し、自分らしく人を愛せるかもしれません。

「楽しみながら生活する」(30代・愛媛県)
「全てのことにおいて、興味を持って生活する」(30代・埼玉県)
「必要なものだと割り切る」(30代・埼玉県)
「めんどくささを楽しむように努力する」(30代・静岡県)

最後に

恋愛がめんどくさいと感じるのは、自分の自由がなくなって、気持ちが上手く伝わらずに分かり合えないから。そのせいで気持ちに余裕がなくなると、現実逃避したくなって、恋愛から目を背けたくなってしまいますよね。

コミュニケーションが極端に少ない場合は、誤解や勘違いも多く、自分自身がめんどくさい原因を作っている場合もあるかもしれません。恋愛=めんどくさいという思考を捨てるために、モヤモヤしている原因をしっかり突き止めて解決できるように、前向きな話し合いをしてください。

素の自分で、心から笑顔になれる前向きな恋愛ができますよう、応援しています。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.06.30

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature