洗練度が高まる【大人のカジュアルコーデおすすめ30選】こなれ見えのカギはミックス感 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. カジュアルコーデ
  5. 洗練度が高まる【大人のカジュアルコーデおすすめ30選】こなれ見えのカギはミックス感

FASHION

2021.03.19

洗練度が高まる【大人のカジュアルコーデおすすめ30選】こなれ見えのカギはミックス感

何気なく着ている定番のカジュアルコーデ、ただのリラックス感のある着こなしになっていませんか? 今どきのカジュアルコーデは、着心地のよさだけでなく女っぽい雰囲気を盛り込むことが大切。今回は冬のワードローブと合わせた、大人のカジュアルコーデをピックアップ。洗練度を高める秘訣をチェックしてみましょう。

【目次】
この冬に着たい大人のカジュアルコーデは?
【スカート】の抜け感で女っぽさが際立つカジュアルに
【パンツ】きちんと感を味方に冬のカジュアルを更新
【ワンピース】小物以外はレディに徹するのが正解
最後に

この冬に着たい大人のカジュアルコーデは?

上品さも洗練さも加味した着こなし、それが大人のカジュアルコーデ。今回は冬だからこそ楽しめるアウターとの組み合わせや、定番のスタイルに終わらない女っぽいのにカジュアルな着こなしをご紹介します。

《カジュアルコーデに役立つアイテム》
・ダウンジャケット
・デニム素材(アウター・パンツ)
・ニット素材(スカート・ワンピース・帽子)
・ロゴやプリントTシャツ
・ボーダートップス
・スニーカー
・もこもこした小物

【スカート】の抜け感で女っぽさが際立つカジュアルに

女らしいスカートをカジュアルな方向にまとめるときは、さまざまなアプローチができます。カジュアルなアウターやトップスなど、ゆるシルエットでラフ感を演出したり…。スニーカーできれいめスカートを受け止めるように、テイストでメリハリを効かせるのが大人っぽく着こなす秘訣。

【1】ブラウンのサテン生地スカート×白ダウンジャケット×デニムジャケット

ブラウンのサテン生地スカート×白ダウンジャケット×デニムジャケット

旬のツヤ素材のロングスカートは、ショート丈の白ダウンコート合わせで好バランスに。清涼感のあるアウターにデニムジャケットを重ねるレイヤードで、こなれ感を手に入れて。

ホワイトダウンで〝NOTほっこり〟なカジュアルコーデ

【2】キャメルフレアスカート×ハイテクスニーカー

キャメルフレアスカート×ハイテクスニーカー

キャメルスカートに白コートを合わせたおだやかな配色コーデは、あえてスポーティな靴をぶつけて今っぽく。ヘルシーさはキープしつつ、大人っぽいカジュアルスタイルに仕上げて。

アクティブであったかい♡ スニーカースタイル

【3】レオパード柄スカート×オートミールカラーコート

レオパード柄スカート×オートミールカラーコート

この冬トライしたいレオパード柄はオーバーシルエットの黒タートルニットを合わせて旬の表情に。存在感のあるスカートは、オートミールカラーのコートと合わせてやさしい印象に仕上げて。

ニュアンスカラーのコートでまろやかコーデ

【4】黒ニットスカートセットアップ×ベージュニットストール

黒ニットスカートセットアップ×ベージュニットストール

体のラインを拾いにくい太リブ仕様やスカートのサイドスリットが今年らしい、黒のクルーネック×ひざ下タイトスカートの辛口ニットアップコーデ。ストールもニットを選んでカジュアルな方向に。

今年はブーツと合わせたい♡ 人気の【スカートニットアップ】で女っぷりをUPさせて!

【5】黒タイトスカート×白ロゴTシャツ×白シャツ

黒タイトスカート×白ロゴTシャツ×白シャツ

ロゴTシャツonシャツのカジュアルなレイヤードに大人っぽいコートをはおってグッと女らしく。今季トレンドのグレンチェックコートは注目アイテム。

【発見! 4万円以下コート】グレンチェックコートの実力

【6】黒タイトスカート×白フーデットコート

黒タイトスカート×白フーデットコート

デートにぴったりのかわいさを演出してくれるフードのついた白コート。コーディネートをシンプルにまとめた分、派手なバッグでインパクトを出したいところ。

彼にもっと愛されちゃう♡ 白のフーディーコートコーデ

【7】グレーニットタイトスカート×デニムジャケット

グレーニットタイトスカート×デニムジャケット

カジュアルの代表格のアイテムであるデニムジャケットも、ニットスカートと赤みブラウン系タイツという女っぽいアイテムと合わせれば、一気にリッチな印象にシフト。

Gジャンを崩さずリッチに見せるフェミニンコーデ

【8】ピンクスカート×グレーニット×白スニーカー

ピンクスカート×グレーニット×白スニーカー

茶系グラデーションでキレイ色スカートをやさしい印象にまとめて。スニーカーを合わせれば、休日デートにも最適のコーデです。

【ゴルフコンペの日のコーデ】行き帰りもプレー後のパーティも好感度アップするには

【パンツ】きちんと感を味方に冬のカジュアルを更新

とことんカジュアルアイテムでまとめても、マニッシュなパンツコーデならしっかりと大人っぽく受け止めてくれます。ラフな印象のデニムやカーゴパンツのときは、ヒール靴で足元に女らしさをプラスすると洗練度が高まり、バランスよくまとまりますよ。

【1】カーキパンツ×プリントTシャツ×ベージュシアーニット

カーキパンツ×プリントTシャツ×ベージュシアーニット

寒い冬はレイヤードでおしゃれにあたたかく。冬服に少し飽きてきたら、プリントTにシアーニットを重ねて冬コーデを新鮮に。マニッシュなカーキパンツも、春素材を先どりすることでリフレッシュ!

シアーニットを重ねてTシャツコーデをフレッシュにシフト

【2】デニム×茶ボリュームコート

デニム×茶ボリュームコート

たっぷりしたコートにぐるぐる巻きストールでさらにボリュームをプラス。色合わせはシックに、足元は白スニーカーで軽く仕上げるのがポイントです。

ボリュームコートを休日に着るなら、デニムでカジュアルダウンが正解!

【3】デニム×ベージュノーカラーボアコート

デニム×ベージュノーカラーボアコート

エクリュのボアに裏地がピンクスウェード調のノーカラーコート。存在感のあるコートは主役級な雰囲気が漂い今っぽいコーデに。

【ZARA】主役級コートは今年が買いです|小林文の賢いプチプラ買い

【4】デニム×グリーンモヘアマフラー

デニム×グリーンモヘアマフラー

素材の質感を変えることで出来上がるグラデーション配色が洗練された印象を抱かせるカギ。小物を工夫することでデニムをきれいめに見せることが可能に。

モヘアマフラーも甘く見せないクールなグラデーション

【5】デニム×ベージュトレンチコート

デニム×ベージュトレンチコート

茶×ブルーのこっくりカラーミックスを楽しむコーデ。トレンチにデニムのフレンチカジュアル。ブリティッシュ配色を思う存分満喫して。

トレンチ×デニムをカラーミックスでこなれて見せる

【6】白デニム×白ダウンベスト

白デニム×白ダウンベスト

リッチな質感のダウンベストを主役に、リュクスなカジュアルスタイルに。オールホワイトコーデは確実に美人度がアップする。

ダウンベストをスッキリ着るなら♡ ホワイトトーンコーデ

【7】ピンクデニム×グレーニット手袋×グレーニット帽

ピンクデニム×グレーニット手袋×グレーニット帽

帽子や手袋などのあったか小物使いがポイントの休日にぴったりのコーデ。淡い色でまとめて、フェミニンな大人カジュアルコーデに。

【寒い日もあったかスマホ操作♡】スタイリスト縄田恵里さんも愛用中の「ジョンストンズ×Oggiコラボ手袋」今が買い!

【8】スキニーデニム×グレーエコファーブルゾン

スキニーデニム×グレーエコファーブルゾン

今期大人気のエコファーアイテム、カジュアルすぎず、ゴージャスになりたくもない…。そんなとき頼れるのはやっぱりデニム! 白小物が抜け感の演出に一役買ってくれます。

甘くもイタくもない【大人のモコモコ♥】デートコーデ6

【9】デニム×ベージュウールコート

デニム×ベージュウールコート

鮮やかなブルーニットにライトブルーのデニムを合わせたカジュアルコーデ。バレエシューズ×ソックス使いのフレンチシックな着こなしを、リバー仕立てのベージュコートで大人にまとめて。

品と女らしさを兼ね備えたカジュアルコーデ

【10】グレーパンツ×ボーダーニット×ネイビーCPOジャケット

グレーパンツ×ボーダーニット×ネイビーCPOジャケット

ボーダー×スニーカーの王道カジュアルコーデは、アウターや小物で今年らしくアップデート。トレンドのCPOジャケットは、ほんのりゆとりのあるオーバーサイズが狙い目。

モノトーンで引き締める、王道カジュアル

【11】グレイッシュデニム×オフ白ニット

グレイッシュデニム×オフ白ニット

王道カジュアルのデニムコーデは、定番のブルーではなくグレイッシュな色味を選んで洗練された印象に。仕上げにラベンダーカラーのヒールパンプスで女っぽさをプラスして。

カジュアルコーデは、まろやかカラーでまとめて洗練度UP

【12】黒パンツ×モノトーンボーダー×茶ニット

黒パンツ×モノトーンボーダー×茶ニット

モノトーンにピリッと赤を効かせて。シンプルな服のときほど、アクセやメガネなどの小物使いにこだわるのが手抜きカジュアルに見せないコツ。

【自分メンテDAYのコーデ】肩ひじ張らないボーダーカジュアル

【13】白デニム×ボーダートップス×茶ライダースジャケット

白デニム×ボーダートップス×茶ライダースジャケット

定番ボーダーも色味を変えればぐっと新鮮な印象に。ドロップショルダーのライダースは、腕をとおさずバサッと肩がけすると、リラックスした印象になりヘルシーな雰囲気が漂う。

【骨格診断・カジュアルタイプ】BESTアウターはコレ!

【14】黒パンツ×ボーダートップス×ベージュエコムートンコート

黒パンツ×ボーダートップス×ベージュエコムートンコート

ここ数年のトレンドのエコムートン素材のコートは、やわらかい色味と素材感が辛口モノトーンコーデを和らげてくれます。黒の分量を多くすることで、甘さが抑えられた大人マリンコーデが完成する。

ベージュムートン×ボーダーでカリッと辛口コーデ

【15】白パンツ×白ニット

白パンツ×白ニット

冬のオールホワイトは素材感でリッチに仕上げて。スタッズ付きの靴、カゴバッグや柄ストールでニュアンスをプラスして、ほっこり感をなくしたコーデに。

冬のオールホワイトコーデでリッチカジュアルに

【16】グレーパンツ×デニムシャツ

グレーパンツ×デニムシャツ

リブタートルにボリュームのあるシャツをざっくりとはおって、シャツの袖を無造作にたくし上げれば、こなれレイヤードが完成。足元はスニーカーで肩の力を抜いて。

恋愛初期の大人デートはグレーパンツで知的カジュアルに

【17】白ワイドパンツ×グレーベルテッドコート

白ワイドパンツ×グレーベルテッドコート

ロング×ロングが新鮮なボリューム感のコーデ。ベルテッドコートでメリハリをつければ楽にスタイルよく着こなせる。帽子がこなれ感を演出するポイント!

【4万円以下で発見!】ベルテッドコートはスタイルUP効果がすごい!

【18】ベージュチノパン×白ブラウス×白カーディガン

ベージュチノパン×白ブラウス×白カーディガン

繊細なコットンレースのブラウスは、チノパンとざっくりニットに挟みこんで。メンズっぽい素材と白の配色がほっこり感を払拭し、愛らしさだけを残して表現してくれる。

【ニット】着るなら今でしょ! ニット6

【ワンピース】小物以外はレディに徹するのが正解

大人のセンスでカジュアルコーデを楽しむなら、シンプルなきれいめワンピースこそ効果を発揮してくれる。ニュアンスのあるバッグや存在感のあるスニーカーなど、都会的なスパイスが女っぽいカジュアルを実現してくれる小道具に。

【1】黒ニットワンピース×ハイテクスニーカー

黒ニットワンピース×ハイテクスニーカー

1枚で冬コーデが完成するきれいめニットワンピは、派手めハイテクでキレ味のあるカジュアルコーデに。ハットやバッグ、ストールを大人っぽくまとめれば、レディ×カジュアルのミックス感で洗練度アップ。

派手めハイテクスニーカーでニットワンピをキレよく!

【2】ブラウンニットワンピース×グレーレギンス×チェックコート

ブラウンニットワンピース×グレーレギンス×チェックコート

すとんとしたブラウンのニットワンピースにスリット入りのレギンスを合わせたカジュアルな着こなし。目を引くパステル×ブラウンのチェックコーデでニットワンピに遊び心を添えて。

女っぷりが即上がる♡【ニュアンスカラーコート】の着こなし6選

【3】カーキキャミワンピース×ベージュレザーブルゾン

カーキキャミワンピース×ベージュレザーブルゾン

レザーブルゾンとカーキワンピの辛口コーデに、絶妙なかわいげをプラスするのはコロンと丸いファーバッグ。クールなだけには終わらない、工夫が効いているスタイルの完成。

甘くもイタくもない【大人のモコモコ♥】デートコーデ6

【4】黒ワンピース×茶カーディガン×黒ロングブーツ

黒ワンピース×茶カーディガン×黒ロングブーツ

ブラウンのカーディガンで今っぽさを、チェックストールでおしゃれ感を演出。クラシカルなバッグが上品さを表現してくれる、大人カジュアルとしておすすめのコーデに。

デート日何を着る? ワンピ×ロングブーツで大人かわいく!

最後に

今回はさまざまなスタイルのカジュアルコーデをご紹介しましたが、気になる着こなしは見つかりましたか? 時代に合わせてカジュアルの解釈に変化がありますが、あくまでも大事なのは着心地のよさ。また、ミックスするアイテムやテイストのボリューム感を同じくらいのバランスでまとめるのも大事なポイント。吸引力のある派手めの小物なら、それ以外を大人っぽく仕上げたり… 全体を俯瞰して見るとうまくまとまりますよ。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.06.23

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.155に掲載しているパンツのブランド名に誤りがありました。正しくは、エイチ ビューティー&ユース〈トランスファレンス〉になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature