Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. スキンケア
  4. 肌荒れ対策
  5. 【生理前の肌荒れ対策どうする?】サプリ・薬用化粧水など月経敏感肌におすすめ商品ご紹介

BEAUTY

2019.10.14

【生理前の肌荒れ対策どうする?】サプリ・薬用化粧水など月経敏感肌におすすめ商品ご紹介

生理前は女性ホルモンが乱れると言いますが、どんな影響が起きてるの? 特にかゆみはないけれど口まわりにニキビができたり、肌が荒れるなどの月経前の症状はいつから起こるのでしょう? 年代による肌の変化も気になりますよね。ホルモンバランスと上手につきあって、生活習慣も整えていきましょう。

【目次】
産婦人科医に聞いた、生理と肌荒れの関係
美肌の味方をしてくれるのは女性ホルモン
ニキビではなく吹き出物? ケアをするポイントは?
大人ニキビ・肌荒れに着目したおすすめスキンケア
生理中の女性バランスをサポートするサプリメント

産婦人科医に聞いた、生理と肌荒れの関係

■産婦人科医:田口早桐先生にお聞きしました。

産婦人科医:田口早桐先生

生理と密接な関係にある肌荒れとは…

女性の場合、肌荒れは月経とも大きく関係しています。

実際、月経前にブツブツができる… と婦人科を受診されるかたも多いのですが、それがまさしく「ホルモン性のニキビ」です。

【婦人科女医が教える】ホルモンによる肌荒れ! 生理と肌荒れの密接な関係

口のまわりにニキビができるのも生理のせい?

一方で、生理前であっても特に肌荒れしないという人もいます。その違いは、体質による皮脂分泌の状態によることが多くあります。

また、生理前の肌荒れは、「口のまわりにできやすい」というのも特徴的です。かゆみをともなうことは少なく、ぶつぶつとできるだけなので、下手に触らずにピルでホルモンバランスを整えることで対策しましょう。

ピルを飲めば黄体ホルモンの分泌がされなくなり、ホルモンバランスが一定になります。それにより、肌荒れ症状も改善される可能性が高いのです。生理前の肌荒れが気になるという人は、皮膚科よりも婦人科受診をし、ピルを処方することが近道である場合も多くあります。

【婦人科女医が教える】ホルモンによる肌荒れ! 生理と肌荒れの密接な関係

いつもの生理よりも肌荒れがヒドイときの原因は?

月経によるホルモン性の原因のほかに、乾燥や紫外線などの外的要因、食べ物などの内的要因が考えられます。あまりにもひどい場合は、皮膚科と婦人科を両方受診し、両方からアプローチすることが有効といえます。

サプリメントや漢方などが有効に働く場合もあるので、適切な処方のもとにそれらを試してみるのも効果が期待できます。

【婦人科女医が教える】ホルモンによる肌荒れ! 生理と肌荒れの密接な関係

美肌の味方をしてくれるのは女性ホルモン

■産婦人科医:杉山力一先生にお聞きしました。

産婦人科医:杉山力一先生

ホルモンバランスが乱れるとどうなるの?

★子宮環境を見直しましょう。

子宮の環境をコントロールしているのは卵巣から分泌される女性ホルモン、そして卵巣に女性ホルモンを分泌するよう司令するのが脳、という関係です。これらの連携がうまく結びついていないと、ホルモンバランスが乱れてしまい、子宮環境が悪化している状態となります。

★ホルモンバランスが乱れるとどうなる?

ホルモンバランスが乱れると、生理不順や不妊といった子宮の機能に関することだけではなく、肌荒れ・むくみ・イライラといった日常生活への影響もでてきます。

【医師監修】子宮環境の悪化が妊活・健康に悪影響!? 脳にまで?

女性ホルモンと上手につきあうコツとは?

★「女性ホルモン」というのは、「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」を指します。

この2つのホルモンは、「卵巣ホルモン」と呼ばれ、性周期の中で卵巣から分泌されるホルモン。多くの人に毎月のペースでおこる、「生理」や「排卵」に深く関係があります。

1. 卵胞ホルモン(エストロゲン)
卵巣ホルモンは俗に「美人ホルモン」とも呼ばれることがあるように、女性の美容の味方のホルモン。コラーゲンの生成を促し、肌や髪につやが出たり、女性らしいボディラインが生成されます。

2. 黄体ホルモン(プロゲステロン)
黄体ホルモンは体温が高くなることによる身体のだるさや、皮脂の過剰分泌による肌荒れ、むくみといった女性の大敵の要因となり得るホルモン。精神的にも不安定になりがちですし、ダイエットの時期としても特に苦労する期間となります。こういった症状が、「月経前症候群」と呼ばれているのです。

この2つのホルモンが正常に働くことで、「生理」や「月経」が円滑に発生してくるのです。

★それぞれのホルモンとの上手なつきあい方。

エストロゲンのピークは「排卵の直前」、プロゲステロンは排卵後5〜7日頃から次の生理まで多く分泌されます。まずは、毎月の生理を長期的に記録して、自分の「周期」を知りましょう。

1. プロゲステロンが分泌されているとき
「休息をこまめにと」「睡眠時間をしっかりと確保する」、といった生活習慣を整えることを特に意識してみましょう。

2. エストロゲンが分泌されているとき
積極的に体を動かすなど「美活」に力を入れてみましょう。更に磨きをかけることができるかもしれません。

このように、自分の周期・時期を把握することで、ちょっとした不調が出ても、「ああ、この時期だから仕方ないな」と少し落ち着いて状態を見ることができるでしょう。

【医師監修】女性ホルモンって何もの? 美活に影響! チャンスはいつ?

ニキビではなく吹き出物? ケアをするポイントは?

肌荒れを防ぐために怠ってはいけないもの

\教えてくれたのは… 一般内科医:成田亜希子先生/

 一般内科医:成田亜希子先生

吹き出物の原因となる「毛穴の詰まり」。吹き出物と似た皮膚症状を引き起こす「ニキビ」は思春期~20代頃までによく見られ、「吹き出物」は30代以降によく見られる皮膚トラブルです。

10代や20代の若い頃は、女性ホルモンの分泌が非常に盛んなため、皮脂の分泌も活発になります。過剰に分泌された皮脂は固まって毛穴を詰まらせやすく、ニキビの根本的な原因の多くは「皮脂の過剰分泌による毛穴の詰まり」と言えます。

30代を過ぎた女性は、どんなにケアを徹底していてもターンオーバーが乱れやすくなります。その結果、20代の頃とは原因が異なる吹き出物ができやすくなるのです。

さらに、40代を迎えた女性は、閉経に向けて徐々に女性ホルモンが減少していきます。女性ホルモンの一種であるエストロゲンは肌に潤いを保って肌の状態を整える作用があります。

このため、エストロゲンの分泌が減少すると肌が乾燥して固くなり、さらに毛穴が詰まりやすくなることで吹き出物ができやすくなるのです。吹き出物を防ぐためにも、30代を過ぎたら『保湿ケア』を怠らず、油分・糖分・香辛料の多い食べ物を控えるなど、肌のターンオーバーを整えるような規則正しい生活を心がけましょう。

女医が教える【吹き出物】の原因。今度こそ治したい!

大人ニキビ・肌荒れに着目したおすすめスキンケア

ミノン アミノモイスト|薬用アクネケア ローション(医薬部外品)

ミノン アミノモイスト|薬用アクネケア ローション

肌あれ・ニキビを防ぐ有効成分配合。水のようにさっぱりしているのに、うるおいに満たされる使い心地です。角質層をやわらげて、みずみずしい肌に。

・「さっぱりとした使用感が好きでした。肌も柔らかくなった気がします」(27歳/女性)
・「肌なじみも良く、使い心地に満足でした」(41歳/女性)
・「ローションがもちっとしていて潤いを感じ、肌に残ってくれるような感じがする。しっとりとして使い心地が良かった」(37歳/女性)

乾燥・テカリ・大人ニキビ徹底対策!【ミノン】敏感肌研究が編み出した新シリーズに注目

ミノン アミノモイスト|薬用アクネケア ミルク(医薬部外品)

ミノン アミノモイスト|薬用アクネケア ミルク

肌あれ・ニキビを防ぐ有効成分配合。肌をやわらげながら水分と油分を補って、キメを整えます。ベタつかず、うるおいが持続しやすい乳液タイプ。

・「気持ちよく肌にすーっとなじんで、浸透していく(角質層まで)イメージがあった。ベタつかないので使いやすかった」(25歳/女性)
・「保湿力があり、潤いもあり良かった」(40歳/女性)

乾燥・テカリ・大人ニキビ徹底対策!【ミノン】敏感肌研究が編み出した新シリーズに注目

ミノン アミノモイスト|バランシングベース UV(医薬部外品)

ミノン アミノモイスト|バランシングベース UV

ニキビのもとになりにくい処方(※)で、紫外線吸収剤を使わないノンケミカルタイプの下地。塗った瞬間は白っぽくなりますが、なじませると自然な肌色になります。(合成着色料フリー)

※すべての方にニキビができないわけではありません。

乾燥・テカリ・大人ニキビ徹底対策!【ミノン】敏感肌研究が編み出した新シリーズに注目

DUAL ORGANIC|アクネスキンシリーズ(オーガニック医薬部外品)

DUAL ORGANIC|アクネスキンシリーズ

統合医療の理論をいち早く化粧品領域に応用した新ブランド「DUAL ORGANIC(デュアルオーガニック)」は、女性が悩むさまざまな肌トラブルに対して、根本的な原因にも、複合的な原因にも“DUAL”にアプローチするオーガニック医薬部外品ブランドです。

DUAL ORGANIC|アクネスキンシリーズ

【上段左】アクネハーブウォッシュ(洗顔)100g/1,500円… 不安定ニキビ対策専用の、毛穴すっきり洗顔。
【上段右】アクネハーブウォーター(化粧水)120ml/1,900円… 不安定肌にしみこむ薬用ハーブ水。
【下段左】アクネハーブMDエッセンス(美容液)50g/2,300円… 皮脂&不安定肌に向けたオイルフリーハーブ美容液。
【下段右】アクネハーブMDミルク(乳液)50g/2,300円… 乾燥&不安定肌に向けた保湿予防乳液。

注目の【統合医療】で不定期ニキビ解消☆ 新ブランド【DUAL ORGANIC】

コーセー|プレディア ブラン コンフォール(医薬部外品)

コーセー|プレディア ブラン コンフォール

【_068:】洋深層水やハトムギ水が肌の炎症をしずめて、くすみがスッと浄化されるような使い心地。ニキビや毛穴が目立つときや、生理前の肌の乱れ対策に常備したい薬用化粧液。

美肌の味方、スキンケア・ボディケア・ヘアケアアイテム|100のスーパーベーシック

HIN|アクネスラボ インペリアル エッセンス

HIN|アクネスラボ インペリアル エッセンス

大人ニキビの第一人者である相澤ドクターが監修。加齢による肌トラブルをケアするために、女性ホルモン(エストロゲン)に注目したエイジングケアラインです。

30万人の大人ニキビや肌トラブルを解決してきた相澤ドクターによる、大人のためのドクターズコスメ。加齢に負けないみずみずしい肌を目指しましょう!

大人ニキビをケア! 加齢による肌悩みに応えるドクターズコスメ美容液

生理中の女性バランスをサポートするサプリメント

ララリパブリック|レディデイズサプリメント

ララリパブリック|レディデイズサプリメント

植物由来の厳選成分が、からだやこころのバランスを崩しやすい生理前・生理中の女性をサポート。

ララリパブリック|レディデイズサプリメント

不足しがちな栄養分もプラスし、揺らぎやすい生理中のキレイを支えます。

月に一度の不安定な時期に【Lara Republic】のサプリで女性バランスをトータルサポート


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.11.23

編集部のおすすめ Recommended

Oggi12月号 P183に掲載のバナナ・リパブリックのコートの本体価格に誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)¥25,818 →(正)¥27,637

Oggi12月号 P242に掲載のイレーヴのジャケットの本体価格に誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)¥66,000 →(正)¥72,000

Feature