神様の数え方は? 由来は? 難易度高めだけど、できる人は知っている! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 神様の数え方は? 由来は? 難易度高めだけど、できる人は知っている!

WORK

2022.01.03

神様の数え方は? 由来は? 難易度高めだけど、できる人は知っている!

神様の数え方を知っていますか? 言葉やビジネスマナーに詳しい鶴田初芽が、由来も含めて解説します。

鶴田初芽

神様の数え方は? その由来は?

年始には年神様をお迎えしたり、初詣に出かけたりと神様が登場することが多いですね。

さて、神様はなんと数えるでしょう? 下の3つから選んでみて!

1. 人
2. 柱
3. 拝

神様の数え方は?

(c)Shutterstock.com

◆答え 2. 柱

神様を数える場面はなかなかないので、難しかったのではないでしょうか。

神様は柱(はしら)と数えます。一柱(ひとはしら)、ニ柱(ふたはしら)、三柱(みはしら)… です。

そもそも、外国の神様は唯一であることが多く、数えることがありません。そのため、日本独自の数え方といわれています。

なぜ柱で数えるの?

(c)Shutterstock.com

柱という言葉にあまり神々しさを感じたことがなかったのですが、なぜ柱と数えるようになったのでしょうか。

古墳時代に天皇が亡くなった際には供養のために柱を立て、そこに神様を招き迎える儀式を行ったことから柱と数えられるようになったという説があります。現在でも諏訪大社で行われる御柱祭など、神事に柱を立てることがあります。

また、伊勢神宮や出雲大社など本殿の中央を支える柱は心御柱(しんのみはしら)と呼ばれ、神様が宿るとされていますし、そのほかの建物においても中央に最初に立てる柱は大黒柱と呼ばれ、神様が宿っていると信じられてきました。

柱に神様が宿ると信じられてきたことで、柱を神様と見立てたり、柱が神様そのものであると考えられるようになり、柱と数えられるようになったという説があります。

また、日本では、古来より森羅万象あらゆるものに神様が宿ると考えられてきました。特に木々に神様が宿っていると考えられたことから、柱と数えられるようになったという説があります。

たしかに、神霊の宿る木を御神木と呼び、そのそばに拝殿が建てられたり、パワースポットになったりしていますよね。

* * *

いかがでしたか? 由来を知ると、柱という数え方もぴったりに感じられるから不思議ですね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

もっと開運豆知識!

鶴田初芽

都内在住のOLライター。マナーインストラクターであり、実用マナー検定準一級や敬語力検定準一級など、ビジネスにおけるマナーや、マネーに関する資格(2級ファイナンシャル・プランニング技能士、金融コンプライアンスオフィサー、マイナンバー保護オフィサー)などを保有。丁寧な暮らしに憧れ、断捨離修行中!

Today’s Access Ranking

ランキング

2024.07.17

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。