「深謝」の意味や使い方とは? 陳謝との違い・類語・英語表現もご紹介 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 「深謝」の意味や使い方とは? 陳謝との違い・類語・英語表現もご紹介

WORK

2020.09.26

「深謝」の意味や使い方とは? 陳謝との違い・類語・英語表現もご紹介

「深謝」という言葉は、ビジネスシーンの謝罪文やお詫び状でよく用いられる言葉です。より丁寧な印象を感じる表現ですが、用いる際は適切な場面で、正しく使えなくてはいけません。本記事では、「深謝」の意味や正しい使い方や類語、英語表現などをまとめて解説します。

【目次】
「深謝」の読み方や意味を知ろう
「深謝」と「陳謝」の違い
「深謝>陳謝>お詫び」の順で謝罪の意味合いが強まる
「深謝」の使い方を例文でチェック
「深謝」の類語は?
「深謝」の英語表現もチェック
最後に

「深謝」の読み方や意味を知ろう

「深謝」という言葉をご存知でしょうか? あまり耳馴染みのない言葉かもしれませんね。ビジネスシーンでは、謝罪文やお詫び状で用いられています。今回は、「深謝」の意味や正しい使い方や類語、英語表現などをまとめて解説します。

「深謝」の意味を理解し、正しい場面で使えるようになりましょう!

(c)Shutterstock.com

「深謝」は、「しんしゃ」と読みます。文字の通り「深く感謝すること」・「深く謝罪すること」という、全く違う2つの意味を持つ言葉です。「深謝」は、日常的な会話よりは、メールや文書などの改まった場で用いられることが多いですよ。のし、お礼状等で使われています。会話では、「深謝」の意味が通じにくく、あまり使われていません。

「深謝」は、相手に対して深く感謝したい場合または深くお詫びをしたい場合に用いられます。「誠にありがとうございます」や「誠に申し訳ございません」よりも強いニュアンスを伝えたいときに、使用してください。ただし、伝えたい内容の度合いによっては、違和感を与えてしまいかねないので、使用するシーンには注意をしましょう。

「深謝」と「陳謝」の違い

「深謝」に似た言葉に「陳謝」があります。「陳謝」の読みは、「ちんしゃ」。「事情を述べてわびること」の意味。深い感謝やお詫びの気持ちを表す「深謝」と違い、「陳謝」は「理由を述べて謝る行為全般」を指します。

「陳謝」は、ただ謝罪することだけでなく、謝罪する際の事情を説明する・理由を明らかにするという意味合いを持つのです。例えば、企業が起こした不祥事全体に対しては、「陳謝」が用いられます。謝罪の度合いでいうと「深謝」より弱く、「お詫び」よりも強い言葉です。

「深謝>陳謝>お詫び」の順で謝罪の意味合いが強まる

先述した通り、「深謝」、「陳謝」、「お詫び」の順で、謝罪の度合いを表すことができます。例えば、深いお詫びを伝えるため、菓子折りを贈る際は「のし紙」をつけて、表書きに「深謝」と記載します。お詫びする内容によって、表記を変えます。

相手へのお詫びの度合いが低い場合は「お詫び」、中程度の場合は「陳謝」、大きい場合は「深謝」とするのが通例です。

「深謝」の使い方を例文でチェック

(c)Shutterstock.com

「深謝」は、「深く感謝すること」・「深く謝罪すること」というベクトルの異なる2つの意味を持つ言葉です。前後の文脈によって、意味が異なります。実際に例文を用いて、「深謝」の使い方を確認していきましょう。

1:「お気遣いしていただき、深謝いたします」

「深く感謝すること」の意味で使われる例文です。「深謝」は、尊敬語表現として用います。そのため、上司や目上の人に対して感謝の気持ちを伝える際には、この「深謝」という言葉が多く使われますよ。

2:「この度は弊社の不手際により、多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを深謝いたします」

「深く謝罪すること」の意味で使われる例文です。深い謝意を示す言葉のため、同僚や部下に使うのは少し堅すぎる印象があります。かしこまったシーンで、目上の上司や取引先の方に用いるのが適切です。

3:「この度の不祥事につきまして、日頃から支援してくださる関係者のみなさまに深謝申し上げます」

この場合も、「深く謝罪すること」の意味で使われる例文です。「深謝いたします」と同じく、目上の上司や社外のお客様・取引先に用いますが、文末を「申し上げます」にすることで、よりかしこまったシーンに適した表現になります。

「深謝」の類語は?

(c)Shutterstock.com

「陳謝」や「お詫び」の他にも、「深謝」と似た意味を持つ言葉があるでしょうか? 合わせて、確認していきましょう。

1:「多謝」

「多謝」は、「たしゃ」と読みます。「深謝」と同様に「厚く礼を述べること」「深くおわびすること」という、2つの違う意味を持つ言葉。ただし、一般的には「厚く礼を述べること」の意味で使用されることが多いです。「多謝」は、「多くの感謝の心を表します」という意味合いを添えるため、そのまま文末に「多謝」とだけ書く使い方もできます。

2:「拝謝」

「拝謝」は「はいしゃ」と読みます。「礼を言うことをへりくだっていう語、心から感謝すること」の意味。自分がへりくだった表現であるため、目上の方やお客様などに用いられ、同僚や部下に使うのは不適切です。また、「拝謝」は「深謝」とは違い、深い謝罪の意味は含まれないことに注意しましょう。

3:「感謝」

「感謝」もまた、「深謝」の類語であると言えます。「ありがたいと思う気持ちを表すこと、その気持ち」の意味。目上の人に対して謝意を伝える際に、よく用いられる表現です。しかし、すでに日常生活において非常に多く使われているため、目上の上司や社外のお客様・取引先だけでなく、同僚や部下など立場に関係なく使用することができます。「拝謝」と同様に、謝罪やお詫びの意味は含まれていませんので、注意してください。

「深謝」の英語表現もチェック

(c)Shutterstock.com

「深謝」を英語で伝えたい場合、以下のような英語表現を使います。

感謝の意で使う場合は、「Thank you from the bottom of my heart.(心から感謝いたします)」、「I deeply appreciate it.(深く感謝します)」という表現を使うことが出来ます。

謝罪の意で使う場合は、「sincerely apologize for~(心からお詫びいたします)」、「Please accept my sincere apologies for~(心からお詫び申し上げます)」等が使えますね。

英語表現では、「謝罪」の意味で用いるのか、それとも「感謝」の意味で用いるのかで、表現をきちんと使い分けましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか? 「深謝」は、相手に対する感謝や謝罪の気持ちを、真摯な態度をもって伝えることを表現した言葉です。「深く感謝すること」・「深く謝罪すること」という意味合いを、正確に捉えて伝えられるようにしていきましょう。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.10.31

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「すみません、先輩もわかりません!」P210に掲載のTBS山本里菜アナ着用のワンピースの価格に誤りがありました。正しくは¥29,000(税抜)になります。お詫びして訂正いたします。

Feature