Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マナー
  4. 十三夜の意味や由来は? 十五夜との違いや2020年がいつなのかもご紹介

WORK

2020.09.16

十三夜の意味や由来は? 十五夜との違いや2020年がいつなのかもご紹介

「十三夜」とは、旧暦の9月13日~14日の夜のことをいいます。「十五夜」の方がよく耳にするかもしれませんが、秋の満月を鑑賞する「お月見」の風習には「十三夜」という、日本独特の風習があるんです。本記事では「十三夜」の意味や由来、十五夜との違いについて解説します。

【目次】
「十三夜(じゅうさんや)」の意味や由来
「十三夜」の別名は豆名月・栗名月・後の月
「十三夜」もお団子を飾る? 並べ方や後の月見についても知ろう
最後に

「十三夜(じゅうさんや)」の意味や由来

みなさん、「十三夜」をご存知でしょうか? 広く知られているのは「十五夜」ですよね。「中秋の名月」とも呼ばれ、美味しい月見団子を食べながら、秋の満月を鑑賞する「お月見」の風習がありますよね。

実はそんな「十五夜」の他にも「十三夜」という、日本独特の風習があるんです。今回は、「十三夜」についてご紹介します。秋の夜長に日本古来の素敵なお月見をしてみませんか?

まずは、「十三夜」の意味や由来について解説します。

◆「十三夜」の意味や由来

(c)Shutterstock.com

十三夜は旧暦の9月13日~14日の夜をいいます。十五夜が中国伝来の風習であるのに対し、十三夜は日本で始まった風習。十五夜では月の神様に豊作を願います。十三夜は、稲作の収穫を終える地域も多いことから、秋の収穫に感謝しながら、美しい月を愛でるのです。この時代は、月の満ち欠けなどを用いて暦を計算する旧暦を用いていたため、人々の生活と月は密接につながっていました。

旧暦は、毎月新月から数え始めます。新月から数えて、14日目~17日目が満月です。十五夜は新月から数えて15日目なので満月、もしくは満月に近い月。十三夜は新月から数えて13日目なので、満月には少し欠ける月です。十三夜は、十五夜の次に美しいとされています。

十三夜のお月見の始まりについては、諸説あります。平安時代に醍醐天皇が、月見の宴を催し詩歌を楽しんだのが、十三夜の月見の始まりではないかという説が代表的です。また、平安時代後期の書物に明月の宴が催されたことが記され、宇多天皇が「今夜の名月は並ぶものがないほど優れている」という意味の詩を詠んだという記述があり、風習として親しまれていたことが分かります。

十五夜も十三夜も、お月見を楽しむことを大切にしており、どちらか一方しか見ないことを「片見月(かたつきみ)」・「片月見」と呼びます。片月見は、縁起の悪いこととされ、災いが来るといって忌まれていました。十五夜と十三夜を合わせて「二夜の月(ふたよのつき)」と呼びます。

また、9月と10月の間に「閏9月」がある年には、十五夜と十三夜が2回訪れ、2回目は「後の十五夜」「後の十三夜」と呼ばれます。閏月(うるうづき・じゅんげつ)とは、月の満ち欠けによって決まる太陰暦の1年と太陽暦の1年とのずれを補うために入れられる月のことです。閏9月が入れられた年は、2回ずつ十五夜と十三夜を楽しむことが出来ます。美しい月を愛でる機会が多いのは、良いことですね。

さらに、東日本を中心に旧暦10月10日に十日夜(とおかんや)と言われる行事がありますが、お月見よりも収穫祭の意味合いが強いです。十日夜に見る月が、その年の収穫の終わりを告げるとされていました。十五夜と十三夜、十日夜が全て晴天に恵まれると、縁起が良いと言われています。

◆2020年の「十三夜」は10月29日

では、今年はいつ、お月見をしたら良いのでしょうか?

十三夜は、旧暦の日付で定められているため、毎年同じ日にやってくるとは限りません。2020年の十五夜は10月1日(木)、十三夜は10月29日(木)です。片月見とならないよう、両日とも、お月見を楽しみましょう。

「十三夜」の別名は「豆名月・栗名月・後の月」

十三夜には、別の言い方があります。この時期は、栗や豆が収穫できる時期であり、旬のものをお供えしてお月見をしたことから「豆名月(まめめいげつ)」「栗名月(くりめいげつ)」と呼ばれます。十五夜の芋名月が、芋を収穫しお供えしたことから名づけられたのと同じですね。また、十五夜に次いで美しく、十五夜の後に巡ってくるので、「後(のち)の月」とも呼ばれます。

「十三夜」もお団子を飾る? 並べ方や後の月見についても知ろう

(c)Shutterstock.com

お月見では、秋の収穫に感謝するため、収穫物をお月様にお供えします。お供えしたものは、必ず美味しくいただきましょう。神様との結びつきが強くなると考えられています。十五夜に対して十三夜の月見を「後の月見」と言います。

「後の月見」に何を準備して、楽しみましょうか? まずは、月見団子。十三夜の場合は、13個のお団子を用意し、1段目に9個、2段目に4個並べます。月見団子は、お月様から見えるところもしくは、床の間にお供えしましょう。合わせて、収穫された旬の果物や野菜をお供えし、秋の実りに感謝します。旬を迎える栗やブドウと言った果物がおすすめです。名前の由来にもなっている枝豆、大豆をお供えするのも良いでしょう。

そして、収穫物と共に、ススキを飾ります。ススキの鋭い切り口は、魔除けになる。茎の内部が空洞のため、神様の宿り場になると信じられていたため、古くから神様の依り代(よりしろ)と考えられていました。悪霊や災いなどから収穫物を守り、翌年の豊作を願う意味が込められています。

最後に

(c)Shutterstock.com

今回は「十三夜」について解説しました。いかがでしたでしょうか? 古くから日本では、四季折々の自然を感じて暮らしてきました。秋の澄んだ空気の中、綺麗な月を見上げて、秋の実りに感謝することがお月見の風習です。日々の忙しさに追われる現代ですが、ふと立ち止まり、月を見上げてみる。今年は、そんな心休まる時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

TOP 画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.27

編集部のおすすめ Recommended

Feature