Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マナー
  4. 70%以上が勘違い! 実は間違えやすい「失笑」の意味って?「誰かを小馬鹿にする時の笑い」ではなかった

WORK

2020.05.20

70%以上が勘違い! 実は間違えやすい「失笑」の意味って?「誰かを小馬鹿にする時の笑い」ではなかった

実は間違えやすい「失笑」の意味を知っていますか? 「誰かを小馬鹿にする時の笑い」ではないんです。正しい意味について説明していきますので、これを機会に覚えておきましょう!

【目次】
「失笑」は誰かを小馬鹿にする時の笑いではない
「失笑」の正しい意味について
「失笑」の正しい使い方・例文
「失笑」の類義語と間違われやすい言葉
「失笑」の正しい類義語もチェックしよう
最後に

「失笑」は誰かを小馬鹿にする時の笑いではない

(c)Shutterstock.com

あなたは「失笑」というと、どのような笑い方を想像しますか? 多くの人が「小馬鹿にする時の笑い方」や「呆れた時の笑い方」「嘲笑い」というイメージを持っているのではないでしょうか。他にも「笑いが出ないほど呆れる」や「冷めて無表情になる」という意味だと勘違いしている人も多いようです。

この「失笑」の意味を間違えて覚えている人は多く、平成23年度の文化庁の「国語に関する意識調査」によると回答者のおよそ73%がこのように思い違いをしているとの結果が出ました。正しい意味で使用をしていた人の割合はなんと27%。中でも「笑いも出ないほど呆れる」と答えた人は60%にも及びます。

それでは「失笑」の正しい意味とは一体どのようなものなのでしょうか?

「失笑」の正しい意味について

(c)Shutterstock.com

「失笑」の正しい意味は「思わず吹き出して笑う」「笑ってはいけないものの、おかしさにこらえ切れずうっかり笑ってしまった」というもの。主に笑ってはいけない場面で、笑ってしまった際に用いられます。

元々「失笑」の「失」は「あやまって」や「うっかり」「しくじり」という意味であり、「失言」などと同じ用い方です。そのため、「そんなつもりなく、つい笑う」という意味合いが強い言葉になります。

ですから、「誰かを小馬鹿にする時の笑い方」や「嘲笑い」と似た表現として用いられることがあるものの、「失笑」という言葉の意味は本来、ネガティブな意味合いを持ちません。

「失笑」は「抑えるべき笑い」を「つい外へ出してしまった」という意味合いを持つ言葉です。そこから「不意を突かれて我慢しきれなかった時に、つい笑ってしまう様子」を表す言葉になりました。

「失笑」の正しい使い方・例文

(c)Shutterstock.com

1:「真剣な話をしている最中に、急に転ばれたから失笑が漏れてしまった」

「失笑が漏れる」は「思わず笑ってしまう」という表現。「おかしくて自然と笑ってしまう」という意味を持ち、「失笑」の本来の意味が含まれている表現です。

この表現にはネガティブな意味合いはありません。しかし、「失笑」について誤った理解をしていると、この「失笑が漏れる」という表現も誤った意味合いで受け止められてしまう可能性があります。

2:「社長に対してタメ口を使い、失笑を買ってしまった」

この「失笑を買う」は、「失笑」という言葉の意味が誤って広まった原因であると言われている表現の1つです。「失笑を買う」という表現は、「自分の言動や行動が原因で、思わず笑われてしまった」という意味になります。

元々「失笑」という言葉自体に、ネガティブな意味はありません。しかし、「失笑を買う」と表現した際には「おかしな行動をしたせいで笑われてしまった」「愚かな言動について笑われた」といった、ネガティブな意味合いになります。

3:「普段真面目な友人が慌てふためく姿に、失笑を禁じ得ない」

こちらも「失笑を買う」と同様に、ネガティブな意味合いを持った表現です。意味は「思わず吹き出してしまい、笑うことを抑えられない」。「失笑」の意味を強調した言葉になります。

また、この「失笑を禁じ得ない」という表現には相手を見下す意味合いも含まれるため、使う場面には注意をしましょう。

「失笑」の類義語と間違われやすい言葉

(c)Shutterstock.com

1:「苦笑」「苦笑い」

間違った「失笑」の類義語としてよく挙げられる言葉は「苦笑」や「苦笑い」ではないでしょうか。この「苦笑」「苦笑い」は「不安や戸惑いがあるものの、仕方なく笑う」「笑える心境ではないものの、それを隠して笑う」などといった意味があります。

そのため、「苦笑」「苦笑い」の笑い方は「仕方なく笑う作り笑い」。反して「失笑」は「自然と、我慢できずに出る笑い」です。それぞれの場面を考えれば全く異なる意味合いを持つ言葉だとわかりますね。

2:「冷笑」

「失笑」のように、「笑」という漢字が含まれる言葉に「冷笑」があります。「冷笑」も「失笑」とよく似た言葉として挙げられますが、これも誤り。

「冷笑」は「嘲笑い」や「さげすみ笑い」という意味を含み、「相手を見下したように笑う」表現です。「失笑」の誤った意味として「人を小馬鹿にしたように笑う」がありましたね。その意味は本来「冷笑」の意味なのです。

また、「冷笑」には「相手が自分より劣っているとみなす」という相手を否定するような意味合いを含みます。これは「失笑」には含まれない意味です。混同しないように注意しましょう。

「失笑」の正しい類義語もチェックしよう

(c)Shutterstock.com

1:「吹き出す」

「吹き出す」は「我慢していたものの、こらえきれなくなって笑い出す」という意味です。「自然と笑いが起きてしまう」表現であり、「失笑」と同じ意味となっています。

2:「どっと笑う」「どかっと笑う」

「どっと笑う」、「どかっと笑う」は、「多くの人数が一度に笑う」「大声を出して笑う」という意味。「失笑が広がる」という表現と同様の意味として用いられます。

3:「抱腹絶倒」

「抱腹絶倒」の意味は、「腹を抱えてひっくり返るほどに大笑いをする」ということ。とても明るい四字熟語であり、「失笑」の本来の意味とよく合った表現です。

これらの類義語からわかるように、本来の「失笑」にはネガティブな意味合いはありません。「失笑」の意味と合わせて、これらの類義語を抑えておくといいですよ。

最後に

(c)Shutterstock.com

「失笑」の本来の意味について理解できたでしょうか?「失笑」に対して、ネガティブなイメージを持っていた人も多いかもしれません。しかし、本来の意味は、我慢しきれずについ笑ってしまうことでした。

この「失笑」のように、誤った認識を持ったまま用いられている言葉は他にもあります。果たして自分が正しく言葉を使えているのか、曖昧な言葉は今一度意味を調べて確認してみるのもいいかもしれませんね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.05.25

編集部のおすすめ Recommended

Feature