Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 秋ファッション
  5. 最新の秋冬コーデ38選|30代が着こなしたいおすすめのお手本コーディネート集

FASHION

2022.10.08

最新の秋冬コーデ38選|30代が着こなしたいおすすめのお手本コーディネート集

秋から冬にかけての30代の大人カジュアルコーデは、ベーシックを今どきのスタイルに進化させてダサ見え回避! 「ルーズに見えそう」「子供っぽく見えたらどうしよう…」そんな迷いがつきまうリラクシーなスタイルも、小粋に着こなすコツでブラッシュアップ。

30代女性がこの秋冬に着たいコーディネート特集

たくさん服はあるのに着るものがない… そんな悩みに直面することが多い秋冬シーズン。肩の力が抜けたスタイルが流行しているけれど、予定に合わせて品のあるスタイルも選びたい。働く30代の女性に寄り添うきれいめカジュアルを紹介します。

〈POINT〉
・リラクシーなシルエットは縦ラインを有効活用
・素材や色のコントラストだけでなくテイストにもメリハリを
・デザイン性の高いアイテムはシンプル配色でチャレンジ

▼あわせて読みたい

【2022年】秋のコーディネート57選|トレンドと人気の秋色アイテムを押さ…

【アウター】スマートなジャケットやコートスタイル

秋冬コーデの顔となるアウター。今っぽくきれいめに着こなすなら、まずは「メリハリを効かせる」ことを意識してみて。体のラインを拾わないアウターに、ボトムスの縦ラインでキリっとトレンド感を演出など、きれいめシルエットを引き立てるアウターの着こなし術を紹介します。

ツイードジャケット×スニーカー

ツイードジャケット×スニーカー

毎日のおしゃれに欠かせないスニーカーにもばっちりハマるツイードジャケット。クラシカルで華やかなオレンジ×黒のチェック柄に金ボタンは、カジュアルすぎない着こなしに好相性。洒落たスニーカースタイルを手に入れて。

ツイードジャケットでスニーカースタイルを大人ムードに!

中綿インナー付きツイードジャケット×デニム

中綿インナー付きツイードジャケット×デニム

レイヤードに向いた、ゆったりサイズや中綿インナー付きで冬場まで使えるタイプのツイードジャケット。一枚でサマになってクラシカルなムードがあるから、デニム合わせでもきちんと感もキープ!

1枚でサマ見えする中綿インナー付きツイードジャケットが主役

MA-1×ふんわりスカート×ハイテクスニーカー

MA-1×ふんわりスカート×ハイテクスニーカー

ゆったりと長め丈にアップデートしたMA-1とハイテクスニーカーでつくるスポーティな女っぽカジュアル。ふんわりスカートに合わせるカジュアルアウターは、まろやかなキャメル色ならラフすぎない。

“女っぽカジュアル”の秋トレンドは? この3アイテムに注目!

リラクシージャケット×ゆるニット×パンツ

リラクシージャケット×ゆるニット×パンツ

裏地のない一枚仕立てのリラクシージャケットは、シャツ感覚ではおったり巻いたりアレンジ自在。ゆるっとしたニットの上にはおって。メンズライクでかっこいいエフォートレスな最旬コーデが完成。

光沢感ある【リラクシージャケット】は11月まで季節スライドで楽しむ♪

スポーティブルゾン×レーススカート

スポーティブルゾン×レーススカート

繊細なインポートレースのスカートにスポーティブルゾンを合わせた、新時代のベーシックコーデ。広がりすぎないマーメイドラインで、スニーカーなど重めの足元でバランスをとるのが今どき。

秋のおしゃれの幅を広げる最新ブルゾン2|エディター三尋木奈保さんが選ぶ新名品

ロングコート×デニム

ロングコート×デニム

アッパーと異なる色のバックルは、エレガントだけど適度にこなれ見えを約束してくれる。アクセントのある足元で、着慣れたデニムを女っぽく、主張のあるスタイルに更新して。

ハンサム派にもレディ派にもおすすめ! 秋の【大きめバックル】パンプス

【ニット】秋冬ならでは! あたたかニットで寒さ対策も万全

ニットコーデを存分にを楽しめるのが秋冬の魅力! ただし、配色やシルエットを気にしないと膨張して見えてしまうことも。ここでは大人の女性に似合うニットコーデをご紹介します。あたたかさも万全のスタイリングでこの季節を楽しんで。

ベリーピンクニット×バレルパンツ

ベリーピンクニット×バレルパンツ

秋のトレンド、鮮やかなベリーピンクのニットで気分を上げて! ハイウエストのバレル(樽形)パンツにタックインすると今どきのスタイルアップが叶う。

疲れ気味の水曜日こそ、鮮やかカラーで気分を上げて!

くすみイエローニット×ワンピース

くすみイエローニット×ワンピース

くすみイエロー×グレーブラウンの配色がおしゃれ感アップの要! 襟元や袖口からのぞかせるグレーブラウンが全体をまとめる。斜め掛けしたウォレットバッグのストラップが、視線を集めてやせ見え効果も発揮。

くすみイエロー×グレーブラウンの配色がおしゃれっぽさの要

オレンジニット×ベージュパンツ

オレンジニット×ベージュパンツ

オレンジにはベージュ系のパイソンが好相性! あえての“おじっぽさ”にインナーとバッグの「白」でクリーンさ出すのもオシャレ上級者。

今着たいオレンジ! 白を加えてクリーンに♡

MIXニット×カラーパンツ

MIXニット×カラーパンツ

MIXニットをキレよく仕上げるポイントはカラーパンツ! かっこいい顔をもつエネルギーたっぷりなオレンジでフレッシュにアップデート。つなぎの小物は穏やかなグレージュをチョイス。

個性派カラーのオレンジパンツで私をアップデート!

パープルケーブルニット×グレーパンツ

パープルケーブルニット×グレーパンツ

ただのニット×デニムに特別感を出すなら、グレーのデニムやざっくりとした編み地のケーブルニットを合わせてみて。カジュアルな質感がパープルを身近に感じさせる。

かっこいい気分で! パープルニット×デニムの洗練コーデ

付け襟ニット×フレアスカート

付け襟ニット×フレアスカート

淡いブルーのフレアスカートに付け襟ニットの正統派レディな着こなし。こなれ感をプラスするなら、足元に攻めのスパイスを! 黒のフラットブーツならクラシカルなスカートにも好相性。

この秋は、正統派レディスタイルを楽しみたい!

ニットベスト×シャツ

ニットベスト×シャツ

アシンメトリーな遊び心のあるニットベストは、モードなモノトーンコーデでさらりと取り入れて。クセのないスタンダードな黒ボトムのシルエットが、ニット×白シャツの冒険的なデザインを受け止めてくれる。

ストイックな黒パンツを軸に、攻めたデザインに挑戦

オーバーニット×タイトスカート

オーバーニット×タイトスカート

オーバーニット×タイトスカートのワンツーコーデに、大人の女性にピッタリのマルチポシェットを合わせて美人度UP! 着こなしにリズムが生まれ、さらに光沢感のあるゴールドパーツで洗練された印象に。

小物でアクセントをきかせた旬のクラシカルスタイル

【シャツ・ブラウス】仕事の日もこなれた印象に!

シャツやブラウスを秋冬らしくオシャレに着こなすコツはボトムスとの配色やレイヤードがカギ! 秋冬らしいシャツ・ブラウスコーデをまとめました。

光沢ネイビーブラウス

光沢ネイビーブラウス

ブラウス×デニムのかっこいいベーシックの鮮度アップには、“艶っぽネイビー”のブラウスの出番。濃いめデニムでワントーンに装えば、きれいめ感もキープしつつカジュアルに仕上がる。

光沢のブラウスをきれいめカジュアルに仕上げるなら…

ブルーシャツ×ハイネック

ブルーシャツ×ハイネック

ブルーシャツのインにハイネックを仕込んでワントーンコーデに秋の装いをプラスして。レイヤードで奥行きを出す着こなしができるのも、秋にワントーンコーデをしたい理由。青みのあるグレーならつながりもよく、品よく仕上がる。

カラーパンツで奥行きのある着こなしに仕上げるコツ!

バンドカラーシャツ×カラーパンツ

バンドカラーシャツ×カラーパンツ

きれいめコーデの鮮度を一気に高めるバンドカラーシャツ。九分丈パンツに合わせるだけで更新感のある、きれいめスタイルが実現。シャツのゆったりしたシルエットを生かすべく、裾をアウトにして今っぽく着こなして。

きれいめコーデの鮮度を高めるバンドカラーシャツの威力

ネイビーバンドカラーシャツ×千鳥格子柄のフレアスカート

ネイビーバンドカラーシャツ×千鳥格子柄のフレアスカート

千鳥格子柄のフレアスカートにもモードなかっこよさを香らせるネイビーバンドカラーシャツ。ネイビーのタートルニットもレイヤードしてノーブルなスカートを攻略! 袖はラフにまくり、抜け感を演出。

モードなかっこよさが香るバンドカラーシャツコーデ

襟コン白ブラウス×黒パンツ

襟コン白ブラウス×黒パンツ

襟コンシャスな白ブラウスの甘いテイストを大人っぽく受け止めるのは、きれいめ黒パンツ。ハイウエストのかっちりしたシルエットで、かわいい&かっこいいを欲張りに叶えて。

襟コンブラウス×黒パンツの甘辛コーデで初秋スタート!

ピンクブラウス×黒パンツ

ピンクブラウス×黒パンツ

ハシゴレースとピンタックが施されたデザインがおしゃれなピンクブラウス。ふわもこミニバッグでさらにピンクを重ねたロマンティックなコーデは、黒パンツがしっかりと締めてくれる。

ピンクを大人かわいく着こなす簡単ボトムステクニックなら♡

【カラーボトムス】洗練した大人のコーディネートを

アウターやトップスで秋冬らしさを“盛る”のも良いですが、カラーボトムスで差をつけるオシャレにもチャレンジしたい。こっくり色やくすみカラーなどのきれい色や、旬の光沢ボトムスなど、ここでは大人のバランス感で着こなすきれいめカジュアルのポイントを紹介します。

ピンクパンツ×ボーダートップス×ニットカーディガン

ピンクパンツ×ボーダートップス×ニットカーディガン

甘めのカラーパンツはゆるっとした羽織と合わせてデイリーに気分転換。しっかり長さのあるカーディガンで、カラーパンツの大胆さをいい意味で和らげて。

やさしい配色で、心地よく日常を彩りたい…

パープルパンツ×ラベンダーコート

パープルパンツ×ラベンダーコート

ラベンダー×グレーの配色をマスターできればおしゃれ上級者の証♡ 柔和な配色で辛口パンツルックをアップデート! トーンの違うパープル、グレーを丁寧に重ね、小物の白でなじませるとハッとするほど奥行きのあるコーディネートが生まれる。

ラベンダー×グレーの配色をマスターすれば、おしゃれ上級者♡

グリーンスカート×黒ブルゾン

グリーンスカート×黒ブルゾン

黒×緑の強めコントラストはグレーでつなげて馴染ませて。カジュアル&ガーリーな着こなしもかっこよくきまる。気温差が感じられる時期だから、防寒対策も忘れずに。

今季筆頭トレンドカラー・グリーンを目一杯楽しむ♡

こっくりピンクスカート×黒キルティングブルゾン

こっくりピンクスカート×黒キルティングブルゾン

ガーリーなピンクスカートは、キルティングブルゾンの表面感やレザーブーツの光沢感あるオール黒とのメリハリでモードに着こなして。こっくりピンクに重ねる黒は表情に変化をつけることで軽快さを出してくれる。

ガーリーピンクをモードに着こなす! メリハリ配色コーデ

ブルースカート×グレーニット

ブルースカート×グレーニット

エクリュカラーのブーツは、まろやかなグレータイツ、スモーキーブルーのスカート… と、ニュアンスのある寒色系でつなぐのも魅力的。ひんやりクールな配色がスカートスタイルを一歩大人のムードに導いてくれる。

大好きなスカート×ショートブーツの季節到来!

イエローパンツ×グレーカーディガン

イエローパンツ×グレーカーディガン

ロゴカットソーはイエローのカラーパンツできれいめ感をマーク。ざっくりとしたグレーのカーディガンが快活な装いをやわらかくまとめ、秋らしさを牽引。

秋の色合わせで大人っぽく! カラーパンツ×グレートップス

ボルドーパンツ×ベージュピンクカーディガン

ボルドーパンツ×ベージュピンクカーディガン

ベビーピンクの甘さは大人なボルドーパンツやメンズライクな小物で引き締めてキレよく装って。ラバーソールのフラットシューズやボクシーショルダーなど、小物のチョイスで甘めカラーも攻略できる。

メンズライクな小物で引き締めれば甘めカラーも難なく攻略できる!

マスタードスカート×黒ニット

マスタードスカート×黒ニット

秋の装いにぴったりなマスタード色のスカート。この色を小粋に着こなすコツは、その他を黒で統一し、バサっとスカートをキレよく締めること。小物や足元に遊び心を加えてみるのも◎。

小粋に映えるマスタード×ブラックの配色で秋を楽しむ

レッドカラーパンツ×トレンチコート

レッドカラーパンツ×トレンチコート

安定のトレンチコートこそ、カラーボトムで鮮度アップ&マンネリ回避! レッドカラーのパンツはトラッド感のある着こなしに取り入れると本領発揮。とろみのあるマットなジョーゼット生地でドレッシーな要素も取り入れて。

定番トレンチは、カラーパンツで鮮度UP&マンネリ回避!

グリーンパンツ×スモーキーミントプルオーバー

グリーンパンツ×スモーキーミントプルオーバー

秋冬のおしゃれを大胆に攻めるなら、心が躍るきれい色で満喫。スモーキーミントでグラデーションをつくり、白ブラウスやローファーで抜け感をトッピングすれば爽やかな仕上がりに。

2021秋のお洒落を格上げする注目のトレンドカラー&アクセサリー発表!

コバルトブルーパンツ×ボーダーカットソー

コバルトブルーパンツ×ボーダーカットソー

ボックス型のボーダーカットソーは定番のデニムではなく、あえてコバルトブルーのカラーパンツにすることで鮮度アップ。ブルーのワントーンでまとめて大人のきれいめカジュアルに。

定番ボーダーカットソーの鮮度を上げる着こなしワザ!!

【素材とデザインで勝負】ワンランク上のオシャレを目指す

色で勝負するのもアリですが、秋冬だからこそ着こなしたい素材とデザインも♡ キルティング素材やシルク素材など、上品見えを叶えつつ寒さ対策も忘れないコーディネートをご紹介します。

キルティングアウターのオールブラックコーデ

キルティングアウターのオールブラックコーデ

ニットとスウェードパンツのやわらかな組み合わせに、キルティングアウターでオールブラックの装いも表情豊かに。模様の後押しもあり、黒の着こなしが一気に冴える。仕上げにあえてのかごバッグで抜け感を。

ALL黒のコーデ、異素材を重ねてメリハリを出して♡

シルクワンピース×スウェット×ダウン

シルクワンピース×スウェット×ダウン

オーバーサイズのスウェットとダウンにシルクのワンピースを合わせた、大胆なミックスコーディネート。ミスマッチと見せかけたコーディネートだけど、レタードスウェットのザ・アメカジ的なニュアンスがスタイリングの完成度と鮮度を一気に高めてくれる。

大胆な着こなしでレタードアイテムをより鮮度高く!

キルティングショートブルゾン×白スカート

キルティングショートブルゾン×白スカート

ショート丈のコンパクトなキルティングアウターのシルエットは、きれいめな着こなしを約束! 直線的なキルティングと長めのリブ袖がシャープな印象に導く。

キルティングアウターで着こなしをシャープ&ジェニックに♡

コーデュロイパンツ×ジャケット

コーデュロイパンツ×ジャケット

マスタードイエローとコーデュロイ素材のレトロ感が、ジャケパンスタイルを程よくハズしてくれるフレンドリーな印象に。ジャケットのシルバーボタンが全体を引き締める重要なアクセント。インナーとパンプスの色をリンクさせる小技も効いて。

定番のようで… 実は小ワザが効いたジャケパン通勤コーデ

ネイビーベロアトップス×ブルースカート

ネイビーベロアトップス×ブルースカート

ドラマティックなブルーのスカートには表情豊かなベロアトップスをチョイス。真面目なネイビーも色っぽい印象に。ゴールドのアクセサリーでアクセントを加えれば、キレよくシックに仕上がる。

月初めは、きれい色コーデでキリッと!

デニムスカート×ミドル丈ジレ

デニムスカート×ミドル丈ジレ

デニムスカートが主役の装いにミドル丈ジレをこそサッとはおって、ハンサムに引き締め。ロゴニット×デニムスカートのカジュアルコーデが、テーラードジレで瞬時にきれいめにシフトする。ボタンは開けてラフに着こなすのがオシャレ上級者。

ハンサムにミドル丈ジレを着こなしたい!

サテンパンツ×ビッグシャツ

サテンパンツ×ビッグシャツ

旬のサテンパンツは、みずみずしいツヤのあるグリーンを選んでおしゃれ上級者の着こなしに。ネイビーのビッグシャツとのリラクシングなシルエットに、白バッグ×パイソン柄パンプスが抜け感をつくってくれる。

【マットトップス×光沢パンツ】で旬の着こなしに|素材でお洒落をアップデートしよう

最後に

トレンドアイテムを一点投入もいいけれど、素材感やシルエットでメリハリをつけた着こなしは、コーデを今っぽさに近づけてくれます。手持ちのワードローブを生かしつつ、リラックス感のあるアイテムと合わせるなど、小粋に映えるきれいめカジュアルを楽しんでくださいね。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.11.27

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature