Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マナー
  4. 「お心遣いありがとうございます」の意味、使い方、英語表現を紹介! 香典をいただい時の御礼としての使い方も

WORK

2020.07.30

「お心遣いありがとうございます」の意味、使い方、英語表現を紹介! 香典をいただい時の御礼としての使い方も

「お心遣いありがとうございます」は、感謝したり、お礼を言ったりする際に用いる丁寧な表現の1つです。日常シーンでもよく使う言葉ですので、正しく使えるようにしておきたいものです。本記事では「お心遣いありがとうございます」の正しい意味や使い方、言われたときの答え方を解説します。

【目次】
「お心遣いありがとうございます」の意味は? どんな時に使う? 正しい使い方を解説
「お心遣いありがとうございます」を使う場合の注意点
「お心遣いありがとうございます」の使い方は? 例文でチェック
「お心遣いありがとうございます」と言われたときのあなたの返事・返信は?
「お心遣いありがとうございます」の類語・同様の表現にはどのようなものがある?
最後に

「お心遣いありがとうございます」の意味は? どんな時に使う? 正しい使い方を解説

自分が病気で仕事を休んでしまったとき、上司から温かい言葉をかけてもらったら、なんとお礼を言いますか? 「お心遣いありがとうございます」は、そんなシチュエーションにぴったりの表現です。正しい使い方を学んで、円滑なコミュニケーションに役立てましょう。

(c)Shutterstock.com

◆「お心遣いありがとうございます」の読み方は?

「お心遣いありがとうございます」という言葉は、「(お)心遣い」「ありがとう」「ございます」の3つの要素に分けることができます。「お心遣い」は、「おこころづかい」と読みます。ここでの「心遣い」の意味は、「あれこれと気を配ること。心配り。配慮」となります。「有難う(ありがとう)」とは、感謝したり、お礼を言ったりする際に用いる言葉。さらに、補助動詞「ある」の意の丁寧語である「御座います(ございます)」を付けることで、丁寧な表現になっています。(いずれもデジタル大辞泉・小学館より)

◆「お心遣いありがとうございます」の意味は、日本人特有の気遣い

例えば、家にお客様を招いた時に暑そうな仕草をしていたら、冷たいお茶をそっと差し出したりしますよね。そうすると、客人はその心遣いに感謝し、「お心遣いありがとうございます」とお礼を述べます。これら一連の流れは、日本人特有の気遣いと言ってもいいのではないでしょうか。

英語でも、「Thank you for your concern.」(お気遣いありがとうございます)という表現はありますが、相手の行為を敬う意味までは含まれていません。

「お心遣いありがとうございます」という言葉は、人の心を慮る行為に対してのお礼でありつつ、目上の人を敬う表現です。両方を網羅しているという意味では、日本独特の表現だと言ってもいいかもしれませんね。

◆「お心遣いありがとうございます」を使う場面を紹介

「お心遣いありがとうございます」という言葉は、相手が親切でしてくれたことに対してお礼を言いたい場面で使える表現です。例えば、病気のお見舞いに来てもらったときのほか、お悔やみの言葉や香典をいただいた時などに使用するのがふさわしいでしょう。

「お心遣いありがとうございます」を使う場合の注意点

(c)Shutterstock.com

「お心遣いありがとうございます」は、「心遣い」に丁寧語の「お」を付けたものであり、さらに先述のように「ありがとう」に丁寧語「ございます」を付けた敬語表現です。したがって、目上の方に使用することができます。逆に、同僚や目下の相手に使うと不自然ですので気を付けましょう。

「お心遣いありがとうございます」の使い方は? 例文でチェック

目上の相手からの気遣いに対して感謝を述べるときに便利な「お心遣いありがとうございます」という表現。実際の場面では、どのように使えばいいのでしょうか。

1:「私たちのために何かとお心遣いありがとうございます」

日頃お世話になっている相手に対して感謝を表すときに使います。

2:「日頃お心遣いいただきまして誠にありがとうございます」

手紙の挨拶などでよく使われる表現です。

3:「先日は、お心遣いいただきありがとうございます」

「お心遣いいただきありがとうございます」の「いただく」は、「もらう」の謙譲語。話し手がへりくだることにより、相手により敬意を表すことができます。「お心遣いありがとうございます」よりも丁寧な表現となりますよ。

「お心遣いありがとうございます」と言われたときのあなたの返事・返信は?

(c)Shutterstock.com

では反対に自分の言動に対し、相手から「お心遣いありがとうございます」と言われたときは、どのように返答すればいいのでしょうか。無意識のうちに、「どういたしまして」という返答をしていませんか?

実は、これは少し傲慢に捉えられることもあり、不自然です。「滅相もないことです」「とんでもないことでございます」などと謙遜するのが無難でしょう。

また、「お役に立てて光栄です」「お力になれたのであれば幸いです」と言えば、相手の感謝の気持ちを否定することなく、それに対する感謝を伝えることができます。

「お心遣いありがとうございます」の類語・同様の表現にはどのようなものがある?

相手の好意に対してお礼を言いたいとき、「お心遣いありがとうございます」の他にどのような表現をすることができるでしょうか。

1:お心遣い痛み入ります

「痛み入る」とは、相手の手厚い配慮や好意などに対して、深く感じ入り、恐縮することです。上司や目上の人、取引先の方から何かしらの心遣いをもらったときに、「お心遣い痛み入ります」というように使われます。

2:ご配慮ありがとうございます

「配慮」とは、心をくばることや心遣いを意味する言葉です。お礼や感謝を伝える時にも使えますが、お詫びをする際にも使える便利な言葉になりますよ。

3:ご高配ありがとうございます

「高配(こうはい)」とは、他人を敬って、その心配りをいう言葉です。堅い表現であることが特徴で、「平素は格別のご高配にあずかり、厚く御礼申し上げます」のように使います。

「ご高配ありがとうございます」は、会話やメールではあまり使われず、主にビジネス文書や手紙で使われますよ。会話やメールであれば、「ご配慮ありがとうございます」や「ご配意ありがとうございます」などが一般的でしょう。

最後に

(c)Shutterstock.com

いかがでしたか? 相手の厚意に対して適切にお礼を言うことができれば、相手に良い印象を与えることができるはず。人から親切にしてもらった際は、ぜひ使ってみてくださいね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.08.11

編集部のおすすめ Recommended

Feature