「責任感」が強い人ってどんな人? ある人とない人との違いは?「責任感」があることをアピールする方法から英語での言い換えまでご紹介! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 「責任感」が強い人ってどんな人? ある人とない人との違いは?「責任感」があることをアピールする方法から英語での言い換えまでご紹介!

WORK

2021.06.16

「責任感」が強い人ってどんな人? ある人とない人との違いは?「責任感」があることをアピールする方法から英語での言い換えまでご紹介!

職場や友人の中に「責任感」が強いと思う人はいますか? 「責任感」の強い人は、みんなからの憧れの的ですよね。本記事では、「責任感」の強い人の特徴や、その特徴を効果的に伝える方法をご紹介します。

【目次】
「責任感」とは?
「責任感」の言い換え表現は?
「責任感」が強い人の特徴
「責任感」がある人とない人の違いって?
「責任感」があることを自己PRや転職でアピールする方法は?
最後に

「責任感」とは?

主に、ビジネスシーンで使われる「責任感」という言葉。正しい意味はご存知ですか? 詳しく解説していきます。

(c)Shutterstock.com

「責任感」の意味

「責任感」は、「責任を重んじ、それを果たそうとする気持ち」という意味があります。そもそも「責任」には、「立場上負わなければならない義務、任務」「自分のしたことの結果について責めを負うこと」という意味があります。そのため「責任感」は、「自分が受け持った任務や義務を果たそうとする気持ち」を指します。

「責任感のある仕事」ってどんなもの?

仕事には、必ず取引先などの相手がいます。そのためどんな仕事であっても、「責任感」は伴います。しかし、その中でもプロジェクトのマネージャーや事業部長など、プロジェクトや組織全体をまとめる立場にある人は、とりわけ強い「責任感」を持つ必要があるでしょう。

「責任感」の言い換え表現は?

それでは、次に、「責任感」の言い換え表現を解説していきましょう。

(c)Shutterstock.com

類語

「責任感」の類語として、よく使われるのが「使命感」です。「使命感」の意味は、「自分に課せられた任務を果たそうとする気概」。「リーダーを任され、使命感に燃える」などという使い方をしますね。また、正義を大切にする気持ちを表す、「正義感」や「義侠心」も同じニュアンスのある言葉です。

英語

「責任感」の英語は、「responsibility」です。
「He has a strong sense of responsibility.」(彼は責任感が強い)
「You must not try to evade your responsibility.」(君は責任を回避すべきではない)
などの使い方があります。

「責任感」が強い人の特徴

次は、「責任感」が強い人の特徴をご紹介します。自分が「責任感」が強い人なのか否かチェックしてみてくださいね!

(c)Shutterstock.com

1:「真面目」

「責任感」のある人の性格は、「真面目」であるといえるでしょう。「真面目」な性格だからこそ、与えられた任務に対して誠実に向き合い、最後までやり遂げようとします。また、待ち合わせの時間や約束をきちんと守る律儀さも、「真面目」な人が持つ特徴といえるでしょう。そのような姿勢から、周囲から信頼される存在である人が多いかもしれませんね。

2:「忍耐力がある」

「責任感」が強い人には「忍耐力」があります。たとえ、任された仕事が自分には難しいと感じるものや、苦手な分野であったとしても、学び直して克服する粘り強さがあります。「責任感」を持って仕事をやり抜くことができるのは、「忍耐力」があってこそなのかもしれませんね。

3:「完璧主義」

「責任感」が強い人は、任された仕事に対して妥協しない、「完璧主義」な一面もあるでしょう。その志の高さから、自分にも他人にも厳しい傾向があります。同じチームに手を抜いていると感じられる人がいたら、はっきりと自分の意見を口にする芯の強さがあり、その性格から、リーダーなど上の立場に立ち、指導することが向いています。

「責任感」がある人とない人の違いって?

「責任感」がある人とない人の違いって何なのでしょうか? 「責任感」を身につけたい人は、参考にしてみてくださいね!

(c)Shutterstock.com

1:自制心がある

誰でも、「楽をしたい」「サボりたい」という気持ちになってしまうことってありますよね。そんな時にとる対応が、「責任感」がある人か否かの分かれ道です。「責任感」がある人は、一時的な感情や誘惑に左右されず、いま自分がやるべきことを冷静に選ぶことができます。自分を律することができる人は、「責任感」を持って仕事に取り組むこともできますよね。

2:発言に責任をもっている

「責任感」のある人は、与えられた仕事だけでなく、自分の発言にも責任を持っています。人に対して嘘をついたり、仕事の内容を関係のない人に言いふらしたりしません。また、チームメイトと円滑な人間関係を築きたいと思っているため、言葉を選んで発言します。そのような誠実な態度は、社会人として信頼されますよね。

3:仕事を途中で投げ出さない

仕事を最後までやり切ることのできることが「責任感」のある人の特徴です。社会人をしていると、1日2日で終わらない長期間勝負の仕事もあるでしょう。そんな時、「責任感」のある人は、途中で仕事がイヤにならないために、オンとオフを上手く切り替えたり、自分なりにモチベーションを保つ工夫をしています。「責任感」がないかも? と思う人は、ぜひお手本にしてみましょう。

「責任感」があることを自己PRや転職でアピールする方法は?

「責任感」のある人は、自己PRの場面でその長所を効果的に伝えたいですよね。おすすめの方法をご紹介します!

(c)Shutterstock.com

1:具体的なエピソードを伝える

採用試験において、ただ「責任感」があるといっても、漠然としていて相手には伝わりにくいもの。そこで、採用担当者にあなたの人柄を分かってもらえるような、具体的なエピソードを用意しましょう。今まで経験したアルバイトや仕事内容を思い返して、印象的だったこと、人から褒められたことはありませんか? 裏付けとなるエピソードを加えることで、発言に説得力が生まれるはずですよ!

2:「責任感」の強さを仕事にどう活かすかを伝える

採用担当者が自己PRを通して知りたいこと。それは、あなたを採用した場合、自社にどんなメリットがあるのか、ということです。そのため、「責任感」の強さだけをアピールするのではなく、「責任感」の強さをどのように仕事に活かしてきたのか、今後はどう活かしたいのかを伝えることを意識してみましょう。

3:「責任感」のデメリットも意識して作成する

人の性格には必ず、メリット・デメリットの両面があります。そのため、「常に完璧を目指している」「必ず仕事は、自分一人でやり遂げる」という自己PRは、「融通が利かない」「コミュニケーション能力が低い」など、ネガティブな印象を持たれてしまう可能性もあります。採用されたい! という思いから、つい好印象なことばかりを並べてしまいがちですが、表現の仕方には気をつけましょう。

最後に

(c)Shutterstock.com

あなたは「責任感」が強い人に当てはまりましたか? 自分の目から見ると、果たして責任感があるのかよく分からないもの。人から「責任感があるね」と言われたり、リーダーによく選ばれる人は、「責任感」があると思って良いかもしれませんね。ルールを守る真面目さや、最後まで仕事をやり遂げる性格が、「責任感」のある人の大きな強み。その長所を職場でも活かせたらいいですね!

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.08.06

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.30・31に掲載しているアイテムのクレジットに誤りがありました。正しくは、P.30/イヤーカフ(上)¥22,000・リング¥19,800、P.31左上/タンザナイト→IOL・ピアス¥24,200、P.31右上/ピアス¥30,800・ネックレス¥35,200になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature