Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 雑学
  5. 「小寒」の意味とは? 2023年はいつ? その時期が旬の食べ物・植物まで解説

LIFESTYLE

2022.12.09

「小寒」の意味とは? 2023年はいつ? その時期が旬の食べ物・植物まで解説

「小寒」とは二十四節気のうち、大寒に向かってますます冷え込む時期です。今回は、小寒の意味や七十二侯での表現、2023年の小寒は何日にあたるかなどを解説します。小寒の時期の食べ物や植物まで解説するため、ぜひ参考にしてください。

「小寒」の基礎知識

寒がるニットを着た女性
(c)Shutterstock.com

「小寒」は<しょうかん>と読み、そのうちの初日を「寒の入り」といいます。小寒とは二十四節気のひとつのことです。二十四節気はその年の太陽の動きにあわせて一年間を24分割したもので、小寒は二十四節気のうちの23番目の節気にあたります。

はじめに、小寒の詳しい意味や、その時期の特徴をチェックしていきましょう。また、その頃を七十二侯ではどのように表すのか、2023年の小寒はいつにあたるのかも解説します。また、小寒に関連する言葉には「大寒」があるため、大寒についてもあわせて理解しましょう。

小寒とはどのような意味?

小寒とは、寒さが厳しくなる時期の二十四節気のことです。寒さが小さいという意味で、一年でとくに寒い大寒に向かって、これからますます寒さが厳しくなっていく時期を指します。

二十四節気は、季節の移り変わりを知る目安として太陰暦をもとに春夏秋冬で分けたもので、中国から伝わりました。二十四節気では、一年間の始まりが「立春」で終わりが大寒です。

小寒は寒中見舞いを出すころ

小寒とは冬至と大寒の間の二十四節気で、暦のうえでは冬の寒さが厳しくなる時期です。小寒と大寒の時期を「寒」「寒中」「寒の内」と呼び、このころに寒中見舞いを出し始めます。

寒中見舞いは、寒さが厳しい時期に親戚や友人、知人などをいたわるために出す手紙のことです。年賀状の返事や喪中で年賀状を出せなかった場合などにも使われています。

寒中見舞いを送る際は、「寒中お見舞い申し上げます」と書き始め、送り先の方の健康を気遣うような言葉を添えましょう。

七十二侯では小寒の初侯・次侯・末侯

季節を表す言葉には、二十四節気だけではなく七十二侯もあります。七十二侯では、小寒のころのことを「初侯」「次侯」「末侯」で表します。それぞれの時期は、以下のとおりです。

・初侯…… 芹乃ち栄う<せりすなわちさかう>
春の七草のひとつである芹(せり)が盛んに育つころのこと。1月5日〜1月9日ごろを指している。

・次侯…… 水泉動<しみずあたたかさをふくむ>
地中で凍っていた泉が動き始めるころのこと。1月10日〜1月14日ごろを指している。

・末侯…… 雉始めて雊く<きじはじめてなく>
雄の雉が雌への求愛のために、甲高い声で「ケーンケーン」と鳴き始めるころのこと。1月15日〜1月19日ごろを指している。

2023年の小寒はいつ?

二十四節気は太陽の動きにあわせて定めているため、日付は固定されていません。小寒は毎年1月5日~1月19日ごろにあたりますが、その年によって変動があり、1日程度は前後することがあります。

2023年の小寒は、1月6日~1月19日です。また、小寒という言葉で「小寒に入る日」のことを指す場合もあります。この意味では、2023年の小寒は1月6日です。

大寒とは?

小寒の次の二十四節気は大寒です。大寒とは、例年1月20日〜2月3日ごろの、一年のなかでもとくに寒さが厳しくなる時期のことを指します。

この季節を指した「三寒四温」という言葉があります。寒い日が三日続くと、その後四日ほど暖かい日があり、春の訪れを少しだけ感じるころです。

立春の前日である節分の日が含まれています。節分の日の由来は、鬼が季節の変わり目に出るといわれることからです。そのため、「鬼はそと、福はうち」といって豆をまく慣わしができました。

小寒の時期の食べ物や植物

てっちり
(c)Shutterstock.com

小寒の時期は寒くて動きたくなくなるものの、あえて「寒稽古」や「寒中水泳」といった鍛錬をして寒の内に身体を鍛えると心身共に向上するとされています。

この時期は、1月7日に「七草粥」を食べたり、1月11日に「鏡開き」をしたり、小正月にあたる1月15日には「小豆粥」を食べたりします。また、「十日戎<とおかえびす>」という年初めのお祭りで商売繁盛を願うのも、小寒の時期です。

それでは、小寒の時期の食べ物や植物について、詳しくチェックしていきましょう。

小寒の時期の食べ物

小寒の時期の食べ物は、以下のとおりです。

<七草粥>
春の七草であるセリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロが入ったお粥。1月7日に無病息災を願って食べる。

<河豚(ふぐ)>
産卵前で脂がのっている。

<ブリ>
産卵や越冬で栄養をたっぷり蓄え、脂がのっている。日本海側で12月~2月初旬に水揚げされる天然のブリを「寒ブリ」とも呼ぶ。

また、寒い時期であることをいかした食文化もあります。この時期の大変冷たい水は「寒の水」と呼ばれ、清らかで霊力があると考えられていました。厳しい寒さで雑菌も繁殖しにくく長期間腐らないという話もあります。

寒の水を使った発酵食品は、雑菌が繁殖しにくくて発酵もゆっくり進むといわれているため、酒や醤油、味噌などは「寒仕込み」するといいといわれています。

小寒の時期の植物

小寒の時期の植物の例は、以下のとおりです。

<蝋梅(ろうばい)>
花の少ない冬の時期に咲くことで重宝されている。花びらがろう細工のようなことと梅に似ていることから、その名が付いた。

<なずな>
アブラナ科の植物で、ぺんぺん草とも呼ばれている。紀元前に東ヨーロッパから麦と一緒に入ってきたといわれている。

<柊(ひいらぎ)>
葉には鋭いトゲがある。このトゲによって邪気を払う木だとされている。

小寒の時期を楽しもう!

ホットドリンクを飲む人
(c)Shutterstock.com

これからますます寒さが厳しくなっていく時期である小寒は、冬至と大寒の間の二十四節気にあたります。

二十四節気は太陽の動きにあわせて定めているため、日付は固定されていません。小寒は毎年1月5日~1月19日ごろにあたりますが、1日程度は前後することがあります。

2023年の小寒は、1月6日~1月19日です。

この時期には、1月7日の七草粥や1月11日の鏡開き、小正月にあたる1月15日の小豆粥など、さまざまな食べものに関わる慣わしがあります。

寒くて動きたくなくなる時期ではあるものの、その時期ならではの楽しみ方をして健康的に過ごしましょう。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

▼あわせて読みたい


Today’s Access Ranking

ランキング

2023.02.05

編集部のおすすめ Recommended

Oggi3月号で商品の価格に間違いがありました。99ページ、107ページに掲載の“シシ”のスニーカーの価格は、正しくは¥20,500になります。お詫びして訂正いたします。

Oggiの名前を騙ったECサイトにご注意ください!
Oggiの表紙や掲載写真・文言などを使い、商品を極端に安価に販売している日本語の海外通販サイトの存在を確認しています。小学館やOggiとは一切関係ございませんので、十分にご注意ください。
【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。