Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. 夏ファッション
  4. コーデ夏編16選【レディース】夏らしいボトムスコーデが盛りだくさん!

FASHION

2018.06.13

コーデ夏編16選【レディース】夏らしいボトムスコーデが盛りだくさん!

コーデ夏レディース。今気になる、この夏おすすめのレディース向けコーディネートをご紹介。体型が気になるこの季節にスタイル見えするコーデや、この夏注目のボトムスをベージュ、白、黒、ネイビー、赤と、カラー別にピックアップ! 他にもトレンドのデニムや夏のコーデのアクセントになる小物など、思わず試したくなる最旬の夏コーデを取り入れて毎日をもっと楽しく。

コーデ夏レディース

【1】ベージュパンツ×ベージュブラウス

ベージュパンツ×ベージュブラウス

上品で落ち着いたソフトな印象に見せてくれるベージュのグラデーションでつくるワントーンコーデ。ベルトやバッグのパーツのダークブラウンでさりげなく全体を引き締めて。
【8/4のコーデ】上司と共に会食へ。仕事上も大切な席だから品のよさを意識

【2】ベージュパンツ×ネイビーブラウス

ベージュパンツ×ネイビーブラウス

ふんわり袖のネイビーのプルオーバーと、ゆるめのベージュのパンツを合わせた程よく力の抜けた休日コーデ。小物は黒でまとめて、大人のカジュアル感を意識。
三尋木奈保のリアルスタイル公開! 着回し「3段活用ステップ」を実践

【3】ベージュパンツ×ネイビー半袖リブニット

ベージュパンツ×ネイビー半袖リブニット

ミニマルなブラックトップスで上半身は女性らしくコンパクトにまとめれば、カジュアルなベージュのワイドチノもきれいめな印象に。同系色のスカーフで顔まわりに華やぎを。
【9/8のコーデ】早起きで日帰り出張。選ぶべきはシワになりにくいワイドチノ♪

【4】白パンツ×水色ブラウス

白パンツ×水色ブラウス

きちんと見えの代名詞ともいえるスタンドカラーのトップスは、フックを外せばオフショルにもなる2WAY仕様。白パンツでさわやかにまとめ、リラックス感も漂うきれいめモード。
肌見せ具合にドキっ…オフショルとスタンドカラーで別の顔【kei shirahataの2wayトップス】

【5】白パンツ×イエロートップス

白パンツ×イエロートップス

日差しの気持ちいい真夏日にぴったりな、ウォッシャブルなイエロートップスとUVカット機能のある白ボトムの高機能コンビ。クーラーのきいた室内用にカーディガンは忘れずに。
【7/21のコーデ】真夏日はウォッシャブルとUVカット機能の上下で

【6】白パンツ×カーキシャツ

白パンツ×カーキシャツ

白のセンタープレスパンツに、からりとしたサファリテイストを感じさせるカーキシャツを合わせた、梅雨対策もバッチリな高機能&進化形素材のコーディネート。
【7/16のコーデ】親友とゆっくりお茶。女友達と会う日はトレンドを盛り込みたい気分

【7】白パンツ×Tシャツ

白パンツ×Tシャツ

白パンツ×Tシャツのシンプルなコーディネートは、バッグや足元で遊び心をプラスするのがポイント。バッグにスカーフをひと巻きするだけで、ぐっとキレイめな印象に。
梅雨の晴れ間の土曜日は小さなギャラリーを散策。そろそろ素敵な絵とか買ってみたいな~

【8】黒パンツ×黒ポンチョ

黒パンツ×黒ポンチョ

黒×レオパードは永遠の定番配色なので、黒を効かせたパンツスタイルにスパイシィな女っぽさをプラス。今季のレオパード柄は、はワンポイントではなく思い切ってトップスで取り入れるのがおしゃれ!
ついつい着たくなる偏愛プリント【エキップモン】のレオパード柄

【9】黒パンツ×黒Tシャツ

黒パンツ×黒Tシャツ

全身黒でクールにまとめたカジュアルスタイルには、効きがいいストライプストラップバッグをお供に。足元の白スニーカーとキャップで軽やかな印象に。
【4/29のコーデ】ストラップバッグをお供に休日ワークアウト♪

【10】黒パンツ×黒ノースリーブ

黒パンツ×黒ノースリーブ

つかず離れずなゆったりシルエットで、楽チンさを追求した夏の休日のリラックスコーデ。シンプルなオールブラックコーデには、サコッシュのオレンジで鮮やかなアクセントをプラス。
ファッションディレクター野尻美穂の【音楽フェス必須アイテム】はコレ!

【11】黒パンツ×黒ブラウス

黒パンツ×黒ブラウス

黒のブラウスとパンツのセットアップに、大ぶりのアクセサリーとミニバッグでアクセントをつけた、華やかなシーンにうってつけの夏の夜のドレスアップコーデ。
夜はドレスアップして、編集部員一同でファッションブランドの新作発表パーティへ

【12】黒パンツ×ビスチェ

黒パンツ×ビスチェ

ダークカラーでも着映えを叶えるなら、ビスチェを重ねてレイヤードで奥行きを出すのがコツ。モードなビスチェも、そでコンシャスなふんわりブラウスと合わせれば華やかな場にふさわしい装いに。
【3/27のコーデ】ダークカラーでも着映えたいときは、レイヤードで奥行きを出す!

【13】グレーデニムパンツ×ブラウスニット

グレーデニムパンツ×ブラウスニット

透け感のあるニットで女っぽさを出したら、ボトムはグレーのデニムくらいのバランスがちょうどいい。男目線を意識しすぎないラフさが、アラサー的ベストバランス。
【5/14のコーデ】飲み会の日は、きれいめデニムでいやみのない女っぽカジュアル

【14】グレーパンツ×グリーンノースリーブブラウス

グレーパンツ×グリーンノースリーブブラウス

トレンドカラーのグリーンを取り入れるには、淡色同士、かつ同系色でまとめれば失敗知らずの優秀コーデ。靴やバッグなどの小物はモノトーンに抑えるのがポイント。
【3/26のコーデ】はやりのカラーONカラーでアフター7は女子会へ

【15】ネイビーパンツ×カーキニット

ネイビーパンツ×カーキニット

Iラインをグッと強調し、脚もほっそりと見せてくれるロングジレ。トップスをカーキにすることで、着こなしのこなれ感がぐんとUP! インパクトのある小物をプラスしてコーデ全体を盛り上げて。
【8/1のコーデ】今日は外出DAY。雨だからIライン&ダークカラーが味方

【16】ネイビーパンツ×ネイビーシャツ

ネイビーパンツ×ネイビーシャツ

とろみ素材同士を合わせれば違和感もなく、本当はラクなのにちゃんとして見えるセットアップ風ワントーンコーデに。気軽なランチミーティングには、抜け感の出るバーサンダルと華やぎクラッチでよそいき仕様に。
【8/3のコーデ】取引先とのランチミーディング。セットアップ風の着こなしできちんと感を


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.08.19

編集部のおすすめ Recommended

6月28日に発売したOggi8月号P.100掲載の“Teva”のサンダルのライン名に誤りがありました。正しくは「ミッドフォーム ユニバーサル」です。お詫びして訂正いたします。

Feature