【1月の最新ファッションコーデ63選】ボリューム感を味方につけるレディースの服装特集 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 冬ファッション
  5. 【1月の最新ファッションコーデ63選】ボリューム感を味方につけるレディースの服装特集

FASHION

2021.12.20

【1月の最新ファッションコーデ63選】ボリューム感を味方につけるレディースの服装特集

1月は厳しい寒さも本格化。冬のコーディネートは、寒い日はコート、天気がいい日は厚手のブルゾンというように、アウターが主役ということが増えてきます。またこの時季はレイヤードコーデでボリューム感が生まれやすいので、どうすっきり見せるかもポイント。今季注目の冬のワードローブとともに着やせして見せる着こなしをたっぷり紹介します。

【目次】
1月に押さえておくべき最新ファッションは?
1月の【コート】はシルエットやカラーで選ぶのが気分
1月は【ブルゾン】で旬の丈感&ボリュームをON
1月の寒い時季も【ニット】で女っぽさをプラス
1月は【スカート】の美しいディテールを活かして
1月は辛口な【パンツ】をラフなマインドで着こなす
1月は【靴やスニーカー】でコーデを今っぽく調整
最後に

1月に押さえておくべき最新ファッションは?

真冬の寒さに思わず肩に力が入る1月は、コートを着たときにも洒落見えするバランスつくりが課題。冬だからこそ「ボリューム感」を上手に使いこなして旬の着こなしに!

〈POINT〉
・今年の冬コートは軽やかな素材感に注目
・重めのシルエットもブルゾンで軽やかに
・ニットは重心をどこに置くか決めよう
・スカートは揺れ感やIラインを引き立てて
・パンツは辛口×フェミニンで抜け感を
・靴×ボトムスの重さのバランスを今どきに

1月の【コート】はシルエットやカラーで選ぶのが気分

寒さが厳しいこの季節、着こなしの幅を広げるならきれいめおしゃれを叶えるコートが必要。落ち感のあるシルエットで選ぶロング丈コートや、おしりが適度に隠れるぐらいの短め丈コートなど。ボリュームのあるアイテムを合わせた重めのシルエットを意識して、今っぽく着こなしてみましょう。

【1】リラックス感のあるきれいめフーデッドショートコート

リラックス感のあるきれいめフーデッドショートコート

着ても軽やかなきれい色コートは、ベーシックコーデに合わせるだけで気分がグンとアップ。フェミニンなレーススカートと合わせて、一段とこなれた印象に。

働く30歳からにオススメ! 着回し抜群の「フーデッドショートコート」4選

【2】きれい色を重ねるラベンダーコート

きれい色を重ねるラベンダーコート

トーンの違うパープルとグレーを重ねた柔和なカラーリングでまとめれば、華やかなラベンダーコートも気負わずに着られる。小物は抜け感のある白でなじませて、奥行きのあるコーデに。

「パープルコーデ」は難しくない! 秋冬お手本コーデ4スタイル

【3】きれいめ派のジャケットライクなコート

きれいめ派のジャケットライクなコート

プリーツスカート×ロングブーツで下半身にボリュームのあるコーデは、ジャケットライクなコートで受け止める。一枚仕立ての軽やかさと生地のやわらかさで、女っぽくしなやかに着こなして。

今年の冬コートは【2つの着丈】で選ぶ|ロング&ミドル丈の注目コート9選

【4】冬の着こなしを一新するビビッドカラーのコート

冬の着こなしを一新するビビッドカラーのコート

ボーダー×カーキパンツのカジュアルコーデは、ビビッドオレンジで大人のキレを。ボーイッシュなスタイルになじみつつ、あか抜けた印象に。ドロップショルダーで、リラックス感のあるシルエットも今どき。

2枚目買うならビビッドカラー♡ 大人に似合うカラーコートはコレ!

【5】大人の名品ダウンコーデ

大人の名品ダウンコーデ

「シルエットの美しさに加えて保温性が高いこともダウンとしての絶対条件」とスタイリストの金子綾さん。ちょっと薄着でドレスアップしたい日のコーデは、防寒にぴったりな細身ダウンで女らしく仕上げるのが◎。

クリスマスの夜は細身ダウンで女らしく温かく

【6】チェックのメンズライクなロングコートを主役に

チェックのメンズライクなロングコートを主役に

メンズライクなチェックのコートを主役にした、ドラマティックなコーディネート。チェック柄を引き立てるために、トップスやボトムは黒でまとめるのが正解。

メンズライクなコートを主役にドラマティックな着こなしを

【7】鮮やかなイエローコートでおしゃれを格上げ!

鮮やかなイエローコートでおしゃれを格上げ!

着こなしが重くなりがちな冬だから、きれい色のアウターで軽やかに映えるコーデができあがります。一枚仕立てのしなやかなウール素材のカラーコートは、ほかを黒でまとめてすっきとしたIラインを描いて。

雪が降りそうな日はヒロインコートでホリデー気分!

【8】定番Pコートを今の気分にアップデート!

定番Pコートを今の気分にアップデート!

トラッドになりがちな黒のPコートは、ベレー帽やキャットモチーフのシューズなどパンチの効いた小物をプラスして、今季らしいキュートなイメージにアップデート!

定番Pコートを今の気分でアップデート!

【9】ダッフルコートで大人の正統派トラッドスタイル!

ダッフルコートで大人の正統派トラッドスタイル!

タートルネックニットと白のパンツなど定番アイテムを丁寧に合わせて、ダッフルの直線的なラインを活かしたクリーンなコーディネート。永遠のベーシックに通じるスタイルができあがります。

ダッフルコートで大人の正統派トラッドスタイル

【10】上品なキャメル×白のリバーシブルコート

上品なキャメル×白のリバーシブルコート

エレガントな白と洗練キャメルのリバーシブルコート。女性らしいたおやかさを引き立てるミルクティー配色はシーンを超えて活躍してくれる。

クリスマス前の駆け込み合コン? 女性らしいミルクティー配色で

【11】もふもふムートンコートのコーデ

もふもふムートンコートのコーデ

今年買いたい「もふもふコート」は、白のプリントTシャツを合わせて大人のリッチカジュアルに導くのが◎。休日のデートコーデにもぴったり。

【12】デザインコートでモードスタイルに仕上げる

デザインコートでモードスタイルに仕上げる

デザインコートは冬のおしゃれの主役。ロングブーツやファーバッグ、そしてグローブも黒で統一して、コート以外はミニマルに仕上げて。

【冬のおでかけコート】チェック柄、Pコート、ダッフル、ムートン…こだわり名品6着

1月は【ブルゾン】で旬の丈感&ボリュームをON

ボリュームのあるアイテムを合わせるのがトレンドのこの冬、今っぽさをまとうのに頼れるのがブルゾン。重めアイテムのレイヤード、きれい色、カジュアルなデニムなど…。旬アイテムを引き立ててくれるブルゾンで、今年らしいシルエットにトライしてみて。

【1】ほんのりスポーティなきれいめブルゾン

ほんのりスポーティなきれいめブルゾン

今年らしいブーツインのパンツスタイルが映えるコンパクトなブルゾン。ジップやポケットのディテールがさりげないアクセントになるから、ミニマムに黒&ブラウンでまとめてリッチな佇まいに。

大人っぽさの軸になる「ハンサムブルゾン」で、秋冬スタイルに切れ味を♡ おすすめはコレ!

【2】ジェニックな着こなしを生むキルティングブルゾン

ジェニックな着こなしを生むキルティングブルゾン

トラッドなムードも漂うキルティング模様のブルゾン。コンパクトなシルエットは、きれいめな着こなしと親和性あり! モノトーンのシンプルコーデもマットな光沢でシャープな印象に導いて。

冬の新顔アウターなら断然キルティング! メリハリUPな着こなしが叶う♡

【3】ゆるシルエット&ハリ感のあるフードブルゾン

ゆるシルエット&ハリ感のあるフードブルゾン

すとんとした美シルエットのネイビーパンツのニットアップは、ハリ感のあるブルゾンをバサッとはおって奥行きのあるワントーンコーデに。ニットの下にほんのり白を効かせれば、よりカジュアルに。

【ニットパンツ】のセットアップでこなれ感抜群に!|着こなし4選

【4】オーバーシルエットのCPOブルゾンの旬コーデ

オーバーシルエットのCPOブルゾンの旬コーデ

ブラウンスカート×ブーツの重量感のある今年らしい着こなしに、旬のCPOブルゾンを合わせたコーデ。ビッグシルエットのCPOブルゾンは、はおるだけで抜け感とハンサムなムードが瞬時に叶う。

トレンド【コーデュロイアイテム】はこう着る! おすすめコーデ4選

【5】フェイクファー素材のライダース型ブルゾンのコーデ

フェイクファー素材のライダース型ブルゾンのコーデ

流行のフェイクファー素材のライダース型ブルゾンは、それだけで旬な存在感が。ボリュームのあるカラーワイドパンツを合わせてメリハリを意識して。

今が旬の【ライダース型ブルゾン】でスタイルアップを狙う!

【6】黒レザーライダースを男前になりすぎないように着こなす

黒レザーライダースを男前になりすぎないように着こなす

黒レザーのライダースを通勤に着るなら、ボルドーのニットなど、女っぽいアイテムを合わせるのが◎。リラックス感のあるワイドボトムで仕上げれば今どきのバランスに。

レザーライダースが男前になりすぎない着こなしって?

【7】茶レザーライダース×デニムでシックに着こなす

茶レザーライダース×デニムでシックに着こなす

茶のレザーライダースをオフで着こなすなら、ダークデニムがシックに着こなせるのでおすすめです。女っぷりの高い真っ赤なパンプス&チェーンバッグで着こなしを盛り上げて。

【ブラウンのレザーライダース型ブルゾン】ONとOFFそれぞれの着回し方

【8】大注目のモコモコブルゾンのコーデ

大注目のモコモコブルゾンのコーデ

今季、大注目のモコモコブルゾンは、黒のボーダートップス×パンツで極力シンプルにまとめたい。ブルゾンにボリュームがあっても、丈が短めならバランスもとりやすいのでおすすめです。

【コクーンシルエットブルゾン】丸みのあるシルエットで、今どきのおしゃれバランスが即完成

【9】布はく素材のコクーンシルエットブルゾンのコーデ

布はく素材のコクーンシルエットブルゾンのコーデ

布はくのブルゾンは、ほっこり見えないようにハリのあるフレアスカートを合わせるのがおすすめ。ブルゾンの前を閉じて着るなら、後ろに少し抜いて着るのが今年の気分。

【布はく素材のコクーンシルエットブルゾン】ONとOFFそれぞれの着回し方

【10】ツヤ素材のコクーンシルエットブルゾンのコーデ

ツヤ素材のコクーンシルエットブルゾンのコーデ

ツヤありなのにカジュアル感が控えめなブルゾン。ネイビーのタートルネックニット×白のタックパンツといったベーシックスタイルにはおれば、今っぽい感じに◎。

【ツヤ素材のコクーンシルエットブルゾン】ONとOFFそれぞれの着回し方

【11】デザイン性にあふれたファー付きブルゾンコーデ

デザイン性にあふれたファー付きブルゾンコーデ

前後差のある丈やドルマリンスリーブなど、デザイン性にあふれたブルゾンでこなれた印象のコーデ。辛口なバッグ&アウターで媚びない強さを秘めた装いに、コンシャスなニットスカートで色気を投入して。

【冬】そろそろコート買わなくちゃ! おすすめコート・アウター&コーデ31選

1月の寒い時季も【ニット】で女っぽさをプラス

急な冷え込みに備えて、1月はますますニットが手放せない季節。ボリュームのある冬ニットは、緩急をつけてすっきりと着こなすのが洒落見えの近道。こなれ感のある袖や、落ち感のあるレイヤード、タートルネックで縦ラインを強調してみたりと、ポイントを押さえればシンプルコーデも小粋に仕上がる。

【1】ボリューム袖ニット×フレアスカートのワントーンコーデ

ボリューム袖ニット×フレアスカートのワントーンコーデ

シンプルコーデがグッと着映えるフェミニンニット。ボリュームのある袖デザインは手首を出すとメリハリが効いてすっきりとした印象に。カラーレスなスカートコーデに旬感をまとって。

1万円以下で! 冬映えする! ほんのり甘い“袖コンシャス”ニット♡

【2】レース編み黒ニット×きれい色パンツのカジュアルモード

レース編み黒ニット×きれい色パンツのカジュアルモード

コーデが重くなりがちな冬のニットに、ほんのり抜け感を出してくれるレース編みの黒ニット。ほんのり肌が透ける大人な着こなしは、トレンドのカラーパンツがぴったり。

ポチッと買えて1万円以下! ほんのりモードな【黒ニット】4選はコレ♪

【3】黒ニット×白ロングシャツのゆるレイヤード

黒ニット×白ロングシャツのゆるレイヤード

トレンドのゆるニットをセットアップで着るなら、端正な白シャツを重ねて引き締めて、一気にきちんと感を。ヒールブーツや帽子などの小物使いでこなれ感をプラスして。

いつものニットアップを白シャツ重ねでリフレッシュ!

【4】タートルネック×カーディガンのニットonニットコーデ

タートルネック×カーディガンのニットonニットコーデ

ニット×パンツの定番コーデは、タートルネック×カーディガンという表情の違うニットを重ねた旬の着こなしに。同じニットでも表情の違う2枚を重ねることで、装いに深みが出ます。

トレンドの【ニットレイヤード】どう取り入れる? 今どき着こなし4選!

【5】白のローゲージニットでヴィンテージ風コーデ

白のローゲージニットでヴィンテージ風コーデ

冬の定番ワードローブの白のローゲージニットを、つるっと素材のロングスカートに合わせて、旬のヴィンテージ風コーデのできあがり。

冬の鉄板アイテム・白のローゲージニットでヴィンテージ風コーデ

【6】ブラウンのニット×スカートでワントーンコーデ

ブラウンのニット×スカートでワントーンコーデ

旬のブラウンのニットにスカートを合わせた、女っぷりモードなワントーンコーデ。デートにもぴったり。

クリスマスイブイブのデートは、フェミニンニット×レーススカートで

【7】グレーのタートルネックニット×白パンツ×ネイビージャケット

グレーのタートルネックニット×白パンツ×ネイビージャケット

白パンツ×ネイビージャケットのインナーはシャツではなく、グレーのタートルネックニットを合わせるのが◎。真面目すぎないきっちりコーデのできあがりです。

大人トリコロールカラーで爽やかな好印象コーデ

【8】イエローニット×デニムでアクティブコーデ

イエローニット×デニムでアクティブコーデ

小気味いいイエローニットはアクティブな気分にぴったりのワードローブ。ブラウン系配色でイエローをまとめるのが、今っぽいバランスです。

イエローニットでアクティブな印象を手に入れて

【9】白のタートルネックニット×パンツでホワイトワントーンコーデ

白のタートルネックニット×パンツでホワイトワントーンコーデ

オールホワイトのワントーンコーデには、カゴバッグや柄ストールでニュアンスを足して、脱・ほっこりに導くのが正解。冬のリッチカジュアルコーデのできあがり。

冬のオールホワイトコーデでリッチカジュアルに

【10】ブルーのタートルネックニット×デニムでブルーのワントーンコーデ

ブルーのタートルネックニット×デニムでブルーのワントーンコーデ

ふわふわマフラー、ローゲージニット、ダメージデニムと素材感の異なるグラデーションが新鮮なコーディネート。足元はヒールを選んで、女っぽさをしっかりプラスするのが着こなしのポイントです。

色味と素材の変化で楽しむデニムグラデーション

【11】ロイヤルブルーニット×イエローパンツのトラッドコーデ

ロイヤルブルーニット×イエローパンツのトラッドコーデ

簡単に今っぽいバランスがつくれるオーバーサイズのニットに、九分丈パンツ×ローファーを合わせると、途端にトラッド感が高まる。ロイヤルブルーのニットはあえてパンツインせず、ゆるっと着こなして。

イエローパンツ×ローファーでトラッドスタイル

1月は【スカート】の美しいディテールを活かして

冬に着るスカートはバランス感が命。今季は上下のボリュームをそろえて着るのがトレンドですが、気をつけておくべきは“引き”の視点のつくり方。重心が下のときはスカートのゆれ感で動きを出したり、タイトスカートにはタートルネックやスカーフで目線を上に。Iラインシルエットを生かすメリハリ感が今っぽさの秘訣。

【1】都会的なグリーンチェック柄スカートコーデ

都会的なグリーンチェック柄スカートコーデ

大きめのフロントボタンがポイントのチェック柄スカート。色味の違うグリーンニットとスカートの柄をリンクさせて、おしゃれ上級者の着こなしに。小物はアイシーなグレーでかっこいい女らしさに導いて。

きれいめ「グリーン」は、グレーやシルバーと合わせ都会的に着ると上手くいく!

【2】ドラマティックな黒ティアードスカートコーデ

ドラマティックな黒ティアードスカートコーデ

大人のフェミニンコーデにちょうどいい黒ティアードスカート。エレガントだけど軽やかなショートコートで、ほどよいラフさをまとってきれいめ感に着地。

今どきコーデにバランス◎ ウールショートコートがいい理由は…

【3】レディな花柄の黒シフォンスカートコーデ

レディな花柄の黒シフォンスカートコーデ

冬に着る軽め素材のスカートは、旬なボリュームのあるブーツを合わせてきれいめバランスに。オーバーサイズのトップスとロングブーツの間で揺れる、花柄のシフォンスカートのやわらかさが際立つコーデ。

スカート×ロングブーツで最旬女っぽカジュアル

【4】大人のムード漂うカーキのスカートコーデ

大人のムード漂うカーキのスカートコーデ

ツヤ感のあるスカートは、動くたびに表情が変わるので存在感大! 黒×カーキの大人配色にグレイッシュのコート、耳元にパールのピアスをON。媚びないけれど女っぽい、を体現して。

女らしさが欲しい日は艶スカートで品の良さを引き立てて

【5】ブラウンのレースタイトスカートのコーデ

ブラウンのレースタイトスカートのコーデ

男女ともに好印象なレーススカートは、今年の流行色のブラウンにアップデートするのが◎。同系色のベルテッドコート、クルーネックニットを合わせて、トレンド感満載のブラウンワントーンコーデに仕上げましょう。

冬のカゴバッグは、テラコッタ配色で合わせると上手くいく

【6】ネイビーのロングフレアスカートコーデ

ネイビーのロングフレアスカートコーデ

誠実な印象を与えるネイビースカートに白のタートルネックニットを合わせた、知的で女らしいコーディネート。大判ストールを着こなしのポイントに。

ネイビーを効かせたコーデで端正な印象をゲット

【7】ブラウンのミニスカートコーデ

ブラウンのミニスカートコーデ

人気復活の兆しがあるミニボトム。ミニのブラウンスカートに白のタートルネックを合わせれば、ブラウン×白のやさしい配色も、もたつかない。

来季はミニボトムが本格カムバッグの気配。ブラウンスカートでいち早くトライ

【8】グレーのプリーツスカートコーデ

グレーのプリーツスカートコーデ

茶のシンプルなライダースと、グレーのプリーツスカートのような女っぽボトムは相性抜群! まろやかで上品なコーディネートに仕上がります。

【ブラウンのレザーライダース型ブルゾン】ONとOFFそれぞれの着回し方

【9】ダークグリーンのスカートコーデ

ダークグリーンのスカートコーデ

旬のダークグリーンのスカートに、旬のブラウンニットを合わせたコーディネート。

ダークグリーン×ブラウンで大人なクリスマス配色

【10】キャメルのタイトスカートのコーデ

キャメルのタイトスカートのコーデ

端正なジャケットとタイトスカートのオフィスコーデ。首元にスカーフをプラスして、ほどよく女らしいきれいめスタイルのお仕事モードにチェンジ。

プレゼンの日は信頼感のあるきれいめスタイルで!

1月は辛口な【パンツ】をラフなマインドで着こなす

ほっこり温かい冬コーデを楽しみたいけれど、パンツ派にとってはマンネリ化が悩みの種。1月はマニッシュなパンツに女らしさを足して、ワンランク上の着こなしを楽しむのがおすすめ。美しいフォルムのトップスにウエストコンシャスなシルエット、抜け感のある足元でかっこいいお姉さん風に転換してみて。

【1】大人カジュアルなカーキパンツコーデ

大人カジュアルなカーキパンツコーデ

ロゴスウェットもカーキパンツも、それぞれカジュアル感が強いアイテムだけど、黒のツイードジャケットでちょっとリッチに。ジャケットはシルバーのラメ糸が織り込まれた洗練デザインで、大人っぽくシフト。

厚手ツイード系は冬も活躍! ALL黒、ロゴスウェット合わせで大人顔

【2】甘すぎず大人っぽいたまごカラーパンツコーデ

甘すぎず大人っぽいたまごカラーパンツコーデ

着なれたベージュのように使い勝手のいい、たまごイエローのテーパードパンツ。黄みのある淡いベージュニットを合わせたワントーン配色は、レースアップブーツでキレを加えてモード顔に。

人気スタイリスト金子 綾さんが注目する「たまごカラーのパンツ」…モードにもカジュアルにも!

【3】ダスティブルーの細身パンツコーデ

ダスティブルーの細身パンツコーデ

端正な細身パンツは、上品な透け感のドットブラウスを合わせて洗練感と華やぎを。辛口×フェミニンの映える組み合わせは、小物は効かせずなじませたほうがおしゃれ。

チャーミングなドットを大人っぽく着こなして

【4】モダンな印象に導くネイビーパンツのコーデ

モダンな印象に導くネイビーパンツのコーデ

ネイビー×白のボーダーニットに、ネイビーのハイウエストパンツを合わせてすっきりとモダンな印象に。さらに、肩掛けしたレザージャケットや白スニーカーで抜け感を出して。

ボーダーを大人っぽくモダンに着こなして

【5】ヴィヴィッドきれい色パンツのコーデ

ヴィヴィッドきれい色パンツのコーデ

パッと目を引くブルーのパンツが、定番のアンサンブルニットを今っぽい雰囲気に仕上げてくれます。いつものコーデは、パンツの色を今季注目のブライトカラーにアップデートするのが着こなしのコツ。

定番のアンサンブルニットをカラーパンツでリフレッシュ!

【6】白パンツで上品ワントーンコーデ

白パンツで上品ワントーンコーデ

袖コンシャスブラウス×白の細身パンツにエコファージャケットを合わせた、上品ワントーンコーデ。白いパンツは好感度が高いから、クライアントと会う日のコーデにもぴったり。

今日は寒すぎる! そんな日はファージャケットの出番

【7】色落ちブルーデニムで美人コーデ

色落ちブルーデニムで美人コーデ

青みダークグリーンのブラウスを、色落ちブルーデニムで合わせたコーディネート。旬のレースアップベルトが着こなしのポイントです。

シンプルスタイルこそ色を取り入れて、いつものコーデをアップデート!

【8】グレーのワイドパンツで冬のワンツーコーデ

グレーのワイドパンツで冬のワンツーコーデ

美しいフォルムのブラウスとハイウエストのグレーのワイドパンツで、冬の華やかなワンツーコーデのできあがり。

忘年会には、美フォルムとろみブラウスで冬のワンツーコーデ

【9】チェック柄のワイドパンツコーデ

チェック柄のワイドパンツコーデ

マニッシュなチェックパンツは、フレア袖ブラウスを合わせて、知的で女らしいコーディネートに導いて。

チェックパンツを使った知的に見えるグレーグラデーション

【10】白パンツ×黒ブラウスのお仕事コーデ

白パンツ×黒ブラウスのお仕事コーデ

黒ブラウス×白パンツのお仕事定番ワンツーコーデ。トラッドなチェック柄キルティングロングコートのおかげで、気品のあるモノトーン配色に仕上がります。

黒ブラウス×白パンツのお仕事定番ワンツーコーデ

1月は【靴やスニーカー】でコーデを今っぽく調整

外でコートを着ているときも、室内で過ごすときも、冬気分を盛り上げてくれる靴があれば足取りも軽やか。足元のボリューム感を靴に持たせるならボトムスはすっきりと、フルレングスにはパンプスやローテクで重さを削ぎ落してあげるとバランスよく着られますよ。重めのバランスの扱い方がこなれ感のカギ。

【1】ツイードジャケット×白スニーカー

ツイードジャケット×白スニーカー

きれいめ派のカジュアルに欠かせないスニーカーは、育ちがよさげなツイードジャケットと合わせてで大人ムードに。デニムとスニーカー、ベーシックでラフなコンビをクラシカルなアウターで鮮度よく盛り上げて。

ツイードジャケットでスニーカースタイルを大人ムードに!

【2】白タイトスカート×アッシュブラウンのロングブーツ

白タイトスカート×アッシュブラウンのロングブーツ

ギャザーブラウス×長めタイトのきれいめコーデは、フラットのロングブーツを差し込んで今っぽく。太めの直線シルエットのブーツが、重めの足元バランスに旬のスパイスを加えてくれる。

こなれ感抜群! いますぐ真似したいロングブーツ×スカートコーデ8選

【3】光沢スカート×黒ハイテクスニーカー

光沢スカート×黒ハイテクスニーカー

ゆったりとしたニットとハイテクスニーカーのラフな装いは、こっくりとしたミントグリーンの光沢スカートでクラスアップ。スカートの華やかさをボリュームのある足元で受け止めればデイリーユースに。

ワンマイルカジュアルでも華やげる、光沢スカートが気分!

【4】赤スカート×ブラウンのショートブーツ

赤スカート×ブラウンのショートブーツ

スカートだけでなく、コートも全体的にバサッと長くなった今シーズンは、重めの足元バランスでモードな印象に。太ヒール&筒長めで量感のあるブーツならロングフレアとも好バランス。

今のバランスで大丈夫…? おしゃれ度を左右する、ショートブーツの選び方!

【5】パウダリーブルーのスカート×コンバースのスニーカー

パウダリーブルーのスカート×コンバースのスニーカー

ともすればゆるく見えがちなコーデュロイのロングスカートには、カーキやブラウンのくすんだダークカラーのトップスを合わせるのが◎。足元はコンバースのスニーカーで軽やかに。

冬のマキシスカートを女っぽく見せる深Vニットコーデ

【6】ベージュのチノパン×赤のVANSのスニーカー

ベージュのチノパン×赤のVANSのスニーカー

ニット、シャツ、チノパンというトラッドのベーシックアイテムをミックスした、大人の休日カジュアルコーデ。今季の差し色として注目の赤をVANSのスニーカーで取り入れて、着こなしのポイントに。

VANSのスニーカーで赤を効かせて、楽チンかわいいトラッドコーデ

【7】グレーのワイドパンツ×ヒール靴

グレーのワイドパンツ×ヒール靴

ブラウンのロングコート×ワイドパンツのマニッシュなコーディネートに、さらにフラット靴だと男前すぎるので、ヒール合わせで女らしさをトッピング。

ブラウンコートで年末の喧騒をかきわけ、冬休みまでラストスパート!

【8】ネイビーのフレアスカート×ビジュー付きパンプス

ネイビーのフレアスカート×ビジュー付きパンプス

旬のシルエットで作るネイビーのスカート×ブラウスのワントーンコーデは、足元にビジュー付きパンプスを合わせて、パールネックレスをアクセントに、上品に華やかにドレスアップするのがおすすめです。

キラッと小物を効かせたネイビーコーデでクリスマス気分を高める!

【9】ネイビーワイドパンツ×シルバースニーカー

ネイビーワイドパンツ×シルバースニーカー

ざっくりニット×コートと着込む日は足元にシルバースニーカーをプラスして抜け感を。締め色に黒ストールを肩にかけてすっきり見せて。

ニットやコート… しっかり着込む日は、シルバー小物で抜け感を!

最後に

1月の本格的な寒さの前でも、おしゃれは抜かりなく過ごしたいですよね。この冬はボリュームシルエットを味方につけて、きれいめおしゃれを楽しむのがポイント。トーンを合わせた着こなしに差し色をレイヤードしたり、シルエットや小物でボリューム感を足したり…。カジュアルで女っぽい、そんなメリハリ感があると冬コーデにありがちな単調な雰囲気を吹き飛ばしてくれるはずです。

関連記事


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.23

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature