Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 寛容な人の特徴とは? 無関心に見える理由や心に余裕を持つ方法を紹介

LIFESTYLE

2022.11.11

寛容な人の特徴とは? 無関心に見える理由や心に余裕を持つ方法を紹介

「寛容」とは、「心が広くて、よく人の言動を受け入れること」。誰に対しても公平に接して、他人の意見を否定しないのが「寛容な人」の特徴です。今回は、寛容な人の特徴や寛容な人に近づく方法などを紹介します。心に余裕を持ちたい人は実践してみましょう。

皆さんは、「寛容な人」と聞くとどんな人をイメージしますか? 心が優しい人、ミスを笑って許してくれる人などポジティブな印象が思い浮かぶかもしれませんね。普段、仕事が忙しくて心に余裕をなくしている時ほど、寛容な人を見て、「私もあんな風になれたらな」と感じることはありませんか?

そこで今回は、寛容な人の特徴や寛容な人に近づく方法などを紹介します。心にゆとりを持った人になりたいと思った時の参考にしてみてくださいね。

「寛容」とはどんな意味?

「寛容」という言葉は、穏やかな態度を表す時などに使われますが、どのような意味があるのでしょうか? 「寛容」の言葉の意味や「寛大」との違いを見ていきましょう。

胸の真ん中に両手を重ねる
(c)Shutterstock.com

意味

「寛容(かんよう)」とは、「心が広くて、よく人の言動を受け入れること」。「ゆるやか、気持ちにゆとりがある」などの意味を持つ「寛」と、「受け入れる、ゆるす」などの意味を持つ「容」を組み合わせた単語です。人の意見を否定したり、厳しく責めたりしない穏やかな様子を表します。会話の中では、「寛容の精神を持つ」「寛容な態度をとる」などと使われることが多いですね。

「寛大」との違いとは?

「寛容」とよく似た言葉に「寛大(かんだい)」があります。「寛大」とは、「度量が大きく、思いやりがあり、むやみに人を責めないこと」。2つの言葉には違いがあり、「寛大」は、「心が大きい・広い」様子、「寛容」は、「受け入れる」様子を表します。「寛大な心」「寛大な対応」など、おおらかな様子を表す時に使われる傾向があるようです。

「寛容な人」の特徴とは?

周囲から「あの人は寛容だな」と思われる人には、いくつかの特徴があります。寛容な人の態度や言葉遣いなどをみていきましょう。

1:誰に対しても平等に接する

寛容な人は、どんな人に対しても分け隔てなく接します。広い心を持っており、誰にでも公平な態度で接することができるのです。例えば、目上の人には礼儀正しく対応し、部下には柔らかい態度で接することを心がける優しさがあります。上司だからといって、必要以上に媚びを売ったり、年下だとわかった瞬間に馴れ馴れしく接することもありません。他人のことを認め、尊重することができます。

会議で仲間とハイタッチ
(c)Shutterstock.com

2:相手のことを否定しない

相手のことをむやみに否定しないことも寛容な人の特徴です。たとえ、職場の同僚や恋人が違う意見を言ってきたとしても頭ごなしに否定したり、反論することがありません。「こういう意見もあるんだな」とフラットに考えて、相手の意見を取り入れたり、お互いが納得できる方法を見つけようと努力します。相手のことを受け入れる度量が大きい人は頼り甲斐がありますね。

3:雰囲気が穏やか

寛容な人は、一緒にいると安心するような穏やかな雰囲気を持っています。いつでも穏やかに相談に乗ってくれたり、困ったときは力になってくれる頼もしい一面も。心にゆとりがあるので、焦ったり、忙しい時にイライラする姿を見せることもありません。いつも落ち着いていて、楽観的な姿が周囲から羨ましがられることもあるようです。

4:束縛しない

寛容な人は、恋愛面においても束縛をすることがありません。付き合うとどうしても好きな人を独占したいという気持ちから、相手に頻繁に連絡を取ることを強要してしまったり、二人のルールを作ってしまいがちです。しかし、寛容な人は、たとえ付き合っても相手の意見や価値観を尊重することができるので、無理に相手を束縛することがありません。

「寛容な人」=無関心に思われてしまう理由とは?

基本的に、寛容な人は、穏やかで優しい性格なので周囲から好印象を持たれます。しかし、感情的になって怒ったり、心を乱す姿を見せないので、「私に関心がないのでは?」と不安になる人もいるようです。

本当に間違ったことをした時は注意してくれたり、説得してくれた方が愛情を感じることもありますよね。相手がなんでも許してくれる人の場合、それが理解力の深さなのか、無関心からくるものなのか見極める必要がありそうです。

「寛容な人」に近づく方法とは?

いつも忙しくて心にゆとりが持てないでいると、「寛容な人が羨ましい…」と感じることもあるでしょう。そこで、気持ちに余裕を持つためのおすすめの方法を紹介します。

抱き合う女性
(c)Shutterstock.com

1:自分の意見を押し付けない

心に余裕がないと、ついつい自分の意見や価値観を相手に押し付けてしまいがち。寛容な人を目指すなら、まずは自分の意見を相手に押し付けないように心がけましょう。自分が正しいと思い込んでしまうと、どうしても相手を責めてしまったり、否定することにつながります。相手の対応にイライラしてしまう時ほど、自分の考えを見直し、相手がどうしてそんな行動をとったのかを考えてみましょう。

2:完璧主義にならない

「小さなミスも許せない」というスタンスだと寛容な気持ちでいることが難しいでしょう。自分にも他人にも完璧を求めてしまう人は、どうしても他人に厳しい態度をとってしまいます。忙しい時ほど、「完璧じゃなくてもいい」「こういう時もある」という考えると、心がリラックスして穏やかになるきっかけになります。完璧主義な傾向がある人ほど、楽観的な考え方を取り入れてみましょう。

3:ストレスを抱えない

ストレスを抱えている状態では、相手に寛容に接するのは難しいもの。まずは、今の自分の心の状態を客観的に観察してみましょう。「最近休みが取れなくてイライラしている」「趣味の時間が欲しいのに取れない」などと不満に感じていることを紙に書き出す方法がおすすめです。

そして、「仕事がひと段落したら休暇をとってショッピングをする」「寝る前の15分はリラックスする時間に当てる」など計画を立ててみましょう。ストレスをこまめに発散させることで、自然と広い心が持てるようになれるかもしれませんよ。

最後に

寛容な人の特徴や寛容な人に近づく方法はチェックできましたか? 仕事やプライベートで忙しい時には、なかなか気持ちのゆとりをキープするのは難しいもの。「ちょっと最近疲れているな」と感じたら、リラックスできる時間を作ったり、自分の好きなことをする時間を作ってみましょう。まずは自分自身に優しくすることで、相手にも寛容になれるはずですよ。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

【関連記事】


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.12.02

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature