Uber Eatsの“Uber(ウーバー)”ってどんな意味? ちなみに英語ではありません | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. Uber Eatsの“Uber(ウーバー)”ってどんな意味? ちなみに英語ではありません

WORK

2021.05.04

Uber Eatsの“Uber(ウーバー)”ってどんな意味? ちなみに英語ではありません

すっかり私たちの生活に浸透した美味しい食事を届けてくれるサービスのUber Eats(ウーバー イーツ)。ところでUberってどんな意味なのでしょうか。今回、言葉やビジネスマナーに詳しい鶴田初芽が紹介します。

鶴田初芽

Uberってどんな意味?

街中でUber Eatsの配達員の方を見かけない日がないと言っても過言ではないほどすっかり浸透しているUber Eats。みなさんは利用したことがありますか?

Eatsは食べること、食事の意味だなとわかるけれど、Uberってどんな意味かご存知ですか?

Uberはもともとドイツ語だった!

(c)Shutterstock.com

Uberとはもともとはドイツ語で、“〜の上”という意味で使われる言葉です。英語のoverに近い意味ですね。〜の上、つまり、〜より優れているという意味のドイツ語が、英語でも優れている、すごい、超などのニュアンスで使われるようになりました。

Uber Eatsはすごい食事といった意味になるんですね。

Uber Eatsは2016年より日本でスタート

(c)Shutterstock.com

Uber Eatsを展開しているのは2009年にアメリカで創立されたUber Technologies社で、配車サービスをメイン事業としています。配車のサービスはアプリに目的地を入力すると乗車場所付近を走るドライバーとマッチングすることで提供。

ドライバーの情報も事前に確認でき、クレジットカード支払いでチップは不要、目的地を入力しておくので現地の言葉で行き先を説明できなくても安心して利用できる、などのメリットがあり、大人気となりました。日本でも都内などの一部地域で利用できるんですよ。

そして、食事のマッチングサービスともいえるUber Eatsが日本でスタートしたのは2016年のこと。Uber Eats加盟店の食事をオーダーすると、配達可能な配達員とマッチングして、届けてくれるというもの。

コロナ禍で外食が難しくなったこともあり、ここ1年で台頭してきた印象があったので新しいサービスかと思っていましたが、実はもう約5年も前からあるサービスだったんですね。

(c)Shutterstock.com

企業の副業の解禁により配達員の担い手が増えたこともUber Eatsの成長を支える一因に寄与したかもしれません。Uber Eatsのロゴを掲示しているお店も増え、Uber Eatsの配達員の方を目にする機会も増え、急成長を実感しますね。

配車のサービス、配達のサービスを展開するUber Technologies社なので、Uberは配達などの意味かと想像していたのですが、よりよいサービスを目指したネーミングでした。外出は自粛しているけれど、美味しいものでちょっと自分を労りたい、そんなゴールデンウィークにも利用を検討したくなるサービスですね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

鶴田初芽

都内在住のOLライター。マナーインストラクターであり、実用マナー検定準一級や敬語力検定準一級など、ビジネスにおけるマナーや、マネーに関する資格(2級ファイナンシャル・プランニング技能士、金融コンプライアンスオフィサー、マイナンバー保護オフィサー)などを保有。丁寧な暮らしに憧れ、断捨離修行中!


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.05.06

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature