Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. 健康
  4. デトックス
  5. 「奇跡の野菜」「食べる輸血」と、話題の野菜といえばなーんだ?

BEAUTY

2019.09.17

「奇跡の野菜」「食べる輸血」と、話題の野菜といえばなーんだ?

タキイ種苗が、「奇跡の野菜」や「食べる輸血」といわれるほど栄養価が高いことで話題のビーツの家庭菜園におすすめの品種や健康効果、食べ方などを紹介。

答えは「ビーツ」! 令和に注目されている野菜です!

ロシア料理の“ボルシチ”に使われる野菜として有名なビーツですが、ヨーロッパでは昔から健康に良い野菜として食べられてきました。

ビーツ
(c)Shutterstock.com

日本ではまだあまり馴染みのない野菜ですが、近年は高い栄養価や色鮮やかな見た目が注目されています。

また、タキイ種苗が2018年に行った調査「平成最後の野菜の総括」の中の「2019年5月より始まる新元号に流行ると思う野菜は?」という質問では、スプラウト、パクチー(コリアンダー)、フルーツトマトに続きビーツが4位がに入るという結果に。

「次の元号」に流行ると思う野菜 結果リスト

ビーツは、ほうれん草の仲間

ビーツ
(c)Shutterstock.com

ビーツは、地中海沿岸地方が原産の根菜です。カブに似ていますが、実はホウレンソウと同じ仲間でヒユ科なのです。ビーツの鮮やかな赤色と、ホウレンソウの根元の赤色は“ベタシアニン”というポリフェノールの一種によるものです。

他にもビーツにはカリウムやマグネシウム、鉄など多くの栄養素が含まれていて、ビタミンB群の一種である葉酸が特に豊富です。

葉酸は胎児の発育に欠かせない栄養素なので、妊娠を望んでいる女性や妊娠の可能性がある女性、また妊娠初期には積極的に摂取するように推奨されています。

食べ方はボルシチだけでなく、手軽にサラダやピクルスにしても美味しいですよ。

ビーツ サラダ

▲薄く切ってサラダに。

ビーツ ボルシチ

▲もちろん定番の『ボルシチ』も!

ビーツの旬は6~7月と11~12月ですが、まだまだスーパーで見かけることが少ない野菜です。家庭菜園で自分で育てれば、栄養満点のスーパーフードを安心して生で食べることができますね。

家庭菜園でも比較的簡単に育てることが可能。おすすめの品種や種まき時期については、こちらをチェックしてください。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.10.22

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号 P213に掲載の中央のカットのパンツの本体価格が変更になりましたので、訂正させていただきます。(誤)¥10,000→(正)¥11,000

Feature