Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 雑学
  5. 「感謝の気持ち」の伝え方とは?「感謝の気持ち」が大切な理由なども解説

LIFESTYLE

2022.07.16

「感謝の気持ち」の伝え方とは?「感謝の気持ち」が大切な理由なども解説

当たり前になっているとついつい忘れがちになる「感謝の気持ち」。しかし、改めて感謝を伝えるにはどうしたらよいか悩んでいる方も多いはず。今回は、「感謝の気持ち」の伝え方や、「感謝の気持ち」が大切な理由、「感謝の気持ち」を忘れないための習慣を紹介します。

「感謝の気持ち」とは?

普段当たり前にあるものや人のありがたさは、なかなか気づけない人も多いのではないでしょうか。「感謝の気持ち」を改めて伝えることも気恥ずかしいもの。普段は忘れてしまいがちな「感謝の気持ち」をこの機会に見つめてみましょう。

「感謝の気持ち」が大切な理由を紹介

(c)Shutterstock.com

「感謝の気持ちを大切に」とはよく言われる表現ですが、そもそもどうして「感謝の気持ち」が大切なのでしょうか。具体的な理由が分かれば、普段から「感謝の気持ち」を意識しながら生活することができるようになるかもしれません。

まずは、「感謝の気持ち」が大切な理由について考えてみましょう。

1:良い人間関係が築ける

人は、様々な人と関わり合いながら日々生活しています。「感謝の気持ち」は、他者との繋がりをより強固に、そして良好なものにしてくれるのです。「いつもありがとう」と伝えられて嫌な気持ちになる人はいませんよね。

2:ポジティブになれる

「感謝の気持ち」は、相手への感謝だけでなく敬意や尊敬が含まれることも多いです。これらの言葉や意味はポジティブなものとして捉えることができます。日頃から「感謝の言葉」を伝えることで、自分自身もポジティブな気持ちになれるはず。

3:成功しやすい

「感謝の気持ち」を伝えることはプライベートだけでなく、ビジネス面においても重要な要素です。ポジティブになれるうえ、仕事のモチベーションを高めることにも繋がります。なぜなら、「感謝の気持ち」を伝えることで、良好な関係を築けた相手と仕事をすることができるから。仕事におけるストレスが減ったり、お互いを高め合ったりしながら仕事を行えるようになるのではないでしょうか。

4:周りの協力を得やすくなる

人は一人で生きていくことはできません。周りの人と協調しながら生活していく必要があります。「感謝の気持ち」を伝えて、人との繋がりをたくさんつくっておくことで、いざというときに、周りの人が力になってくれるでしょう。

「感謝の気持ち」の伝え方とは?

(c)Shutterstock.com

「感謝の気持ち」を伝える重要性が分かったところで、続いては「感謝の気持ち」の伝え方について考えてみましょう。大人になるにつれて、改めて「感謝の気持ち」を伝えることが難しくなったと感じる人も多いかもしれませんね。そんな場合には、ぜひ本記事をひとつの参考にしてみてください。

1:「感謝の気持ち」はすぐに伝える

何か助けてもらったときや、「ありがたいな」と感じたときは、その場で「感謝の気持ち」を伝えるように意識しましょう。改めて「感謝の気持ち」を伝えようとすると、かしこまった感が出たり、他人行儀で照れくさくなったりしてしまうことがあります。そのため、流れの中で自然に「感謝の気持ち」を伝えてみましょう。

2:理由も添えて「感謝の気持ち」を伝える

「ありがとう」という言葉とともに理由を添えることも効果的な「感謝の気持ち」の伝え方です。理由まで伝えることで、より「感謝の気持ち」が強調されます。

もし直接伝えることが恥ずかしくて抵抗感を覚える場合は、間接的に表現してみてはどうでしょうか。

例えば、仕事を手伝ってもらった際に「手伝ってくれてありがとう」ということが恥ずかしかったら「○○さんのおかげで早く仕事が終わったよ、ありがとう」と言い換えてみましょう。普段は言いにくい感謝の言葉も、表現方法を工夫することで伝えやすくなりますよ。

3:「感謝の気持ち」を伝える時は笑顔で

口では「ありがとう」と言っていても、顔が無表情だったらどう感じるでしょうか。「本当はそうおもってないのかな」と不安に思ってしまうかもしれませんね。「感謝の気持ち」は、ポジティブな気持ちなので明るい表情で伝えてあげると、相手に気持ちが伝わりやすいです。

4:贈り物を添えて伝える

普段当たり前になると忘れがちな「感謝の気持ち」。改めて感謝を伝えるなら、プレゼントを添えてみるのもおすすめの伝え方です。誕生日やクリスマスではない、日常の一日に贈るプレゼントだからこそ、「感謝の気持ち」が伝わるのではないでしょうか。

5:手紙に書いて伝える

口で「感謝の気持ち」を伝えるのももちろん素敵なことですが、普段は書かない手紙に「感謝の気持ち」を綴ってみるのも良いかもしれませんね。文字だからこそ、思いの丈を素直に綴れるということもあります。

現代では、SNSやメールで簡単に文章を送ることができますが、手書きの文字の暖かさで「感謝の気持ち」を伝えてみましょう。

「感謝の気持ち」を持つための習慣を紹介

(c)Shutterstock.com

「感謝の気持ち」は、自分や周りの人に幸福をもたらす気持ちです。そんな「感謝の気持ち」は普段から忘れずにいたいですね。そこで、最後に「感謝の気持ち」を持つための習慣について紹介します。

1:日々の生活が「あたりまえ」だと思わないようにする

身の回りの環境が、「あたりまえ」ではないということを意識してみましょう。人は自分を育ててくれた両親や、仕事を教えてくれた上司、相談に乗ってくれる友人など多くの人と関わり合い、また支え合いながら生きています。

今の自分があるのは、周りの環境があってこそといえるでしょう。

2:ポジティブに考える

本記事では、「感謝の気持ち」とポジティブの関係性についても紹介してきました。「感謝の気持ち」を伝えることでポジティブになることができますが、反対にポジティブ思考を意識することで自然と「感謝の気持ち」が芽生えてくると言い換えることもできます。

この良いサイクルをつくれるように、まずは意識的にポジティブな発言をしてみたり、アクティブな活動を行ってみたりするのもいいですね。

最後に

当たり前の存在だからこそ忘れがちな「感謝の気持ち」。本記事を読んで、日々の生活を振り返るきっかけになったでしょうか? 「ありがとう」は、言う側も言われた側も嬉しい気持ちになります。気持ちは言葉にしないと相手へ伝えることができません。また、普段改まって言う機会がないからこそ、「感謝の気持ち」を大切にしたいですね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.08.16

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.32~33に掲載の3商品の価格に誤りがありましたので、訂正いたします。【1】P.32人物着用リング(人差し指手首側/k10×SV)誤:¥26,200 → 正:¥26,400、【2】P.33上リング3点写真(右/SV×ターコイズ)誤:¥30,800 → 正:¥33,000、【3】P.33上リング3点写真(左/K10×クォーツ×ターコイズ)誤:¥35,200 → 正:¥38,500
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature