ダウンジャケットのインナーは何を着る? おしゃれを盛り上げるアイテム選びのコツ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. アウター
  4. ダウンジャケットコーデ
  5. ダウンジャケットのインナーは何を着る? おしゃれを盛り上げるアイテム選びのコツ

FASHION

2023.11.16

ダウンジャケットのインナーは何を着る? おしゃれを盛り上げるアイテム選びのコツ

それひとつでボリューム感たっぷりのダウンジャケット。下に何を着ればいいのか迷ってしまいますよね。カットソーや薄手のニットくらいしかないと思われがちですが、実はさまざまなレイヤードが楽しめるんです。どんなアイテムを選べばいいのか、どう着こなすのがおしゃれなのかをお手本を見ながらチェックしていきましょう。

ダウンジャケットに合わせるインナーのセレクトポイント

ダウンジャケットの中に着る服に、お悩みではありませんか? ボリュームあるダウンジャケットだから、インナーは薄手にして着ぶくれしないようにするのがGOODですが、レイヤードをしておしゃれを楽しんでももちろんOK!  具体的に見ていきましょう。

〈POINT〉
・厚すぎないインナーをチョイス。寒さに不安がある場合は肌着で調整を
・ダウンジャケットはショート丈をセレクトすれば今どきなバランスに
・女っぽいアイテムの追加でカジュアルコーデがクラスアップ

ダウンコートとスニーカーのカジュアルコーデ。ダウンジャケットながらショート丈なのでコンパクトな上半身に。顔まわりにボリュームが出るニットとロング丈のスカートを合わせ、女っぽさを香らせて。

マルチカラースニーカーがカジュアルコーデを今っぽく導く

【ダウンジャケット×ニット】のコーディネート例

定番はニット。薄手でも防寒に優れたニットは多く、カラーバリエーションやシルエットもさまざまで使い勝手がよいと人気です。どんなダウンジャケットにどんなニットを合わせ、どう着こなせばよいのか、お手本例を見ていきましょう。

ロング丈ダウンジャケット×ニット×カーディガン

ロング丈ダウンジャケット×ニット×カーディガン

切り替えとしぼり位置を高くしたロング丈のダウンコート。タートルニットとカーディガンをインナーに、デニムパンツで今っぽいスタイルを実現。

本格的に寒くなる前に手に入れて! ハンサムにきまる「ダウンアイテム」4選

カーキダウンジャケット×白ニット

カーキダウンジャケット×白ニット

スパイシーな都会的印象の強いダウンジャケットには、白ニットで抜けをプラス。ボトムスや靴を黒でまとめつつ、小物できれい色をオン。

カーキ色のダウンコート着こなし3選! きれいめに着るコツは「ベーシックカラー」を合わせること

ライトベージュショートダウンジャケット×カーキニット

ライトベージュショートダウンジャケット×カーキニット

品よくリッチなライトベージュのショートダウンジャケット。カーキニットで上品さをキープし、白パンツやゴールドジュエリーできれいめに仕上げて。

着回し力も高! きれいめ派におすすめしたい「ライトベージュのダウンコート」3選

白ダウンジャケット×白ニット×ブラウンニット

白ダウンジャケット×白ニット×ブラウンニット

白タートルニットにブラウンのニットをレイヤード。全体を白でまとめれば、足元の黒スニーカーのシックな雰囲気が際立つ。

 “どこまでも歩いていけそう”なスニーカースタイルで

ダウンジャケット×白ニット

ダウンジャケット×白ニット

タートルのざっくり白ニットをイン。トップスのボリューム感を、女っぽいボトム&白ブーツで軽やかに。

冬のトレンドアウター|お洒落で軽い【ダウンコート】が気分! 活躍必至のBEST5

コンパクトダウンジャケット×ブラウンニット

コンパクトダウンジャケット×ブラウンニット

暖色系ワントーンのグラデーションコーデ。ダウンのボリュームをタイトスカートでシャープに託して。

暖色系ワントーンであたたかさもスタイルアップも手に入れて

白ダウンジャケット×ピンクシアーニット

白ダウンジャケット×ピンクシアーニット

ハイネックのニット×ワークパンツに、ヒールで女らしさをプラス。白よりもほんのりなじむアイボリーのダウンで、全体をきれいにまとめて。

遠出デートなら、カジュアルコーデに女らしさをプラス!

ネイビーダウンジャケット×ニットワンピース

ネイビーダウンジャケット×ニットワンピース

レディなニットワンピをイン。ダークな配色は、派手めハイテクで明度を上げて。

ニットワンピースにハイテクスニーカーが今っぽい!<旬の着こなし3>

【ダウンジャケット×シャツ】のコーディネート例

シャツをセレクトするのもおしゃれ。シャツ一枚でもよいですが、ニットやカットソーとレイヤードすると「わかってる感」がアップします。シャツはほっこりしてしまいがちなダウンジャケットに、キレときちんと感を与えてくれるアイテム。よりおしゃれに着こなすためのポイントを見ていきましょう。

白ダウンジャケット×白シャツ×白カットソー

白ダウンジャケット×白シャツ

白ダウンと白シャツのレイヤード。シャツのインはカットソーで奥行きを。デニムで軽快に仕上げつつ、きれい色のストールで気分を上げたい。

寒い! でもダウンコートを味方につけて軽快に♪

黒ショートダウンジャケット×白シャツ×ハイネックニット

黒ショートダウンジャケット×白シャツ×ハイネックニット

黒のシンプルショートダウンなら、合わせる服を選ばない。白シャツにニットをレイヤードし、同系色のボトムスでIラインを意識。

大晦日! ショート丈のダウンを大人っぽく着こなして

【ダウンジャケット×カットソー】のコーディネート例

ニット同様、カットソーも使い勝手のよいアイテム。白カットソーでダウンジャケットコーデに抜けや爽やかさを出してもよし、ロゴカットソーでカジュアル感やこなれ感をアップさせてもよし。カットソーはダウンジャケットと相性がいいアイテムなので、さまざまな着こなしにチャレンジしてみましょう。

カーキダウンジャケット×黒ロゴカットソー

カーキダウンジャケット×黒ロゴカットソー

フォックスファー付きのフードとロング丈が暖かなカーキダウン。リブニットタイトスカートでキレのいい女っぽさをプラスし、インを黒でまとめハンサムに。

カーキ色のダウンコート着こなし3選! きれいめに着るコツは「ベーシックカラー」を合わせること

ロング丈ベージュダウンジャケット×黒カットソー

ロング丈ベージュダウンジャケット×黒カットソー

ゆったりフォルムのロング丈ダウンジャケットに、淡いイエローパンツ。全体を柔らかく仕上げつつ、インは黒で引き締めて。足元にシルバーを持ってくると、キレ味アップ。

着回し力も高! きれいめ派におすすめしたい「ライトベージュのダウンコート」3選

白ダウンジャケット×白カットソー×グリーンニット

白ダウンジャケット×白カットソー×グリーンニット

エクリュカラーのダウンジャケットとグリーンニット。白のカットソーをさらにレイヤードし、明度の高いクリーンな着こなしに。

トレンドカラーで華やぐ! エクリュダウン×きれい色ニット

白ダウンジャケット××白ロゴカットソー

白ダウンジャケット××白ロゴカットソー

ブルーを効かせたミルキーな配色のスタイル。白ダウンジャケットに、ブルーのロゴが映えるカットソーが大人かわいい。

白が主役のパンツコーデ見本帖! きれいめからカジュアルまで着こなし7選

ブラウンジャケット×フォトTシャツ

ブラウンジャケット×フォトTシャツ

ダウンにインしたフォトTは、ロング丈の白タイトでカジュアルダウン。シルエットのメリハリと、重心を上げるハイテクスニーカーでスタイルアップ!

トップスは薄着もOK【ダウンジャケットのインナーおすすめ10選】レディースコーデ集

白ダウンジャケット×ボーダーカットソー

白ダウンジャケット×ボーダーカットソー

白ダウンにボーダーのカットソーをイン。センタープレス入りのパンツで、きれいめと立体感を意識。

メリハリある冬のオールホワイトでフェミニンな魅力全開!

【ダウンジャケット×スウェット】のコーディネート例

アクティブにまとめたいときは、スウェットがぴったりです。フード付きでカジュアルに仕上げたりロゴ入りスウェットでこなれて見せたり。ラフな印象が強くなりがちなので、ボトムスや小物で大人っぽさや女っぽさを調整するとうまくいきます。

ブルーダウンジャケット×ロゴスウェット

ブルーダウンジャケット×ロゴスウェット

アウトドア感が強いダウンジャケットでも、こんなペールブルーなら大人かわいさ◎ インをロゴスウェットでアクティブにしながら、ボトムスはタイトスカートを合わせてすっきりと。

きれいなブルーのダウンで旬の〝大人かわいい〟を体現!

ピンクダウンジャケット×グリーンロゴスウェット

ピンクダウンジャケット×グリーンロゴスウェット

ダウンジャケットやロゴスウェットといったカジュアルアイテムも、シックな黒スニーカー合わせならきれいめに。ゼブラ柄でアクセントを追加して。

カジュアルコーデをきれいめに見せるシックな足元なら?

白ダウンジャケット×ブルーパーカー

白ダウンジャケット×ブルーパーカー

スポーティなパーカー×ニットパンツのリラクシースタイル。白アイテムで品のよさをプラスして。

ワーケーションへはリラックスできるニットパンツが相棒

【ダウンジャケット×その他】のコーディネート例

ダウンジャケットのインナーに決まりはありません。他にもブラウスやデニムジャケットなど、組み合わせとしてあまり頭に思い浮かばないようなアイテムも、実はしっくりくるものです。まわりと差がつく着こなしのコツを見ていきましょう。

白ダウンジャケット×ボウタイブラウス

白ダウンジャケット×ボウタイブラウス

女っぽいボウタイブラウスをイン。シンプルデザインのダウンなら、ハンサムなボトムもきれいめにまとまる。

今季の注目ショートダウンはきれいめに着こなしで

白ダウンジャケット×デニムジャケット

白ダウンジャケット×デニムジャケット

デニムジャケットをレイヤードした、こなれ感のある着こなし。スタイリッシュに仕上げるタイトスカートは、ツヤ素材でぐっと女っぽく。

ホワイトダウンで〝NOTほっこり〟なカジュアルコーデ

最後に

ダウンジャケットのコーデをおしゃれに仕上げるインナー術を紹介しました。ダウンだからこそ、環境・季節・シーンに合わせて調整できるのもポイント。「寒さ・暑さよりもおしゃれ優先」とは言いますが、やっぱり快適に1日を過ごせるコーデを心がけたいですね。


Today’s Access Ranking

ランキング

2024.05.28

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。