甘さ控えめに着こなす【秋冬のネイビーコーデ43選】堅い印象から洒落感たっぷりに着る方法 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. カラーコーディネート
  4. ネイビーコーデ
  5. 甘さ控えめに着こなす【秋冬のネイビーコーデ43選】堅い印象から洒落感たっぷりに着る方法

FASHION

2021.10.07

甘さ控えめに着こなす【秋冬のネイビーコーデ43選】堅い印象から洒落感たっぷりに着る方法

こっくり色の着こなしが多くなる秋冬は、知的なネイビーをますます活躍! とはいえ、なんだかコーデが真面目すぎる印象になってしまうことがありませんか? ネイビーに合う色でモダンな印象を演出したり、旬のアイテムをネイビーで上品に着たり、おしゃれな着こなし方を紹介します。

【目次】
秋冬らしく着るネイビーコーデのポイント
ネイビーパンツの洗練度を高める着こなし方
ネイビートップスが映える配色コーデをチェック
この秋冬コーデが楽しくなるネイビーアイテム
最後に

秋冬らしく着るネイビーコーデのポイント

いつの季節も活躍する愛されカラーのネイビー。色合わせの妙で洒落感を高めることができるので、何色を合わせるか、どこにネイビーを持ってくるか、コーデを組み立てる楽しみがあります。それでは早速、秋冬らしいネイビーコーデのポイントをチェックしてみましょう。

・ネイビーの分量が多いときは抜け感をつくる
・白やシルバーが入ればネイビーの重さが軽減
・華やかカラーを合わせるときは寒色系かくすみカラーを

ネイビーパンツの洗練度を高める着こなし方

清潔感や知的さで、きれいめコーデを約束してくれるネイビーパンツ。知的な雰囲気のおかげで、どんなアイテムにも合わせやすいけれど、ほんの少しの冒険で無難で終わらせないおしゃれを楽しみましょう。ここでは、ネイビーパンツの洗練感を強調する着こなし方を紹介します。

【1】ワイドパンツ×ボーダートップス

ワイドパンツ×ボーダートップス

上品ネイビーのクラシカルなワイドパンツは、あえてレトロチックに着こなすのが今どき。懐かしい雰囲気のキャンバススニーカーや、リラクシーなボーダートップスでカラーを統一するとすっきりまとまる。

レトロ感漂うコーデは、ローテクスニーカーが似合う

【2】ワイドパンツ×グレーロングカーディガン×ロゴT

ワイドパンツ×グレーロングカーディガン×ロゴT

イージーパンツとロングカーディガンのリラクシーコーデは、ネイビー×グレーの知的配色でクラスアップ。カジュアルなロゴTや白スニーカー合わせも、落ち感のあるネイビーワイドパンツが受け止めてくれる。

カーキ&グレーをシックに着こなすならネイビーと合わせて♪

【3】リラクシーパンツセットアップ×グレージャケット

リラクシーパンツセットアップ×グレージャケット

ロングジャケットにサテンキャミ×ワイドパンツのセットアップという、心ときめくドレッシーな着こなし。華奢なパンプスの代わりに、派手めハイテクを合わせれば新しいアクセのようにおしゃれシーンでも映える。

きれいめシンプル派が選ぶべき【派手めハイテクスニーカー】大人コーデ8選

【4】細身パンツ×黒ニット×付け襟

細身パンツ×黒ニット×付け襟

いつもはニット×パンツのようなシンプル派にこそおすすめしたい、付け襟を使ったコーデ。黒ニットとネイビーパンツで全体をダークトーンでまとめれば、甘さ控えめの大人かわいい雰囲気に。

おしゃれは小物の変化でグッと差が出るから… マスク&付け襟でアップデート!

【5】ストレートパンツ×ピンクシャツ×赤茶ニット

ストレートパンツ×ピンクシャツ×赤茶ニット

メンズライクなストレートパンツには、きっちりボタンを留めた品行方正なピーチピンクのシャツがよく似合う。赤茶ニットをサラッと肩掛けしてシンプルだからこそ、カラフルな色使いで脱・コンサバ!

着回し力抜群♡【カセット服】の「フルレングスパンツ」でつくる、ふたつのハンサムコーデ♪

【6】ハイウエストパンツ×ボーダーニット×黒レザージャケット

ハイウエストパンツ×ボーダーニット×黒レザージャケット

ハイウエストパンツにボーダーニットを合わせたシンプルコーデは、モダンな印象になるネイビーをセレクト! 肩掛けしたレザージャケットや、軽やかな白スニーカーを加えて抜け感を出して。

ボーダーを大人っぽくモダンに着こなして

【7】ハイウエストパンツ×ネイビーシャツ

ハイウエストパンツ×ネイビーシャツ

ハリのあるネイビーシャツに同じくネイビーのパンツを合わせたストイックなコーデ。ダークトーン同士のキレのある着こなしは、足元にきれい色をプラスしてモードなかっこよさを漂わせて。

【キツくない顔】代表メイクの作り方… マストアイテムからコーデまでご紹介♪

【8】パンツ×グレーフーディー×ネイビーコート

パンツ×グレーフーディー×ネイビーコート

ネイビーの細身パンツ×ハイゲージニットのグレーフーディーを合わせたスポーティな着こなし。ロングジャケットのような細身シルエットのアウターできれいめにまとめて。

【NYグレー】の着こなし5TIPS|スポーティなニューヨーカーをお手本に♪

【9】ドロストワイドパンツ×ベージュのシャツ

ドロストワイドパンツ×ベージュのシャツ

シルエットに変化をもたらすワイドパンツは、モードすぎないドロストタイプをチョイス。合わせるシャツは立体的なカッティングでこなれた余裕が生まれるシャリ感のある軽い素材で。

ネイビーストライプのワイドパンツで颯爽と

【10】デニムパンツ×白のリブカットソー

デニムパンツ×白のリブカットソー

ストレッチ性もあり、見た目よりもずっとやわらからかな濃いめのストレートデニムは、ワードローブに一本あるとカジュアルがぐっと大人に進化します。白いリブカットソーを合わせることでより洗練されたカジュアルに。

休日スタイルを引き立てる、洗練カジュアル服|100のスーパーベーシック

【11】細身パンツ×ボルドー色のスリッパパンプス

細身パンツ×ボルドー色のスリッパパンプス

通勤にスリッパパンプスを活用するならキリリと見えるパンツスタイルが断然おすすめ! ネイビーブラウス×細身パンツのシンプルコーデには、足元をスリッパパンプスにして、おしゃれなムードを醸して。

初秋に大活躍! トレンドの【スリッパパンプス】コーディネート見本5

【12】細身パンツ×グレーのテーラードジャケット

細身パンツ×グレーのテーラードジャケット

かすかな光沢と細身シルエットのシルク混素材のパンツは、マニッシュになりすぎず女性らしさをキープ。ほどよく女らしいツヤを放つ金ボタンのダブルジャケットを合わせると絶妙なバランスに。

秋服ショッピング。ハイネックにチェック柄… 旬アイテムコーデでおしゃれ好みをアピール!

【13】デニムパンツ×チャコールグレータートルニット

デニムパンツ×チャコールグレータートルニット

キャラ立ちする色落ちブルーデニムをクリーンに着こなすなら、茶・黒・ネイビーどれとも好相性のチャコールグレーのタートルニット。ベーシックな組み合わせにストールで自分らしい色柄をプラスして。

週の半ば、デニムでリラックスコーデが気分

【14】細身パンツ×チェック柄のかごバッグ

細身パンツ×チェック柄のかごバッグ

ネイビーの細身パンツに合わせたいのは、チェック柄のかごバッグ。ネイビーを基調とし、色数をおさえているので、落ち着きのある雰囲気に。カジュアルなボア素材で、大人のかわいさを演出。

【愛されフェミニン派のバッグ】ふだん使いでお供にしたい「私たちのデイリーBAG」

【15】ストレートパンツ×ペイズリー柄ブラウス

ストレートパンツ×ペイズリー柄ブラウス

チノパン感覚ではけるストレートパンツは、ほどよいゆとりの直線フォルムがはきやすい。シックなヴィンテージ調ブラウスに似合う、小ぶりなバッグでカラーをプラスして。

ヴィンテージ風ブラウスによく似合う小ぶりなバッグでカラーをプラス♪

【16】デニムパンツ×ネイビーのタートルニット×スカーフ

デニムパンツ×ネイビーのタートルニット×スカーフ

ハイウエストのスリムストレートのデニムは、色落ちしていないリジッド系がトレンド。ネイビーの品のよさが生きる薄手のハイゲージニットと合わせたシンプルコーデにバンダナ巻きにしたスカーフをプラスし、ヴィンテージライクに遊んで。

シンプルコーデはスカーフのバンダナ巻きでヴィンテージライクに遊ぶ♡

ネイビートップスが映える配色コーデをチェック

甘さのあるボトムもカジュアルなデニムも、トップスがネイビーなら上品な色みのおかげですっきり。さらに高見えする着こなしにアップデートしてくれます。気品のある白とのコントラストや、旬のきれい色との合わせ方、ワントーンライクな着こなしまで、コーデが映える鉄板配色にも注目。

【1】ボリューム袖ブラウス×グレーレギンスパンツ

ボリューム袖ブラウス×グレーレギンスパンツ

ハリのあるゆったりシルエットのネイビーブラウス。ボクシーなシルエットを生かしたいから裾はアウトで着て、スリット入りのグレーレギンスパンツでモード感のあるスタイリングに。

〝ハイク〟のブラウスで秋の香り漂う着こなしを完成させて

【2】パーカー×くすみピンクスカート

パーカー×くすみピンクスカート

ネイビーパーカーときれい色スカートのカジュアルな装いに、大人っぽいムードをプラスしてくれるヒール靴。ショートブーツなら着こなしにすんなりなじんで、甘めのスカートをグッと引き締めてくれる。

カジュアルコーデを秋らしく引き締めたいときは?

【3】スウェット×白ブラウス×チノパン

スウェット×白ブラウス×チノパン

ネイビーのロゴスウェットとチノパンのボーイッシュな着こなしに、甘めのフリルブラウスを重ねて女らしさをひとさじ。クラシックなミニバッグやヒール靴でリッチなムードを足せば、小粋なトラッドカジュアルの完成。

女らしさが際立つ! 初秋のハイウエストチノパンコーデ3|スタイリスト 金子 綾さんがレコメンド!

【4】シャツ×カーキの細身パンツ

シャツ×カーキの細身パンツ

ビッグシルエットシャツに細身パンツを合わせたシンプルコーデを新鮮に映すのは、深いネイビーとマイルドなカーキの絶妙な配色。ニュアンス豊かなカラーリングと、ルーズ×タイトで迫力のあるシルエットに。

品がいいのにこなれ見え!【ニュアンスカラー】かけあわせたスタイルを取り入れて

【5】ニット×ボーダースカート

ニット×ボーダースカート

ネイビー×白の王道マリン配色のオフィスコーデ。ネイビーニット×紺ブレのボトムにボーダーを取り入れることで、ひねりをきかせて着こなしをリフレッシュ。スリット入りのリブニットなので、すっきりと着られる。

毎日ニットで過ごしたい♡ ニットを楽しむ7DAYSコーデ

【6】ニット×パープルのチェック柄タイトスカート

ニット×パープルのチェック柄タイトスカート

華やかなカラーリングのチェックスカートに、タイトなネイビーニットを合わせた大人配色コーデ。上半身はミニマルにまとめて、スカートの柄が生きるようシンプルなタイプを選んで。

毎日の通勤に頼りたい♡【美脚黒パンツ&ミディ丈タイトスカート】|Oggi的鉄板アイテム!

【7】モヘアニット×ストライプシャツ×黒細身パンツ

モヘアニット×ストライプシャツ×黒細身パンツ

ふわふわのネイビーニット×黒パンツに、かっちりとしたシャツを合わせたレイヤードコーデ。ニットやボトムは色のテンションをそろえてシックに。

かっちりなイメージのシャツはアシンメトリーで変化球を楽しんで♪

【8】タートルネックニット×カラースカート

タートルネックニット×カラースカート

ネイビーのタートルネックにカラースカートを合わせてトレンチコートをはおれば、今っぽいレディライクなコーディネートのできあがり。

名品トレンチコートをカラースカートで今っぽレディライクに

【9】リブカットソー×モカ色ワンピース

リブカットソー×モカ色ワンピース

名品との呼び声高い〝エイトン〟の上品リッチで知的なネイビーのリブTシャツ。薄軽アウターとしてモカ色の揺れ感ワンピースを合わせて、シンプルエレガントなスタイリングに。

【女友達と会う日コーデ】優しげなブラウントーンにネイビーを効かせてエッジを少々

【10】ニット×チェックスカート

ニット×チェックスカート

ワイドなそでや短め丈が今っぽいオーセンティックなニットに、トラッドなチェック柄のひざ下タイトスカートを合わせた、シルエット重視のコーデ。この季節のデートは新しいトラッドスタイルで出かけよう。

【秋のデートファッション】手がつなぎたくなるコーディネート6

【11】ジャケット×白のひざ下タイトスカート

ジャケット×白のひざ下タイトスカート

ネイビージャケット×白のタイトスカートで知的な印象に仕上げるコーディネート。ぐるぐるストールが着こなしのポイントです。

簡単に細見えできちゃう! ひざ下タイトスカートでスタイルアップ

【12】ダブルジャケット×ブラウス×ワイドパンツ

ダブルジャケット×ブラウス×ワイドパンツ

肩がけジャケット×ワイドパンツのマニッシュなコーデに、ボウタイブラウスで女性らしさをプラスして。ネイビー×茶の配色が新鮮な大人のオフィスコーデに!

月曜日はジャケット肩がけでクールを装う。ネイビー×茶の新鮮配色コーデ

【13】Vネックブラウス×グレーデニム

Vネックブラウス×グレーデニム

Vネックの延長でオフショルダーにもなるデザインのブラウスは、人気のコーデュロイパンツなど温かみのある素材と合わせても寒々しく見えないという利点も◎。冬に人気のコーデュロイ素材で、こなれ感を引き出して。

Vネック【ブラウス】着こなしのルールは「メンズライクなボトムを合わせて」

【14】タートルネック×カシス色のフレアスカート

タートルネック×カシス色のフレアスカート

ネイビーの品のよさが生きるハイゲージニット。使い勝手のいいそで丈のタートルネックにスカーフインでワントーンコーデのアクセントを◎。ネイビーと相性のいいきれい色のフレアスカートが女性らしいシルエットに。

タートルネックにスカーフインでワントーンコーデのアクセントに!

この秋冬コーデが楽しくなるネイビーアイテム

季節を問わず人気のネイビーは、コーデが秋冬へシフトする時季の着こなしにぴったり! 着回し力抜群のアウターや、カジュアルな組み合わせも大人っぽくまとめるワードローブなど。真面目になりすぎない、旬感を引き出すワードローブや着こなし方を紹介します。

【1】ジップアップブルゾン

ジップアップブルゾン

働く日のパンツスタイルは、テーラードジャケットよりも軽やかなブルゾンでコーデを一新。上品なネイビーなら、普段の着こなしに辛口のかっこよさを加えて、コーディネートの幅を広げてくれる。

冷房対策にもひと役! ジップアップブルゾンで出社日も快適

【2】サロペット

サロペット

カジュアルな印象のサロペットは、知的なネイビーかつミニマルなデザインなら大人っぽく着こなせる。パリッとした白シャツと合わせれば、ネイビー×白のクリーンな配色の効果で洗練度アップ。

初秋コーデの要! 洗練カジュアルが叶う【ネイビー】着回し5コーデ

【3】ニットワンピ

ニットワンピ

リラックス感のあるニットワンピースも、きれいめネイビーなら大人っぽく。ベーシックなワンピはアクセントにダッドスニーカーを足してセンスアップ!

ニットワンピはハイテクスニーカーで辛口に! おすすコーデまとめ

【4】ニットセットアップ

ニットセットアップ

真面目な印象のダークネイビーのセットアップは、キャップ×ブーツでデイリーに。ツヤのあるポンチ素材、ドロップショルダーにボトルネック… ディテールにこだわればコンサバすぎずに着られる。

スタイリスト金子 綾さんに聞く【冬ニットのマンネリ】を脱するアイテム&テクニック

【5】ニットスカート

ニットスカート

ストイックなネイビーのニットタイトスカートを軸に、アウターにコクのあるイエローを合わせたコーデ。極端に大きさが違うバッグを添えてモードな着こなしに。

仕事もおしゃれも!「かっこいい私」でいるための10ヶ条

【6】ワンピース

ワンピース

ネイビーのワンピースにネイビーのタートルネックニットをレイヤードする、クラシック感のあるコーディネート。シルバー小物を着こなしのアクセントに。

黒×ネイビーの洗練配色には、シルバー小物がよく映える!

【7】ダブルジャケット

ダブルジャケット

旬のネイビーのダブルジャケット×チェック柄のワイドパンツのコーディネート。マニッシュな合わせだから、インナーは落ち感ブラウスで女らしさをプラスするのが着こなしのコツです。

チェック柄ワイドパンツこそブラウスで女っぽく着こなして

【8】ロングスカート

ロングスカート

ネイビーのロングスカートは一枚で今っぽさが漂う即戦力ワードローブ。ブラウンのタートルネックニットを合わせて、プリントスカーフと白小物で仕上がれば、いつもの通勤コーデもグッと華やかにアップデート!

ウィークディの誕生日、オフィスでも浮かずにおしゃれするには?

【9】トレンチコート

トレンチコート

正統派〝グレンフェル〟のトレンチコートは、カジュアルもきれいめも幅広いスタイルを受け入れてくれる逸品。パリッとした心地よい硬さの着心地に、マスキュリンなストレートシルエットが魅力的。

名品トレンチコート【GRENFELLグレンフェル】の魅力、徹底解剖!

【10】ノーカラージャケット

ノーカラージャケット

すっきりノーカラーでクリーンな印象のネイビージャケットにはチェックパンツを合わせて。真面目な印象にならないよう、レザーバッグや白Tでカジュアルな抜けをつくりたい。

連休明けアフター7、ジムに行くのでジャケットもカジュアルダウン

【11】レーススカート

レーススカート

華やかなレースタイトスカートもネイビーなら通勤にもOK。アウターのブラックのジャケットもノーカラーを選んで堅すぎない印象にシフト。レーススカートはネイビー×ブラックのクールな配色に投入することで甘すぎない着こなしに。

【レースタイトスカート】アラサー~30代の大人コーデ着こなしFILE4

【12】トートバッグ

トートバッグ

ネイビーにゴールドの金具が映えるトートバッグには同色のフレアスカートを合わせて。A4サイズのファイルがたっぷり入るサイズ感の割に華奢なハンドルがフェミニンな印象がアップ。シンプルな形はどんなコーデにもマッチします。

【働く美人のバッグの中身SNAP】IT関連会社勤務・篠原 慶さんの場合

【13】プリーツスカート

プリーツスカート

細プリーツの光沢ロングスカートは、深いサイドスリットの攻めたデザイン。カジュアルなフード付きスウェットもネイビーなら子供っぽくならない。ネイビーの安定感でバランスのよい大人カジュアルに。

スウェットフーディーも、ネイビーならカジュアルすぎない!

最後に

ネイビーのきりっとした印象は信頼感を与える反面、堅い印象に見えてしまうこともあるので、着くずすポイントを入れておきましょう。きれい色やラフなシルエットのトップス、スニーカー、キャップなど… 大人な抜け感を忘れずに。ボトムスにニット素材を取り入れるなど、秋冬らしいネイビーコーデを楽しんでくださいね。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.28

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature