Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 雑学
  5. 「目が覚める飲み物」とは? コンビニや自販機で買えるものを紹介

LIFESTYLE

2022.08.23

「目が覚める飲み物」とは? コンビニや自販機で買えるものを紹介

仕事や勉強の最中に眠気が襲ってきて集中できない… なんてことはありませんか? 今回は、そんな時に役立つ「目が覚める飲み物」を紹介していきます。その他にも、目が覚める食べ物や、眠気覚ましに効果的な摂取の仕方について解説していきます。

眠たくなるメカニズムとは?

まずは眠気が生じる原因について理解を深めましょう。睡眠は、脳内の体内時計と密接な関係にあり、睡眠欲求と覚醒力という2つのバランスから成り立っています。

睡眠欲求と覚醒力

起きている時間が長いと、疲労によって体が睡眠を求めます。普段あまり寝付けない人でも、長時間起きていれば睡眠欲求により自然と眠気が生じるはずです。一方で、覚醒力は一定の時刻に増大したり減少したりします。起床後徐々に覚醒力が強まり、就寝時に向けて急速に弱まるために、私たちは毎日同じ時刻に眠気が生じるのです。

ドリンクでカフェインを摂取しましょう

疲労が蓄積すると、体内でアデノシンという物質が生産されます。そのアデノシンが脳内のアデノシン受容体と結びつくことで眠気が生じるため、眠気を覚ますにはこの結合を阻止しなければなりません。その役目を果たすのがカフェインです。

カフェインは、アデノシンとよく似た形状のため、アデノシンの代わりに受容体と結びつくことができます。そうすることで眠気を生み出す過程を阻止してくれるのです。カフェインには、他にも疲労感を減少・抑制する効果や、血流をよくする効果があります。

「目が覚める飲み物」とは?

眠気が生じるメカニズムについては理解いただけましたか? では、早速カフェインの含有量の多い「目が覚める飲み物」について紹介していきます。王道のコーヒーから、コーヒー以外のものも紹介しているのでぜひチェックしてくださいね。

1:コーヒー

珈琲と珈琲豆
(c)Shutterstock.com

眠気覚ましの王道アイテムですね。100mlあたりのカフェイン含有量は60mg。インスタントのコーヒーよりもドリップコーヒーの方がカフェイン含有量が多く、効果が出やすいと言われています。コーヒーは1日1-2杯を目安に飲みましょう。

また、甘いものよりも無糖のコーヒーの方がおすすめです。糖分を摂取してしまうと血糖値が上昇し、インスリンの分泌量が増えます。そうすると、連鎖的にメラトニンという眠気を促す物質も増加するため、眠気が生じてしまうのです。

2:紅茶

グラスに紅茶を注ぐ
(c)Shutterstock.com

紅茶は100mlあたり30mgのカフェインが含まれています。コーヒーの半分ほどのカフェイン含有量ですが、コーヒーが苦手な方は紅茶を代用しても良いかもしれません。1日に3-4杯を目安に飲んでみてくださいね。

3:緑茶

急須で緑茶を淹れる
(c)Shutterstock.com

緑茶の中でも、特にカフェイン含有量が多いのは玉露です。一般的な緑茶は、100mlあたり大体20mgのカフェイン含有量であるのに対して、玉露はなんと100mlあたりに160mgもカフェインが含まれているのです。茎よりも新芽に多く含まれるため、苦味の多い玉露や抹茶、上級煎茶は眠気覚ましに効果的といえるでしょう。アイスよりホットで飲む方がオススメです。

4:エナジードリンク

缶を上から見る
(c)Shutterstock.com

エナジードリンクには、栄養補給を目的とするものや、眠気覚ましの効果があるものなど、様々な種類があります。その中で眠気覚ましの効果があるものは、「モンスター」、「レッドブル」、「眠眠打破」などです。

これらはどれも1缶あたりのカフェイン含有量が100mgを超えており、手軽にカフェインを摂取できるようになっています。ジュース感覚で飲みすぎてしまうと、カフェインの過剰摂取になってしまうので、多くても1日2本ほどにしておきましょう。

目が覚める食べ物とは?

次に、目が覚める食べ物について4つ紹介していきます。身近で買える食べ物なので参考にしてみてください。

1:チョコレート

板チョコと丸いチョコ
(c)Shutterstock.com

チョコレートにはカフェインと、カフェインによく似た働きを持つテオブロミンが含まれています。この2つの成分はどちらも覚醒効果やリラックス効果があるため、眠気覚ましには最適です。ハイカカオチョコレートであればさらに効果が期待できます。

2:ミント系のガム

掌にガムとミント
(c)Shutterstock.com

噛む動きは、脳を活性化させ、血液の循環をよくします。ミントやメンソールのガムであれば爽快感も感じ、よりスッキリした気分になるでしょう。ガムは口に含みながら作業できるため、運転や勉強中に手軽に摂取できそうですね。

3:大豆

器とスプーンに入った大豆
(c)Shutterstock.com

大豆に含まれるアルギニンという成分は、カフェインの覚醒効果をさらに高める働きがあります。さらに銅とパントテン酸という成分も含まれており、疲労回復効果やストレス軽減にも効果があるようです。コーヒーと一緒に食べるとより眠気覚ましになります。

4:アーモンドやナッツ

アーモンドとスプーン
(c)Shutterstock.com

アーモンドやナッツは低GI食品です。皆さんは食後急に眠たくなることはありませんか? これは血糖値が急激に変化し、インスリンが分泌されることが原因となります。低GI食品は血糖値の変動が緩やかであるため、摂取しても眠気が生じにくいのです。

また、アーモンドやナッツにはチロシンというアミノ酸が豊富に含まれています。これがドーパミンやノルアドレナリンという神経伝達物質の合成を促し、やる気を起こす働きも担っているのです。

カフェインの正しい取り方

紙コップと紙コップで飲み物を飲む男性
(c)Shutterstock.com

ここまで、カフェインを含む飲み物や食べ物をいくつか紹介してきました。しかし、カフェインを摂取する際には、作用時間や摂取量に注意する必要があります。以下ではカフェインの効果的な摂取の仕方や、注意点について紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

効果的な摂取の仕方

カフェインは摂取してから、約30分後に効果があらわれるといわれています。また、ストレスホルモンの分泌量が少ない午前10時、午後3時から4時に摂取することでより効果が強まるそう。飲んですぐ効果が出ないこと、そして時間帯によって効果の出やすさが変わることを覚えておきましょう。

摂取する時の注意点

カフェインの過剰摂取は、めまいや心拍数の増加、不眠症、吐き気などの健康被害を引き起こす可能性があります。カフェインは1日あたり400mg、1回あたり200mgまでの摂取にとどめましょう。

また、空腹時にカフェイン摂取すると、胃の粘膜を刺激しお腹を壊したり下痢をするケースがあります。食事の後に、できれば乳製品と一緒に摂取することでゆっくり持続的な吸収が可能になります。

最後に

今回は、眠気覚ましの効果のある飲み物や食べ物について紹介しました。コンビニや自販機で買える商品ばかりですので、ぜひ皆さんも眠気を覚ましたい時に使ってみてくださいね。ただし、カフェインの取り過ぎには気をつけましょう。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

【関連記事】


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.09.27

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature