今年は小粋に着よう【秋冬コーデおすすめ44選】2020年のアラサートレンドは大人カジュアルに着地させて | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. カジュアルコーデ
  5. 今年は小粋に着よう【秋冬コーデおすすめ44選】2020年のアラサートレンドは大人カジュアルに着地させて

FASHION

2020.10.22

今年は小粋に着よう【秋冬コーデおすすめ44選】2020年のアラサートレンドは大人カジュアルに着地させて

秋から冬にかけての大人カジュアルコーデは、2020年らしく進化させてダサ見え回避! 「ルーズに見えそう」「子供っぽく見えたらどうしよう…」そんな迷いがつきまうリラクシーなスタイルも、小粋に着こなすコツでブラッシュアップ!

【目次】
この秋冬は「きれいめ+カジュアル」でセンスよく着たい
アウターのこなれバランスは「メリハリ」にあり
トップスは「素材感」を上質にアップデート
ボトムスは「引き算コーデ」で引き立たせて
靴から始める秋冬コーデは「色をリフレイン」
バッグは「クラシカルな要素」できれいめ印象に
最後に

この秋冬は「きれいめ+カジュアル」でセンスよく着たい

カジュアルスタイルが主流になりつつあるニューノーマルな世の中、「今年の秋冬は何を選べばいいの?」というお悩みの方も多いはず。トレンド服を取り入れたはずなのに、着こなしがダサ見えしないよう今どきのスタイルを一緒にチェックしましょう。

・リラクシングなシルエットはきれいめアイテムで女らしく
・素材や色のコントラストだけでなくテイストにもメリハリを
・デザイン性の高いアイテムはシンプル配色でチャレンジ

アウターのこなれバランスは「メリハリ」にあり

秋冬コーデの顔となるアウターを、今っぽくきれいめにするならどう着るか? まずはテイストなど「メリハリを効かせる」ことを意識してみて。トラッドなアウターはインナーやボトムスに違うテイストを。アウターがカジュアルなら黒ボトムなど、きれいめに受け止めるアイテムを選ぶ… このバランスがこなれ見えのカギです。

【1】リラクシージャケット

リラクシージャケット

裏地のない一枚仕立てのリラクシージャケットは、シャツ感覚ではおったり巻いたりアレンジ自在。ゆるっとしたニットの上にはおって。メンズライクでかっこいいエフォートレスな最旬コーデが完成。

光沢感ある【リラクシージャケット】は11月まで季節スライドで楽しむ♪

【2】モヘアコート

ボリュームたっぷりのモヘア混コートを軸に、白レースブラウス×黒パンツを合わせたコーデ。スウェード&スムースレザーの辛口ディテール満載のバッグを合わせてカジュアル通勤を品よく格上げして。

洗練されたバッグ&コートがカジュアル通勤を品よく格上げ

【3】ファーコート

今年旬の贅沢ボリュームファーコートは、とことんラフにデイリーに着るのが◎。着慣れたブラックデニムを合わせて、白のコットンTとクロスボディバッグにクリーンな抜けをつくるのがポイントです。

贅沢ボリュームファーコートで気取らないご近所デートへ

【4】淡色コート

淡色グラデーションで美人見えするコーディネート。バッグなど小物を同系色の赤にするのが女度を上げるポイントです。

袖コンシャスな淡色コートでフェミニンシックなデート服

【5】こっくりカラーコート

更新感No.1なら、こっくりカラーコート! パッと華やぐ鮮やかなコートをはおれば、気分も上向きに。発色のいいこっくりカラーは今っぽさ満点で、高見え効果も抜群です。デニムやファーバッグでカジュアルに着こなすのがおすすめです。

【4万円以下】で狙う! 失敗しない今冬コート攻略法

【6】ダブルジャケット

今年のトラッドブームの流れから紺ブレはダブルジャケットに注目したい。インナーに同系色のトップスを選んで、秋色ボルドーのスカートを合わせれば、デートコーデにも使える!

軽快に着られるこの色を選択【紺ブレ】今買って、秋まで着回せる服

【7】チェックのテーラードジャケット

今年の秋冬のトレンドのチェック柄。ジャケットもグレンチェックのテーラードを選んで、インナーには白T、ボトムには茶のニットタイトスカートをあわせれば、クラシックコーデの完成です!

営業会議の日。気合いを入れてダブルのジャケットを

【8】トレンチコート

定番のトレンチですが、今年の気分満載の新作が各ブランド豊作! 今年買い足すなら、カーディガンがわりに軽やかにはおれるものを選ぼう! 大きめの襟&Aラインのトレンチならお出かけの日にばっちり。

働く女性御用達ブランド発【旬顔トレンチコート】6選

【9】ダッフルコート

グレイッシュな白さで甘さが引き立つダッフルコートは、インナーにパステルなど甘めカラーを取り入れたハッピー感漂う愛されコーデに。白ファーバッグやフラットシューズなど、小物も白で揃えれば、よりこなれた印象に。

ハッピー感漂う愛されコーデは、白とパステルカラーでつくる!

【10】ダークグレーのチェスターコート

チェスターコート×タートルニット×パンツでつくるダークカラーのIラインシルエット。重くなりがちなこのコーデに白ハイネック&スポーティな白バッグで立体感と抜け感をプラス。

ダークになりがちな冬のコーデは「白」で解決!

トップスは「素材感」を上質にアップデート

シンプルなトップスやワンピースできれいめを演出するなら、まずは「素材感にこだわる」ところからスタート。また、おしゃれをワンランク格上げするのに、役立つ「デザイントップス」も見逃せません。オーバーサイズ、ショート丈トップスは、シンプルコーデを旬顔に更新してくれるので、今年はぜひトライしてみて。

【1】ニットベスト

ニットベスト

アシンメトリーな遊び心のあるニットベストは、モードなモノトーンコーデでさらりと取り入れて。クセのないスタンダードな黒ボトムのシルエットが、ニット×白シャツの冒険的なデザインを受け止めてくれる。

ストイックな黒パンツを軸に、攻めたデザインに挑戦

【2】ボリュームニット

オーバーシルエットのニット×九分丈パンツのコーデ。ロイヤルブルーのニットはあえてパンツインせずゆるっと着こなして。ローファーを合わせるとがぜんトラッド感が高まって、きれいめに着こなせる。

イエローパンツ×ローファーでトラッドスタイル

【3】もこもこニット

ハンドメイドの温かみとぶかっとしたシルエット、愛らしいニュアンスピンクがフォトジェニックな手編みニットは、ミニスカートでヘルシーに導くのが正解。「ほっこり」と「女っぽい」の両立が叶うコーディネートです。

ボリューミーなもこもこニットがフォトジェニックな癒されコーデ

【4】きれい色ニットカーデ

1枚で着られる絶妙な開きのVネックのきれい色ニットカーデ×白パンツは、仕事帰りの飲み会スタイルにぴったり。上半身映えが叶います。

仕事帰りの飲み会スタイルは、きれい色ニット×白パンツで好感度1位!

【5】グレンチェックのシャツ

グレーの延長として使いやすいのが特徴のグレンチェック。グレンチェックのシャツなら、ピンクのワイドパンツを合わせてやさしい女らしさのあるコーデが完成!

グレーの代わりに!【グレンチェック】この秋選ぶべき「チェック」を真っ先に知りたい!

【6】リブニット

今年は、リブニットをコーディネートに使うのがおしゃれな人の常識になりそうです。バケツバッグやスリッパパンプスなどトレンド小物とあわせて、トコトン今年っぽく!

【この秋、絶対欲しいリブニット】白・黒・ブラウン色別コーデ見本6

【7】赤のノースリニット

秋の本命アクセントカラーは赤! ノースリニットなら着回し万能! カーキスカートにスパイシーな赤を効かせて、今年の気分に!

【赤のノースリニット】今買って、秋まで着回せる服しか欲しくない!

【8】ベロアのブラウス

今季注目のベロア! トップスで使うならこんなスモーキーピンクのブラウスが◎。カーゴ風とろみスカートとあわせて、大人コーデのできあがり。

【ベロアトップス】色×色コーデは、スモーキーカラーで大人顔に仕上げる

【9】イエローカーディガン

アームは細リブ、ウエストはツイストのあしらいで細見え対策も万全なロングニットカーディガン。イエロー×カーキのグラデーションコーデが新鮮。

トレンドのイエローカーデには、カーキパンツがよく似合う!

【10】ブラウンのニットワンピース

のっぺりしがちなニットワンピースにシャツレイヤードとウエストマークでメリハリを。仕上げにロングブーツでIラインを強調して、さらにスタイルアップ。

トレンドのローヒールロングブーツでつくるあったかコーデ

ボトムスは「引き算コーデ」で引き立たせて

アウターやトップスが秋冬らしさを“盛る”なら、パンツやスカートのボトムスは「あえての引き算」で洒落感を出しましょう。こっくり色やくすみカラーなどのきれい色や、旬の光沢ボトムスなどでまとめると、きれいめとカジュアルのバランスが大人っぽく仕上がりますよ。

【1】サテンパンツ

サテンパンツ

旬のサテンパンツは、みずみずしいツヤのあるグリーンを選んでおしゃれ上級者の着こなしに。ネイビーのビッグシャツとのリラクシングなシルエットに、白バッグ×パイソン柄パンプスが抜け感をつくってくれる。

【マットトップス×光沢パンツ】で旬の着こなしに|素材でお洒落をアップデートしよう

【2】ペンシルスカート

ペンシルスカート×アウターをペールトーンでまとめたコーデ。色味のやさしいタイトスカートにはこなれたストレッチブーツが映える。デイリーに使えるチャンキーヒールも、大人の女性のマストポイント。

【ペンシルスカート×ストレッチブーツ】で美脚に|「ボトム×靴」の正解コーディネート

【3】ニットスカート

ニットスカートにニットカーデを合わせて、ゆるりリラックスコーデのできあがり。黒を効かせることでヴィンテージ風ニットレイヤードも脱ほっこり!

ニットスカートonニットカーデのゆる〜りリラックスコーデ

【4】ハイウエスト

シュッと見えるIシルエットが基本の秋は、スカートもパンツもハイウエストがおすすめ。どちらも同系色のヒールを合わせるのが◎

秋のトレンドをひと足早く予想「チェックしておきたい7つの流行」

【5】ワイドパンツ

よりワイド感が強まった秋のワイドパンツ。大人らしいとろみ素材を選ぼう! 秋仕様の細身リブニットをあわせて、上品に色気をプラス!

ぐっと大人ムードに進化!【ハイウエストワイドパンツ】今買って、秋まで着回せる服

【6】ワイドチノ

ドライベージュのワイドチノが人気! 白シャツも長めカフスの今っぽいデザインのものを選んで、かごバッグをあわせてみて。

白シャツ×ワイドチノパンツで語学レッスンへ

【7】チェック柄パンツ

トレンドのチェックをパンツで取り入れるなら、ハイウエストのテーパードシルエットがおすすめ。グレーのニットをあわせてワントーン+長めの黒ジャケットを合わせて、秋らしい大人コーデのできあがり。

トレンドは柄の細かいタイプ【チェック柄パンツ】今買って、秋まで着回せる服

【8】カーキパンツ

カーキパンツならクロップド丈が気分。編みソックスで女らしさをプラス! いつもと違うカーキパンツコーデのできあがり。

秋のおしゃれが一番好き! シンプルスタイルの中に自分らしさを

【9】ストレートトラウザー

抜群にかっこよく、信頼感も高いフルレングスパンツ。ネイビーなら重たくなりすぎず、洗練された印象に。トップスは楽チンなのにきちんと見えするドルマンプルオーバー、その上からジャケットをカーディガン気分ではおって、真面目すぎない適度なオフィシャル感を。

忘年会は、グレンチェック×赤小物の旬な合わせ技で♪

【10】フレアスカート

今年のフレアスカートは、ふくらはぎが隠れる長め丈を選ぼう! 色はマスタードをチョイスして、明るめチョコブラウンのトップスをあわせれば、新鮮配色で差がつくコーデのできあがり!

【フレアスカート】スタイルアップ×シンプルな着こなし最強FILE

【11】ベロアスカート

ベロア素材は、大胆にスカートで取り入れるのが◎レザーのライダースを合わせて素材ミックスで洗練されたコーデのできあがり!

ベロアの流行が今年こそ本格化!【ベロアスカート】今買って、秋まで着回せる服

【12】ミディ丈タイトスカート

シュッと見えにひと役買ってくれるタイトスカート。あわせたアウターに太ベルトをひと巻きしてIシルエットにアクセントを!

シュッと見えなら長め丈が絶対!【ミディ丈タイトスカート】今買って、秋まで着回せる服

【13】チェックのスカート

今年の秋の大本命トレンドのチェックをスカートで取り入れよう! ガンクラブチェックのスカートに、トレンチとショートブーツをあわせて、今年らしいクラシックなスタイルに!

旬おしゃれ感が叶う!【ガンクラブチェック】この秋選ぶべき「チェック」を真っ先に知りたい!

【14】プリーツスカート

フェミニンなプリーツスカート×ブルゾンコーデ。無骨な要素を極力排除した、まろやかで上品なタイプだから、女っぽボトムとも相性抜群。

【ブラウンのレザーライダース型ブルゾン】ONとOFFそれぞれの着回し方

靴から始める秋冬コーデは「色をリフレイン」

秋冬コーデへの装いは足元から! とくに秋口のまだ暑さが残る時期は、足元を秋にシフトするだけでアクティブな夏とは違う、落ち着いた大人の女らしさを引き出してくれます。ワードローブやメイクで靴の色味や質感をリンクさせると、グッと秋冬のムードに近づきますよ。

【1】大きめバックル付きパンプス

大きめバックル付きパンプス

アッパーと異なる色のバックルは、エレガントだけど適度にこなれ見えを約束してくれる。アクセントのある足元で、着慣れたデニムを女っぽく、主張のあるスタイルに更新して。

ハンサム派にもレディ派にもおすすめ! 秋の【大きめバックル】パンプス

【2】スクエアトゥシューズ

ハンサムなワイドパンツには、「スクエアトゥ」で大人な雰囲気を。脚長効果のあるハイウエストのワイドパンツなら、低めヒールでもスタイルアップが叶う。

【ワイドパンツ×スクエアトウシューズ】で大人に|「ボトム×靴」の正解コーディネート

【3】スリッパパンプス

1週回った2巡目の小物をプラスするのが今年の気分。スリッパパンプスなら、ヒールが付いたキレイめに進化したものを選んで、知的なネービーのワントーンコーデの足元に合わせれば、通勤コーデも今年の気分にアップデート!

【スリッパパンプス】シンプル上手への近道は「2巡目トレンド小物」!

【4】スニーカー

スニーカーは旬のワイドパンツに合わせてカジュアルダウンを図るのに使うのが◎。ベージュのワイドチノ×定番コンバースは鉄板です。

パンツでもスカートでも!【スニーカーを履く日】のコーディネート見本帳5

【5】ブーティー

黒のブーティーは、黒ライダースに黒スキニーと合わせたワントーンコーデに。ゆるっとしたサイズのニットからヴィンテージ風ブラウスのフリル襟&そでをのぞかせて、モード感をひとさじプラス。黒の輝きを際立たせて。

スタンドカラーブラウスの重ね技でニットを新鮮に着る

バッグは「クラシカルな要素」できれいめ印象に

今年のバッグは、クラシックな「レトロ感」がキーワード。秋冬の洋服は、色や素材そのものが重たい印象を与えるので、「ツヤ感」のあるバッグの出番が多くなりそうです。光沢感のある金具が入るだけで、きれいめ印象を格上げしてくれるので、きちんと見えるけれど真面目で終わらないおしゃれ感を叶えてくれます。

【1】マルチポシェット

マルチポシェット

オーバーニット×タイトスカートのワンツーコーデに、大人の女性にピッタリのマルチポシェットを合わせて美人度UP! 着こなしにリズムが生まれ、さらに光沢感のあるゴールドパーツで洗練された印象に。

小物でアクセントをきかせた旬のクラシカルスタイル

【2】スクエアバッグ

カーフスキンレザーのスクエアなフォルムが構築的で美しい【ルイ・ヴィトン】のハンドバッグ「シティフレーム」。旬のビビッドカラーアウターに合わせて、お互いの存在感を引き立て合うスタイルに。

カラーコートと鋭角バッグでシャープな印象に

【3】バケツバッグ

今年のバケツバッグは、大きすぎない手ごろなサイズ感のものが豊作。コンパクトなニット×ほっそりとしたスカートのシンプルな着こなしのときに、バケツバッグの旬な存在感が活躍!

【バケツバッグ】シンプル上手への近道は「2巡目トレンド小物」!

【4】ストローショルダー

【Bilitis dix-sept ans】のストローショルダーは、かごよりもソフトなストロー素材。ダークブラウンのストロー素材に黒リボンなので、甘すぎない絶妙なさじ加減。あえて、黒いとろみワイドパンツなど少し辛口なアイテムにあわせるのが◎

【NEXT大人のかごバッグ】は“bilitis”のストローショルダー?|小林文の賢いプチプラ買い

【5】ハンドバッグ

どんなシーンにも寄り添いながらもコーディネートに確かな品格を与えてくれる【サルヴァトーレ フェラガモ】のItバッグ。ストラップで肩掛けにできたり、取り外し可能なクラッチがついていたり、きちんとしているけど真面目すぎないリアル・モードなバッグ。

【サルヴァトーレ フェラガモ】リアル・モードなバッグ【STUDIO BAG】|おしゃれのアイコンWHAT’S NEW

最後に

今回は2020年におすすめの秋冬コーデをご紹介しましたが、いかがでしたか? トレンドアイテムを一点投入する方法もあるけれど、素材感やシルエットでメリハリをつけた着こなしは、今っぽさへ一足飛びに近づけてくれます。手持ちのワードローブを生かしつつ、今年らしいリラックス感のあるワードローブと合わせるなど、小粋に映えるきれいめカジュアルを楽しんでくださいね。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.01.20

編集部のおすすめ Recommended

Feature