イライラ… 肌荒れ… 女性ホルモンが乱れる原因って? 対処法は?【医師監修】 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. 健康
  4. メンタルヘルス
  5. イライラ… 肌荒れ… 女性ホルモンが乱れる原因って? 対処法は?【医師監修】

BEAUTY

2020.07.07

イライラ… 肌荒れ… 女性ホルモンが乱れる原因って? 対処法は?【医師監修】

誰にとっても健康のバロメーターとなるホルモンバランスの整え方について。婦人科系の悩みをテーマとした不妊治療の名医・杉山力一医師によるカラダの不調解決コラム。

ホルモンバランスを整えてご機嫌なカラダへ!

女性のお肌・ココロ・カラダの健康すべてに深いかかわりのあるホルモンバランス。

女性ホルモンのバランスが大切なことは理解してはいても、ガマンの生活が続く・当たり前になっている今では、ボディライン・スキンコンディション・メンタル面のすべての管理が難しく感じることもあるのではないでしょうか。

ここでは、

・女性ホルモンのバランスが乱れてしまう原因と対処法
・女性ホルモンのバランスを整えるべき理由

などなど、気になる情報を参考にしながら、さっそくご機嫌なカラダ・メンタルを目指していきましょう!

◆そもそも女性ホルモンが乱れる原因は何?

女性の年代・体質・肌質にかかわらず、誰にとっても健康のバロメーターとなるホルモンバランス。

ちょっとしたきっかけでもバランスが崩れやすい女性ホルモンは次のような原因で不安定になりやすいといわれています。

冷えによるもの

女性に多いカラダの冷えは、血液循環が不安定になることで、食事やサプリメントから摂取した栄養成分が、卵巣に届かなくなってしまうことでホルモンバランスが一気に崩れ、不妊や頭痛、疲労が長引くなどの悪循環が起こりやすくなります。

ストレスによるもの

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンは、卵巣から分泌され、その指令を脳から受けています。ストレスは、脳が疲労するために、卵巣にホルモン分泌の指令を出すことができなくなるため、分泌が機能しなくなり、生理周期が乱れ、太りやすい体質に変わってしまうこともあります。

睡眠不足によるもの

毎日を忙しく過ごしていると、十分な睡眠時間の確保ができず、睡眠の質が低下してしまうことがあります。

忙しい毎日による睡眠不足・睡眠の質の低下は、脳の疲れが解消できないことにつながるため、卵巣へホルモン分泌の指令が出せなくなり、ホルモンバランスが崩れやすくなるのです。

◆女性ホルモンは【増やす】よりも【整える】ことが重要!

女性ホルモンは、毎日の健康や美容、ダイエットの成果に深いかかわりがあるものなので、増やせばよいというイメージが一般的になっていますが、実はこれは大きな間違い。

女性ホルモンのエストロゲンが過剰に分泌されてしまうことは、ホルモンバランスが乱れていることとイコール。

エストロゲンの過剰な分泌は、

・乳がん
・子宮筋腫
・子宮筋腫
・子宮内膜増殖症
・子宮体ガン

のリスクを高めることが報告されているため、増やすことよりもエストロゲン・プロゲステロン両方のホルモン分泌のバランスを整えることが重要なポイントになるのです。

◆女性ホルモンのバランスを整えるためにできること

増やすよりも分泌のバランスが重要な女性ホルモン。ここでは、女性ホルモンのバランスを整えるためにおすすめの対処法をまとめて参考にしてみましょう。

適度な運動を習慣に

有酸素運動や軽いストレッチ、ヨガなどを習慣にすると、カラダ全体のめぐりが活性化しストレスを解消するため、どんどん女性ホルモンのバランスが安定してきます。

また、継続して運動をすると、筋肉に負荷がかかるので、心地よい疲労からぐっすり眠れるようになり、睡眠の質が徐々に向上していきます。

カラダとココロが心地よいと思う程度のカンタンな運動で良いので、毎日10~20分運動する時間を積極的に作ってみましょう。

バランスの取れた3回の食事を意識

朝昼晩の3回の食事は、女性ホルモンのバランスを安定化させるための栄養成分を常に補うことができ、食事を抜いた時に感じやすい物足りなさ・空腹感によるストレスの心配がなくなります。

女性のホルモンバランスに良いとされている、

・ビタミン:野菜やフルーツ
・ミネラル:魚類、肉類
・タンパク質:乳製品、大豆食品、肉類、魚類
・イソフラボン:大豆製品
・乳酸菌:乳製品、発酵食品
・食物繊維:キノコ類、山菜、緑黄色野菜、根菜

などの栄養成分が含有された食品をメインに摂取しながら、食事内容のバランスの見直しを始めてみましょう。

また、3回の食事の栄養バランスが整っていると、空腹感を感じにくくなることで食べすぎを防止し、ダイエット成功に一役買ってくれるエストロゲンが分泌され、女性らしいメリハリのあるボディラインを目指すことができますよ。

常に体温調整を

暑い季節は、どうしても薄着になったり冷たい飲み物を摂取したりする機会が増えるのですが、クーラーが利いている室内では、知らず知らずの内にカラダが芯から冷えてしまうこともあります。

冷たい飲み物・薄着のファッションはできるだけ避け、常温の飲み物や、体温調整がしやすいストールやカーディガンなどを常備して、カラダを保温する意識を忘れないようにしましょう。

◆~おわりに~

お伝えした女性ホルモンのバランスを整える対策は、継続するたびにカラダ・ココロ・お肌・ボディラインすべてのより良い変化が期待できるはず!

女性のキレイと健康の要となるホルモンバランスを整えながら、今までの不調も一気に解決できると嬉しいですね♪

医師 杉山力一

杉山産婦人科院長。不妊治療の名医。日本における生み分け法の権威・杉山四郎医師の孫。

東京医科大学産科婦人科医局では不妊治療・体外受精を専門に研究。その後、1999年より杉山産婦人科勤務。

監修する女性向けアプリ「eggs LAB」では、独自ロジックにより、アプリでの問診で自身の情報を入力することで、これまでにない高い精度での生理日・排卵日予測を実現。不安定な生理周期にも対応した適切なアドバイスや、妊活に関する情報まで、個々の身体の状態にフィットした「あなただけの/あなたのための/今欲しい情報」を発信中。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.12.03

編集部のおすすめ Recommended

Feature