Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 「挨拶」美人は愛され美人! 好感度をあげる「挨拶」の仕方を丁寧に解説

WORK

2022.08.28

「挨拶」美人は愛され美人! 好感度をあげる「挨拶」の仕方を丁寧に解説

普段何気なくしている「挨拶」が、人間関係を築く上でどれだけ大切かを考えたことはありますか? 「挨拶」は、日常生活やビジネスシーンでは欠かせないコミュニケーションツールなんです。本記事では、「挨拶」の意味や効果を丁寧に解説。相手に好印象を与える「挨拶」の仕方も紹介します。

「挨拶」がいかに大切か

子供の頃から、誰かに会ったらきちんと「挨拶」をするように教えられてきた人は多いと思いますが、「挨拶」がなぜ大切なのか、深く考えたことはありますか?

学校や職場、ご近所などで無意識に交わす「挨拶」は、人間関係を築く上で非常に大切なんです。本記事で、「挨拶」がいかに大切かを改めて考えてみましょう。本記事を読み終わった後は、より気持ちよく「挨拶」ができるようになっているはずですよ!

握手しようとする手
(c)Shutterstock.com

「挨拶」をする意味とは?

「挨拶」には、相手に心を開く意味合いがあります。「挨拶」するのは当たり前だからと、ただ何となく「挨拶」していてはもったいないです。「挨拶」には次のような効果がありますので、理解するとより気持ちがこもった「挨拶」ができます。

相手の存在を認めていることを表せる

「挨拶」をするということは、相手の存在を認め心を開くということ。知り合いと会えば、普通は「挨拶」をするものですよね。それは相手の存在を認識し、「挨拶」をすべきだと意識が働くからです。

反対に、知らない人やあまり関係が深くない人であれば、「挨拶」をせずにすれ違うこともあるでしょう。あまり知らない人でも、あちらから「挨拶」をしてくれると嬉しい気持ちになったりするのは、相手が自分に対し心を開いてくれている表れだからです。

相手に感謝の気持ちを伝えられる

感謝の表現には、直接的に「ありがとう」と伝える手段ももちろんありますが、「挨拶」を通じても、相手に感謝の気持ちを伝えられるんです。

「お疲れ様でした」や「今日は○○さんのおかげで助かりました」など一言声をかけるだけで、きっと喜んでくれるはず。心を込めて「挨拶」をすれば、きっと相手にも届きますよ。

親しくなるきっかけになる

「挨拶」は、相手と親しくなるきっかけを与えてくれもします。気持ちよく「挨拶」をすることで、相手も話しかけやすくなり、そこからコミュニケーションが生まれるからです。初対面の人や、これから仲良くなりたいと思っている人に積極的に「挨拶」をしてみませんか? もしかすると「挨拶」をきっかけに、そこから長く続く友情が生まれたり大切な人と出会えるかもしれませんよ!

握手している女性
(c)Shutterstock.com

第一印象を良くしてくれる

第一印象は、その人との今後の関係性を左右する非常に重要なものですよね。「挨拶」は出会ってすぐにするものですので、「挨拶」が第一印象を決めるといっても過言ではありません。丁寧で心のこもった「挨拶」は、初対面の相手でも心に届きます。

「挨拶」の印象がいいと、「この人とは一緒に仕事をしたいな」と思われますが、「挨拶」の印象が悪い場合は、「挨拶もちゃんとできないの、きっと仕事に対しても不真面目なのかな」と思われる恐れが。それくらい、「挨拶」はビジネスシーンにおいても非常に大切なのです。

緊張がほぐれる

初対面の人と会う時や面接の際は少なからず緊張してしまいますよね。ですが、「挨拶」をすることでその緊張を和らげてくれる効果があるんです。声を出すことで緊張がほどかれる効果あったり、簡単な「挨拶」でお互いの距離が少し縮みその後の会話を広がりやすくなったりします。

緊張しすぎて「挨拶」を忘れてしまい、いきなり本題に… なんてことにならないよう、話始める前に少し深呼吸をすると、自然な「挨拶」ができるのでオススメです。

心地よい「挨拶」をするためのポイント

相手に好印象を与える「挨拶」の仕方があります。このポイントを押さえておくと相手も心を開きやすくなり、その後のコミュニケーションもグッとスムーズになりますので、ぜひ覚えておきましょう。

相手の目を見て「挨拶」する

目を見て「挨拶」をすることで、相手へ気持ちが伝わりやすくなります。視線をそらしたり、よそ見をしながら「挨拶」をしてしまうと、「わたしに関心がないのかな」、「本当は『挨拶』したくないのかな」と失礼な印象を与えてしまうので、気をつけましょう。

相手に伝わるボリュームで

いくら気持ちを込めて「挨拶」をしても、相手に伝わらなければせっかくの「挨拶」も無駄になってしまいます。「挨拶」をするときは、相手に伝わる声のボリュームを意識しましょう。

「挨拶」をするシーンは様々です。周囲が静かな時に大きな声で話しかけたり、騒々しい場所で小さい声になっていたり… TPOに合わせた声のボリュームが大事。はっきりとした口調で「挨拶」するのが基本です。

優しい笑顔

最後のポイントは、笑顔です。「挨拶」をする際は、表情にも意識をもっていきましょう。せっかく丁寧な「挨拶」をしても、無表情だと相手を怖がらせてしまうかもしれません。大袈裟な笑顔は必要なく、ちょっと口角を上げる程度で大丈夫。初対面の人にも好印象を与えてくれるでしょう。

目をみて握手をしている女性
(c)Shutterstock.com

ビジネスシーンでの「挨拶」

ビジネスシーンでは、「挨拶」はマナーの大事な一つです。「挨拶」一つで今後の付き合い方が大きく左右されるといっても過言ではありませせん。社内でも社外でもどんなシーンにおいても、相手に届く気持ちの良い「挨拶」をしましょう。

日常での「挨拶」とは違い、より意識しなければならないところは、取引先や上司や先輩、同僚などによって「挨拶」の仕方が異なる点。「お世話になります」や「お疲れ様です」など、職場によっても使い方が違うので、自分の環境に応じて正しく使い分けましょう。

最後に

「挨拶」がいかに大切か、理解は深まりましたでしょうか? 普段何気なく「挨拶」をしている人は多いかと思いますが、「挨拶」の意味や効果を理解するとより丁寧に「挨拶」をしたくなりますよね。「挨拶」は、日常生活やビジネスシーン、あらゆる場面で人のコミュニケーションを円滑にしてくれます。

「挨拶」は、初対面のシーンやその日一日をスタートする際に行われるものです。「挨拶」をされて悪い気持ちになる人はほとんどいません。また自分自身も「挨拶」をすることで、気持ちが軽やかになります。本記事で紹介した「挨拶」のポイントをしっかりと押さえて、「挨拶」美人になってくださいね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

【関連記事】


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.10.07

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature