半身浴の正しいやり方とは? 気になるダイエット効果や半身浴の注意点・全身浴との違いを徹底解説 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. ボディケア
  4. 半身浴の正しいやり方とは? 気になるダイエット効果や半身浴の注意点・全身浴との違いを徹底解説

BEAUTY

2021.12.11

半身浴の正しいやり方とは? 気になるダイエット効果や半身浴の注意点・全身浴との違いを徹底解説

美容に良さそう、という理由だけでなんとなく半身浴を行っていませんか? 今回は半身浴で期待できる効果や半身浴の正しいやり方と注意すべき点を紹介していきます。

【目次】
半身浴がもたらすメリットとデメリット
半身浴とは? 正しいやり方と気をつけるべき注意点
期待できる効果◎ 気になるダイエット効果はあるの?
むくみを取るには半身浴と全身浴どちらがいいの?
リラックスと美肌におすすめの入浴グッズを厳選
最後に

半身浴がもたらすメリットとデメリット

長くお湯につかることができ、なんとなく美容に良さそうと思われがちな半身浴。実際にどんな効果が期待できるか、正しいやり方とはどのようなやり方かご存じですか。今回は、半身浴がもたらすメリットとデメリットを中心に、半身浴の際に注意すべき点などを紹介していきます。せっかくなら体にいい方法で入浴を楽しみ、疲労をとってリラックスしていきましょう♡

〈POINT〉
・半身浴は脱水に注意が必要
・適正温度と体が冷えないぐらいの時間で行う
・汗をかくことにダイエット効果はない!?

半身浴とは? 正しいやり方と気をつけるべき注意点

全身をお湯につける入浴法よりも熱く感じる時間が遅く、より長くお湯に入っていることができる半身浴。でも意外と気をつけるべき点が多いんです。ここでは医師がおすすめする正しいやり方と気をつけるべき注意点を紹介します。

半身浴=胸から下だけお湯に浸かること

半身浴とは肩まで浸かる全身浴とは違い、水量を減らし胸(みぞおちあたり)から下だけ浸かる入浴方法です。温度はぬるめに設定することで、体に負担をかけずにゆっくりじっくり入浴することができます。

入浴前後に水分補給をしっかりと行う

水分補給 01

教えてくれたのは… 杉山力一先生
(杉山産婦人科勤務。不妊治療・体外受精を専門に研究)

入浴による発汗は、血液の粘度が高まることで血液がドロドロになってしまいます。お風呂に入る前と後にコップ1杯以上の水または白湯を飲んで、このリスクを最小限に抑えましょう。

免疫力アップする入浴法! 意外とNGなお風呂の入り方してるかも…

ヒートショックに注意! おすすめは40℃程度

教えてくれたのは… 早坂信哉先生
(医師。医学博士。東京都市大学人間科学部教授。温泉療法専門医)

42℃を超えるお湯に浸かると交感神経の働きが活発になり、興奮状態となることで血圧が上昇します。また、血液の粘度が上がるため、血栓ができやすくなるなどヒートショックを起こしてしまう危険性も。

40℃の温度で10分を超える入浴は体温が上がりすぎ、冬でも浴室熱中症になる危険があります。

\40度程度のお湯がおすすめ/
40℃程度のぬるめの温度は副交感神経が刺激され、血圧が下がり、心身ともにリラックスさせる効果があります。お湯は熱くしすぎないようにしましょう。

体を冷やさない

体を冷やさない

特に冷え性の人は要注意です。秋冬の半身浴は、発汗させるだけで体力を消耗してしまい、逆に体を冷やす原因になってしまう場合も。長時間の半身浴は避けるようにしましょう。

【第12回】冷え性を解消する生活習慣とは?

二日酔いがひどいときは中止する

(c)Shutterstock.com

「お風呂で汗をかくとアルコールが排泄されて二日酔いが早く治る」これは大きな間違いです。多量に発汗すると二日酔いの脱水状態を助長してしまい、急激に血行がよくなるのもかえって吐き気や頭痛などの症状を悪化させる可能性が。めまいが生じて思わぬケガを引き起こしてしまう可能性だってあります。

外出前などどうしてもお風呂に入りたいのであれば、40度以下のぬるいお湯で半身浴を。ポイントは汗をかかない程度の温度にすること。入浴前、入浴中のこまめな水分補給も大切です。

二日酔いの症状がひどい場合は、無理に湯船に浸からずシャワーだけで済ませて。

(c)Shutterstock.com

【二日酔いの治し方】寝る? 薬を飲む? 吐く? どれがいちばん効果ある?

期待できる効果◎ 気になるダイエット効果はあるの?

半身浴って体にいいイメージを持つ方が多いようですが、実際どんな効果が期待できるかはあまり知られていないようです。そこでここでは、半身浴で得られるメリットを紹介します。気になるダイエット効果についても解説しているので必見です!

体に負担がかかりづらい

半身浴は全身浴に比べ体にかかる水圧が小さく、体温も上がりすぎません。そのため体にかかる負担も少なく、血圧も急激に上がることがないので、心臓や肺に疾患のある方、高血圧の方におすすめです。

えっ冬の長風呂は危険!? 誰もがやりがちだけど、実は間違っている入浴法とは!?

副交感神経を活発にしリラックスできる

(c)Shutterstock.com

ぬるめのお湯で半身浴すると、副交感神経が優位に立ち、体がリラックスできます。血流改善や疲労物質の排出にもつながり、汗腺を刺激して発汗できるので、体もさっぱりと軽くなります。

【冷房】から自分を守る5つのこと|ドクター杏奈のヘルスケア診察室

筋肉痛の緩和

(c)Shutterstock.com

半身浴は血行を改善し筋肉の繊維修復を促すので、筋肉痛があるときにおすすめです。ただし痛みがひどく熱感を伴う場合は、幹部を冷やしたり足を上げて血流を促すなどの処置が優先です。

腹筋、太ももがイタタッ…! 地味にしんどい【筋肉痛の治し方】女医がズバリ!

汗腺機能を高める

汗腺機能を高める

43~44℃の熱めのお湯に手足だけを10~15分程度つけ、その後お湯を足して36℃程度のぬるめのお湯で半身浴をすると、自律神経が調整され汗腺機能を高めます。ポイントは自然な発汗を促すこと。いい汗をかくことは美容に効果的なのです。

知ってる?【いい汗】をかくための4つのトレーニング|いい汗はキレイと健康のバロメーター

ダラダラ汗をかいても「ダイエット効果はない」!

「熱いお風呂に浸かって汗をだらだらと流すと、かなりのダイエット効果があるように思うかもしれません。しかし、運動のときは自分の脂肪を燃焼させて体を動かし、結果として体温が上がり汗をかくのに対し、お風呂の場合、脂肪を燃焼させているわけではなく、お湯から熱を受け取って体温が上がり汗をかきます。運動とは汗の出る仕組みが違うため、お風呂で汗をかいてもダイエット効果はあまりありません。」(早坂信哉先生)

えっ冬の長風呂は危険!? 誰もがやりがちだけど、実は間違っている入浴法とは!?

むくみを取るには半身浴と全身浴どちらがいいの?

女性にとって悩ましい問題となるのが「冷え」と「むくみ」。冬になると冷えが強まり血行が悪くなることで、さらにむくみに困ることがありますよね。そんな悩みがあるときに、半身浴と全身浴のいずれが効果的なのか? 医師の解説を基に紹介します。

全身浴の方が冷えの改善と足のむくみの解消に効果的

(c)Shutterstock.com

全身浴の方が体が温まり、血流が良くなるため、冷えの改善に効果的。また、お湯の量が多く深ければ、その分水圧が強くなることから、全身浴は下半身により大きい水圧がかかるため、足のむくみの解消などにも大きな効果があります。肩こりなどの痛みにも、半身浴より全身浴の方が効果的という研究結果も。

※心臓や肺に疾患がある人には、水圧がかからず体温が上がりすぎない半身浴がオススメ(早坂信哉先生)

えっ冬の長風呂は危険!? 誰もがやりがちだけど、実は間違っている入浴法とは!?

リラックスと美肌におすすめの入浴グッズを厳選

長くつかりすぎるのは、体が冷えたり、脱水を引き起こす可能性があるのことからNGということがわかりました。でも、せっかくリラックスできる入浴タイムをなるべく楽しく、また体にいいことを取り入れたいですよね。ここではおすすめ入浴グッズを紹介します。

まるで美容液!? 中性重炭酸入浴剤 BARTHで疲労回復

浴室に3錠入れるだけ。中性のお湯とシャンパンのような細かい泡がカラダを包み込み、温浴効果で疲労回復効果が見込めそうな優れもの。洗髪や洗顔にも安心して使える魔法のような入浴剤。

翌朝スッキリするために【アラサーOLが夜な夜なしてること】3

自宅でサロンのような酵素風呂を! 大髙酵素の浴用バスコーソ

自宅でサロンのような酵素風呂を

中におがくずが入っている白いコットンの袋を1〜2袋、湯船にドボンと入れるだけ。これだけで、手軽な酵素風呂が自宅でも楽しめる。体の芯から温まり、酵素のおかげでお肌つるつるに。

「自宅で酵素風呂」を可能にする入浴剤、見つけました!|ビューティフルライフのススメVol.10

天然岩塩を使用した「クナイプのバスソルト」

体を芯から温めてくれる天然岩塩を使用したバスソルト。疲れているのに寝付けない、眠りが浅い、目覚めが悪いなどの症状に◎。古くからヨーロッパで不眠症の改善に役立てられてきた天然ハーブが、安眠に導いてくれます。

ぐっすり眠れる【クナイプ】のバスソルトさえあれば、仕事の疲れを翌日に持ち越さない!|オフィス美人化作戦

最後に

今回は、美容法としても紹介される「半身浴」について、正しいやり方と注意点、またそのメリット・デメリットを紹介してきました。ただただお湯につかっていればいいわけではないこと、また気をつけるべき点がいくつがあることがわかりましたね。これからさらに寒さが増し、お風呂が恋しくなる季節。正しい入浴法で、体の冷えと疲れをいたわってあげてくださいね。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.18

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature