Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 雑学
  5. 「ポジティブ思考」になる方法は?「ポジティブ思考」の危険についても解説

LIFESTYLE

2022.09.12

「ポジティブ思考」になる方法は?「ポジティブ思考」の危険についても解説

「ポジティブ思考」とは、物事を前向きに楽観的に捉える考え方のことです。この考え方であれば、上手く行かないことがあってもすぐに立ち直ることができそうですね。しかしこれにはデメリットも存在します。今回は「ポジティブ思考」になる方法と合わせて、その危険性にも迫っていきましょう。

「ポジティブ思考」とは?

正方形の紙に顔
(c)Shutterstock.com

まずは、「ポジティブ思考」の意味や言い換え表現を確認しておきましょう。

「ポジティブ思考」の意味

「ポジティブ思考」とは、物事を前向きに、そして楽観的に捉える考え方のことです。一方で、「ポジティブ思考」の反対語はネガティブ思考となるのですが、こちらは何事もマイナスに考えてしまい、消極的であることを表します。

例えば街で歩いている時に、周りにじろじろ見られたとしましょう。この時、「自分は魅力的だから注目されているのだな」と考える人は、「ポジティブ思考」です。反対に「何か自分は変な格好なのかな」「周りと比べて浮いているのかな」と考えてしまう人はネガティブ思考と言えるでしょう。

「ポジティブ思考」の言い換えとは?

ポジティブという言葉の言い換えには、肯定的、積極的、陽気などがあります。また、「ポジティブ思考」はプラス思考とも呼ばれ、どちらも意味は同じです。

「ポジティブ思考」の人の特徴を紹介

楽しく踊る女性
(c)Shutterstock.com

「ポジティブ思考」の意味について理解を深めたところで、次は「ポジティブ思考」の人の特徴について見ていきましょう。この特徴が当てはまれば、あなたも「ポジティブ思考」なのかもしれません。ぜひ一度、自分と向き合ってセルフチェックをしてみてくださいね。

1:失敗しても長く引きづらない

「ポジティブ思考」の人は、失敗しても切り替えが早いです。次は成功させて挽回するぞという考え方なので、あまり過去のことは長く気にしないようですね。そのため、失敗してもまた新しい気持ちで物事に取りかかることができるのです。

2:自分に自信がある

自分に自信がないと物事を前向きには考えられません。「ポジティブ思考」の人の多くは、「自分ならできる」「やってみよう」という自信やチャレンジ精神を持っています。自分自身の可能性を信じているからこそ、「ポジティブ思考」になれるのですね。

3:物事を深く考えない

ネガティブ思考の人は、物事を深く考えてしまう傾向にあります。気にしないで良いようなことを気にしてしまったり、自分のミスについて深く考え込んでしまったりすることもあるでしょう。反対に、「ポジティブ思考」の人はそんなことはしません。そのため、良くも悪くも物事を楽観視することができるのです。

「ポジティブ思考」になるためには?

笑顔の積み木をもつ指
(c)Shutterstock.com

仕事や恋愛において、「ポジティブ思考」の人がうらやましいと感じることはありませんか? 元々の性格によるものだから仕方ないと思うかもしれませんが、ちょっとした意識ですぐにあなたも「ポジティブ思考」になることができます。「ポジティブ思考」になるためのポイントを4つ紹介しておきましょう。

1:自分の中で常に良いイメージを持っておく

「失敗したらどうしよう」という不安は失敗した時をイメージしてしまうことで生まれます。「ポジティブ思考」でいるためには、常に自分が成功した時のイメージを持っておくことが大切です。良いイメージを持っておくことで、自信につながり、マイナスな考えをしにくくなるでしょう。

2:広い視野を持つ

「ここで失敗したら一巻の終わりだ」というように、プレッシャーを感じすぎてしまうと、不安からどんどんネガティブな方向へいってしまいます。ある程度「もし無理だったら他のことを挑戦してみよう」というような、広い選択肢を持った心があると気持ちが楽になるのではないでしょうか。

3:ポジティブな人と一緒にいる

前向きな考え方を持つ人と一緒にいると、相手のポジティブな気持ちに影響されて、自然と自分も前向きになれることがあります。その人に新しい視点を気付かされることもありますし、近くに「ポジティブ思考」の人がいるならば、ぜひ同じ時間を過ごしてみてください。あなたの考え方がガラッと変わるかもしれません。

4:ポジティブな言葉遣いや笑顔を心がける

行動や言動を変えることで、気持ちが変わることってありますよね。ネガティブな発言ばかりしていると、性格もマイナス思考になってしまいます。「ポジティブ思考」になるためには、まずポジティブな言葉や笑顔を心がけましょう。

「ポジティブ思考」は危険?

手のひら向けて険しい顔をする女性
(c)Shutterstock.com

一見「ポジティブ思考」は、メリットばかりのように思いますが、実はデメリットもあります。場合によっては「ポジティブ思考」がうざいと思われることも…。では、どんなところがデメリットなのか、見ていきましょう。

1:楽観視して後先のことをちゃんと考えない

「ポジティブ思考」の人は、なんとかなるだろうという精神のため、先のことをちゃんと考えていないことがあります。自信があるので、もし何か起こってもその場で対応できるだろうと考えてしまい、計画性が欠けていることも。

2:脳内で事実を変えてしまう

「ポジティブ思考」のメリットは、失敗しても引きづらないことですが、反対に失敗をしても、それを軽視したり忘れてしまったりするデメリットもあります。ひどい場合には、自分は悪くなかったと事実を改変して記憶してしまうこともあるのです。このようなことから、「ポジティブ思考」を一種の現実逃避のように感じてしまう人もいるのかもしれません。

3:自分の悪い部分に気づかない

「ポジティブ思考」な人の中には、自分の短所や直した方が良いところを素直に受け入れない人もいます。良い部分だけに目を向けてしまい、周りが直してほしいと思ったことを言っても、聞き流してしまうこともあるでしょう。「ポジティブ思考」を嫌がる人は、そのような部分に嫌悪感を抱いているのかもしれません。

最後に

黒板にあるスマイルにチェック
(c)Shutterstock.com

「ポジティブ思考」にはメリットもデメリットもあります。一番大切なのは極端にならないことです。ポジティブすぎても、ネガティブすぎても、様々なデメリットがついてきます。自分のことを良く理解して、長所は伸ばせるように、そして短所は改善できるように日頃から心がけていたいものですね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

【関連記事】


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.10.02

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature