ベースメイクの基本手順! あなたの順番大丈夫? 崩れにくい肌を作るテクニックも伝授 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. メイクアップ
  4. ベースメイク
  5. ベースメイクの基本手順! あなたの順番大丈夫? 崩れにくい肌を作るテクニックも伝授

BEAUTY

2021.10.13

ベースメイクの基本手順! あなたの順番大丈夫? 崩れにくい肌を作るテクニックも伝授

朝頑張ってメイクしたのに、時間が経つと顔がべったり…。特に暑い夏は皮脂だけでなく汗もかくので厄介ですよね。そこで今回は基本のメースメイクの手順と、崩れにくい肌を作るベースメイクテクニックについて解説しました。崩れにくいベースメイクに便利な優秀コスメも紹介していきます。

【目次】
ベースメイクが重要な理由とは
ベースメイクの基本手順をおさらい
脂性肌さんが試したい崩れないベースメイクの作り方
おすすめのベースメイクアイテムもチェック

ベースメイクが重要な理由とは

1. 肌を守るため

ベースメイクをする理由の1つは、「肌を守る」ためだと言われています。肌は常に紫外線やホコリ、花粉などの外的ダメージにさらされています。ノーメイクではとても無防備な状態なので、こういった外的ダメージを受けやすくなってしまうのだそう。ダメージを受けてしまうと、肌はハリが低下したり、シミやシワができてしまうことも。そのためにも肌は、化粧下地や日焼け止めをしっかり使うことが重要なのだそうです。

2. 化粧くずれを防ぐため

もう1つは「化粧くずれを防ぐ」ためだと言われています。もし直接ファンデーションを肌にのせてしまうと、毛穴やシミなど、肌の色ムラを完全にカバーできないだけでなく、メイクがうまく肌にのらず、時間が経つと崩れてきてしまうことに。そういったことを防ぎメイクしたての肌をキープするためには、ベースメイクが非常に大切だと言われているのです。

ベースメイクの基本手順をおさらい

ベースメイクはスキンケアからはじまっている

一日中メイクを崩さないためには、まず土台となる肌をつくり込むことが重要。スキンケアをしっかりおこない、一日中ハリのある肌をキープしましょう。

\How to/

1. 化粧水は2度づけする

ベースメイクはスキンケアからはじまっている

洗顔後、化粧水は浴びるように2度つけし、しっかりと保湿しましょう。コットンに化粧水をしみ込ませてパックにするのも効果的です。肌になじんだら美容液や乳液でさらに肌を整えて。

2. クリームとオイルで潤いとツヤをプラス

ベースメイクはスキンケアからはじまっている

美容液や乳液がなじんだら、パール粒より少し大きめのクリームにオイルを3滴プラスして肌にのせます。肌の油分が多いと感じたら、オイルは1滴にしてもOK。手の上にのせて、体温でなじませながら混ぜるのがポイントです。

3. 血行を良くするためにマッサージをおこなう

ベースメイクはスキンケアからはじまっている

顔全体をマッサージすることで、シワやたるみを目立たなくさせ、ファンデーションのムラやたまりを回避してくれます。さらに血行が良くなると、肌がやわらかくなり、クリームなどの浸透も促してくれます。

4. 油分をティッシュでオフ

ベースメイクはスキンケアからはじまっている

マッサージのあと、肌にティッシュを優しくのせてアゴや小鼻などのテカリが出やすい部分を軽く抑えましょう。こするなどして強い摩擦を与えると、肌が乾燥する原因になるので注意して。

5. 5分間放置する

たっぷりと化粧水やクリームをつけても、肌になじまないと成分が分離してメイクが浮いてしまう原因に。いきなりメイクをはじめるのではなく、スキンケア後は5分間放置して浸透させるのがGood!

夜がっかりしないために…【朝】のケアとベースが大事なんです!

日焼け止めや下地は必須

スキンケアが終わったら、次は日焼け止めや下地を肌にON。下地は毛穴を埋めて皮脂対策をしてくれたり、ファンデーションの厚塗りを防止してくれたりします。日焼け止めと下地が一緒になっているアイテムを使うのもおすすめです。

\How to/

1. 下地を手の甲に出す

日焼け止めや下地は必須

下地を手の甲に1.5cm程度出します。指に取り、両頬にスキンケアを塗る感覚でムラなくなじませましょう。

2. 生え際をぼかしこむ

日焼け止めや下地は必須

額の内側から生え際に向け、薄くなじませましょう。生え際をきちんとぼかし込むことで浮きを防止できます。

3. ヨレをならす

日焼け止めや下地は必須

手のひらで首との境目をぼかし、指のはらで目の周りを軽くなでてヨレをならしましょう。顔全体に塗った後、気になる毛穴部分は、指でくるくると円を描くようになじませてみて。毛穴の凹凸に下地が密着するので、毛穴カバー&くずれ防止に効果的です。

崩れにくいベースメイクの極意は下地の塗り方にあり! 若月佑美さんとトライ♡

ファンデーションを丁寧に塗る

次にファンデーションを丁寧に肌にのせていきます。リキッドとパウダーでは塗り方が異なるので、使用しているアイテムに合わせて塗り方をマスターしていきましょう。

リキッドファンデーションの場合

\How to/

1. 頬の高い位置から斜め上に1スライドさせる

ファンデーションを丁寧に塗る

ブラシの先にファンデーションをのせたら、頬の高い位置から斜め上に1スライドさせて塗布します。

2. 気になるところをカバーしていく

ファンデーションを丁寧に塗る

次にスタンプのようにタッピングしながら、カバーしたいところまでファンデーションを伸ばしていきます。フェイスラインまで塗ると厚塗り感が出てしまうので気を付けて!

たった5分で2割サイズ減!? 立体小顔になれる【ベースメイク】|小田切ヒロさん

パウダーファンデーションの場合

\How to/

1. 頬の内側から外側へとファンデーションを伸ばす

ファンデーションを丁寧に塗る

スポンジ半分にファンデーションを取り、頬の内側から外側へと伸ばします。残ったものは額の半分へ。同様に反対側もファンデーションを伸ばしていきます。

2. 小鼻も薄くカバーする

ファンデーションを丁寧に塗る

スポンジの角に少しファンデーションを足し、小鼻や目元、口元などの細かい部分にも薄く塗っていきましょう。

知らなかったじゃ済まされない【パウダーファンデ】の正しい塗り方

コンシーラーはファンデーションのタイプで順番が変わる

コンシーラーは肌の気になるムラを目立たなくしてくれる優秀なアイテム。リキッドファンデーションの場合はファンデーション後に、パウダーファンデーションの場合はファンデーションの前に塗るのが一般的です。使用するファンデーションによって塗る順番が前後するので、持っているアイテムに合わせて使用順序を変えてみましょう。

\How to/

1. 綿棒にとってピンポイントに塗る

コンシーラーはファンデーションのタイプで順番が変わる

コンシーラーを塗るときは、綿棒にとってピンポイントに付けていくのがポイントです。指ではなく綿棒を使うことで、肌にしっかり密着します。

2. スポンジで垂直に押さえる

コンシーラーはファンデーションのタイプで順番が変わる

コンシーラーをのせたところをスポンジで垂直に押さえます。このひと手間が、肌と一体化したよりキレイな仕上がりを実現。こすらずに優しく押さえるのがポイントです。

コンシーラーを使うと逆に目立つ?【オフィシャル肌】そうならない方法&アイテム選びは…

最後はフェイスパウダーで仕上げる

ベースメイクの最後はフェイスパウダーでフィニッシュ! フェイスパウダーは毛穴や小ジワ、キメをカバーしてくれる上、ベースメイクを崩れにくくしてくれる優れものなので、ぜひ使用しましょう。

\How to/

1. ブラシでTゾーンにパウダーをのせる

ブラシを使って、フェイスパウダーをTゾーンにのせます。

2. 目のまわり、小鼻、あごにもなじませる

目まわりや小鼻、あごにもパウダーをのせます。ブラシで軽くひとはけし、なめらかに仕上げるのがポイント!

夕方のくま・毛穴の開きetc.【肌の悩み別】対処法|小田切ヒロさん

脂性肌さんが試したい崩れないベースメイクの作り方

崩れに強い下地を使う

脂性肌の人は、潤いを与えてくれる下地よりも、皮脂に強いタイプの下地を使用するのがおすすめされています。

鼻はテカるけれど頬は乾燥する… など、混合肌に悩んでいる人は、Tゾーンなど部分的に皮脂崩れ防止の下地を使用するのもいいかもしれません。

\おすすめ/

崩れに強い下地を使う

▲プリマヴィスタ|皮脂くずれ防止化粧下地 超オイリー肌用 WEB限定

超オイリー肌用の化粧下地。気になるテカりやベタつきを防いで、長時間サラサラな仕上がりをキープしてくれる。

【WEB限定プリマヴィスタ】ブラックプリマはマスク下の化粧崩れも防ぐ超強力下地だった!

ファンデーションはリキッドよりパウダータイプを

一般的に脂性肌の人には、油分が少ないタイプのファンデーションが推奨されています。製品にもよるので一概には言えませんが、テカりや崩れが気になる人にはパウダーファンデーションがおすすめ。

選ぶならマットな質感に仕上げてくれるパウダーファンデーション、リキッドなら油分が少ないタイプのアイテムをチョイスしましょう。

\おすすめ/

ファンデーションはリキッドよりパウダーを

▲(左)THREE|プリスティーンコンプレクションパウダーファンデーション SPF26・PA+++ 全8色

マット感がありながら軽い仕上がりのファンデーション。素肌のようなエアリー肌を叶えてくれる。

この夏を美しく過ごすなら【リネン肌】なベースメイクを目指して!

メイクの仕上げはフィックスミスト

ベースメイクが完成したら、仕上げにフィックスミストをするだけで、キープ力がグンとアップします! 香りのいいミストなら、マスクをしているときでも不快になりません♪

\おすすめ/

メイクの仕上げはフィックスミスト

▲クラランス|フィックス メイクアップ 50ml

みずみずしい繊細なミストが、肌にメイクをしっかりフィットさせる。美しい仕上がりを長時間キープしながら、ダマスクローズの香りで気分も上げてくれる。

マスクの日も大丈夫♡ メイクがくずれにくくなる魔法の2アイテム

おすすめのベースメイクアイテムもチェック

マイクラランス|クリア トリートメント

【美容液】マイクラランス|クリア トリートメント

みずみずしいジェルが肌にフィットし、余分な油分を吸収。肌の凸凹をスムーズにしてくれるので、ベースメイク前のスキンケアに。

【クラランス】の新ラインは植物×フルーツ配合のヘルシーレシピできれい&健康的な肌へ!

コスメデコルテ|フェイスパウダー

【フェイスパウダー】コスメデコルテ|フェイスパウダー 00

溶け込むように肌になじむフェイスパウダー。毛穴をふんわりカバーしてくれ、思わず触りたくなるような肌に仕上げてくれる。

マスクと相性も◎! 働く女性Oggi読者1,299名の【愛用コスメアイテム】13選


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.27

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature