「色即是空」とは? 言葉の意味と読み方、対義語・類語などをまとめて解説 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 「色即是空」とは? 言葉の意味と読み方、対義語・類語などをまとめて解説

WORK

2024.06.12

「色即是空」とは? 言葉の意味と読み方、対義語・類語などをまとめて解説

色即是空とは、現存するものはすべて実体がなく、空無であることを表す四字熟語です。本記事では「色即是空とは」をテーマに、四字熟語の読み方や意味、対義語、類義語について解説します。

色即是空とは

色即是空とは、物事の実体は一時的なものであり、常に変化しているという考えを表したものです。この教えは、色(物質的な存在や現象)と空(真実の実相や本質)が密接に関連していることを示しています。

この章では、「色即是空」の読み方や意味、由来、そしてその使い方について解説します。

「色即是空」の読み方・意味

「色即是空」の読み方は「しきそくぜくう」です。仏教のなかで重要な教えの1つであり、空(くう)の理念を表しています。

しき‐そく‐ぜ‐くう【色即是空】
仏語。この世にある一切の物質的なものは、そのまま空であるということ。「般若心経」にある語。→空即是色

出典:小学館 デジタル大辞泉

私たちが日常的に経験する色(物質的な存在)は、その根源や本質において空である(実体を持たない)ということ。つまり物事の本質は固定された実体ではなく、常に変化し、空であるという考えといえます。

この教えは、人間が執着することから解放され、真の自由を得るための道を示しているとされます。色(物質的な存在)に執着せず、その背後にある空の本質を理解することで、苦しみや煩悩から解放されるかもしれません。

「色即是空」の由来

「色即是空」はもともと、般若心経(はんにゃしんきょう)の一節から由来する言葉。般若心経は、全16部600巻に及ぶ「大般若波羅蜜多経(大般若経)」を簡潔に表したもので、大乗仏典の一つです。

そのなかでも「色即是空」は有名なフレーズであり、物事がその色や形で現れることは、それが実体を持つものではないことを示唆していると解釈されています。

本を読んでいる人
(c)Adobe Stock

「色即是空」の使い方

日常生活において「色即是空」を使用するシチュエーションは少ないかもしれません。会話や文中で用いる際は、以下の例文を参考にしてください。

1. 彼は修行を通じて物質的な欲望から解放され「色即是空」の理念を体現している

2. 絵画の美しさを称賛すると同時に「色即是空」という考え方を思い起こし、美の背後にある本質を考える

3. 仕事で成功を収めたが、その成功に執着せず「色即是空」の教えに従って、常に謙虚さを持つことを心がけている

「色即是空」の対義語

「色即是空」の対義語には、森羅万象や有象無象、天地万物などが挙げられます。森羅万象とは、あらゆる存在や現象を包括する意味を持つ四字熟語です。また有象無象や天地万物も、実体や形を持つ具体的なものや天地のなかに存在するすべてのものを指すため、色即是空と対をなす言葉と考えられます。それぞれの四字熟語について、本章で解説します。

人混み
(c)Adobe Stock

森羅万象

「森羅万象(しんらばんしょう)」とは、宇宙や自然界に存在するすべての事物や現象を包括的に表す言葉です。「森羅」とは森林や木々の意味であり、一方で「万象」はあらゆる生き物や物事を意味します。

人間もまた、広大な「森羅万象」の一部です。この意識を持つことで、自然や宇宙との調和を図り、持続可能な未来を築けるかもしれません。

有象無象

「有象無象(うぞうむぞう)」とは、さまざまなものが雑多に混じり合っている様子を表現する言葉です。さまざまな種類や形態のものが共存し、そのなかには品質や価値のまちまちなものが含まれているという意味が含まれます。しばしば物事の混沌とした状態や、整理されていない集まりを指して用いられる表現です。

天地万物

「天地万物(てんちばんぶつ)」とは、中国の古代哲学や思想における概念の一つ。文字通り、天と地の間にある全てのもの、という意味です。

天は自然界や、抽象的な法則や原理、または神聖な存在を表します。一方で地は具体的な物質や現象、生命の源として捉えられるでしょう。続く「万物」は、天と地によって生み出されたすべての存在や現象を指し示します。自然や人間社会のなかでの相互依存や調和の重要性を強調し、宇宙と個々の存在との密接な関係を示唆した言葉といえるかもしれません。

「色即是空」の類語

「色即是空」には複数の類語が存在します。代表的なものは、空即是色と一切皆空です。いずれも、この世に存在するあらゆるものが、本質的には「空」であることを強調する言葉です。本章では、この2つの四字熟語について、それぞれの意味を解説します。

手を差し伸べる
(c) Adobe Stock

空即是色

「空即是色(くうそくぜしき)」もまた、仏教用語の1つです。固定的な実体がない「空」であることが、事象を成立させる道理という意味を持ちます。

色(あらゆる物事)は空であるとする色即是空とは反対のアプローチですが、どちらも意味するものは同様です。色即是空と空即是色をあわせて考えると、「空」の理念と「色」の現実が、本質的には同一であることがわかります。

くう‐そく‐ぜ‐しき【空即是色】
仏語。一切の存在は現象であって空であるが、その空であることが体得されると、その現象としての存在がそのまま実在であるとわかるということ。「般若心経はんにゃしんぎょう」には「色即是空、空即是色」とある。

出典:小学館 デジタル大辞泉

一切皆空

「一切皆空(いっさいかいくう)」もまた、万物が本質的に空であることを示します。あらゆる物事には実体がなく、空の存在であることを表しています。

いっさい‐かいくう【一切皆空】
仏語。あらゆる現象や存在には実体がなく、空であるということ。

出典:小学館 デジタル大辞泉

「色即是空」の意味を深く理解しよう

「色即是空」の理念は、物質的な存在の一時的な現象を超え、真実の実相を見つめることを意味します。執着から解放されて真の自由を得るための道を示しており、心身の平穏をもたらす教えです。「色即是空」という語句に触れたこの機会に、物事の本質や真理をより深く理解して、特定の物事に囚われず、内なる平和を見出してみましょう。

メイン・アイキャッチ画像:(c)Adobe Stock

▼あわせて読みたい

Today’s Access Ranking

ランキング

2024.07.13

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。