黒ベストコーデのお手本29例|季節別で失敗しない上級者の着こなしを解説 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. カラーコーディネート
  4. 黒コーデ
  5. 黒ベストコーデのお手本29例|季節別で失敗しない上級者の着こなしを解説

FASHION

2024.04.03

黒ベストコーデのお手本29例|季節別で失敗しない上級者の着こなしを解説

黒ベストは重ねるだけでおしゃれ度がグンとアップする超便利アイテム。ベーシックカラーなので色合わせの失敗も少ない、ぜひ一着は持っておきたい優秀品です。今回は、そんな黒ベストを使ったおしゃれコーデ例をピックアップ。より一層おしゃれに見せる着こなしのポイントも一緒に解説します。

黒ベストコーデを成功させるポイント

今季トレンドアイテムでもあるベスト! ニットベストやファーベスト、ジレタイプなど、素材やシルエットによって呼び名が違いますが、どれもベストの一種。これらはどれも、レイヤードコーデに重宝するアイテムです。

今回は、なかでもどんなアイテムにも合わせやすい黒ベストのお手本コーデを紹介します。レイヤードに自信がない方もうまくいく、黒ベストコーデを成功させるポイントは以下の通りです。

〈POINT〉

1|メリハリのあるシルエットで組み合わせる

黒ニットベスト×白シャツ×ブルーデニム

ボトムスやインナートップスにボリュームあるがアイテムならコンパクトタイプのベストを合わせるのがおすすめ! 反対にすっきりとしたタイトなアイテムの場合は、ベストをオーバーサイズで選んでみて。

定番ベーシックシャツは「旬アイテムとレイヤード」で鮮度アップ♡ おすすめコーデ3選

2|同色レイヤードは素材やトーンの微差で奥行きをプラス

黒ジレ×黒シアーカットソー

同系色でレイヤードするときは、色味の微妙な違いや素材の違いで奥行きを作ることを意識して。オールブラックの着こなしも、画像のようにオーバーサイズのツイードジレ×タイトなシアーカットソーで、メリハリバランスが簡単に実現できます。

「ツイード調ジレ」ならカーディガン感覚で気軽にはおれる♡ きれいめカジュアルな「ジレコーデ」6選

3|迷ったときはベーシックにまとめ、小物や靴で差し色をオン

黒ニットベスト×ストライプ柄シャツ×白パンツ

黒ベストのコーディネートに迷ったら、ベーシックカラーのアイテムを合わせ、小物や靴で差し色をオン! ストライプやドットなど、柄でリズム感をつけるのもお洒落なエッセンスに!

トレンドの「ストライプシャツ」はオーバーサイズのものが気分!

春夏|レディース黒ベストコーデ例

ここでは、春夏におすすめの黒ベストコーデを紹介します。薄着の時期、どうやってベストを重ねたコーデを成功させればよいのかいまいちイメージがつかない…という方は、ぜひ実際のコーデ例とおしゃれに仕上げるポイントをチェックしていきましょう。

黒のラメ入りベスト×ネイビートップス×クラッシュデニム

黒のラメ入りベスト×ネイビートップス×クラッシュデニム

トレンド感のあるラメベストをシンプルなカットソーにレイヤードして、今っぽく! デニムのセンタープレス×クラッシュのギャップが洒落見えの秘密。

大人のクラッシュデニムはギャップで洒落見えを狙うのが正解!

黒ベスト×ボーダーニット×フレアスカート

黒ベスト×ボーダーニット×フレアスカート

きれいめシンプル派は、あえてメンズライクなオーバーサイズのジレを選ぶのが、シンプルなのに洒落るコツ。インナーはシアーニットで、ほっこり見えを回避させて。

きれいめシンプル派ならメンズライクなオーバーサイズのジレがいい♡

黒ジレ×黒シアーニット×カラーパンツ

黒ジレ×黒シアーニット×カラーパンツ

黒のジレに黒のシアーニット…同色でも素材感で差をつけると、メリハリが利いてよりおしゃれ。さらりとしたきちんと素材のジレに、カラーパンツが大人っぽく映えて。

春の通勤スタイル、ジャケット感覚で着られる「知的&ハンサム」なジレ6選

黒ベスト×黒のテーパードパンツ×シアーカットソー

黒ベスト×黒のテーパードパンツ×シアーカットソー

クラシカルかつ端正なジレも、後ろにチュールレースをつけたドラマティックなシルエットで個性を発揮。同じ素材のテーパードパンツを合わせて、セットアップにするとよりモードな味わいの着こなしが完成。

ひとクセありデザインの黒のセットアップがあれば無敵!

黒ジレ×黒タイトスカート×きれい色ニット

黒ジレ×黒タイトスカート×きれい色ニット

ジレは、程よく主張するきれい色トップスをより引き立たせるアイテム。セットアップのようにボトムスと合わせれば、仕事モードが高まる。

今夏、仕事コーデに効くはおりもの=ジレで決まり!

黒ジレ×白T×スポサン

黒ジレ×白T×スポサン

きれいめな黒ジレとラフな白Tを辛口のスポサンで繫いでマニッシュ&スポーティさを意識! モノトーンな大人の着こなしを楽しんで。

白Tを辛口のスポサンやジレでマニッシュ&スポーティに着こなす

黒ジレ×リブTシャツ×ショートパンツ

黒ジレ×リブTシャツ×ショートパンツ

身体のラインにフィットするリブTシャツは、ジレと相性抜群。全身ダークカラーでまとめた日は、程よく主張するシルバーアクセサリーで涼感を意識。

“盛りすぎない”がおしゃれ。きれいめシンプル派の辛口コーデ

黒ツイードベスト×黒タンクトップ×淡グリーンのフレアスカート

黒ツイードベスト×黒タンクトップ×淡グリーンのフレアスカート

ツイードジレを主役にしたレイヤードコーデ。全体を黒でまとめつつ、きれい色のロングスカートを投入することで、コントラストが光る着こなしに。

「グルカサンダル」で叶えるきれいめ&リラックスコーデ! 旬の7足をチェック♡

チェック柄の黒ジレ×ボリュームブラウス×黒パンツ

チェック柄の黒ジレ×ボリュームブラウス×黒パンツ

黒×白のチェック柄をモノトーンスタイルのアクセントに黒ジレをプラス。ふんわりと軽やかなニット素材、すっきりとしたV開きのフロントデザインだから、ボリュームブラウスとレイヤードしてもモタつかない。

「ツイード系ジレ」で脱・定番!いつものテーパードパンツと合わせる旬コーデ4選

黒ロングジレ×ボーダートップス×カーゴパンツ

黒ロングジレ×ボーダートップス×カーゴパンツ

ロング丈の黒ジレがあれば、ボーダートップスも程よくきれいめな印象に。白パンツあわせで、クリーンなモードを高めて。

日傘はおしゃれアイテム! あえて派手色でシンプルコーデのポイントに♡

黒ニットベスト×白カットソー×白パンツ×グレージャケット

黒ニットベスト×白カットソー×白パンツ×グレージャケット

黒ニットベストと白カットソーのレイヤードコーデ。ボトムスは白、足元は程よい抜け感ある軽やかなデザインの黒を選択。差し色小物をプラスして、モノトーンコーデにこなれ感を。

黒のグルカサンダルは、カジュアルからきれいめまで超万能!

黒ニットベスト×白シャツ×ネイビージャケット×ネイビースカート

黒ニットベスト×白シャツ×ネイビージャケット×ネイビースカート

ショート丈のニットベスト×オーバーサイズの白シャツの組み合わせで、こなれ感&スタイルアップ効果を発揮。真面目なジャケットコーデに抜け感が生まれ今っぽさが一気にUPする。

シンプルコーデが一気に映える「ティアードスカート」着こなしのコツ♪

黒ニットベスト×白ブラウス×ライムパンツ

黒ニットベスト×白ブラウス×ライムパンツ

ライムの新鮮カラーは、ベーシックなセンタープレスパンツで取り入れて。ショート丈の黒ニットベストを合わせてメリハリをつければ、脚長効果もバッチリ!

爽やかにかっこよく!「2022春のグリーンコーデ」5選

黒ベスト×黒レザースカート

黒ベスト×黒レザースカート

素材が違えば表情が変わる「黒」。肌見せを軽薄に見せないのも黒のパワー。ニットとレザーの組み合わせの妙で、コーディネートに深みを演出。

サテン派 or リネン派 or レザー派? 30代、夏の黒スカートは素材で選ぶ!

黒ニットベスト×白カットソー×黒ロングスカート

黒ニットベスト×白カットソー×黒ロングスカート

黒ベストと黒ロングスカートに、白インナーをレイヤードしたコーディネート。スカートがフレアの場合、ベストはゆったりしたものよりタイトなシルエットのものを選ぶと、すっきり着られる。

簡単にコーデに奥行きを出したいときは、断然ニットベスト! 4コーデでチェック

黒ベスト×白Tシャツ×白スカート

黒ベスト×白Tシャツ×白スカート

シャープなストライプ柄の黒ベストには、Aラインシルエットのスカートが好相性。小物も黒でまとめ、ハンサムに仕上げて。

この夏はAラインフレアスカートで、ドラマティックに楽ちんに

黒ニットベスト×黒シアーカットソー×エコレザースカート

黒ニットベスト×黒シアーカットソー×エコレザースカート

のっぺりしやすいダークトーンこそベストを重ねてメリハリUP。透け感のあるカットソーをベストに合わせて軽やかに。

簡単にコーデに奥行きを出したいときは、断然ニットベスト! 4コーデでチェック

秋冬|レディース黒ベストコーデ例

秋冬におすすめの黒ベストコーデ例も紹介します。ただでさえダークカラーが多くなり重くなりがちな秋冬。黒ベストをコーデに取り入れるなんて難しすぎる… と感じるかもしれませんが、ここでもポイントを押さえれば簡単に大人のこなれコーデを作ることができます。

黒ベスト×白シアーニット×白ロングフレアスカート

黒ベスト×白シアーニット×白ロングフレアスカート

黒ジレの辛口なムードは甘めな色味のニットを中和する相棒に。プラスするだけで着こなしがシックに昇華される。

ジャケット見えするジレは、大人かわいいコーデと相性◎

黒ジレ×黒パンツ×ボウタイブラウス

黒ジレ×黒パンツ×ボウタイブラウス

甘めトップスのアイテムには、黒ジレ×黒パンツでセットアップ風に! クールでかっこいい着こなしが、オフィススタイルにも◎

「ミディアム丈ジレ」で秋コーデをアップデート♡ ハイ&ロウプライスのおすすめ6選

黒ニットベスト×ピンクベージュのシアーブラウス×黒タイトスカート

黒ニットベスト×ピンクベージュのシアーブラウス×黒タイトスカート

クロップド丈のニットベスト×タイトスカートの黒コーデ。ピンクベージュのシアーブラウスの上にベストをレイヤードすることで、今っぽさと洗練度がUPする着こなしに!

ボウタイ付き? バンドカラー?「シアーブラウス」を着回し力で選ぶならどっち?

黒ベスト×スタンドカラーシャツ×グレーパンツ

黒ベスト×スタンドカラーシャツ×グレーパンツ

ノーカラーで少し長め丈のベストは、着こなしをスマートに見せる効果が抜群。ジャージーの軽やかな生地がデイリーに扱いやすい。スタンドカラーのシャツと合わせて、Iラインをきれいに映して。

「ミディアム丈ジレ」で秋コーデをアップデート♡ ハイ&ロウプライスのおすすめ6選

黒ジレ×黒ニット×スリット入りスカート

黒ジレ×黒ニット×スリット入りスカート

ミディアム丈ジレでワンカラーの着こなしを程よくカジュアルダウンして。クールすぎずリラクシーな雰囲気で!

秋コーデにはおるだけで着映える「ジレ」3選♡ ミディアム丈が旬バランス!

黒のツイードジレ×黒ニット×ベージュのフレアスカート

黒のツイードジレ×黒ニット×ベージュのフレアスカート

ジレは素材の存在感があるからこそ、同色ニットを合わせてもシックかつ着映え力のあるスタイルに。アクセ代わりのゴールドボタンもおしゃれに効いて。

ジレを重ねるだけで、即クラシカルかつ華やか!

黒のラメ入りジレ×黒ドレス

黒のラメ入りジレ×黒ドレス

ラメやスラブなどの意匠糸が織り込まれ、リュクスなムードが香る黒ジレ。異素材のドレスに重ねるだけで、立体感のあるモードな着こなしに。切り替え部分のギャザーがポイントのブラックドレスは、ドラマティックなシルエットにうっとり。

縄田恵理の推しブランド「DÉPAREILLÉ」でコーデをクラスアップ!

黒オーバーサイズベスト×白シャツ×パープルパンツ

黒オーバーサイズベスト×白シャツ×パープルパンツ

オーバーサイズの黒ベストには、すっきり見えが叶うテーパードパンツを合わせるのが好バランス。落ち着きと華やぎあるディープパープルなら、黒の着こなしが一気に洗練される。

Oggi発! ヴィヴィッドカラーパンツを辛口に着こなすテクニック6

黒ファーベスト×グレーカットソー×白パンツ

黒ファーベスト×グレーカットソー×白パンツ

黒×ダークグレーで、重く見えがちなカラーにも奥行きを。ボトムスは白をセレクトして秋冬のコーデに抜け感をプラスして。ファーベストはミドル丈がGOOD。

【変身企画】濃度強めアイメイクで、かわいい系→凛とした大人美人顔に!

最後に

黒ベストを使ったレディースコーデ例と、おしゃれに仕上げるポイントを解説しました。黒ベストと一口に言っても、ニット素材のものからファー素材のものまでさまざま。その他アイテムとの合わせ方で、あたたかい時期から寒い時期まで対応可能なとても便利なアイテムです。

取り入れ方ポイントさえわかれば、重ねるだけでおしゃれ上級者に見えるのもおすすめポイント。いつもと違うおしゃれにチャレンジしたいという方は、ぜひ黒ベストをセレクトしてマンネリを回避してみて。


Today’s Access Ranking

ランキング

2024.05.26

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。