【やばい角栓が育ってしまう原因とは】角栓除去&予防対策のおすすめな方法も紹介 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. スキンケア
  4. 角栓
  5. 【やばい角栓が育ってしまう原因とは】角栓除去&予防対策のおすすめな方法も紹介

BEAUTY

2021.12.02

【やばい角栓が育ってしまう原因とは】角栓除去&予防対策のおすすめな方法も紹介

「角栓だらけの顔をどうにかしたい」「なぜこうなる?」「一気に取りたい!」… 不潔感・老け顔を加速させる毛穴詰まり。美を追求する女性の深刻な問題ですよね。一気に取り除こうと間違った角栓ケアをすると、毛穴が余計に悪目立ちすることも。大切なのは“角栓を育てない予防”と、できてしまった角栓は“ゆるやかに取り除く”ことです。

【目次】
角栓を形成して育ててしまう【原因】
角栓ができてしまった時の【対策】
一番大切なのは角栓を生まない【予防】

角栓を形成して育ててしまう【原因】

【1】角栓の主な原因

角栓の主な原因

角栓を生み出し、育ててしまう主な原因は過剰な“皮脂分泌”“乾燥”です。

≪冬の毛穴≫
冬は新陳代謝が衰え肌が乾燥することで、毛穴の角栓(老廃物)が硬くなりやすい季節。角栓が溜まったまま放置していると、ますます乾燥がすすんで角質肥厚に。角栓をさらに硬く大きくしてしまう、冬の毛穴スパイラルに要注意!

≪夏の毛穴≫
夏は高温多湿となる環境により皮脂が過剰に分泌する季節。毛穴に溜まった皮脂と、剥がれ落ちた角質やメイク汚れなどが混ざって角栓を形成します。さらに、紫外線や室内環境の影響により、ほかの季節より毛穴が目立ちやすくなります。

アラサー女子が毛穴の角栓・いちご鼻を解消する施術を体験

【2】角栓を放置するとどうなる?

皮脂や乾燥による毛穴詰まりが起こりやすい30代。ケアを怠ってしまうと、どうなってしまうのでしょうか?

角栓を放置するとどうなる?

(画像提供/ドクターシーラボ)

分泌された皮脂と古い角質や汚れが混ざる→毛穴に詰まる→放置すると固まり角栓が盛り上がって『詰まり毛穴』状態に。[写真:1]

盛り上がった角栓をさらに放置すると酸化して黒っぽくなり、不潔な印象の『黒ずみ毛穴』に。[写真:2]

肌の清潔感を急降下させないために、早め早めのケアが必須です!

肌の毛穴が目立ち始める30代前半のスキンケア

角栓ができてしまった時の【対策】

【1】角栓を洗い流す際のポイント

角栓を洗い流す際のポイント

汚れを落とす際は、優しく丁寧になじませてすすぎます。ゴシゴシとこするのはNG! 優しくくるくるとオフしましょう。肌状態に合わせて、部分使い用・全顔用を選んで。

【2】やってはいけない角栓NGケア

「毛穴ケアで絶対にやめて欲しいのは、角栓を押し出すことです。肌に負担がかかり、かえって皮脂が分泌されやすくなります」(青山ヒフ科 クリニック 院長:亀山孝一先生)

≪やってはいけない角質ケア≫
・指で角栓を絞り出す
・毛抜きで角栓をスポッと抜き取る
・剥がすタイプの毛穴パックを愛用する

≪角栓ケアの心得≫
角栓はできてからポロッととるのではなく、「溜めない」「大きくしない」ことが大切です!

■角栓除去におすすめのコスメ【4選】

毛穴の詰まりが気になり始めた人には、角栓除去コスメがおすすめです。

■角栓除去におすすめのコスメ【4選】

【1】ハーバー研究所|角栓クリアバーム&セラム(写真:左2品)
角栓クリアバームで、Tゾーンの汚れをオフ。その後、セラムを指でなじませるだけ。毛穴の目立たないなめらかに肌に。

【2】クリニーク|2in1 ディープ クレンジング ジェリー(写真:中央)
肌に優しい竹ビーズ配合の泡立つジェリー状のテクスチャー。蓄積しやすい頑固な毛穴汚れなどのディープクレンジングと洗顔が1本で完了します。毛穴やざらつきが気にならない、なめらかな肌に。

【3】SUQQU|ポア クレンジング セラム(写真:中右)
洗顔後の濡れた肌になじませて洗い流すセラム。Tゾーンの角栓や余分な皮脂を落としてテカリをおさえ、汚れも肌くすみもクリアに。

【4】SENSAI|センサイ SP クリアジェルウォッシュ(写真:右)
濃密ジェルが肌に密着する泡立てないジェル状洗顔料。毛穴の黒ずみ汚れに作用して、角栓を洗い流します。

【角栓】押し出しNG! 専用コスメでじっくりケア

一番大切なのは角栓を生まない【予防】

【1】詰まり毛穴予防の基本は洗顔!

詰まり毛穴予防の基本は洗顔!

▲毛穴に詰まった汚れは洗顔料を使わないと落とせません。たっぷり濃密な泡でその日のうちに汚れを落としましょう。

詰まり毛穴予防の基本は洗顔!

▲肌に手が触れない程度の力で泡を顔全体になじませてすすぎます。摩擦は厳禁!

≪手抜き&やりすぎケアはNG≫
・ふき取りクレンジングシートを毎日愛用
・さっぱりしすぎるスキンケアで皮脂対策
・洗顔ブラシでゴシゴシと毛穴洗浄
・ポロポロ系の洗顔で角質オフ
・肌に負担をかける冷水洗顔

【2】汚れを溜めないことも大切!

汚れを溜めないことも大切!

角栓や黒ずみを防ぐには、適切に洗顔して老廃物が溜まりにくい肌環境に整えることが大切です。

≪汚れを溜めないスキンケア≫
・毛穴を埋めるタイプの下地を使わない
・皮脂の酸化を招くオイルを使わない
・日焼け止め等の洗い残しに注意する
・ビタミンC誘導体配合の化粧水で、皮脂分泌を抑制
・しっかり保湿する

肌の毛穴が目立ち始める30代前半のスキンケア

【3】働く女性が愛用する角栓予防おすすめスキンケア

働く女性が愛用する角栓予防おすすめスキンケア

▲ファンケル|マイルドクレンジング オイル
・2020年 Oggiベストコスメ(クレンジング&洗顔部門)第1位
・2019年 Oggiベストコスメ(クレンジング部門)第1位

落ちにくいメイクも、ザラつきも、毛穴につまったあらゆる角栓も、素早く浮かせてまとめてオフ! 肌状態によって異なる、人それぞれの角栓をすっきり落とすクレンジングオイルです。

≪エディターのレビュー≫
「アイシャドウもマスカラもアイラインも、気持ちいいくらいするん! と落ちて、本当に頼もしい! ゴシゴシこすらなくてもメイクオフできるから結果的に肌にも優しいし、洗いあがりもつっぱらずにそれでいてさっぱり♡」(川原莉奈さん)

≪読者の口コミ≫
・「どんなに疲れて帰った夜も、これがあればラクにメイクが落とせます」(看護師・30歳)
・「ベタつく混合肌なので、毛穴汚れもオフできるのがうれしい」(IT・27歳)
・「しっかりメイクを落とすのに、洗い上がりはなめらか!」(アパレル・35歳)
・「メイクをするんと落とす高いクレンジング力」(営業・34歳)
・「オイル状なのにヌルつかず、つっぱり感のない洗い上がり」(メーカー・29歳)

働く女性のベストコスメ【クレンジング】ランキング

【4】皮脂だけでなくタンパク質も分解

皮脂だけでなくタンパク質も分解

▲オバジ|オバジC 酵素洗顔パウダー

たんぱく質分解酵素と皮脂分解酵素、さらにピュアビタミンCを配合。うるおいを守りながら、毛穴の黒ずみ・角栓詰まり・ザラつきをしっかり取り除きます。

さっぱりツルツル? それともしっとり? 洗い上がり別【酵素洗顔料】

【5】洗い流すだけでクリアな肌に

洗い流すだけでクリアな肌に

▲ツルリ|角栓溶かす ジェル&スクラブ

ジェルとスクラブがダブルではたらく部分用マッサージ洗顔料。角栓・黒ずみ・汚れを吸着して溶かし出し、クリアなツルツル肌に!

≪レビュー≫
「肌への優しさが続けたくなるポイント。爽やかなシトラスの香りにも、いやされます!」(ビューティ&トラベルライター:石原有起さん)

毛穴の黒ずみを根こそぎ除去!【ツルリ】のジェル&スクラブ


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.20

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature