【ネイビーに合う色】上品にもカジュアルにも! 紺と相性抜群カラーのお手本コーデ術 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. カラーコーディネート
  4. ネイビーコーデ
  5. 【ネイビーに合う色】上品にもカジュアルにも! 紺と相性抜群カラーのお手本コーデ術

FASHION

2021.09.20

【ネイビーに合う色】上品にもカジュアルにも! 紺と相性抜群カラーのお手本コーデ術

ネイビー(紺)の洋服はたくさん持っているけど、どの色が合うのかわからない…。いつも同じ色との組み合わせばかり…。そんな悩みを持った方へ、今回はネイビーに合う色を使ったお手本コーデ例をピックアップ! 合わせる色によってコーデ全体の表情をガラッと変えてくれるネイビーの使い方を、たっぷり紹介します。

【目次】
ネイビーに合う色とは?
【黒×ネイビー】の同系色コーデ
【白×ネイビー】の上品コーデ
【ベージュ×ネイビー】の女っぽコーデ
【カーキ×ネイビー】のきっちりコーデ
【ネイビー×青】のハンサム女子コーデ
ネイビーに合う色の靴もチェック
最後に

ネイビーに合う色とは?

落ち着いた色「ネイビー(紺色)」は、どのようなコーデにも合わせやすい色のひとつ。ハデすぎず、地味すぎないベーシックな色なので、合わない色がほとんどないのがメリット。今回はそんなネイビーに合う色を使ったコーデを紹介していきます。

Point
・黒や青などの同系色コーデには、小物や肌見せで抜け感をプラス
・女っぽさを演出するときは、白やベージュを合わせるとGOOD
・コーデに味付けするときは、合わせる靴を工夫する

【黒×ネイビー】の同系色コーデ

まずは黒を合わせた同色系コーディネートをピックアップ。地味にまとまりがちなダークカラー同士は、小物でアクセントをつけたり、シルエットで変化をつけたりするのがポイント!

【1】ネイビーワイドパンツ×黒トップス

ネイビーワイドパンツ×黒トップス

ネイビーと黒のダークカラーの組み合わせは、シルエットで今っぽさを演出するのがコツ。ワイドパンツを合わせて、適度な抜け感を手に入れて。

ダークカラーコーデは、ゆるりとワイドパンツで抜け感を

【2】ネイビージャケット×黒ワンピ

ネイビージャケット×黒ワンピ

黒ワンピ×ネイビージャケットのミニマムスタイルはNYのビジネスウーマンみたい。パンチのあるバッグやごつめのリングで辛口シンプルにまとめて。

ミニマムな黒ワンピ×ネイビージャケットで気分はマンハッタン!

【3】ネイビーパンツ×黒ブラウス

3. ネイビーパンツ×黒ブラウス

Vネックのブラウスやオジ靴をネイビーパンツに合わせた、ハンサム要素満載のスタイル。ブラックの小物をプラスすることで、コーディネートに奥行きが出てよりモードに。

ネイビー×ブラック配色でジャケットをモードに昇華

【白×ネイビー】の上品コーデ

迷ったらとりあえず「白」を合わせておけばOK! と言っても過言ではない白との組み合わせコーデ。女性らしく清楚にまとめたいときにチャレンジしてみて。

【1】ネイビーブラウス×白フレアスカート

ネイビーブラウス×白フレアスカート

甘めのネイビープルオーバーに、面積の大きい白のフレアスカートを合わせたフェミニンコーデ。コントラストが爽やかで、夏らしい。

三尋木奈保のリアルスタイル公開! 着回し「3段活用ステップ」を実践

【2】ネイビーブラウス×白パンツ

ネイビーブラウス×白パンツ

ネイビー×白は信頼感のある配色コーデ。ブラウスとパンツで正装感を出しつつ、ボーダーを袖からのぞかせて小気味よくまとめて。

デキる女のつもりが、怖い女になってない!? モノトーンのお仕事スタイル

【3】ネイビープリーツスカート×白シャツ

ネイビープリーツスカート×白シャツ

ネイビー地に白ドットの甘めプリーツスカートには、白シャツを合わせてパキッとした雰囲気に。笑顔がこぼれるフレンチシックなガーリースタイル。

フレンチシックなガーリーシャツスタイル|高橋リタの極上のコンサバ

【ベージュ×ネイビー】の女っぽコーデ

白と同じくらい使えるのが「ベージュ」! より女っぽさを引き立てたいときは、白よりもベージュを選ぶのが正解です。

【1】ネイビーブラウス×ベージュチノパンツ

ネイビーブラウス×ベージュチノパンツ

あえてゆるっとしたチノパンを、甘めのトップスに合わせた休日コーデ。カゴバッグとフラットサンダルは黒でまとめて大人カジュアルを演出。

三尋木奈保のリアルスタイル公開! 着回し「3段活用ステップ」を実践

【2】ネイビースラックス×ベージュブラウス

ネイビースラックス×ベージュブラウス

ベージュブラウスとネイビースラックスを合わせたスタンダードなパンツコーデには、エッジの効いた小物をプラスするのが効果的! 足元に目を引くポイントを置いたら、着こなしが今っぽくブラッシュアップされる。

あなたは「かっこいい派 or かわいい派」? 夏の足元はスタイルで選ぶ!

【3】ネイビーパンツ×ベージュのベルテッドコート

ネイビーパンツ×ベージュのベルテッドコート

ネイビーのワイドパンツに、ベージュのベルテッドコートを合わせたスタイル。コートはショート丈で目線を上げることで、足長効果も◎。

【4万円以下で発見!】ベルテッドコートはスタイルUP効果がすごい!

【4】ネイビーワイドパンツ×ベージュシャツ

ネイビーワイドパンツ×ベージュシャツ

ネイビーのワイドパンツとベージュのオーバーサイズシャツを合わせた着心地のいいコーデ。シャツの袖からボーダーをのぞかせるなど、細部のおしゃれも忘れずに!

動き回る日は、着心地のいいアイテムを身にまとって♪

【カーキ×ネイビー】のきっちりコーデ

ネイビーとカーキは、大人モダンな雰囲気を作ることができる好相性な組み合わせ。ちょっぴり背伸びしたいときや、落ち着いた印象にしたいときにチャレンジしてみて。

【1】ネイビーパンツ×カーキニット×黒カーディガン

ネイビーパンツ×カーキニット×黒カーディガン

Iラインを強調し、脚をほっそりと見せてくれる黒ジレ。黒×ネイビーにカーキニットを合わせたらこなれ感がぐんとアップ。フリンジ付きの小物でコーデ全体を盛り上げて。

今日は外出DAY。雨だからIライン&ダークカラーが味方

【2】ネイビーパンツ×カーキニット×カーキシャツ

ネイビーパンツ×カーキニット×カーキシャツ

ドライなカーキとピンストライプのネイビーパンツを合わせたハンサムコーデ。トップスのニットと肩にかけたシャツのレイヤードでメリハリ良く。

カーキ×ネイビーを合わせた小粋な大人カジュアル

【3】ネイビーパンツ×カーキカットソー

ネイビーパンツ×カーキカットソー

チノパン感覚で履けるネイビーパンツには、深めに背中が開いたカーキニットを合わせて女っぽカジュアルに決めて。ボディバッグと黒キャップで大人スポーティに。

トレンドのボディバッグで大人のスポーティスタイル

【ネイビー×青】のハンサム女子コーデ

爽やかにまとめたいときや、ハンサムな印象にしたいときは「青」との組み合わせがおすすめ! シルエットが甘いアイテムでもクールに着こなすことができる組み合わせです。

【1】ネイビーワイドパンツ×青シャツ

ネイビーワイドパンツ×青シャツ

ネイビーのワイドパンツにブルーのシャツを合わせた休日スタイル。変形シャツでトレンド感をプラスして。

スタイリスト渡辺智佳さんのプチプラアイテムコーデ【ZARAのワイドパンツ編】

【2】ネイビーパンツ×青フーディー

ネイビーパンツ×青フーディー

フルレンパンツとフーディーのカジュアルコーデも、ネイビー×青でハンサムな印象に。インナーやスカーフ、バーサンダルなどで女らしさもひとさじ加えて。

着回し力抜群♡【カセット服】の「フルレングスパンツ」でつくる、ふたつのハンサムコーデ♪

【3】ネイビーパンツ×青ブラウス

ネイビーパンツ×青ブラウス

ネイビーのワイドパンツと水色のブラウスを合わせたエレガントな装い。袖にボリュームのあるパンツ×ブラウスコーデは、ウエストをインすることがスタイルアップの条件。スカーフをさりげなく首元に足して、エレガントさを際立たせてみて。

特別な日にも役立つ! 万能【淡色ツヤブラウス】コーディネート7選

【4】ネイビーパンツ×ブルーニット

ネイビーパンツ×ブルーニット

デスクワークの日は、ニット×パンツのストレスフリーコーデで決まり。肩を落として抜け感をつくるのもポイント。

デスクワークの日はストレスフリーなニット×ワイドパンツで!

ネイビーに合う色の靴もチェック

最後はネイビーアイテムを使ったコーデに合わせたい靴を紹介。最終的なコーデの印象を左右する足元は、慎重に選んでいきましょう♪

【1】白スニーカー×ネイビーシャツワンピ

白スニーカー×ネイビーシャツワンピ

きちんと感のあるネイビーのシャツワンピは、ドロスト仕様の袖でモードな雰囲気を主張。白のスニーカーでラフなハズシをプラスし、大人っぽくまとめてみて。

オンオフ問わず着られる【シャツワンピース】でグッとお洒落に♡ 着こなし3選

【2】白フラットシューズ×ネイビーブラウス×グレーパンツ

白フラットシューズ×ネイビーブラウス×グレーパンツ

ネイビー×グレーのオフィスコーデ。細身のグレーパンツには、肩回りにギャザーが入ったボリューム袖のネイビーブラウスを合わせてシルエットを最旬に。足元は清楚な白パンプスをプラス。

袖ボリューム【ブラウス】着こなしのルールは「ボトムはアウトして着る!」

【3】黒サンダル×ネイビーレーススカート×グレーニット

黒サンダル×ネイビーレーススカート×グレーニット

レースがフェミニンなネイビーのタイトスカートには、あえて太めのバーがカジュアルな黒サンダルを合わせるのが正解。足元がボリューミーなので、トップスはグレーニットでシンプルに。

モード系コンフォートバーサンダル【人気スタイリスト金子綾】的・着こなし3ルール

【4】ブラウンサンダル×ネイビーフレアスカート×白トップス

ブラウンサンダル×ネイビーフレアスカート×白トップス

ふんわりとしたボリュームのあるネイビーのスカートには、マロンブラウンのサンダルを合わせてミラノ配色に導いて。白のノースリーブTシャツの清楚感で、大人の休日スタイルが完成。

【夏のマストアイテム】ATON|エイトンのノースリーブTシャツで着回し6コーデ

最後に

ネイビーに合う色を紹介しました。ネイビー自体はベーシックで落ち着いた印象ですが、合わせる色によってカジュアルにも、ハンサムにも、ガーリーにも変化します。ぜひ今回のお手本術を参考に、ネイビーコーデを楽しんでくださいね。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.12.04

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi1月号P.120に掲載のUNIQLO and White Mountaineeringのニットに誤りがありました。正しくはUNIQLOのニットで、カシミア100%になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature