分かってる感をどう作る? 大人のきれいめ黒コーデ【2020】ワードローブ&着こなし46選 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. カラーコーディネート
  4. 黒コーデ
  5. 分かってる感をどう作る? 大人のきれいめ黒コーデ【2020】ワードローブ&着こなし46選

FASHION

2020.09.19

分かってる感をどう作る? 大人のきれいめ黒コーデ【2020】ワードローブ&着こなし46選

黒でまとめた大人っぽい着こなしを、さらに鮮度よくおしゃれに着こなすコツをご紹介します。トレンドを押さえたワードローブから、秋冬や春夏など季節に合わせた着こなしまで、大人のきれいめ黒コーデの保存版。

【目次】
黒コーデの「わかってるおしゃれ感」はどうつくる?
【秋冬】の黒コーデは単調にならないよう引き算を
【春夏】の黒コーデは軽やかさと質感の掛け算を
黒コーデに使えるブラックワードローブたち
シーズンレスに着まわしたい定番の黒コーデ
最後に

黒コーデの「わかってるおしゃれ感」はどうつくる?

大人っぽい着こなしに欠かせない黒コーデ。ダサ見えしにくい万能カラーなのに、なんだかこなれて見えないのはなぜ…!? それは黒の分量が多すぎたり、重くなりすぎることによる「地味見え」が原因かもしれません。

・「質感の異なる黒を重ねて」立体感を演出
・「黒の濃淡を調整して」重量感をコントロール
・「定番ワードローブは黒」で時短コーデに

【秋冬】の黒コーデは単調にならないよう引き算を

秋冬シーズンに着たい黒コーデで、まず意識したいのはこの季節ならではの「重さ」や「奥行き」。トップスやボトムを地厚な素材やシックな質感のものにチェンジするだけで、秋冬のムードに。もっさり感が出ないように差し色を小物で加えたり、質感の異なる黒アウターを重ねるとこなれ見えします。

【1】黒ワンピース×黒コート

ロマンティックな小花柄のワンピースは、黒ベース&薄手のしなやかな素材でシックな大人顔に。バサっとはおったノーカラーコートのおかげで、シャーリングのハイネックもすっきりと見せてくれる。

お呼ばれシーンに大活躍! 大人フェミニンを叶えるおすすめ【柄ワンピース&コーデ】

【2】黒ニット×黒プリーツスカート

黒タートルニット×プリーツスカートのオール黒コーデ。ボリュームも華やかさもあるプリーツスカートは、トップスをタイトにまとめて。キラキラバッグで大人のカジュアルにスパイシーなアクセントを。

ドラマティックな華やぎスカートで魅せる|高橋リタが伝授!【黒タートルでドレスアップ】

【3】黒ニット×黒フレアスカート

タートルネック×フレアスカートのシンプルなオール黒コーデも、ビビッドカラーの小物をプラスして上品なグッドガール風に更新。鮮やかなパプリカレッドのバッグで、凛々しい印象に仕上げて。

パリジェンヌな華やぎスタイル|高橋リタが伝授!【グッドガールは黒ベース】

【4】黒ドットのブラウス×黒パンツ

黒ドット×黒パンツで可愛くならずに女っぽく! 黒ベースでフェミニン×ドライなかっこよさのある黒コーデのできあがり。

女子会の日はクラシックできちんと見えする黒で秋先取り♪

【5】黒タイトスカート×黒の丸首ニット

地厚ジャージー素材の黒スカートを選んで、シンプルな黒だけど、素材選びでさりげなく今っぽい雰囲気を。ジャケットを合わせて、きちんとスタイルなのに女っぽさも演出!

素敵なシンプルって「堅すぎない」ことなんです! エディター三尋木奈保が指南

【6】黒ファーのストラップをバッグに!

バッグに付けるインパクトストラップは、黒ファーをセレクト。着こなしに立体感が生まれ、「それ、どこの?」と聞かれること確実!

ファーストラップ&ニットタイトのW使いがファッション感度の高さを演出

【7】黒ライダース×黒ストール

柄使いのフリンジストールが、ハードな黒ライダースにかわいげをトッピング!

大人だからおしゃれにキマる! 柄ストールで、辛口な装いに茶目っ気を

【8】黒ニット×黒パンツ

黒ニット×黒パンツをベースにしたシンプルなモノトーンコーデ。パンプスや、ストールでアクセントを!

働く女のリアル通勤私服公開!【総合商社勤務・吉田なぎ沙さん】

【9】黒ジャケット×黒カットソー

カットソーとワイドパンツというリラックススタイルのコーデを、ジャケットをプラスして仕事モード仕様にランクアップ。上半身は黒で統一して、端正な印象をキープして。

2秒でもっていく!【ネイビー×ブラック】お仕事コーデ5選|職業別「先輩配色」のルール

【10】黒ジャケット×デニム

〝Theory〟のノーカラージャケットの上に太ベルトを大胆にウエストマーク。Tシャツ×デニムのカジュアルコーデがオーソドックスなジャケットでモードな雰囲気に。

太ベルトをジャケットにオン! ちょっとモードなお仕事スタイル

【11】黒ブルゾン×黒ワンピース

〝ENFÖLD〟のブルゾン×〝Theory〟のワンピースを合わせた休日の黒コーデ。モード感強めの組み合わせに、カゴバッグ&コンバースのナチュラルな雰囲気がちょうどいい抜け感。

休日はソロ活動Day! 黒コーデをトレンド小物で盛り上げて

【12】黒ライダースジャケット×黒スカート

〝ザラ〟のライダース×〝KOBE LETTUCE〟のロングスカートを合わせたオール黒コーデ。あえて女っぽい黒のワントーンの中にマニッシュな靴を一点投入して、引き立たせて。

【ZARA】レースアップシルバーシューズがお気に入り|【関西女子SNAP】アパレル勤務・鈴木麻衣さん

【春夏】の黒コーデは軽やかさと質感の掛け算を

軽やかに揺れるスカートや、ツヤ感のあるトップスなど… 春夏の黒コーデは「抜け感」を意識して。太陽の強い光でハレーションを起こしそうな日に重たい黒はそぐわない。だからこそ、やわらかさのある黒コーデで、ほんのりかわいげをプラスしましょう。

【1】黒ブルゾン×黒エコレザーパンツ

黒ブルゾン×黒エコレザーパンツ

リネンミックスブルゾン×エコレザーパンツの黒コーデ。素材感が大きく異なる組み合わせもベーシックな黒のおかげで鮮度よく。ブルゾンの上だけ留め、着方で遊ぶのもオール黒ならでは。

単なる黒コーデで終わらせない! オールブラックを鮮度よくおしゃれに着こなコツは?

【2】黒シャツ×黒フレアスカート

黒シャツ×黒フレアスカート

ゆったりめのシャツにハリ感のあるフレアスカートを合わせた、女らしいやわらかさのあるオール黒コーデ。シックなきれいめスタイルには、ラフなメッシュのバッグやビーサンでカジュアルさをひとさじ。

きれいめコーデには、カジュアル小物でこなれ感を

【3】黒カットソー×柄スカート

黒カットソー×柄スカート

モノトーンのドット柄スカート×クールなトップスで大人仕様に。ほんのりかわいげのある柄スカートは、ストイックなクロップスでクールに落とし込んで。

背中開きトップスでスカートを大人に着こなして

【4】黒トップス×黒サンダル

黒トップス×黒サンダルにスカートやバッグは色や柄モノをさしこんでゆる黒コーデのできあがり!

【美人OLのアフター7】テラスBBQスタイル拝見! お仕事帰りの1杯はテラスに集合~!!

【5】黒タンクトップ×黒ドット柄パンツ

ドット柄パンツとボーイッシュな黒タンクをあわせて、甘さと強さのある黒コーデのできあがり!

デート、フェスetc.【スタイリスト金子 綾】が提案する〝かわいげドライ〟実践編/パンツの場合

【6】黒ワンピース×黒ジレ

ロングジレをワンピースにレイヤードして、大人かっこいいサマーブラックコーデのできあがり!

クライアントとの打ち合せへ。ブラックの着こなしでビシッと気合いを入れる

【7】黒カットソー×黒パンツ×黒サンダル

ゆったりシルエットで楽チンさを追求しつつ、黒でまとめることで、大人っぽさを残したコーデの完成!

ファッションディレクター野尻美穂の【音楽フェス必須アイテム】はコレ!

【8】黒ワンピース×デニム

〝アストラット〟のワンピース×〝TODAYFUL〟のデニムのロングレイヤードで、カジュアルなゆる黒コーデが完成。

【美人OLのアフター7】テラスBBQスタイル拝見! お仕事帰りの1杯はテラスに集合~!!

【9】黒ドット柄ブラウス×黒パンツ

ドット柄ブラウスとスキニーパンツに、ハッと目を惹く鮮やかなレッドに合わせて、初夏のカジュアルをブラッシュアップさせて。

【デミルクス ビームス】エントリープライスが嬉しい「オリジナル バレエシューズ」|おしゃれのアイコンWHAT’S NEW

【10】黒Tシャツ×黒サンダル

〝シティ〟の黒Tシャツ×〝NIKE〟の黒サンダルに、多少シワになっても味に見えるリネンパンツを合わせて、旅仕様のカジュアルな黒コーデに。

夏をまだまだ満喫♡ 旅行にはリネンパンツが意外と使える♪

【11】黒プルオーバー×フレアスカート

〝kei shirahata〟のバックシャンプルオーバー×〝ELENDEEK〟のフレアスカート。ノーアクセでもおしゃれが盛れるカジュアル黒コーデ。

モード系コンフォートバーサンダル【人気スタイリスト金子綾】的・着こなし3ルール

【12】黒トップス×ワイドパンツ

黒トップスに〝ザラ〟のストライプパンツをあわせて、モノトーンでも、華やかなコーデが完成!

【美人OLのアフター7】テラスBBQスタイル拝見! お仕事帰りの1杯はテラスに集合~!!

【13】黒キャミソール×黒ワイドパンツ

〝ソブ〟のキャミソール×ミニマルなパンツルックでオールインワンのような黒コーデに。太陽の下、ちょっとしたバカンス気分に。

【ルーフトップラウンジ】でサマーカクテルを。レザーのスマホケースをクラッチがわりに♡

黒コーデに使えるブラックワードローブたち

わかっているおしゃれは大人の女性の嗜み。ここでは、おしゃれな黒コーデに欠かせない、さまざまなブラックワードローブをご紹介します。コーデを絶妙なバランスでまとめるのに役立ててくれる、長く愛されるアイテムを見つけて。

【1】黒エコレザースカート

黒エコレザースカート

クラシカルな雰囲気のエコレザースカート。端正な印象の黒と甘すぎないフレアシルエットのおかげで、しなやかなタフさのある今どきのフェミニンコーデに。

取り入れるだけで秋気分♪ 今狙うべき洒落感ボトムは…【秋冬トレンド】

【2】黒シャツワンピース

この時季の重ね着にちょうどいい、薄手ウールのロング丈。袖の切り替えがポイント。レギンスやブーツと合わせてコーディネートの感度を高めて。

【春を先取り】重ね着シャツワンピース|冬から春へつないでくれる服♪

【3】黒ニット

〝BALLSEY〟のアルパカニットは「大人が照れずに着られる絶妙な〝かわいげニット〟」(エディター三尋木奈保さん)。

通勤ベーシックを支える信頼ブランドのきれいめシンプル服|100のスーパーベーシック

【4】黒レースブラウス

今年本格デビューを果たした注目ブランド〝ebure〟のレースブラウスの黒。「細身の黒パンツを合わせたら素敵」(エディター三尋木奈保さん)。

通勤ベーシックを支える信頼ブランドのきれいめシンプル服|100のスーパーベーシック

【5】黒ショート丈ブルゾン

ジャケット感覚でオン/オフ問わず着まわしに大活躍することまちがいなしのショートブルゾン。

ファッション業界の人に会う日、スウェードスカートでおしゃれを意識

【6】黒リブタートル

黒のリブタートルなら、ワイドパンツをあわせればタイト×ボリュームシルエットが完成! スタイリッシュな大人きれいなコーデのできあがり。

【ワイドパンツ】スタイルアップ×シンプルな着こなし最強FILE

【7】黒のワンピース

ノースリーブの黒のワンピースで、ヘルシーな肌見せ! シンプルで無駄のないデザインのものを選ぼう。

彼とごはんデート。ワンピース、やっぱ着ちゃうよね♡

【8】黒ジャケット

黒ジャケットは、ノーカラー&ベルト付きを選んで、女らしさを演出!

【信頼されたい日のコーデ】ノーカラージャケット×爽やかな大人ブルー

【9】黒のセンタープレスパンツ

センタープレスとすそのスリットが美シルエットを約束! モノトーンライクな色合わせにも大活躍。

新規クライアントとの打ち合わせ。コーデもパリッと仕事モード全開で

【10】黒スカート

長めタイトな黒のニットアップのスカートなら、キレよくきれいめなコーデが実現。

付き合って半年の彼とドライブデート。アクティブだけど女らしさも忘れずに

【11】黒のジレ

ブラックのロングジレでもサイドスリット入りなら、軽やか! 動くたびに華やかなブラックジレコーデのできあがり。

おしゃれ度高めのロングジレで、仲良し同僚と久々のナイトアウト♡

【12】黒サンダル

トレンドのスポーツサンダルならtevaの黒サンダル! スポーティ過ぎない足元をほどよく演出できます。

金子綾の “It…”|tevaのサンダル

【13】キレイめ黒Tシャツ

キレイめ黒Tシャツ

シンプルな黒Tシャツ。襟ぐりが華奢で、カジュアルすぎないから着まわしコーデに◎。

1ヶ月着まわし時短コーデ【Oggi9月号】起きて15分で家を出る!【基本の15アイテム+セット使い小物】

【14】黒のシルクシャツ

黒のシルクシャツ

最上級のシルクにしか出せない、どこまでも深く艶やかな宵闇色――「吸い込まれそうな黒」という表現が似合う黒シャツ。ベーシックカラーを印象的に着こなしたいときに。

【サンローラン|SAINT LAURENT】のシルクシャツ|知っておきたいメゾンの「名色」アイテム

シーズンレスに着まわしたい定番の黒コーデ

ここでは、季節をまたいで長く活用できる、定番のブラックワードローブを使った黒コーデをご紹介します。忙しい朝など、コーディネートを考える時間がないときに重宝する、着まわし力も高い黒アイテムを一緒に確認してみましょう。

【1】ボリュームブラウス

ボリュームブラウス

上半身に華やぎトップス×デニムの黒コーデで、かっこいい女らしさを目指したい。シンプルに見えて立体袖というデザインが上品モードな印象を与えてくれる。

【乃木坂46 新内眞衣】が紹介! ボリュームブラウスで旬のバランスを♡

【2】ロングカーディガンスタイル

花柄ワンピース×ロング丈の黒カーディガンでシックなスタイルに。足元は肌の抜け感で今っぽさをもたらす黒レギンスをレイヤードして、花柄の甘さを大人のトレンドへとシフト。

【レギンス】コーディネート13選|シンプルにモードに着こなして

【3】ジャケットスタイル

黒のちびボタンダブルジャケットを黒のニットセットアップのトップスとワイドパンツにあわせて、シルエットで今らしい黒コーデに。

ダークカラーコーデは、ゆるりとワイドパンツで抜け感を

【4】スカートスタイル

ひざ下の黒ニットタイトスカートを選べば、黒コーデでもリラックスムードに!

付き合って半年の彼とドライブデート。アクティブだけど女らしさも忘れずに

【5】パンツスタイル

黒のハイウエストのワイドパンツと黒のスリッパローファーで辛口モードな黒コーデへ振りきる。

働くアラサーによく似合う!【ワイドパンツ】コーディネート見本6

【6】ワンピーススタイル

ジャケットをあわせれば、黒ワンピースも、よりきちんとした印象にチェンジ。

取引先へご挨拶に。きちんと好印象ジャケットが活躍!

【7】黒デニムスタイル

形がキレイなハイウエストデニムは、ショート丈トップスと合わせるとスタイルアップも叶う。大胆な着まわしもサマになるので忙しい朝のコーデで大活躍!

【夏コーデ】トレンドのデニムとトップスでスタイルアップを|オッジェンヌ田之上柚子のTOKYO LIFE

最後に

シンプルだからこそ鮮度よく着こなしたい黒コーデ。異素材ミックスなどで単調な質感を避けるだけで、洒落感はグッと上がります。季節によって合わせられる素材も変わるので、シーズンならではの黒コーデを楽しんでくださいね。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.11.26

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「すみません、先輩もわかりません!」P210に掲載のTBS山本里菜アナ着用のワンピースの価格に誤りがありました。正しくは¥29,000(税抜)になります。お詫びして訂正いたします。

Feature