Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 「新社会人」になる前にチェック! 心がけるべきことや事前準備について解説

WORK

2022.08.22

「新社会人」になる前にチェック! 心がけるべきことや事前準備について解説

「新社会人」に向けて挑戦したいことや夢などが溢れる一方、新しい職場や人間関係など不安になる事も多いですよね。「新社会人」のスタートを気持ちよくきるためにも、学生のうちに準備できることをしっかりと押さえておきましょう。ぜひ参考にしてください。

「新社会人」が心がけておくべき3つのポイント

「新社会人」になると、夢や希望に満ち溢れている人は多いでしょう。しかし、一方で会社での人間関係や将来への不安なども抱える人も、少なくないのではないでしょうか。本記事では、「新社会人」になる前に、心がけておきたいポイントや知っておくべき知識、事前準備について解説します。ぜひ、参考にしてみてください。

1:遅刻は厳禁

「新社会人」を順調に送るための、最初に心がけておきたい3つのポイントがあります。まず一つ目は、「遅刻をしないこと」。これは、就職活動中から多くの人が意識していたことかもしれませんが、ビジネスの世界では遅刻一つで社会人としての資質を問われます。時間にルーズな人は、仕事の期限にもルーズと思われてしまい、信用を失ってしまう可能性があるので、注意しましょう。

2:挨拶

二つ目は、「挨拶」です。これも社会人としては基礎中の基礎であるビジネスマナー。どのような相手でも、きちんと誠意のこもった挨拶ができると、周囲の印象がとても良いものになります。挨拶がないことで、「あの人は不愛想だから、一緒に仕事をしたくないな」と思われて、人間関係を築く上で支障が出てしまうかもしれません。

タブレットを持って振り返る女性
(c)Shutterstock.com

3:健全な金銭感覚

三つ目は、「健全な金銭感覚」です。多くの「新社会人」は、学生の時よりも収入が増え、初ボーナスで高額な買い物をする人などもいるでしょう。また、クレジットカードを作ったりローンを組むことも可能です。

ですが、日々の生活費や将来に向けた貯蓄など、計画的にお金を管理していかないと後々大変なことになる可能性も。「新社会人」の間に、きちんとした金銭感覚を身につけることが重要です。

「新社会人」として知っておくべき知識

社会人は、学生とは立場が変わり、社会に対し一個人として責任を負うこととなります。「新社会人」になる前に、知っておくべき知識を身につけましょう。

責任感

社会人になると、学生の時とは違い、様々な責任を負うこととなります。一人の成人として世間から認識され、働き対価を得て納税を行い、自己の責任で生活していくことが求められますよね。年齢に関係なく、自分の行動や発言一つひとつに責任感を持って行動しなければなりません。

また、起業をしている人も会社に勤めている人も、自分の言動が会社の信用にも繋がりますので、日頃から社会人としてマナーを意識しておく必要があるのです。

ビジネスマナー

ビジネスマナーは、社会人としての資質を問われる非常に重要なことです。学生であれば許されていたことが、社会に出ると通用しなくなることもあります。失礼な言動一つで今後の仕事に影響が出てくることも。

敬語の使い方やメールの送り方、また経済や情勢を日々チェックしたりなど、「新社会人」になる前に、基本的なマナーはしっかりと押さえておきたいですね。

税金や社会保険などの基礎知識

社会人になって最初の給与明細をもらうと、給与の他、所得税や雇用保険料、住民税などいろいろと控除されていることがわかります。所得税や住民税は、収入が増えるにつれ上がっていく税金です。

自分の手取り額がいくらなのかは気になるところかと思いますが、社会人として自分がいくら税金や社会保険料など支払っているかも勉強しましょう。

数人でしている会議を上から見ている
(c)Shutterstock.com

「新社会人」を目前にやっておきたいこと

「新社会人」を気持ちよくスタートするために、入社前にやっておきたいことチェックしましょう。

生活スタイルを整える

社会人になると、時間や体調の自己管理が非常に重要になります。学生の時のように、夜遅くまで遊んで、次の日大事な会議に遅刻してしまった… なんてことになってはビジネスマンとしての信用を失ってしまうことも。また、場合によっては残業をしなければならない時だってあるでしょう。

そのためには日頃から十分な睡眠をとり健康的な食生活を送ることが必要です。生活習慣を整えるところから、「新社会人」の準備を始めていきましょう。

仕事に必要なスキルを身につける

「新社会人」としてスムーズなスタートをきるために、仕事に必要な基本的なスキルは持っておくと非常に有利です。ExcelやPowerpointなどは資料作成の基本となりますので、使えて損はないでしょう。

英語スキルも身につけておくと将来的に活躍の場が広がることも。業種に応じた専門的な知識も、時間のある学生のうちに勉強しておけば、入ったときに実務の理解も早いですよね。

パソコン作業しながら微笑む女性
(c)Shutterstock.com

「新社会人」に必要な身だしなみやアイテム

身だしなみや持ち物も、「新社会人」として大事なポイントです。ビジネスシーンにおいては、第一印象がその後のビジネスを大きく左右するといっても過言ではないので、しっかりと押さえておきましょう。

身だしなみ

会社によってはビジネスカジュアルな勤務スタイルでも問題ありませんが、取引先と会う際などはスーツを着用することも多く、最低でも1着、頻繁に着るのであれば2、3着は持っておくと安心です。ワイシャツは、汗をかいたり袖口や襟も汚れやすいため、1週間分は用意して清潔なものを着用しましょう。

女性の場合は、露出や派手な柄ものを避け、色味の優しいすっきりとしたパンツスタイルやスカートスタイルで勤務すれば、周囲の印象も良いでしょう。きれいめのパンプスも何足か履きまわせば靴も長持ちするためオススメです。

アイテム

「新社会人」として、まず用意したいものは名刺入れ。初対面の取引先へ挨拶するシーンが多いと思いますので、いつでも名刺交換ができるように常に持ち歩いておきましょう。また、スケジュール管理をするためのツールも必要です。手帳やスマホのアプリなど、自分に合った方法で管理をしましょう。またボールペンや付箋など、最低限の文房具も持っておくと便利ですね。

最後に

「新社会人」になる前に、知っておくべき知識やマナーは色々ありますが、どれも事前に準備しておけば、入社してからスムーズに会社生活を送れます。新しい環境や人間関係など、不安に思う部分もありますが、「新社会人」に求められるものは、仕事に関する知識やスキルよりも、挨拶や時間を守るなどの基本的なマナーです!

そこをしっかりと押さえてから、事前にできることを着実に始め、楽しい社会人生活を送ってくださいね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

【関連記事】


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.09.28

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature